Riders-Diary

スケートパークでマナーについて考える

水野君のMOZUバイクと自分のSHAKAバイクを並べて写真を撮ってみました。

これは15mmの広角レンズで撮った写真。

水野君のMOZUバイクとサモのSHAKAバイク

そしてこちらが85mmの望遠気味のレンズで撮った写真。

水野君のMOZUバイクとサモのSHAKAバイク

どちらの構図がお好きでしょうか?自分は… 下の85mmの方かなぁ。

その撮影風景を水野君が後ろから撮ってくれました。

撮影中のサモ

これは15mmのレンズを付けている時の被写体であるバイクとの撮影距離。85mmのレンズだと、この5倍くらい遠くに離れて撮ります。仕方がないですが、マヌケな光景ですね。

 

それはそうと、今日は水野君とトクモリさんと新横浜スケートパークで乗ってきたのですが、いつになくスケートボーダーの数が多かったです。まぁ、スケートボーダーが多いのは別に構わないのですが、スケートパーク内のマナー&ルールを守らないキッズスケーターが多くて本当に困りました。

彼らが、どういったカタチでマナー&ルールを守らなかったかを記します。

 

・順番を守らない

パーク内に複数の人間が入ると、当然ラインが混在して接触するなど危険です。なので、だいたい1人ずつ順番に乗るようにするのですが、今回のキッズスケーターの何人かは、順番を待つこと無く、他のスケーターやライダーがセクション内にいるにも関わらず、自分の欲求のままに乗り出すことが本当に多かった!

 

・周囲を見ずにパークを横切る

パーク内を移動するのは良いのですが、他の人が乗っているにも関わらず(おそらく何も考えないで)セクションのど真ん中を横切る人が多かったです。

 

・セクションの真ん中に鎮座する

あのー…グラインドボックスやレールは座って休む場所じゃないんですが…
そういう行為を注意するハズのその親御さんも一緒にくつろいじゃあ駄目だろう…

 

そんなことをしまくると、当然、他の利用者とトラブル続出です。その度に原因を作ったキッズスケーターに声をかけ注意しました。

そんなこんなで、非常にストレスが溜まった今日の新横パークライドでした。
マナーを守っていない人には、なるべく分かりやすく強圧的にならず、丁寧に伝えられたら良いな縲怩ニ思いましたね。

 

水野君に撮影してもらった自分の定番トリックのX-UP。最初のジャンプ1本目はだいたいX-UPです。
最近はリアを降って深く入れるスタイルがお気に入り。

サモX-UP

もっとリアを降って深くハンドルを入れたら、別のトリック見たくなって格好良くなってくれないかな?色々試行錯誤してみよう。

トラックバック・ピンバックはありません

トラックバック / ピンバックは現在受け付けていません。

One Response to “スケートパークでマナーについて考える”

子供だけならまだしも親が一緒にいながらそれとは恥ずかしい。
もし子供だけの場合は周囲の大人が叱ってやれば良いかと思いますが、親も一緒で、となると厄介ですよね。。。
まずその親を教育しないといけない。
そんなことまでやらせるな、と思います。
本当に恥ずかしい。その親が。

コメントをどうぞ

*