Riders-Diary

どんなお父さんライダーになりたいか

息子を見ていると、彼が大きくなってランバイクに乗ったり、ペダル付きのバイクに乗れるようになったり、飛んだりできるようになった頃、自分はどんなお父さんになっていたいか考えることがあります。

寝ている叶大

やっぱり今よりも上手く、格好良くMTBに乗れているお父さんになっていたいですね。今のところ体力の衰えは感じられないし、むしろライディングスキルは向上しているので、このまま行けば実現すると確信しています。

(以前も書きましたが)息子の目の前で、すっごく余裕でバニーホップバースピンを決めたり、当たり前のようにバニーホップ180をしちゃうお父さんでいたいです。エアーではタップリ高く飛んでガッツリ深くトリックが入るような。

息子にも「お父さんみたいに格好良くなりたい!」って羨望の眼差しで見られたいんだよー!!
ちなみに、成長したらバンバン自分を抜き去ってくれても構いません。

なので、そのためには、今からたくさん練習しておく必要があります。乗れなくなるような大きな怪我は絶対にしないようにして。もちろん、息子が大きくなっても練習は止めませんよ。

 

すごく避けたいのは「昔はお父さん凄かったんだぞ」って言って全然乗らないパターン。昔凄かったら今も凄くないと駄目だと思うんですよ。(たいてい、昔凄かった人は今もそれなりに凄いですし)

そんな訳で、そういった事も視野に入れながら、格好いいお父さんライダーを夢見て日々練習をしています。

 

 

しっかし、昨日スケートパークでバニーホップバースピンをやってみて、どんな場所でも確実にできるメイク率を身に付けないと本当に駄目だと実感しました。ですので、地味だと言われようが、しつこいと思われようが、毎日の朝練では必ずバニーホップバースピン練習をするようにします。

多摩川朝練でのSHAKAバイクとSanukのシューズ

現時点で間違っているバニーホップバースピンのフォームも、それでもまずは実戦で確実に決まらないと意味がないので、いずれ直す方向で考えています。

今日のメイク率は3回トライして1回成功、という感じでした。ちょっと自慢なのは、朝練から帰ってくると、奥さんが毎回「今日のバースピンどうだった?」と聞いてきてくれること!そういう事を気にしてくれるのってライダー的に凄く嬉しい!

Masao Naitoさん(@tubagra)が投稿した動画 -

そんな訳で頑張りますよー!!

あとは360練習だなー。

トラックバック・ピンバックはありません

トラックバック / ピンバックは現在受け付けていません。

コメントをどうぞ

*