Riders-Diary

YAMADORI 1st 26 バイクチェック

昨夜、小川輪業で組み上がったYAMADORI 1st 26インチホイールバージョン(以後「YAMADORI 1st 26」と記載します)をなるべく詳細に紹介します。

真横から見るYAMADORI 1st 26。まず目につく特徴的な部分はBBの高さです。

YAMADORI 1st 26

YAMADORI 1stのBBハイトは下の写真のように、前後のハブ軸を結んだラインより20〜30mmほど上にあります。

YAMADORI 1st 26 BBハイト

一般的なMTBのBBはこのラインより下にある場合が殆どです。

自分が乗っているTUBAGRA SHAKAのBBハイトも同じくらい高いです。

TUBAGRA SHAKAバイク

BBの高さから、YAMADORIもSHAKAも同じMOZUの系統ということが分かりますね。

逆サイドから見るYAMADORI 1st 26。実は自分、ディスクブレーキ仕様のMTBを所有するのは今回が初めてになります。

YAMADORI 1st 26

昔からグラインドをしていたので、ディスクブレーキが付いていると障害物にローターが当たって曲がるため、Vブレーキしか使ってこなかったんですね。

 

ここからは大まかではありますが、YAMADORI 1st 26のパーツ紹介をさせていただきます。

フロントタイヤは、以前ライトウェイプロダクツジャパンよりご提供いただいていたSERFAS SWOOP(26☓2.35)を。リアタイヤにはSERFAS KREST(26☓2.1)を入れています。

YAMADORI 1st 26

リムは前後MAVIC XM719 DISC(32H、カラー:ブラック)で、ハブはUNAUTHORIZED TRANCE HUB(フロント15mm、リア135×10㎜スルー)を使用しています。リムとハブは新潟のNさんに格安で譲っていただきました。本当にありがとうございました!

ステムはDA BOMB MIG31(バークランプ:31.8mm 突き出し:45mm)。
ハンドルバーはDA BOMB Apache750(バークランプ:31.8mm ライズ:1”=25.4mm)となっています。
ブレーキレバーやシフターはSHIMANO DEOREで、グリップはODI XTREMEです。

YAMADORI 1st 26 DA BOMB

フレームヘッドチューブにはRui & Aguri Fine JewelryTUBAGRAオリジナルヘッドバッジ(GOLD)が付いています。

YAMADORI 1st 26 DA BOMB Rui & Aguri Fine Jewelry

本当はYAMADORI用のヘッドバッジがあるのですが、現在はデザイン中ということで、ひとまずこのヘッドバッジを付けています。

フロントサスフォークはライトウェイプロダクツからサポートしていただいているSR SUNTOURの新モデルSR SUNTOUR EPIXON 26をディフォルトの120mmストロークから30mm縮めた90mmストロークで装着しています。

YAMADORI 1st 26 SR SUNTOUR EPIXON

エアサスなため軽く調整も楽、さらにSR SUNTOURはショートストローク化も専用工具も必要もなく、カンタンに素早くできてオススメです。

サドルはcharge BIKESSPOON。以前、TUBAGRA主催のコンテストで賞品としてライトウェイプロダクツよりご提供いただいた際、手元でジックリ見させていただきデザインと質感が良かったのと、高すぎない価格から「いつか自分も欲しい!」と思っていて、このタイミングで購入しました。

YAMADORI 1st 26 Charge FireEye BBB

シートポストはFireEye FE-PAで、シートクランプはBBB BSP-81(31.8mm)を使っています。

クランクはSHIMANO ZEE 165mm BBシェル幅83mm対応。
チェーンリングはFORMOSA NW ring(Narro Wide ChainRing)32T RED。

YAMADORI 1st 26 Shimano ZEE

YAMADORIのBBシェル幅は68mmなので、スペーサーを入れて83mm対応のSHIMANO ZEEを入れています。このスペーサー、今となってはとてもマニアックな代物なのですが、それが普通に在庫してある小川輪業ハンパない!

YAMADORI 1st 26 Shimano ZEE BB

※小雨の中で1時間くらい乗った後に撮ったので、ゴミが沢山付着しています。撮影前に拭き取れば良かった(泣)

この幅広クランクとスペーサーのおかげで、太いブロックタイヤ(このタイヤは2.1だけど2.3までなら何とか入りそう)を極短リアセンター380mmに入れ、32Tのチェーンリングも無理無く装着することができるています。(スペーサーが無ければチェーンリングがフレームに接触する)

ペダルはDABOMBの樹脂ペダルPOPSICLE(ポップシクル)のBlackをチョイス。

YAMADORI 1st 26 Shimano ZEE DA BOMB

POPSICLEはSHAKAで使っていて、踏み心地が気に入っているため同じにしました。

リアディレイラーはSHIMANO DEORE。元々YAMADORIをはじめとしてMOZUシリーズすべてはトラックエンドで、ディレイラーハンガーは装着されていません。そこで、小川輪業の小川さんが大昔(10年以上前!)のSANTA CRUZ(カメレオン?)用のディレイラーハンガーを加工してくれ(これを今でも普通に在庫していることがスゴイ!)、その場でピタッと入るようにしてくれました。もう、小川さんどれだけスゴイんだよ…と頭が上がらない状態になっています。

YAMADORI 1st 26 Shimano Deore

リアディレイラーを装着したバイクに乗るのは10年以上ぶりで、とても新鮮です。この後、最近のスタビライザー付きのリアディレイラーの凄さを体感することになるのでした…

フロントブレーキはSHIMANO DEOREの油圧ディスクブレーキ。上にも書きましたが、自分はディスクブレーキが付いたバイクを所有することが初めてになります。そして、フロントブレーキ付きのMTBに乗るの、これまた10年以上ぶりかも知れません…

YAMADORI 1st 26 Shimano Deore

リアもSHIMANO DEOREの油圧ディスクブレーキを装着。YAMADORI 1stのエンドの一部にキャリパーが干渉していたのですが(テスト1本目だとよくあることです)、そこも小川さんが上手く削って対処してくれていました。もう、本当にありがとうございます!

YAMADORI 1st 26 Shimano Deore

 

そんなYAMADORI 1st 26を昨日乗ってみました。残念ながら朝から雨降りだったので、屋根があって多少は乗れる新横浜スケートパークに水野君と一緒に行き、色々やってみた訳ですが…

すっごく遊べるMTBでした!

YAMADORI 1st 26で高いバニーホップをする水野君。

水野君のYAMADORI 1st 26でのバニーホップ

一応、YAMADORI自体は「里山アクションフレーム」としてTUBAGRAライダーjinkenさんが発案〜テストをしていて、ストリート的な乗り方は想定していません。自分としてもピョコピョコとバニーホップができればOKかな、というレベルでした。が、バニーホップの軽さは他のMOZUに迫るし、回転系もフレームの大きさやタイヤの重さに慣れれば、意外とできるものでした。

自分と水野君でYAMADORI 1st 26を乗ってみた動画です。

 

Masao Naitoさん(@tubagra)が投稿した動画

小雨が降る濡れた路面で行いましたが、基本的なことはだいたいできました。さらに慣れたら、バニーホップロックウォークくらいなら問題無くできそうです。

自分に関して言うと、10年以上ぶりにフロントブレーキを使ったジャックナイフターンをして、すぐにできた事が驚きでした。ちゃんと身体が覚えているんですね。

あと、最高に衝撃だったのが、チェーンの暴れなさ、外れなさっぷりです。10年以上昔でMTBのリアディレイラーの知識・印象が止まっていた自分は、リアディレイラーと言えば、バニーホップの際にチェーンがフレームに当たってカチャカチャうるさいものと思い込んでいました。そして、180してフェイキーなんてした日には、頻繁なチェーン外れに悩まされるということも。

それが、スタビライザー付きリアディレイラーだと、バニーホップで着地してもチェーンからは全く音がしません。(下手したらシングルスピードの自分のSHAKAの方が延びたチェーンがフレームに当たってうるさい)そして、180からのフェイキーも、スタビライザー付きリアディレイラー+FORMOSAのNarro Wide ChainRingのお陰か、3時間近く飛び回ってフェイキーしまくりでも1回もチェーン外れは無し。自分の常識が、音を立てて崩れ去っていくようでした。

「サモさんそんなことも知らなかったんですか?アハハハ」

なんて笑ってくれても構いません。猛烈に恥ずかしながら、10年以上シングルスピードバイクしか乗っていなかったら全然知らなかったことでした。数多くのストリート・ダートジャンプ用MTBには乗ってきましたが、どれもシングルスピードだったし。

とまぁ、そんなことで、YAMADORI 1st 26の、ストリートで乗った際の挙動はだいたい分かったので、次は山で乗りたいですね!今からとても楽しみです!

 

そうそう。補足ですが、元来YAMADORIはTUBAGRAライダーjinkenさんが発案し、24インチで太さ3以上のプチファットタイヤで里山をトライアルやストリートテクニックを駆使しながら飛び走ることを想定して作られたフレームです。

今jinkenさんが乗っているのは、1stの問題点をクリアーしたYAMADORI 2ndとなります。

YAMADORI 2nd

ぶっちゃけてしまうと、jinkenさんが乗っているYAMADORI 2ndの方が1stよりもトリックはしやすいし、山での挙動も自然です。

ですので、26インチホイールを履き、サスフォークを入れて組んだ今回の自分のYAMADORI 1stはかなりの曲者バイクです。この組み方がYAMADORIの推奨するものではありません。あくまで「こんな組み方もできるよ!」的なバイクです。

そのため、YAMADORI 1stは組み上がるまでに小川輪業 小川さんの神対応の数々が必要とされたのでした。jinkenさんが推奨する組み方であれば、こんなマニアックなパーツ・対応は必要ありません。

何はともあれ、YAMADORIはポテンシャルを多く含んだフレームであることには違いはないですね。というか、最高に面白いフレームです!商品化は、いつかな…?

トラックバック・ピンバックはありません

トラックバック / ピンバックは現在受け付けていません。

コメントをどうぞ

*