Riders-Diary

新しいドロップポイントの探索

近頃、朝は寒いし雨も降っているしで朝活をサボり気味でしたが、今朝はスッキリ快晴だったので、数日ぶりにYAMAMDORI 2nd 26で多摩川河原を走ってきました。

冬になって水温が下がり魚があまり釣れなくなった分、ご近所MTB熱が再び高まり、多摩川河原の地形を利用して飛びたい欲も高まっています。

そんな訳で、新しく飛べそう・ドロップできそうなスポットを探索し、早速見つけたのが下の写真のポイントです。

MTB マウンテンバイク YAMADORI 2nd 26 多摩川サイクリングロード 土手ドロップをするサモ

土手の上から河原まで降りていくアスファルトのスロープの途中がいい感じに途切れているので、そこを踏切ポイントとし、とりあえず最初は様子見とスロープを下って加速しバニーホップドロップしてみたら…

想像以上に距離が出てフロントホイールが上の写真左の砂利付近まで到達してしまい、身体中に激しい着地の衝撃が走りました。

着地点の草地は昨日の雨と朝露でビッチョリだったので、少しでも斜めっていたらタイヤが滑って転倒していたかも知れない。危ねぇ…

とはいえ、慣れてくるとその落差が気持よくなり、夢中になって何本も飛んでみました。これは楽しい!

 

そして、自撮りカメラをセットしたところで気がついたのですが、この場所、人の往来が激し過ぎる!河原のメインのジープロードの途中にあるから、そりゃあ人もたくさんいますよね(汗)

もちろん、人が近くにいる時は一切飛ばないように気をつけていましたが、それでも見通しの良い河原ではランニングやウォーキング、犬の散歩の人たちは遠くからMTBが飛び降りているシーンを目撃しているので、怪訝な顔をして通り過ぎていきます。

うーん、次回この場所でドロップしているシーンを撮るなら、人気のあまりない早朝か、雨天の日を選ぶしか無いと思いました。

 

とりあえず、タイミングは全然合ってないですが、1枚だけドロップしている写真を撮ってそそくさと帰りました。(それが上の写真です)

やっぱり人の多い都市部の河原は色々と難しいなぁ。

 

 

秋ヶ瀬の森バイクロア5のTUBAGRAジャンプ講習会エリアで、ウチの奥さんが撮った息子の写真です。

秋ヶ瀬のバイクロア5ジャンプ体験会&講習会エリアでジャンプランプで遊ぶ息子

ジャンプランプにノーズダイブしていますね…

こんな調子で、自転車は飛んで回るもの、ハンドルは回すもの、手すりは滑るもの、斜面は飛ぶもの着地するもの、と身体で覚えてくれたら嬉しいです。

 

 

Danny MacAskillさん他、Duncan Shaw、Fabio Wibmer、Ali Clarksonら凄腕ストリートトライアラーが80年代ヘビーメタル調のBGM、衣装、ステージでライディングを見せてくれる動画です。まさかジューダス・プリーストのボーカル、ロブ・ハルフォードもゲスト出演するなんて!

ストリートトライアルバイクでのバニーホップバースピンやテイルウィップ、格好いいな。

トラックバック・ピンバックはありません

トラックバック / ピンバックは現在受け付けていません。

コメントをどうぞ

*