Riders-Diary

せいせきみらいフェスティバルでMTBショーVol.2

3連休の真ん中9月18日(日)に、東京都の多摩市一ノ宮公園で開催された「せいせきみらいフェスティバル」で、僕たちTUBAGRAがMTBショーをさせていただいた話の2回目です。

TUBAGRAライダーが全員揃ってちょっと一段落したくらいに、会場のスタッフの方から

今、大勢の子供たちに交通安全講習会をしているのですが、それが終わったら交通安全と絡めた自転車ショーをしてもらえないでしょうか?

というオーダーをいただきました。場所はMTBで走ってもすぐに失速する程の深い草地の上です。

TUBAGRAライダー全員、一瞬固まった後、「はい…!」と返事。

程なくして「交通安全講習会」が終わった子供たちがスタッフに誘導されて我々のところに流れてきました。

 

ちょっと強引ではありますが、「スタンディングなど自転車の基礎テクニックを身につければ、公道でも危険の回避に繋がりますよ!」という名目で、子供たちに楽しんでもらえるようなプチMTBショーを開催。

僕のcroMOZU275に乗ってダニエル(リアホイールホップ)やウイリーをするTUBAGRAライダーYAMATO君。

せいせきみらいフェスティバルでMTBショーをしてきました

ストリートのイメージが強いYAMATO君ですが、基礎トライアルテクニックもかなり安定して上手いです。

 
「ノーブレーキの自転車で公道を走ったら駄目ですよ!」と強く念を押してから、YAMATO君のSHAKAバイクで得意のバニーホップバースピンを披露。

せいせきみらいフェスティバルでMTBショーをしてきました

かなり走りづらい深い草地でバニーホップバースピンを安定してメイクするYAMATO君凄いです。

 

jinkenさんは24インチホイールストリートトライアルフレームOPENERに乗り、エンタメ要素の高いトライアルテクニックを駆使しテンポ良く子供たちにアピール。

せいせきみらいフェスティバルでMTBショーをしてきました

実は難しいジャックナイフキャンキャン。

 

今回はMC役で来た森田君も、僕のcroMOZU275に乗って高い刺しバニーホップ。

せいせきみらいフェスティバルでMTBショーをしてきました

完全平地からの飛び出しで、高さ80cm以上は確実に飛んでいますね。

27.5インチホイールのMTBでここまで簡単にバニーホップできてしまうことに、森田君をはじめ、jinkenさん、YAMATO君も驚いていました。

 

そんなことで、およそ5分間、子供たちにひたすら楽しんでもらうプチMTBショーを披露。いやはや、何とか無事に終わって一安心です。

子供たちには、この後メインステージでMTBショーがあることを伝えて解散としました。

 

続いて、メインステージでMTBショーをした話を書きたいと思います。

 

せいせきみらいフェスティバルでMTBショーVol.1

トラックバック・ピンバックはありません

トラックバック / ピンバックは現在受け付けていません。

コメントをどうぞ

*