Riders-Diary

坂本さんのakaMOZUバイク紹介

今日は午前中、1時間ほど新横浜スケートパークに行き(行ったの超久しぶり!)akaMOZUバイクに乗っている坂本さんのバイクの撮影と、簡単ながらプチ・バニーホップ講習会をさせていただきました。

坂本さんのakaMOZUバイク

坂本さんのakaMOZUバイク

坂本さんのakaMOZUバイク

坂本さんのakaMOZUバイク

渋めのブラックのフレームに鮮やかなブルーアルマイトのパーツがとてもマッチしている坂本さんのakaMOZUバイクは、主にGT ラ ボンバからのパーツ移植で組まれています。

「どのパーツを移植したか、新調したか」が一目で分かるパーツ構成を坂本さんが分かりやすくまとめてくださったので、以下に紹介させていただきます。

 

◎:’15ラボンバ純正パーツ
〇:’15ラボンバで使っていたアフターパーツ
★:akaMOZUで新調したパーツ

 

フォーク:Marzocchi Dirt Jumper1 ◎
ハンドルバー:Nukeproof Warhead 38mm Rise 〇
ステム:Spank Spike Race Bearclaw 35mm 〇
ヘッド:FIREEYE IRIS-FIT 1.5 ★
クランク:GT 中空 クロモリ 2.5ピース ◎
BB:不明 ◎
ペダル:DMR VAULT ★
チェーンリング:e13 30T 〇
Fハブ:GT MTB DJ Design ◎
Rハブ:GT MTB DJ Design ◎
Rアクスルシャフト:Kuwahara 135mm×10mm + 重力技研12mm→10mm変換パイプ ★
リム:Alienation Skylark ◎
タイヤ:GT Sandbox MTB、26×2.35 ◎
ブレーキ:Shimano ZEE ◎
サドル&シートポスト:TIOGA ピボタル ★

 

見ての通り、新調したパーツはごくわずかと言えますね。

 

坂本さんのakaMOZUバイク

個人的にこのローライズバーの低姿勢感と、全体のアクセントになっているブルーアルマイトのパーツの組み合わせがとても格好いいので、この特徴はそのままに、今後はサスフォークを変更したり(現在装着されているMarzocchi Dirt Jumper1は不具合がありストロークに違和感がある)して、最高にバニーホップや回転系トリックがしやすいバイクに仕上げてくれたら、と思います。

 

X-FUSION VELVET RL2 BLACK ストレートコラム

X-FUSION VELVET RL2あたりはいかがでしょうか?現状のFハブが20mmスルーなので、何とか15mmへの変換アダプターをGETしていただけたら…

 

バイク撮影の後はプチ・バニーホップ講習会を行いました。不具合のあるサスフォークによって若干バニーホップが重たいものの、そこは安定のMOZUフレームです。

坂本さんのakaMOZUバイクでのバニーホップ

坂本さん、最初こそフロントアップからの腰の引きが弱く数cmしかリアタイヤが浮いていなかったものの、みるみるとコツを掴み、最終的にリアタイヤは25cmくらい浮いていました。

 

一方、スケートボードをする息子さんには、恐縮ですがオーリーを軽くレクチャー。

坂本さんの息子さんのスケートボードでのオーリー

もっと膝がお腹に付くくらい上げて、オーリー足である左足を前方に差し出せば、高さが増すだけでなく、フロント下がりになり空中姿勢が格好良くなります。

 

坂本さんはバニーホップの高さを、息子さんのオーリーの高さと競い合うということで、親子でステキなライバル関係となりました。こういうの良いですね!ただし、現在はダントツに息子さんのオーリーの方が高いのですが…(汗)

楽しみながら頑張ってください!!

トラックバック・ピンバックはありません

トラックバック / ピンバックは現在受け付けていません。

コメントをどうぞ

*