Riders-Diary

家の近所でまったり練習の日々

今の世の中、人が集まるような大きなイベントは中止になるしで、暇を持て余している方もいらっしゃるかも知れません。

多摩川河原 SHAKA24

そんな時、近所のちょっとした公園で遊べるストリートMTBはとても面白く、鈍った身体を鍛えるのに最適ではないでしょうか?

何より1人で黙々とトリックの練習をし、動画で撮ってフォームチェック。気がついた点を反映してみる、などの試行錯誤が本当に楽しいですね。

 

今回も仕事の合間に30分ほど抜け出して、SHAKA24でちょっとしたコンビネーション系トリックにトライ。

本当はバニーホップロックウォークしてフロントが落ちる前にもう1回バニーホップしてバースピン入れられないかチャレンジしてみたのですが、そんな神業、自分には到底できないことを開始1分で悟りました(泣)

仕方ないので、フロント落ちてから適当にバニーホップしてハンドル回してます。

 

さらに仕事で時間に余裕がない時は、バニーホップバースピンを20回、バニーホップロックウォークを20回など、全く休まず勢いで済ませ、さっさと帰宅して所要時間わずか20分、ということもやったり。

多摩川河原 SHAKA24

これをやるだけで、テクニックの衰えを防ぐことができます。

 

乗っている最中、SHAKA24のフロントタイヤ サイドウォールに異変を発見!

SHAKA24 タイヤ TIOGA POWERBLOCK タイヤ裂け チューブはみ出し

これはとてもヤバいヤツ!!前回のスケートパークでのグラインドトリック最中にコーピングでカットしたものと思われます。

このまま放置すると中身がさらに出てきて破裂する危険性があるので、帰宅して速攻直しました。

 

こういったタイヤのサイドウォール裂けの直し方はこちらで紹介しています。

 

とまぁ、こんな感じで今週はかなりドタバタに過ごしていますけど、何とかMTBに短時間ながら濃密に接していられる気がして悪くはないですね。

 

SHAKA ストリートMTBフレーム

SHAKA24はバニーホップはもとより、バニーホップ180や360、バニーホップロックウォークなど回転系をとても簡単に行えるジオメトリとなっています。最大の秘訣はリアセンター335mmという驚異的な短さ。24インチホイールでありながら、一般的な20インチのBMXよりも短いため、MTBとは思えないほどのフロントアップや回転のしやすさを実現しているのです。

 

 

昨晩も息子と知人と3人で多摩川バチ抜けシーバス釣りに行ってきました。

多摩川バチ抜けシーバス釣り 叶大

寒さで「早く帰りたい」とグズっていた息子も大きな75cmをかけると、そんな気持ちも吹っ飛びノリノリに。

 

多摩川バチ抜けシーバス釣り

自分はそつなく65cmと55cmの2本をキャッチ。

 

多摩川バチ抜けシーバス釣り きたさんが釣ったランカーシーバス

知人は以前と同じく80cmオーバーのランカーシーバスをGET!スゴイ迫力でした。

トラックバック・ピンバックはありません

トラックバック / ピンバックは現在受け付けていません。

コメントをどうぞ

*