Riders-Diary

土日はだいたいMTBインストラクター業

MTBライダーの多くは土日のどちらかでコースやトレイルに走りに行っていますが、自分はだいたいスマイルバイクパークや小田原フォレストバイクでMTBインストラクターを行っている場合が多いです。

 

土曜日のスマイルバイクパークではふじてんやパノラマを走られているMTB親子のプライベートレッスンを行いました。

スマイルバイクパーク プライベートレッスン スラロームコース

「改めて基礎を学びたいと思いまして」というご要望でしたが、現時点でも十分上手!

「教えることなんて何もないのでは」なんて思うものの…

スマイルバイクパーク プライベートレッスン スラロームコース

パンプトラックの速い走り方、スラロームコースのスムースで安全な走り方と、レクチャーする内容は実はたっぷりありまして、教えたそばからどんどん上達して素晴らしかったです!

 

スマイルバイクパーク プライベートレッスン 4連ジャンプ

さらにあまり得意でないというジャンプも最初は問題点を把握し、正しい飛び方の伝授とフォーム改善を行い連続ジャンプをスムースに飛べるようになりました。

ということで、終わる頃にはたくさん上達してニッコニコな親子の姿を見ることができて良かったです!

 

こんなカタチで、既にMTB経験のある方も、さらに上達できる機会になるかも知れませんので、是非スマイルバイクパークでプライベートレッスンを受けてみてください!

 

 

そして日曜日の小田原フォレストバイク。自分はここではバニーホップ基礎講習とジャンプ基礎講習の特別講師を担当しています。

小田原フォレストバイク バニーホップ基礎講習

まずは午前中にバニーホップ基礎講習。最初の体力がみなぎる30分でキッチリ平地でのバニーホップの動きをマスターします。

 

小田原フォレストバイク バニーホップ基礎講習

続いて倒木など障害物を利用してファイアークラッカー(意図的に障害物に前後輪を当て、その反発を使って軽い力で飛ぶバニーホップの応用トリック)をマスター。どちらかと言うと講習内で占める時間はファイアークラッカーの方が多いくらいでしょうか。

ファイアークラッカーの方が実際のコース、トレイルなどで使える機会が多いので、受講された皆様にとても喜んでいただけます。

 

午後はジャンプ基礎講習。

小田原フォレストバイク ジャンプ基礎講習

最初に高さ30cmほどのワンメイクジャンプを使ってジャンプの仕組み、飛び方のコツなどを全てレクチャー。その後は3連ジャンプで連ジャンにトライしていただきます。

 

午前中にバニーホップ基礎講習を受講された方がそのままスライドしてこちらも受講されるケースがとても多いですね。実際、最初にバニーホップを習得されていた方が、効率的かつ確実にジャンプも習得できることは、数多くの事例から見ても明らかとなっています。

 

バニーホップ基礎講習やジャンプ基礎講習も、終わった後は皆さん確実に上達できたことを実感し、高揚感いっぱいに楽しんでいただけたことが分かります。いやー、本当に良かった!

 

という訳で、1日中フィールドで大きな声でアドバイスしたり、実演したりを繰り返すので、終わる頃には心身ともにヘトヘトになっていて、近頃はあまり自撮りライディングができずに困っています。

小田原フォレストバイク croMOZU275

仕方ないのでフォレストバイクの大きな駐車場で記念撮影みたいな自撮り。

小田原フォレストバイク croMOZU275 MAZDA CX-5

奥に見える海岸線で水平を合わせて愛車を撮ってみたら、意外とフォレストバイクの駐車場って傾斜があるんだな、と気付くのでした。

 

croMOZU275 MAZDA CX-5

ヘトヘトになってクルマで帰路につく途中にガソリンスタンドに寄り、ふと愛車を見たら、サイクルキャリアのcroMOZU275がとても格好良く見えた謎。

 

 

近頃涼しくなってきていますが、相変わらずBIKE&FISHは行っています。

BIKE&FISH 多摩川 エリア10 エリテン ナマズ

とはいえ、なかなかシーバスが釣れず、相手をしてくれるのはナマズばかり。釣れるだけありがたいのですが。これ70cmオーバーで釣り上げるのかなり大変でした。

トラックバック・ピンバックはありません

トラックバック / ピンバックは現在受け付けていません。

コメントをどうぞ

*