SILKYPIX Presents MTBストリートとは?

TUBAGRA

MTB(マウンテンバイク)チーム TUBAGRA(ツバグラ)にようこそ。
このホームページではMTBでストリートやダートジャンプ、スケートパークの乗り方を紹介しています。
MTBのトリック講習会、コンテスト、デモショーの企画も行います。お気軽にお問い合わせください。
バニーホップがしやすいストリート専用フレームMOZUの開発〜販売も行っています。

jinken TAKU's Opener バイクチェック!

こんばんは、jinkenです。

今日は!前回に引き続き、今回のロットでオーダー頂いていたOpenerのご紹介です。

印象的なオレンジ×白×黒のカラーコーディネイトが眩しい、TAKUさんの一台です。

こちらでご紹介するOKを頂きましたので、写真とともに軽くバイクチェック!

どうぞっ!

 

1

 

フレーム:TUBAGRA Opener (trMOZU) MTBエンド

フォーク :Neon Training Fork

前後リム :Inspired team white

Fハブ :Rockman

F タイヤ: Shwalbe Table Top

 

2

クランク :ECHO 6061 170mm isis

BB :FSA PRATINUM PRO ISIS 118mm

チェーン&半コマ :KMC

Fコグ :Surly 17T

Rスプロケ :GUSSET 13T

3

 

Rハブ :Hope Pro 2 Evo Trials 32H black

Rタイヤ :MAXXIS Holy Roller 2.4

前後ブレーキ :HOPE Trial Zone

 

 

IMG_5529
ハンドル :FUNN Fat Boy 7075 50mm Rise

グリップ: Trialtech

ステム :Ritchey Comp 90mm 30°

 

オイルラインを少し長めにとって、リアはヘッドチューブのまわりをくるりと一周。

これで、ハンドルは前後1回転(だけ)可能です。

バースピンやテールウィップを練習…してもよし、しなくても、転倒時に回転してオイルラインが切れるのを防止できます。

 

IMG_5555

ペダル :Wellgo CNC B143

最近のWellgoの中では、このB143も個人的にかなり好き。

(私自身はピンが少なくて軽量なB185を使っていますが、耐久性とメンテナンス性はB143がすごく良いです)

 

いやー、それにしてもカッコいいですね。

リムとハンドルの白が効いています。

フレーム以外を無彩色に抑えたことで、フレームカラーが引き立っていますね!

 

TAKUさん、お待たせいたしました!

Openerでの自転車遊び、楽しんでください!

 

 

今回はメールでのやり取りであらかじめご予算や乗り方のイメージをお伺いし、パーツセレクト等を相談して組み上げさせていただきました。

完成後、フロントタイヤとペダルだけ外して発送での納品です。

(距離によりますが、目安として本州でしたらおおむね3000円以内で発送できる感じです)

組み上げを依頼できる良いショップとのお付き合いがないという方は、フレームのオーダーと合わせて組み上げもご依頼承りますので、お問い合わせください。

 

(Read Moreにちょっとしたオマケ→)

(さらに…)

morita フロリダに行ってきました。

結婚旅行てやつをやってきました。
これで結婚のばたばたもひと段落かしら、といったところであります。
そんなハネムーンの様子をチラ見せ。
展示車乗ってたらカージャックに合った1コマ
フロリダ、あったかくていいところでした!
あんなところで仕事出来たらきもちいいんだろうなーと思ったり。
と、プライベートも落ち着きを見せはじめたのでそろそろ土いじりをね。
実は旅行の前にちょこっといじってきたのですが、ちょっと見てください。
パンプトラックが面白そうになってきております。
コレ、まだまだ進化する予定ですのでお楽しみに!
ダイナコパークはテクニカルに進化して行く様子であります。
今後が楽しみですねぇぇぇ!!!
スコップ追加したんで掘り掘りも楽しく出来そうでわくわくでありんす。
これからの夏が楽しみです。

samo 工藤君とberuf baggageにお邪魔してきました 21年ぶりの高校の同窓会

昨夜は会社終わりにTUBAGRAライダー工藤君と一緒に代々木のberuf baggageのショールームにお邪魔しました。

beruf baggageにお邪魔するTUBAGRA工藤君

そして、工藤君にもSTROLL BODYPACKを提供していただきました。

beruf baggageのSTROLL BODYPACKを装着するTUBAGRA工藤

このショルダーバッグは、とても使い勝手が良く、そして見た目がクールなのが特徴です。

beruf baggageのSTROLL BODYPACKを装着するTUBAGRA工藤

見ての通り身体の上部で固定することができるので、このショルダーバッグを装着した状態で自転車に乗り、さらにはバニーホップをしてもなかなかズレません。

beruf baggageのSTROLL BODYPACKを装着するTUBAGRA工藤

beruf baggageのデザイナー佐野さんよりバッグの説明を受ける工藤君。一方、現在ご提供いただいているバッグの使用状況も、自分や工藤君から佐野さんに伝え、フィードバックさせていただきました。

beruf baggageデザイナー佐野さんからバッグの説明を受けるTUBAGRA工藤

近日中にSTROLL BODYPACKの工藤君のレポートが上がると思うので、楽しみにしましょう!!

 

そして、その後は中目黒で高校時代の旧友達と同窓会をしてきました。彼らの多くに出会うのは、およそ21年ぶりでしょうか。

20年ぶりの高校の同窓会

さすがに20年以上前になると、記憶を遡るのが大変なのですが、懐かしい名前がバンバン飛び出してきて、それはそれで楽しい会話に花が咲きました。

というか、思い出す思考フル回転でハイテンションな会話をするってすんごく疲れますね(笑)

あ、でも嫌な疲れではないですよ。

20年ぶりの高校の同窓会

老けたな縲怩ニいう風に感じるのはごくわずかで(話せばあの頃と変わらず若い)、思っていたよりもみんな若い見た目でした。

20年ぶりの高校の同窓会

大きな声でのハイテンショントークを2時間以上繰り広げ、本当に楽しかったです!

20年ぶりの高校の同窓会

いつも学校帰りに遊びに行っていたK君(↓右)。頭はこんな感じになっていましたが(笑)、凄い仕事をいっぱいしていて、人間として超格好良くなっていました。

20年ぶりの高校の同窓会

また定期的に集まりたいですね縲鰀

samo TUBAGRA × MTBonly trick contest

以前告知しました、TUBAGRAとMTBonly誌とのコラボ企画、「誌上トリックコンテスト」ですが、締切りが7月1日(月)と迫っています。

TUBAGRA×MTBonly trick contest

応募内容や応募方法は簡単で、あなたが派手で、もしくは超難易度高い、果てはエグいトリックをしている写真画像を、指定した方法で送ってくれるだけでOKです。ストリート、ダートジャンプ、スケートパーク、トライアルなど、アクション要素のあるMTBでのトリックであればジャンルは問いません。

その時点で、写真がキレイである必要はありません。それこそ、iPhoneなどスマホの写真でも大丈夫です。

あなたの写真が選考審査を通ったら、雑誌のプロのカメラマンがあなたのトリックを撮影しに行きます!
審査員はMTBonly編集者と、私たちTUBAGRAが担当させていただきます。
※本コンテストにTUBAGRAライダーはエントリーできないので、その分、掲載される枠は増えます!

そして、優勝者縲恟繹ハ入賞者は、秋発売のMTBonly誌にグラビア掲載されます!!
ライダーとして、全国に顔や名前を知らしめるチャンスですので、残りの日数はわずかですが、この土日を使ってチャレンジしてみてください。

 

応募方法や詳細情報はこちらに記載されています。

samo 次期アクセラ(AXELA)公開!KNS.Loの新作動画

最近の楽しみと言えば、ズバリ始めたばかりの英会話。先日、2回目の授業があったのですが、明らかに前回1回目よりもスムースに言葉が出てきている自分がいて嬉しかったです。というか、1回目がテンパって駄目駄目過ぎた、ということもありますが…。

2回目の授業でご一緒させていただいた方は65過ぎのオジサンだったのですが(女子高生のクラスメイトは試験勉強でお休み)、既に数ヶ月前から授業を消化されていて、驚くほど流暢に英語を話せていたのに驚きました。「頑張れば自分もこうなれるのか!?」なんて期待を膨らませちゃいましたね。

ちなみに、毎週英会話の前日夜に3時間、教科書に沿って予習もしています。一見、長いようですが、普段のちょっと凝った内容のTUBAGRA日記を書くと余裕でこれくらいの長さになるので、あまり気になりませんね。

何にしても、自分の中で新たな学習欲が蘇りつつあり、無駄に目をキラキラ輝かせた日々を送っています。

 

本日、MAZDAの次期アクセラ(AXELA)が発表されましたね。デザインは、まぁ格好いいですが、以前TUBAGRAにも掲載した予想図の通りで、それ程のサプライズはありませんでした。(MAZDA CX-5に傾きつつある俺の心:★★☆☆☆)

MAZDA AXELA(アクセラ)

MAZDA AXELA(アクセラ)

MAZDA AXELA(アクセラ)

エンジンはSKYACTIV‐G(ガソリンエンジン)の1.5L(日本のみ設定)と2.0L、2.5L、そしてSKYACTIV‐D(ディーゼルエンジン)の2.2L、さらにTOYOTAから提供されたHYBRIDエンジン(日本のみ設定:MAZDA風に根本からチューニング済み、らしい)というラインナップなのですが…!

自分の中の本命であるHYBRIDエンジンタイプは、どうもセダンタイプのみに設定らしい?

マジで…?

セダンじゃMTB乗らないじゃん… ((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

(CX-5に傾きつつある俺の心:★★★☆☆)

興味が出てきたSKYACTIV‐D(ディーゼルエンジン)にしても、「コアなスポーツモデルとして発表するぽいです」と、先日ディーラーの人に聞いてしまったので、ちょっと自分が求めているものと違う…

(CX-5に傾きつつある俺の心:★★★★☆)

あー、次のクルマ、どーしよー(棒)  次はCX-5か…

 

昨日、TwitterのTLを賑わせていたKNS.Loの新作動画を紹介します。

ライディングも格好いいし、ライダー全員キャラが立っているし、彼ら独特のユーモアも健在だしで(あの宇宙人が最高過ぎ!)、観ていてニヤケまくりでした。本当に素晴らしいです。

世界のMTB系Blogでも評判高いみたいですし、自分たちも頑張らないといけませんね!

 

そして、TUBAGRAでお馴染みとなりつつある、アメリカ人のTanner Bouchardさんからの投稿です。
ジワジワと持ち技が増え、少しずつ上達していますね。ああ、バニーホップのやり方を直接レクチャーしたい…

というか、彼はジャンプが上手ですね。

 

さらにドイツの21歳のBMXライダーからも動画の投稿が…
非常にありがたいのですけど、TUBAGRAっていつからこんなページになったのか?(笑)

 

こういった動画はガンガン受け付けていますので、格好いい作品ができたら送りまくってくれると嬉しいです。紹介しまくりますよ!

samo CULT VANS/CULT WAFFLE GRIPとMTBのグラインド

今まで付けていたグリップが磨り減って穴だらけになっていたため(部分的に中のハンドルバーがむき出し状態に…)、5月の自分の誕生日に、TUBAGRAの某ライダーからプレゼントしてもらっていた(ありがとう!)CULT VANS/CULT WAFFLE GRIPをようやく装着してみました。

GRIP CULT VANS/CULT WAFFLE GRIP BLACK

このグリップ、知り合いの中ではとても評判が良かったので、ちょっと使うのが楽しみでした。そして、実際に今朝の朝練バンクで使ってみたところ… 握った感じは意外と太めですが、パターンやゴムの素材がどう関係しているか分かりませんが、程良いグリップ感と滑る感のバランスが良くバニーホップはしやすいです。そして、最初は違和感があったこの太さが次第に心地よくなり、乗り終える頃には妙な安心感に変わっていたのでした。これは意外でしたね。

つまり、自分的にアリ!なグリップでした!!

ちなみに、説明するまでもないですが、どうしてこのグリップがCULTとVANSのダブルネームかと言うと、VANSシューズが長年採用する伝統的なワッフルソールのデザインパターンを、そのままグリップにしてあるからです。(↓汚いHalfCabの画像ですみません)

VANSのワッフルソール

って、殆どの方が知っていると思うので、いちいち画像付きで説明するのが何か恥ずかしい…

ぱっと見スッキリとしたデザインなので、見た目が締まって良いですね縲怐兔n
GRIP CULT VANS/CULT WAFFLE GRIP BLACK

最近はツバの無いグリップの方がハンドル周りがスッキリして好きです。実際に撫で回しのバースピンではツバが無い方がやりやすくて良い、とも聞きますし。

そんな感じで、しばらくこのグリップを使い続けてみます!

 

先日の髭坊主さんと一緒に撮影しに行った際の、TUBAGRAライダーアシ君のライディングの1シーンです。
高めのレッジへのバニーホップ180toフェイキーグラインド。

Ashi 180 Double Peg Grind
Ashi 180 Double Peg Grind
Ashi 180 Double Peg Grind
Ashi 180 Double Peg Grind
Ashi 180 Double Peg Grind
Ashi 180 Double Peg Grind

これがまた格好いいのですよ。メイク率も結構高くて良い感じです。このトリック、最近ではTUBAGRA工藤君やdriveのAKIRA君も多用しますね。

 

MTBでグラインドトリックをするライダーはまだまだ珍しいです。
それはやはりディスクブレーキの存在が大きいですね。ディスクブレーキがあるために、フレーム側面(特に左サイド)が障害物の接触に対して非常に弱く(少しでもディスクローターが障害物にヒットしたら曲がって使えなくなる)、ストリート系トリックの中でバリエーション豊富なグラインドトリックが殆どキャンセルされてしまうのですから。

ということで、自分は過去トリック用MTBではディスクブレーキを使っていたことは一度もなく、頑なにVブレーキ派を貫いていました。確かにディスクブレーキの方が一見MTBらしさはありますけれど、ストリートライディングに特化するならVブレーキは乱暴に扱っても壊れづらいので良いです。

もっとも、最近はVブレーキ台座の無いバイクが多くて困りますけどね…
クロモリフレームなら、某製作所に持ち込めばV台座の装着は可能かも知れないけれど

ちなみに、自分は今みたくバイクにペグが装着される前はペダルやクランクの肩、BBの裏を駆使してグラインドしていたものです。工夫が必要なのですが、それこそが面白かった!

グラインドトリックはBMXだけのモノとされていましたけど、現時点でホイールの大きさがほぼMTBと同じのFGFS(トリックピスト)でも必須トリックとなっています。正直、MTBだけ使わないのは非常に勿体無いと思いますね。

そんな中で、昔からTUBAGRAのストリート系ライダー達や、driveライダー達のグラインドトリックの利用率は相当高いです。というか、他のライダーがあまりやらないので、特徴的な武器にしているくらいですね。

少しでも多くの人に、MTBでのグラインドにチャレンジして欲しいな縲怩ネんて思う今日この頃です。本当に面白いんだから!

 

関西のMTBストリートライダーRyo君が撮影縲恤メ集した動画です。
FGFSライダーのTOYO君がメインでフィーチャーされています。また、Seima君のGスケパートも格好いい!
そしてRyo君のの撮影縲恤メ集テクもどんどん上達していますね!

samo エンドキャップ CX-5を買うとしたら… メタル熱再び!

自分は頻繁に樹脂製のエンドキャップが装着されていないと乗ることができないスケートパークで乗ることが多いので(世田谷公園スケートパークやプラネットパーク)、これらの装着は必須にしています。もちろん、これがあることで、転倒した際にハンドルバーが身体に刺さったとしても、削れて鋭くなったバーのエッジ部分でエグく皮膚を削がれることを防いでくれています。

UNITEDのエンドキャップ

そんなエンドキャップなのですが、何度も転んでいると、樹脂製ということから簡単に潰れて削れて壊れてしまいます。壊れるというか、ハンドルバーの中に入り込んじゃうんですね。

今日、グリップを付け替えることがあったので、その入り込んでしまっていた樹脂製エンドキャップを取ってみました。
ちなみに、ハンドルバーの奥に入り込んだエンドキャップは普通だとまず取れませんが、ワインなどのコルク抜きを使うと気持ち良いくらいに超簡単に取れます。

そして、ハンドルバーの片方(良く転ぶ側)から出てきたエンドキャップの成れの果てがこれらです!

樹脂製エンドキャップの成れの果て

それにしても、まさか3個も出て来るとは…。パーツに関してズボラな自分の性格が分かるようで恥ずかしい…

 

話は早いのですが、CX-5に乗り換えるとしたら、カスタムメーカーのサイトに良くあるようなローダウンじゃなく、車高を上げたいですね。タイヤも大きめのホイールサイズじゃなく逆に小さくしたい。ここのブランドのホイールですね。

CX-5 16インチホイール

CX-5 16インチホイール

いや、まだ乗り換えると決まった訳ではないですよ。次期アクセラが想像以上に良かったら簡単に寝返る準備はできています。

というか、奥さんの方がCX-5を気に入っちゃっているんですけどね…

 

最近、自分が中学縲恪mZ生の頃に激しく聴いていたハードロックやメタルを再び聴き返しています。
やっぱりいつ聴いても熱いな縲怐I!鳥肌立ちまくりですよ!!放課後に同級生達と教室で頭振って大合唱していたのを想い出します。

Metallica – Creeping Death (Monster Of Rock 1991)
YouTube Preview Image
警備にソ連軍警11,000人、観客推定150万~70万人を動員したソ連崩-壊直後の無料フェスの様子です。当時(1990年)のロシア(ソ連)とアメリカの冷戦状況を知っていると、アメリカのバンドにこれだけのソ連の人々が熱狂している状況は、まさに「メタルが国境を超えた」と思え、ひたすら感動したものでした。

Judas Priest – Painkiller
YouTube Preview Image
冒頭から超格好良いリフと甲高いボーカル、ギターソロが熱くて展開もドラマチックで最高の曲です!

samo TUBAGRAライダーアシ君とSHAKAを撮って来ました

グンマー県某セクションに、お馴染み髭坊主さんと一緒にTUBAGRAライダーアシ君と彼が設計したフレームSHAKAの撮影に行って来ました。幸い激しい渋滞にハマることは無かったものの、地味に遠かった…

TUBAGRA SHAKAバイクの撮影

前回、工藤君を撮影した際と同じく、業務用ビデオカメラでじっくり撮影していく髭坊主さん。

画像の奥の方にはTUBAGRAライダー工藤君が、よだれが出そうな格好いいルーティンを繰り広げていました。時間があったらこちらの撮影もしたかったのですが、どうも遠くからドス黒い雨雲がゴロゴロと雷の音を轟かせながらやってきているので、急いでアシ君の撮影に集中します。

髭坊主さんにTUBAGRA SHAKAバイクを撮影してもらっている

自分は髭さんの撮影がスムースに進むよう、徹底してアシスタント役に徹しました。

それにしても、渋くて格好いいアシ君の26インチホイール版のSHAKAバイクです。前後に詰まったホイールが、より見た目のコンパクトさを強調しています。自分の24版SHAKAとは違った格好良さがありますね縲怐B

TUBAGRA SHAKAバイク

ホワイトだったSR SUNTOUR DUROのアウターレッグをブラックに塗ったことで、より渋さが増しました。

TUBAGRA SHAKAバイク

アシ君のSHAKAはレフトドライブ仕様で、グラインドペグは右側に装着されています。

SHAKAフレームはまだオーダーを受け付けておりますので、購入をご希望されている方、迷われている方はお問い合わせください。

SHAKA SPEC

価格:90,000円(税込・送料別)
素材:カイセイ製クロモリパイプ(MOZUシリーズ特注ダブルバテットチューブ使用)
重量:2.3kg
ヘッド:インテグラルヘッド(カンパ・ヒドゥンセット)
BB:スパニッシュBB
シートポスト:25.4mm(BMXの標準的なサイズです)
シートクランプ:28.6mm(BMXの標準的なサイズです)
ブレーキ:ディスク対応/キャリパーブレーキ装着可/プラス¥5,000でVブレーキ台座も取り付け可能(上向きで装着)

ヘッドアングル:74度(肩下420mmリジッドフォークインストール時:MOZU・DOPEは71度)
シートアングル:75度
BBハイト:20mm上がり(MOZUは5mm上がり、DOPEは15mm上がり)
フロントセンター:610mm(肩下420mmリジッドフォークインストール時)
リアセンター:26インチホイール専用仕様の場合最短355mm、24インチホイール専用仕様の場合最短335mm

エンド規格:BMX用リアハブ対応(110mm/14mm)

フレームカラー:下の9色よりお選びいただけます マットブラックとマットクリアー以外は特色扱いとなり+3,000円かかります

TUBAGRA MOZU(SHAKA)カラー

 

そうこうしている内にライディングの撮影スタート。

 

こちらはルーティンの一部である、みぞおちくらいの高さの縁石にダブルペググラインドをするシーケンス。
こんな高いところにどうやってペグをかけたら良いのか自分は分かりません…。(基本バニーホップが高ければできる)

アシ超高いステアーでDペググラインド
アシ超高いステアーでDペググラインド
アシ超高いステアーでDペググラインド
アシ超高いステアーでDペググラインド
アシ超高いステアーでDペググラインド
アシ超高いステアーでDペググラインド
アシ超高いステアーでDペググラインド

間近で見ると迫力満点です。この1トリックでは終わらず、後すぐに、また別のトリックがいくつも繰り広げられていきます。

 

そんな感じで、雨が降り出すところまで撮影は続けられ、無事、必要な量の映像を撮ることができました。
アシ君、髭さん、本当にお疲れ様でした!!格好いい映像に仕上げましょう☆

この撮影の裏では、工藤君がdriveのAKIRA君に対抗して、凄いアタックを繰り返していました。が、残念ながらメイクならず…
でも、少し前の工藤君なら絶対にトライしないセクションだったので、AKIRA君のあの写真は確実に多くのライダー達に影響を与えていますね。とても良いことだと思いました。

 

そして、帰りは髭さんを送り届けた際、夕飯をご馳走になってしまいました。とても美味しかったです!!ありがとうございました!!

samo MTB STREET オヤジ&サモさんおめでとう飲み会

↑という名の飲み会が昨夜、神田の「なんで、や 総本店」で行われました。
参加者はけんぷっぷさん、SUさん、岡安さん(岡安製作所)、Yukonさん(DSB.LO)、横山さん(SILKYPIXDSB.LO)、ドマさん(DSB.LO、仕事で途中退席)、モリポンさん、そして自分の8人です。

MTBストリートに関係している平均年齢40歳オーバーのオッサンライダー達の集いでありましたが、ウチの奥さんに子供ができたことを祝っていただくタイトルも付けていただき、とても光栄です。本当にありがとうございました!

左からけんぷっぷさん、岡安製作所の岡安さん、モリポンさんとなります。

MTB STREET オヤジ&サモさんおめでとう飲み会

話した内容は、自転車の話、若手ライダー達の話、育児の話、お子様の話、奥さんの愛し方について、など多岐に渡りました。
19時から飲み始め、23時過ぎまで一切話しが途切れることなく進行したので、とても充実して楽しいひと時でしたね。

左から横山さん、SUさん、見切れているのはYukonさん。

MTB STREET オヤジ&サモさんおめでとう飲み会

ここにいる殆どの方がお子様が2人以上(3人いる方も2名!)いて、出産から子育ての話は、とても参考になりましたね縲彌n
今回の会でダントツに若かったYukonさん(33)。それでもお子様が3人いるって素晴らしいです!

MTB STREET オヤジ&サモさんおめでとう飲み会

今回参加したメンバーで、娘さんがいる方達にどうしても聞きたい事がありました。
それは、「娘さんを嫁にやっても良いTUBAGRAメンバー&driveメンバーは誰ですか?」というものです。

結果は以下の通り。大まかな集計です。既婚者(jinkenさんに森田君)は省いています。

1位:工藤君(TUBAGRA)「礼儀正しいし、信頼がおける。お茶目なところもあって良い」多数談
2位:AKIRA君(drive)「彼は好青年だからね」多数談
3位:アシ君(TUBAGRA)「彼の雰囲気が大好きなんですよ縲怐vSさん談
4位:STEM*君(TUBAGRA)「プレイボーイだから何かしでかしそうで…」某さん談
5位:まっさん(drive)「彼は一番のたらしじゃないかな?」某さん談

圏外:kengo君(drive)「うーん、まだ彼のこと良く知らないから…」多数談

 

そんなこんなで、とても楽しい飲み会でした!!また参加したいです☆

jinken と縲怩驍ソゃん's Openerバイクチェック!

こんばんは、jinkenです。

 

今回のロットで、Opener(もう定着したかな?旧名trMOZUです!)を何本かオーダー頂いていました。

そのうちの1本は、今、武蔵五日市(あきる野市)のとある山の斜面で広場の整備(含MTBも走れる道)のボランティアを一緒にしている「と縲怩驍ソゃん」のオーダー。

組み上げも私のほうでさせていただきました!

ご本人オッケーを頂いて、バイクチェックいきまーす!

(「ストリート」トライアルフレームなんですが…ロケーションが田舎というかナチュラル系ですみません)

Toru's Opener (trMOZU)

 

フレーム:TUBAGRA Opener MTBエンド (Vブレーキ台座追加 ヘッド穴あけ加工)

フォーク:NEON軽量アルミ製トライアルフォーク

Fリム:TIOGA FACTORY DH 24inch (デッドストック品、ちなみにMade in Japan)32H

Fハブ:ECHO TR Disc

スポーク:ディスク側 = 2.0mmプレーン 反ディスク側 = 2.0/1.8mm バテッド(Sapim)

Fブレーキ:AVID BB7 メカニカルディスクブレーキ

ヘッドパーツ:Blank Campy

 

(続きはRead Moreからどうぞ→)

(さらに…)

このWebサイトで紹介している画像や動画を使用するのは構いませんが、営利目的で使用される場合はご連絡ください。
ライディングの際はそれぞれの判断でプロテクターを装備しましょう。
このWebサイトで紹介しているライディングを真似して怪我をされても当サイトは責任を取ることはできませんのでご了承ください。

Copyright © 2017 by Street MTB Team TUBAGRA