SILKYPIX Presents MTBストリートとは?

TUBAGRA

MTB(マウンテンバイク)チーム TUBAGRA(ツバグラ)にようこそ。
このホームページではMTBでストリートやダートジャンプ、スケートパークの乗り方を紹介しています。
MTBのトリック講習会、コンテスト、デモショーの企画も行います。お気軽にお問い合わせください。
バニーホップがしやすいストリート専用フレームMOZUの開発〜販売も行っています。

samo SLACK FOOTWEAR INTLOOPを履いてMTBに乗ってみました

2017年スタートした日本発のシューズブランド SLACK FOOTWEARよりこの春の新作である INTLOOP(CYAN BLUE/WHITE)をご提供いただきましたので、実際に履き、MTBに乗ってみたので紹介させていただきます。

SLACK FOOTWEAR INTLOOP

INTLOOP(CYAN BLUE/WHITE)はとても春らしい爽やかなカラーリングが特徴です。

 

シンプルなスリッポンがベースになっていますが、ソールのガードやシューレース(靴紐)がついて、ポップでいながらインパクトがあるデザインに仕上がっていますね。

SLACK FOOTWEAR INTLOOP

ソールは手裏剣がモチーフになっているSLACK FOOTWEAR専用のパターン。日本発のシューズブランドであることをさり気なくアピールしています。

 

SLACK FOOTWEAR INTLOOP 横須賀うみかぜ公園 SHAKA24

爽やかなカラーリングのシューズなので、ちょっと肌寒いですけど春らしくショートパンツで合わせてみました。

 

実際にINTLOOPを履いた状態でSHAKA24に乗ってライディング。

SLACK FOOTWEAR INTLOOP 横須賀うみかぜ公園 SHAKA24 ダブルペググラインド

朝までの雨でビショビショに濡れ滑りやすくなったスケートパークのハンドレールでダブルペググラインドにトライ。ショートパンツにマッチするデザインのシューズだと思います。

 

SLACK FOOTWEAR INTLOOP 横須賀うみかぜ公園 SHAKA24 ダブルペググラインド

ソールの土踏まずの部分にペダルのピンがハマらないパターンですが、意外とソールが柔らかいのでペダルを掴むような感覚があり、思ったよりも滑りません。

 

別の日に世田谷公園スケートパークに行ってみました。

SLACK FOOTWEAR INTLOOP 世田谷公園スケートパーク SHAKA24 エアターン

この日は冬の寒さがぶり返していて、ショートパンツだと洒落にならないくらい寒かったです。

 

朝一でパークにまだ誰もいない内に基本的な動きでウォーミングアップ。

その後ガッツリ練習を!と思っていたらスケートボーダーの集団が来訪。

くそー!ウォーミングアップの動画しか撮れなかったー(泣)

 

SLACK FOOTWEAR INTLOOP

そんな訳で、SLACK FOOTWEARINTLOOP(CYAN BLUE/WHITE)を頻繁に履いてライディングしていこうと思います。

 

 

最近の朝活BIKE&FISHは家から2分の多摩川のスポットで、メタルバイブを遠投してスロー巻き。程なくガツンとアタリで鬼合わせ!

朝活BIKE&FISH メタルバイブで釣れたコイ75cm

とても重たい魚で、明らかに大きな魚体であることはすぐに分かりました。そして15分経過して、ようやく姿が見えてくると…

またお前かー!!!!

近場スポットで記念すべき新年1匹目は直径70cmのMTBホイールから大きくハミ出す、コイ75cmオーバーでした。まぁ、釣れただけ良しとするか…。

samo 影山輪業 横浜杉田店によるバニーホップ体験 in 横須賀うみかぜ公園

TUBAGRAのakaMOZU 2ndフレームを影山輪業 横浜杉田店でも置いていただけることになりました。

影山輪業 横浜杉田店 難波江店長

名物?の難波江(なばえ)店長もakaMOZU 2ndをご自身のバイクとして組んでいただいており、現在はすでに試乗が可能となっています。是非ご近隣の方は足をお運びください!

 

 

そんな影山輪業 横浜杉田店の難波江店長が、月曜日の午前中に横須賀うみかぜ公園でバニーホップ体験会を行うというので、MURAMASA BARの納品も兼ねまして、自分もお邪魔させていただきました。

横須賀うみかぜ公園 影山輪業 横浜杉田店 難波江店長バニーホップ

難波江店長のライド始めの頃のバンクバニーホップ。

このakaMOZU 2ndバイクはGT ラボンバからパーツを完全移植で組まれています。パーツの規格が全て適合しているので、丸々移植できてしまうのでした。

 

せっかくなので、その場でプチ・バニーホップ講習会を開催させていただきまして、バニーホップに対応した準備運動と、MOZUならではのバニーホップのコツを伝授。ちなみに一般的なMTBとMOZUシリーズでは、MOZUの方が序盤の大変な段階をすっ飛ばせるのでバニーホップの教え方はだいぶ違ってきます。

 

影山輪業 横浜杉田店の常連であるYさんも難波江店長のakaMOZU 2ndでバンクバニーホップ。

横須賀うみかぜ公園 影山輪業 横浜杉田店 米田さんバンクバニーホップ

YさんはもともとBMXにも乗られていて、akaMOZUにも1分経たずに順応し、正直このバイクの持ち主である難波江店長よりも高くスムースに飛ばれていました。

 

とはいえ難波江店長も負けてはおらず、少しバニーホップし慣れるとすぐにこの高さに。

横須賀うみかぜ公園 影山輪業 横浜杉田店 難波江店長バニーホップ

akaMOZUはちょっとでも乗り慣れるとどんどんバニーホップの高さが増していきます。

 

横須賀うみかぜ公園 影山輪業 横浜杉田店 米田さんバンクバニーホップ

Yさんも同じく良い感じの高さに。

 

他にも、難波江店長はうみかぜ公園名物のボウルにドロップインを体験されたりと、今日1日(数時間)でだいぶスキルアップされたのではないでしょうか?そのトライの様子を動画でご覧ください。

ここのボウルはかなり急なので、しかもバイクにまたがって見下ろすとただの直下の壁にしか見えません。MTB歴が長く基本バイクコントロールがしっかりしている難波江店長でも躊躇してしまうのは仕方がないことです。

それでも無事にクリアーされたので、今後はMTBによるパークライディングも順調に上達されていくかと思います。

 

 

 

 

ここで、横須賀と言えば!ということで、影山輪業 横須賀上町店の安田店長と、横須賀ローカルのTUBAGRAライダーのYAMATO君も登場。

横須賀うみかぜ公園 影山輪業 横須賀上町店 安田店長バンクバニーホップ

ここは「akaMOZU乗りの先輩」ということで、安田店長はみんながビックリする高いバンクバニーホップを見せてくれました。しかも教科書のようなキレイなストレート刺しが入っています。

 

横須賀うみかぜ公園 YAMATO君 バンクバニーホップ 斜め刺し

それを更に上回る高さでTUBAGRAライダーYAMATO君がバンクバニーホップ。エグい斜め刺し入り。

 

ストレート刺しの安田店長と、斜め刺しのYAMATO君のバニーホップのフォーム、ちょうど比較ができて良いですね。

横須賀うみかぜ公園 安田店長 YAMATO君 バンクバニーホップ ストレート刺し 斜め刺し比較

クリーンなストレート刺しとエグさのある斜め刺し。みなさまはどちらのバニーホップのフォームが好きでしょうか?

 

ちなみに、この比較画像で驚くのが安田店長のストレート刺しバニーホップの高さ。YAMATO君の斜め刺しに結構迫る勢いです。

基本的にストレート刺しよりも斜め刺しの方が最大15cmほど高く飛べると言われているので、安田店長も斜め刺しをマスターされたらYAMATO君の高さに達することができるのかも知れません。

 

 

そんなことで、影山輪業の両店ではakaMOZUフレームにハンドルバーなどTUBAGRA製品を取扱中で、さらに試乗もバッチリできますので、是非足をお運びください!

 

影山輪業 横浜 杉田店

影山輪業 横浜杉田店
〒235-0036
神奈川県横浜市磯子区中原2-9-3
TEL:045-299-0449
営業時間 10:00~19:30
定休日:水曜日
提携駐車場有り

 

 

影山輪業 横須賀 上町店

影山輪業 横須賀上町店
〒238-0017
神奈川県横須賀市上町3-8
TEL:046-822-0234
営業時間 9:00~19:30
定休日:水曜日
駐車場有り

samo 2019ハンドメイドバイシクル展 2日目

東京流通センターで2月23日(土)24日(日)と開催されている2019ハンドメイドバイシクル展の2日目です。

とはいえ、以前のような他のビルダーさんたちのブース紹介は今回十分見て回れなかったので無しで。何はともあれ、ロードやシクロ、ランドナーなどのフレーム、バイクの展示が一般的なこの展示会で、アクション系MTBを多分に配置する岡安製作所ブースは異彩を放っているのでした。

2019ハンドメイドバイシクル展 岡安製作所ブース MURAMASA BAR ShinMOZU SHAKA26

今回、TUBAGRAのフレーム以外でブースに訪れた方たちが興味を示していたのが、フレームのオマケとして置いていた、MURAMASA BARやオリジナルシングルスピードハブでした。

特にMURAMASA BARは購入を考えている方が多く、実際に手にしてライズやバックスイープ度合いなどの感触を確かめていましたね。とてもありがたいことです。

 

また、知り合いも多く訪ねてきてくれまして…

2019ハンドメイドバイシクル展 岡安製作所ブース X親父

自分がMTBを始めた20年前に、すでに40歳オーバーでX親父と崇めていた小林さん。

今の自分はその頃の小林さんよりも歳をとってしまいましたけど、当時の小林さんを超えることができているのでしょうか?

そして終了時間間近、奥さんと息子が来訪。

2019ハンドメイドバイシクル展 岡安製作所ブース 叶大

息子は電動自転車?コーナーで散々楽しんだものの、他のブースを見て回っても子供なのでその価値が分からず、すぐに飽きてしまい構ってちゃんになって面倒くさかったです。まぁ、それは仕方がないのですが…

 

そうこう言っているウチに2019ハンドメイドバイシクル展は修了。

昨日今日とご来場いただき岡安製作所ブースでお声をかけてくれたみなさま、本当にありがとうございました!

 

 

展示していた富士山バニーホップの写真が評判良かったので再アップ。

麓キャンプ場(ふもとっぱら)でオートキャンプ FUKUROU 刺しバニーホップ ファイアークラッカー 富士山背景

昨年末にキャンプに行った際に自撮りした写真ですけど、確かにカッコイイかも(照れ

 

 

今日でひとまずMTBドタバタ週間が一息つきました。

明日午前中は横須賀まで行き納品とバニーホップ 講習会。

多摩川 ルアー メタルバイブ シンペン ペンシル ワーム フリックシェイク ゲイリーシュリンプ

それが終わったら、少しで良いので多摩川で釣りに集中したい!準備は万端なので。

samo 2019ハンドメイドバイシクル展 1日目

東京流通センターで2月23日(土)24日(日)と開催されている2019ハンドメイドバイシクル展の1日目が修了しました。

2019ハンドメイドバイシクル展

湾岸沿いにある東京流通センターなので、来場者は減るんじゃないか?なんて思いましたが…

2019ハンドメイドバイシクル展

想像以上の人手でした!これには自分や他のブースの方たちもビックリ。

 

とはいえ、MTBフレームの出展が激減していまして、自分たち以外では殆ど見かけなかったような…。当然、それに比例して来場者もロードバイクやシクロクロスなどが目的の方が多かったように思いました。

頑なに、更にニッチなアクション系MTBを作って展示している我々に、わざわざ会いに来てくれる方たちはいらっしゃるのか?なんて最初は不安でしたが…

 

本日は2日目もエントランスをくぐってすぐの「岡安製作所」ブースにTUBAGRAのフレーム(完成車)、パーツを展示。

2019ハンドメイドバイシクル展 岡安製作所ブース

このようなレイアウトとなっています。展示されている完成車はcroMOZU275FUKUROU、岡安さん作成のディスクロードバイクの3台。フレームはShinMOZUSHAKA26。パーツはMURAMASA BARとオリジナルハブ2種類となっています。

そして親交のあるディストリビューター「Dos Ruedas」が扱うBitexのハブなども一緒に展示。

 

そんなこんなで蓋を開けてみると、午前中の段階で話しすぎて喉が痛くなるほどTUBAGRA目的で来てくれた方がいらっしゃって驚きでした。本当にありがとうございました!

「初めてTUBAGRAのフレームを生で見ました!」と興奮気味に話される方が多くて、とても光栄でしたね。

 

フレーム製作やパーツ企画の裏話などもたっぷりお話しますので、よろしければ遊びに来てください!入場無料です。

 

 

一昨日は、影山輪業 横須賀上町店の安田店長にハンドメイドバイシクル展で展示するcroMOZU275をお借りするため朝一で横須賀に行ったのですが、来店する前に30分ほど横須賀うみかぜ公園でパークライド。

横須賀うみかぜ公園 サモ SHAKA24 スミスグラインド

写真はバンクのモヒカンレッジでのフィーブルtoスミス。動画じゃないと伝わらないな…

これをうみかぜ公園のモヒカンレッジでやりました。

うん、動画じゃないと伝わらないですね…。

 

実は春っぽい色のスニーカーをご提供いただいたので、そのPRも兼ねて自分も春っぽくショートパンツ履いてきたら、そのシューズがサイズ違いで履けず、仕方なしにいつものNIKEで。

春を先取りし過ぎて寒いだけでした。

 

それにしても朝8時台なのに何故にパーク混んでるの?練習したかったこと(またもや)全然できなかったなぁ…

samo パナソニックのフルサスeMTB XM-D2 の新車発表会・試乗会に参加してきました

昨日はPanasonicのフルサスeMTB XM-D2の新車発表会・試乗会に参加するため、お馴染みスマイルバイクパークへ。

到着すると既に多くの取材陣、TVだったり新聞社だったりと、自転車関係に限定しない広いジャンルのメディアの方たちがXM-D2の取材〜撮影を行っていました。

 

XM-D2のイメージライダーであるBMXレーサーの飯端美樹さん。

パナソニックのフルサスeMTB XM-D2 の新車発表会・試乗会に参加 飯端美樹さん

見ての通り美人で実力も兼ね備えている方です。常に取材陣に囲まれ写真を撮られていました。

 

XM-D2はPanasonicのeBIKEのフラッグシップモデルという位置づけで、一般メディアの人たちをたくさん呼んだ発表会もなかなか力が入っており、企業としての本気度がうかがえます。

パナソニックのフルサスeMTB XM-D2 の新車発表会・試乗会に参加

XM-D2だけでなく、他にラインナップされているeMTBも多数試乗車として用意されていました。

 

それでは、XM-D2のMTBとしての紹介をいたします。

パナソニックのフルサスeMTB XM-D2 の新車発表会・試乗会に参加

フレームカラーは見る角度や太陽の位置によってパープル、ダークブルーだったりと深みのある色合いで、パッと見の高級感はなかなかのもの。

フルサスバイクとしてのデザインはまとまっており、今までの国産eMTBの中ではダントツに良いのではないでしょうか?

 

アッセンブルされているパーツの紹介をします。

パナソニックのフルサスeMTB XM-D2 の新車発表会・試乗会に参加

フロントサスフォークはSR SUNTOURのAURON Boostでストロークは160mm。

 

パナソニックのフルサスeMTB XM-D2 の新車発表会・試乗会に参加

リアユニットはRockShox製。フロントもリアと合わせてRockShoxにすれば良かったのに…なんて思ってしまいました。

ドライブユニット内装2段でリアはBoostで10速です。

タイヤは前後27.5×2.8で、チューブレスではなくチューブ入りでした。

ドロッパーポストは付いていません。

 

パナソニックのフルサスeMTB XM-D2 の新車発表会・試乗会に参加

センター液晶ディスプレイはかなり視認性が高く、前向いて走っていてもチラチラ見ちゃう程。「アシストが切れる24km/hにもうすぐ達しちゃう!」という状況がすっごく分かり、慣れないと気が散ります!

 

パナソニックのフルサスeMTB XM-D2 の新車発表会・試乗会に参加

Panasonicという大手ブランドがリリースするMTBなだけに、ライトやリフレクターなどはあらかじめ装着されています。フロントライトは上手くステムに被せるカタチで付いて上手く馴染んでいて、見た目の違和感はありません。

 

そして試乗をしてみてのライディング編です。XM-D2の試乗会はスマイルバイクパークのミニクロカンコースのみで行われました。

ミニクロカンコースは実際のトレイルにありそうな要素が詰め込まれたショートコースで、XM-D2の走行性能をうかがい知るには悪くないと思います。

本当はスラロームコースや4連ジャンプを走ってみたかったのですが、一般の方が転倒して大怪我する危険性がありますし、それは仕方がないですね。(ってもミニクロカンコースもそのリスクはありますが)

パナソニックのフルサスeMTB XM-D2 の新車発表会・試乗会に参加

ミニクロカンコースのドロップオフセクションでジャンプしているのはスマイルバイクパークのスタッフ藤井さん。もちろん自分もジャンプしまくりました。

 

パナソニックのフルサスeMTB XM-D2 の新車発表会・試乗会に参加

別の角度から。車重が26kg以上あるので、この程度の着地でも前後サスペンションが簡単にフルボトムします。

 

パナソニックのフルサスeMTB XM-D2 の新車発表会・試乗会に参加

やはりeMTBですので、気になるのはXM-D2のアシスト性能。

スマイルバイクパークに既にあるYAMAHA eMTB(ハードテイル)の試乗車と比較して、非常にマイルドな印象です。

パワーモードでも急な登りは細かくシフトチェンジする必要があり、そういった意味では一般的なMTBの操作感に近いかも知れません。

ぶっちゃけて言うと、ちょっと物足りないという印象。せっかくフルサスで高価なのだから、YAMAHAみたいな「うわぁ!」とビックリする加速感があっても良かったように思います。

 

XM-D2の最大の課題は26kgの重量ですね。普通に走り出すとあまり重さは感じないのですが…

パナソニックのフルサスeMTB XM-D2 の新車発表会・試乗会に参加

今回のサスのセッティング次第かも知れませんが、車重があるのでちょっとしたジャンプの着地などで簡単にフルボトムしてしまいます。もう少し固くするか、深いところでふんばってくれるセッティングにした方が良いような。

あとコーナーで外に膨らむ感があります。

そしてコースアウトした際にコース上への復帰が大変でした。

ちなみに自分、登り返しの頂点でバニーホップしてから下りコーナー(少し道が細い)に突っ込んだのですが、自分がイメージしていた走行ラインより外に外に膨らんで行きコースアウト。

結構派手な見た目の転倒をかましたかも知れません。ってもバイクは守ったのでダメージもなくすぐにコースに復帰…

しようとしたらメチャ重たい。たった50cmちょっとの急斜面を引き上げるのにも一苦労でした。

なので、ルートが狭いトレイルなどを走るには少し注意が必要のように思いました。滑落したらバイクの引き上げがかなり大変になると思います。

 

 

パナソニックのフルサスeMTB XM-D2 の新車発表会・試乗会に参加

PanasonicのフルサスeMTB XM-D2は限定100台発売で60万円(税抜)

個人的には少し高価でも良いからドロッパー付けてフロントもRockshoxにして、重量を少しでも軽くするためにチューブレスにした方が…

なんて思いましたけど、その場で購入希望の方がいたりして、すぐに完売しちゃうのかも知れません。

 

 

フルサスeMTB XM-D2に乗ってみて、つくづくeMTBはフルサスの方が合っていると思いました。

eMTBのハードテイルで地面の凸凹で発生する振動は重量がある分キツいです。フルサスだとそれを吸収してくれるので、とってもスムースで乗り味の良さを特に実感できます。

さて、PanasonicのeMTBを見てYAMAHAの次のeMTBはどんな内容になるのでしょうか?こうやって国内でも企業が四苦八苦してeMTBをより良く発展させていってくれたら面白いな、なんて思いました。

samo 2019ハンドメイドバイシクル展に出展いたします

急な告知で恐縮ですが、2019年2月23日(土)24日(日)に開催されるハンドメイドバイシクル展に、TUBAGRAの国産フレームを作っていただいている岡安製作所ブースに間借りするカタチで今年も出展いたします。とはいえ、TUBAGRA関連フレームの方が展示が多かったりするのですが。(岡安さんいつもすみません…汗)

2019ハンドメイドバイシクル展

今回は今までと会場が変わり、東京都大田区の「東京流通センター」 内で行われるのでお越しの方は間違えないように注意してください。ぶっちゃけ東京湾岸沿いで、アクセスが少し面倒かも…

 

2018ハンドメイドバイシクル展 岡安製作所ブース

去年の岡安製作所ブースの状況です。

 

今年、TUBAGRAが出展するバイクはこちら。

FUKUROU

自分が乗る27.5インチホイール里山アクションMTBフレームのFUKUROU。魚臭さが消えるように頑張ってキレイにしておきます(汗)

 

影山輪業 横須賀 上町店 安田店長のcroMOZU275バイク

そしてもう1台は影山輪業 横須賀上町店 安田店長が乗る27.5インチホイール里山アクションMTBフレームのcroMOZU275

 

ともにTUBAGRAプロダクツの中でもハイエンドに当たるフレーム、バイクですので、是非お近くでご覧になってください。開発秘話なども余すこと無くお話いたします。

 

ということで、この土日は東京都大田区の「東京流通センター」にお越しください!

 

東京流通センター 第一展示場Aホール

日時:2019年2月23日(土)24日(日) 9時半〜16時半
住所:〒143-0006 東京都大田区平和島6-1-1 アクセスページ

東京モノレール「流通センター駅」徒歩1分
JR「大森駅」東口から 約12分(京浜急行バス利用) 「流通センター前」徒歩1分
京浜急行「平和島駅」から約4分(京浜急行バス利用) 「流通センター前」徒歩1分
首都高速羽田線 平和島出口すぐ
首都高速湾岸線 大井南出口すぐ

samo 獲得標高600mの緊急ドタバタトレイルライド

今日は午前中に埼玉の奥地でサタジュク・アテンドのトレイルライドでした。もちろんアドベンチャー要素多めです。

この地域は前日、雨が一切降っておらず路面は超ドライの好条件。

とはいえ、各自急ぎの用事があったので、獲得標高600mのルートをほとんど休み無しのドタバタ走破となりました。

サタジュク トレイルライド 佐多さん

サタジュク塾長の佐多さんのライディング。バイクがcroMOZU275になっても下りの速さやアグレッシブさは変わらず、さらにバニーホップやファイアークラッカーを駆使して空中にいる時間が増えています。

 

サタジュク トレイルライド マキシマさん

往年の26インチクロモリハードテイルバイクで参加のマキシマさん。連日のトレイルライディングの疲れを感じさせない走りでした。

 

サタジュク トレイルライド サモ FUKUROU

自分もFUKUROUでバニーホップやファイアークラッカー多めでトレイルを飛び走りました。

 

サタジュク トレイルライド 森山さん

ご近所に住むMTB歴半年ほどの森山さんの倒木ファイアークラッカー。ハードコア寄りのサタジュク・アテンドのトレイルライディングに頻繁に参加している内に、かなりのスキルを身に着けています。

 

サタジュク トレイルライド サモ FUKUROU

自分も倒木ファイアークラッカー。本当ならば、納得の行くバイクの高さと傾きになるまで何度も繰り返すものの、今日のところは時間がないので数トライで断念です。

 

それにしても、いつもは十分休憩を取りながら走るルートも、時間に追われてノンストップで走るとまた別の風景になるというか、印象が違ってくることが分かってある意味新鮮で楽しかったです。もちろん、久しぶりにかなり疲れました。

そして、今日は春の到来?と思えるほどに気温も高くなり、これまた久しぶりに汗だくに。これはこれで快感ではありますが。

 

 

トレイルを走り終えた直後に集合写真。

サタジュク トレイルライド 集合写真

今回のメンツはみんなハードテイルで、27.5インチホイール3人、26インチ1人という構成でした。

 

お昼には集合場所に戻って解散して各自別件へ。ご一緒したみなさま、お疲れ様でした!

 

 

今日は暖かかったので、近所の多摩川で活性化しだすであろうスモールマウスバスを狙い倒すぞ!

という気満々だったものの、上述の通り自分は朝から夕方までクルマで関東を行ったり来たりのスケジュール。仕方ないので深夜3時に起きてBIKE&FISHを45分行いました。

深夜活BIKE&FISH クロダイ

幸いなことに帰り間際にクロダイ40cmが。いつもよりだいぶ小さいけど(いつもは50cm前後)ナイスファイトで満足!

 

クロダイ釣った帰り道に出会いました。

春の訪れ ヒキガエル

もう彼が出歩く季節になったんですね。

完全に春の訪れです。

samo FUKUROUリアホイールのスポーク修理と

本日は朝からお客様のお問い合わせの返事や確定申告の準備をした後、いつもお世話になっている小川輪業FUKUROUで行ってきました。

寒々しい曇り空とはいえ、走っていると底冷え感は消えていて、確実に春の訪れがすぐそこまで来ていることを実感します。

小川輪業 FUKUROU 修理

小川輪業に到着し、バイクスタンドに固定されるFUKUROU。さすがにリアホイールを整備していただくのに、魚の体液まみれだと失礼すぎるので、家でしっかり拭いておきました。

 

FUKUROU スポーク折れ

今回のリアホイール整備の一番の目的は折れたスポークとニップルの新調です。他にも日頃から回転系トリック連発で吹き出まくりのシーラントの入れ替えと、ハブのガタの締め付けなど、一連の作業をしていただきました。

作業をしている小川さんが一言「やっぱり魚臭い!」

はい、本当にすみません…(泣)さすが世界一?魚の体液が付着したMTBですね。

 

程なく作業は修了し、家にFUKUROUに乗って走って帰ります。

駒沢公園 FUKUROU

帰りの最中、FUKUROUはとても快調でした。小川さん、本当にありがとうございました!

途中から雨に降られてしまいましたけど、それほど寒くなくて一安心。

 

 

昨日は午前の仕事を一段落させてちょいと世田谷公園スケートパークでコソ練しに行ったら、小学生スケートボーダーだらけでまともに乗れませんでした。

え、もう春休みなの?それとも何かの振替休日?

一瞬彼らがいない合間にSHAKA24に乗ってモヒカンレッジでフィーブルtoスミスをササッと自撮りし、そそくさと帰りました。メイク率が高くなっていて嬉しいです。

でも、本当はこれがやりたかった訳じゃないんですよー(泣)!!

 

そして夕方、仕事が一段落した後に45分、FUKUROUに乗って多摩川河原の石バンクでバニーホップ180にトライ。

結果、アプローチと踏切が凸凹過ぎて上手く回れず、着地でリアタイヤがヨレてシーラント吹きまくり大会。

多摩川河原 FUKUROU 刺しバニーホップ

これ以上やったらリアのエアーが抜け過ぎて自走で帰れなくなるので、仕方なく刺しバニーホップでごまかし。

うーむ、悔しい…!

samo 日本の元祖ストリートトライアラー水野君(ハルオ)の結婚式・披露宴

昨日は日本の元祖ストリートトライアラー水野君(ハルオ)の結婚式・披露宴に参列してきました。こんな自分を大切な式に呼んでいただき本当にありがとうございます!

水野君 ハルオ の結婚式でした MOZU改 岡安製作所

エントランスには彼の愛車である、岡安製作所で作られたMOZUフレーム改MIZUNOスペシャルが。他の参列者の方たちはMTBの展示が珍しかったようで、みなさま写真を撮っていました。

 

ちなみに自分と水野君とは、何だかんだ20年近い付き合いとなります。

水野バニーホップウィップ世田谷公園SLスケートパーク

自分がMTBを始めて間もない頃、駒沢公園に遊びに行ったらスケートパークでBMXの大会が行われていて、その中で水野君は1人MTBでエントリーし、パークセクションを当時としては斬新すぎるストリートトライアルテクニックを駆使して縦横無尽に走り飛んでいました。

その光景がとにかく自分には衝撃的過ぎて、さらにMTBストリートにどっぷりハマる要因にもなったのは言うまでもありません。

 

それから、当時の日本のMTBストリートトライアル関連で一番人気のWebサイト「公園トライアル」の管理人ミナミさんが水野君を紹介してくれて(当時、水野君は「ハルオちゃん」と呼ばれていた)、住まいもそう離れていなかったこともあり、彼と一緒に乗る機会が増えていきました。

 

公園トライアル管理人ミナミさんインタビューアルミ製MOZUフレーム

そして、当時既にたくさんのフレームを乗り潰してきた水野君の経験と意見をまとめたジオメトリを元に、TUBAGRA最初のフレームである「MOZU」を作成、リリース。当時はアルミを用いて自転車専科で作っていただきました。

 

その後、岡安製作所で作っていただくこととなり、フレーム素材もクロモリに変更。

MOZUフレームの小物を作成する水野君

そこで幾度となく水野君にもフレーム製作を手伝っていただいたものです。

 

水野君とは本当に何度も一緒に乗ったし、日本各地に遠征もしたしで、かなり長い時間を共にしました。

そんな彼の結婚式・披露宴に参列させてもらうことは、本当に光栄で嬉しかったです!

 

それにしても「水野君たちの結婚式・披露宴ってどんな感じになるんだろう?」と最初はちょっと読めませんでした。

蓋を開けてみると、ぶっ飛んだスピーチをする方が多くて爆笑しまくりの、とても楽しめた宴になっていましたね。

 

自転車繋がりの集合写真をどうぞ。

水野君 ハルオ の結婚式でした 公園トライアル ミナミさん 岡安製作所 岡安さん

左から公園トライアルのミナミさん、岡安製作所の岡安さん、水野君と奥様、そして自分です。

 

1999年頃、この2人、公園トライアルのミナミさん(左)と水野君(右)に出会っていなかったらTUBAGRAのMOZUフレームをはじめとする一連のプロダクツは誕生しませんでした。

水野君 ハルオ の結婚式でした 公園トライアル ミナミさん

そういった意味で、このシーンは自分にとってとても感慨深かったです。

水野君、奥様と末永くお幸せに!楽しい宴に参列させていただき本当にありがとうございました!

 

 

この後すぐにウチの奥さんが中目黒のクラブで開催されるプログレッシブハウスのイベントでDJをするので、息子の世話をスイッチするために、急いで式場を後にしました。

中目黒solfa クラブでお絵かきする叶大

中目黒solfaというクラブに入ると、バリバリのダンスミュージックがかかり大人たちが踊っている室内で、息子が1人机に座ってお絵描きをしているじゃないですか。一瞬、ちょっとオシャレなライブペイントしているのかと錯覚する程の意外性と謎のカッコ良さが。

 

息子の世話をスイッチして間もなく奥さんのDJが始まりました。

中目黒solfa クラブでDJする奥さん

ウチの奥さん、日本で有名なトランスDJチームに所属する程のテクニックと経験の持ち主で、今回もカッコイイ選曲とDJプレイを披露。毎回観る度に惚れ直しちゃいますね。

中目黒solfa クラブでDJする奥さん 叶大

DJブースで息子を抱き抱えたり、肩車しながらのDJプレイも披露し、フロアで踊っている人たちにそれが大ウケ!大盛り上がり!

そんな様子が分かる動画をご覧ください。短いですが…

うむ、ウチの奥さん、本当にカッコイイな!

 

 

クロダイ釣りは卒業したと言いましたけど、すみません。あれは嘘です。

というか、夜中3時半に自動的に目が冷めてしまい、仕方なく30分ほど深夜活BIKE&FISH。

夜活BIKE&FISH クロダイ

スポットに着いて5分、チャートカラーのメタルバイブでヒットしたクロダイ50cmオーバー。ナイスファイトでした。

 

1ヶ月で数多くのクロダイを食わせたメタルバイブレーション。

BIKE&FISH メタルバイブ

フジツボ付きテトラ密集地のボトムをノックさせながら誘うので、わずか15〜20投でこの傷付きよう。

お腹のフックのセンターをカットするだけで根掛かりロストをかなり回避してくれます。

1個300円ととても安価ですが、安定した釣果をもたらしてくれて本当に感謝。

 

 

そしてカメラとキーボードがクロダイ臭くてヤバいです。

魚臭くなったNikon D610 Macbook Pro

季節によってマルタウグイ臭くなったり、ナマズ臭くなったり、シーバス臭くなったり色々ですが、これからもよろしく!

samo スマイルバイクパークでヨツバサイクルのスーパーキッズと

今日は午前中、息子と一緒にスマイルバイクパークに行ってきました。ここしばらく行けていなかったので、ちょっと久しぶりでしたね。

スマイルバイクパーク SBP 湊君 ヨツバサイクル YOTSUBA14 4連ジャンプ

スマイルバイクパークにはヨツバサイクルのサポートライダーである湊君(7歳)が来ていて、同じヨツバサイクル乗りであるウチの息子と何とか一緒に乗って欲しい!という願望がありました。

 

湊君のお父様が4連ジャンプの戻りで苦戦されていたので、わずかながらレクチャーをさせていただくと…

スマイルバイクパーク SBP 4連ジャンプ

ビックリする程すぐにクリアー。基礎がしっかりできていると、僅かなアドバイスですぐに結果が出るから嬉しいです。

 

スマイルバイクパーク常連のSさん、今回はファットバイクで来られていて、それで4連ジャンプを攻めていました。

スマイルバイクパーク SBP 4連ジャンプ ファットバイク

Sさんも4連ジャンプの戻りで苦戦されていたので、参考に、とファットバイクを貸していただき自分もジャンプ。

スマイルバイクパーク SBP 4連ジャンプ ファットバイク 刺しエアー

実はタイヤの反発を上手く利用すればファットでも楽に飛べます。下手な26MTBよりも。

それで最後に刺しエアーをしたら26×4.8のタイヤが尻を直撃し、そこからさらに勢いよく跳ね上げられて空中分解。

大怪我はしなかったけど、痛かったです(泣)

 

そしてそして、ついに湊君(左)とウチの息子(右)がスラロームコースをトレインで走ることに!

スマイルバイクパーク SBP スラロームコース ヨツバサイクル YOTSUBA

2人とも同じYOTSUBA14に乗っています。押し上げる姿がなんか可愛い!

 

テンション高い息子はいつも先に押し上げて走る気満々でスタート地点に到達。

スマイルバイクパーク SBP スラロームコース ヨツバサイクル YOTSUBA

いざトレインスタート!毎回、先行後追いチェンジして走っていきます。

スマイルバイクパーク SBP スラロームコース ヨツバサイクル YOTSUBA 叶大

2歳差がある息子は一瞬で湊君に引き離されるかと思いきや、意外としっかり食い付いているじゃないですか。ちょっと感動してしまいました。

 

スマイルバイクパーク SBP スラロームコース ヨツバサイクル YOTSUBA 叶大

毎回、良い感じのデッドヒートを見せられて、恥ずかしながら自分はちょっと胸が熱くなりましたね。

そうこうしている内にお昼になり、お互い撤収の時間に。湊君のお父様と「また次もご一緒しましょう!」とスラロームコースを後にしました。

 

 

駐車場に戻ると、新設されて間もないミニクロカンコースの入り口がすぐ近くにあったので、息子は1人フラフラと走りに行くじゃないですか!

スマイルバイクパーク SBP miniクロカンコース ヨツバサイクル YOTSUBA 叶大

急いで自分も追いつくと、これまたびっくり、結構テクニカルな下りをものともせず走っていく息子の姿が。

今日のところはタイムオーバーだったのですぐに帰りましたけど、次はこちらのコースもジックリ攻めてみたいと思いました。

このWebサイトで紹介している画像や動画を使用するのは構いませんが、営利目的で使用される場合はご連絡ください。
ライディングの際はそれぞれの判断でプロテクターを装備しましょう。
このWebサイトで紹介しているライディングを真似して怪我をされても当サイトは責任を取ることはできませんのでご了承ください。

Copyright © 2019 by Street MTB Team TUBAGRA