SILKYPIX Presents MTBストリートとは?

TUBAGRA

MTB(マウンテンバイク)チーム TUBAGRA(ツバグラ)にようこそ。
このホームページではMTBでストリートやダートジャンプ、スケートパークの乗り方を紹介しています。
MTBのトリック講習会、コンテスト、デモショーの企画も行います。お気軽にお問い合わせください。
バニーホップがしやすいストリート専用フレームMOZUの開発〜販売も行っています。

AKIRA's Down Rail D-Peg Grind Coverphoto Gallery

AKIRA's Down Rail D-Peg Grind

TUBAGRA/driveライダー達が乗っているフレームはこちら24・26インチストリート/トライアルホイールはJBPまで!裏山ライドTokyo

Topics

息子と奥さんが北九州から帰ってきましたRiders-Diary

今日の朝活BIKE & FISHでは、いつもの食パンでのエサ釣りは止め、久しぶりにルアーを使ってみました。どうも、足元のテトラの中にバス(ブラックバスorスモールマウスバス、もしくはブルーギル?)がいるみたいで、それをノーシンカーの小さなワームで狙ってみたのです。目視による、今までにない超繊細な釣りです。

およそ45分試行錯誤してみて魚は結構たくさんいることは分かったのですが、落としたワームをつつくものの、サイズが小さすぎてフッキングまではいきませんでした。くっそー!!たまに30cmサイズが横切るので、それが釣れれば一番嬉しいのだけど…

ということで、明日は小さなサイズでも釣れるよう、ミミズを使って狙ってみたいと思います。最近まったく釣れてないので、小さくても構わないから1匹釣りたいです。

 

その後、かなーり身体が熱くなったので、帰り間際に涼みたくてMTBに乗って川に入ってみました。そして、ズブ濡れ覚悟でバニーホップ!!

MTB マウンテンバイク YAMADORI 1st 26 多摩川河原サイクリングロード 川の中からバニーホップ

着地で足元はもとより顔まで水が跳ね返ってきて、案の定ズブ濡れです。まぁ、でも帰りの道(およそ4km)が少しでも涼しくなるからいいのかな?

何はともあれ、明日の釣りが楽しみです!絶対に釣るぞー☆

 

昨夜に奥さんと息子が、奥さんの実家がある北九州から飛行機で帰ってきました。平日の夜遅い便だったので、すでに閑散とした羽田空港にクルマで迎えに行ってピックアップ。息子はすでにグッスリです。

北九州から羽田空港に帰ってきた奥さんと息子

そして朝、数日ぶりに息子と交流します。久しぶりだからこそ、赤ちゃん言葉のバリエーションが増えていることに気が付きます。

数日ぶりに会う息子 朝食を食べています

何はともあれ、息子が身近にいることはとても嬉しいな。

 

モスクワで開催されたスロープスタイルのイベント。相変わらず海外のMTBイベントの規模の大きさには驚きます。それだけシーンが盛り上がっているんだろうな!

EVGENY KURNIKOV | MBG from Kurnikov Evgeny on Vimeo.

 

ニューヨークのブルックリンに作られた巨大なパンプトラックを有するバイクパーク、Brooklyn Bike Parkの造成からライディングするまでの動画です。こんなパークが日本の都市部にできてくれたらどれだけ嬉しいか!

夏バテの兆候と、岡安製作所の試作フレームRiders-Diary

ここ数日、食欲があまりなく水分ばかり摂っています。身体の芯から力も出ないし、これってまさか夏バテですかね?

こんな調子なので、今日は5時に目が覚めたものの、起き上がる気力が無くてベッドの上でウダウダしていました。家を出たのは6時過ぎ。こうなると遠出はできないので、家から3分で行ける近場の多摩川河原で朝活BIKE&FISH。

うーん、足元を60cmオーバーのマルタウグイが数匹泳いでいるのにまったく釣れません。やっぱり近所のスポットは難しいか…。今日のところは釣りはとっとと諦めてMTBで遊ぶことに。

しかし!バニーホップ系は力が入らなくて今日は全然駄目。仕方ないのでカービングターンをすることにしました。

今回はいつもと逆回りで、前回よりも斜度のある草地に当て込むようにトライ。

MTB マウンテンバイク YAMADORI 1st 26 多摩川河原サイクリングロード カービングターン

上の写真を見ると分かりますが、斜面の直前が意外と深い砂地になっており、バイクを傾けて進入するとタイヤが簡単に横滑りすることが判明。これが最初のウチは結構怖く、慣れるまでちょっと時間がかかりました。

慣れると、わざと砂地でタイヤを滑らせて斜面に乗り上げるクイックターン・カービングができて面白いのですが(バンクにリアを当て込むみたいに)、その面白さとは裏腹に、バイクはあまり傾かなかったですね。こんなキツい斜面を活用してバイクの傾きはたった54度です。情けない…

まぁ、これ以上傾けたとしても、出口の砂地でフロントが滑って転んじゃうんですけどね。1回攻めすぎて出口で思い切りフロントが抜け、なんとか転倒は回避。危なく身体の左サイドが擦り傷だらけになるところでした。

 

うーん、次回はどこで遊ぼう。60度以上傾けられる場所はないものだろうか?

 

いつもMOZUフレームシリーズを作ってくれている岡安製作所の岡安さんが、久しぶりにオリジナルのフレーム+フォークを試作。それをfacebookに公開しました。思いの外それが格好良かったので、岡安さんに許可をもらってこちらでも紹介させていただきます。

ディスクブレーキ仕様のロードフレームです。シングルギアで構成されていますね。

岡安製作所の岡安さんが作成したディスクブレーキ用ロードシクロフレーム

ヘッドチューブは、岡安さんが敬愛するTonic Fabricationの過去のフレームデザインをあえて踏襲。

岡安製作所の岡安さんが作成したディスクブレーキ用ロードシクロフレーム

「一度やってみたかった」とは本人の弁。見た目がスッキリしていてかなり格好いいです。

エンド形状は無骨でYAMADORIにも通じるところもあり、いかにも「岡安製作所」らしい作りとなっています。

岡安製作所の岡安さんが作成したディスクブレーキ用ロードシクロフレーム

ディスクブレーキ台座は内側にあります。そのお蔭で、無骨ながらも見た目はかなりスッキリしていますね。

岡安製作所の岡安さんが作成したディスクブレーキ用ロードシクロフレーム

そんな、岡安製作所のオリジナルのこのフレーム+フォーク。

「タイヤは700c×25cを想定していて28cも何とか入る」

「埼玉河川敷仕様フレーム」

ということだそうです。

「販売するかは分からない」と岡安さんは言っていましたが、もし興味のある方はこちらより連絡してみてください。

Kazoo君にripple Tシャツを送っていただきましたRiders-Diary

奥さんと息子が、北九州の奥さんの実家に遊びに行っているので、息子を起こさなくても良いし、ご飯をあげたりオムツも替えなくても良いので、朝の貴重な時間をフルに楽しむことができますが、何なんだろう、この物足りなさは。火曜日の夜には帰ってくるので、その時が待ち遠しくて仕方がありません。

 

昨日の夕方、名古屋のKazoo君のブランド?「ripple」のオリジナルTシャツが、ステッカー付きで届きました。

Kazoo君に送ったRipple Tシャツが届きました

自分はTシャツは新品のサラッとした質感よりも、洗って多少シワが入った風合いが格好いいと勝手に思っているので、着いてすぐに洗濯し、乾かせてから撮影しました。

自分がオーダーしたのはSサイズで、価格は送料込で2,500円。もうすでに完売しています。

 

「rippleってどういう意味?」と問われれば、Kazoo君のVimeoのページにあった説明文を以下に引用します。

===================================
rippleとは波紋や漣、小波という意味です。
小石を水面になげてできた小さな波が隅々まで行き渡り、またその波紋はどんどん大きくなりやがて水面全体を揺らします。
僕という小石から発信された動画(今となってはKazoo君の活動、発信された情報としても良いのかな?)という波で、自転車の面白さや仲間と乗る楽しさが少しでも多くの人に知ってもらえたらいいなーと思ってます。
そして友人知人仲間の輪が波紋のようにどんどん大きくなっていったらいいな!
===================================

 

そんなrippleのオリジナルTシャツのデザインが何故ガイコツ、ゾンビなのか、その意味はこちらのページにあります。安易にハードコアっぽいイメージで良く用いられているスカル系を用いた訳じゃない、というところに自分は強く惹かれましたね。

 

早速、今日の朝練でripple Tを着てみました。生地が厚すぎず、薄すぎずの柔らかなコットンで着心地良いです。

MTB マウンテンバイク SHAKA 多摩川河原サイクリングロード バンクバニーホップ180 ripple Tシャツを着て

お馴染みの、近所の河原にある土バンクからのバニーホップ180です。Tシャツの柄が良く見えるように何回も撮り直しました。

 

他にもあれこれやって、出勤時間が近づき帰る頃には汗だく状態。だって朝から凄く暑いんだもの。

ripple Tシャツを着た汗だくのサモ

絞れるくらい汗をかいたので、若干袖がめくれ上がっちゃっていますけど、身長170cm、体重59kgの男性がSサイズを着るとこんな感じです。Mサイズでも良かったかなーと思いつつも、タイトに着るのもキライじゃないので満足しています。

 

そんなKazoo君ですが、北海道は札幌在住のハードコアMTBストリートライダーである草原さんが運営するブランド「ノースショアプロダツ」のLibidoBikeCo.の26インチホイール用ストリートMTBフレーム「タナトス Tanatos 26」をサポートしていただくことになった模様です。

画像の引用元はKazoo君のblogになります。フレームやパーツの詳細もありますので、どうぞチェックしてみてください!

kazoo君のLiBCo. Tanatos 26″

kazoo君のLiBCo. Tanatos 26″

現在サポートされているTKCproductionsからのblkmrktのパーツとROAM、sensusのグリップは今後も継続してサポートされる、ということで、ますます今後のKazoo君の活動から目が離せませんね!

 

自分としては、TUBAGRAとかそれ以外でも関係なく、MTBの若手達(もちろんオジサンでも!)の頑張りを見るのが嬉しいので、積極的に彼らの活動の情報発信をピックアップして行きたいと思います。

ギリギリ熱中症ライドRiders-Diary

今日は朝から暑かった!真夏でも木陰にあって涼しい(ハズ)の世田谷公園SLスケートパークに朝一で行って乗ったのですが、30分で着ていたポロシャツが絞れるくらい汗だくになりました。

さらに、1時間ちょっと乗ったら意識もうろうに。もちろん、こまめに水分を摂っています。

今回は新しいことの練習をたくさんしようと思っていたものの、この暑さで「熱中症の一歩手前」という状態になり、動きも鈍ってほとんどパーに。

とりあえず汗だくフラフラの状態でも決まる、バンクの奥からバニーホップで飛んで下りモヒカンレッジ直狙いのスミスグラインドの写真を一緒に乗った水野君に撮ってもらいました。

サモのスミスグラインド

新しい収穫はあまり無かったものの、スピーディーなモヒカンレッジでのフィーブルグラインドやスミスグラインドの感覚を取り戻せて良かったかな。

水野君のモヒカンレッジのマニュアル降りです。

水野君のモヒカンマニュアル降り

今日の水野君はRでもバンクでも360(バニーホップロックウォーク)が絶好調でしたね。

2時間ちょっと乗ったら家に帰りました。暑さと大量発汗で身体は想像以上に疲れてグッタリ。

 

本当は午後もどこかに乗りに行きたかったものの、こんな状態なので大事を取ってすべて取りやめに。エアコンの効いた涼しい部屋で溜まっていた映像作品(シュタインズ・ゲートや映画るろうに剣心のDVD)の数々を鑑賞していました。

 

夕方18時過ぎ、外はだいぶ涼しくなってきたので、近所の多摩川河原に釣りに行きました。

MTB マウンテンバイク YAMADORI 1st 26 多摩川河原サイクリングロード エサ釣り

川岸に着くと先日降った大雨の影響か、川の流れがとても速く「あ、こりゃあ釣れないわ…」と分かり、一応1時間は粘ったものの、ほとんどアタリもなく、沈む赤い夕陽を眺めながらボーっと過ごして帰りました。

ここ最近、また釣れてないな…

息子と奥さんが今日から数日里帰りRiders-Diary

今日は朝から予定がてんこ盛りで、朝活する時間はかなり限られていました。実質10分というところでしょうか。

なので、急いでSHAKAを持って多摩川河原の公園に行き、MTBストリート練習を敢行。お馴染みの、わずか10分間にバニーホップバースピン10回、バニーホップロックウォーク20回を行いました。(メイクしないとカウントされません)

ということで、少しも休まず畳み掛けた結果、たった10分間とはいえこの汗だくっぷりです。

MTB マウンテンバイク SHAKA 多摩川河原サイクリングロード

その動画はこちらになります。遅くて格好悪いな…

 

Masao Naitoさん(@tubagra)が投稿した動画

 

今日は午前中、今年の3月まで通っていた羽田空港の保育園アンジュの夏祭りがあるということで、息子を連れて遊びに行ってきました。

アンジュに通っていたのは3月いっぱいで、わずか4ヶ月前とは思えないくらい大昔のことのように思えます。

そして、久しぶりにアンジュに行ってみると… 息子は大はしゃぎ!(鼻水出てるぞ)

昔通っていた羽田空港にある保育園アンジュの夏祭りにお邪魔した叶大

保育園の施設に入った途端、自分で勝手に遊具まで走って行ってしまいました。やっぱり半年間通っていただけあって、凄く馴染みがあるみたいです。

さらに面白かったのが、遊具の目前になるとハイハイに戻ること。もう立って走れるのに。昔の記憶が戻るのかな?

夏祭りということで、保育園内に出店が出ていてポップコーンやかき氷をご馳走になりました。

昔通っていた羽田空港にある保育園アンジュの夏祭りにお邪魔してかき氷を食べる叶大

かき氷、美味しそうに食べていたなぁ。

 

アンジュに来て息子が以前と大きく異る点は、飛行機を見ると大興奮することでしょうか?搭乗ゲートに迫ってくる飛行機を指さして奇声を発するのです。

昔通っていた羽田空港にある保育園アンジュの夏祭りにお邪魔して飛行機を見てテンションを上げる叶大

アンジュに通っていた頃は飛行機を見ても何とも思わなかったのに。面白いものです。

アンジュの夏祭りから早めに戻り(やっぱり羽田空港は遠かった。また通えって言われたらもう無理です)昼過ぎには家に帰りつきました。

 

夕方になって再び羽田空港に息子を連れてクルマで行きました。仕事が終わった奥さんと羽田空港で合流し、息子と奥さんは、奥さんの実家のある北九州に飛行機で帰省するのです。

プレゼントした700系新幹線のオモチャを得意気に見せる息子。ものすごく気に入っていて、片時も新幹線を離しません。部屋の窓の10m先を通るものだから、親近感があるのでしょうか?

プレゼントした700系新幹線がお気に入りの叶大

そんなこんなで、息子と奥さんは夜の便で北九州空港に飛んで行きました。数日間は一人きりの夜です。寂しいな。

YAMADORIで近所の河原を遊びつくすRiders-Diary

関東は梅雨明けしたものの、朝から雨の残念な日もあります。そんな時も、Mont-bellのレインジャケットを着込んでYAMADORI 1st 26にまたがり多摩川河原にダッシュ。

ジャケットの前が膨らんでいるのは、撮影機材がたくさん入ったberuf baggageのショルダーバッグを仕込んでいるため。

MTB マウンテンバイク YAMADORI 1st 26 多摩川河原サイクリングロード

ただし、あまり雨が強いと手のひらが濡れ過ぎてグリップが滑り、高いバニーホップができなくなるので(グローブすれば解決するのでしょうか?)、こんな時は水たまりでカービングターンをして遊びます。

滑りやすいタイル路面より、ザラザラの路面で行えば多少はタイヤがグリップするので、水たまりといえどさらにバイクを傾けられる…かと思いきや、頑張っても43度程度しか傾けられませんでした。

MTB マウンテンバイク YAMADORI 1st 26 多摩川河原サイクリングロード カービングターン

これ以上傾けるとフロントタイヤが横滑りし、水たまりの中で何回も転ぶはめに。やっぱり水は滑りますね。

 

次の日、晴れてはいるものの、昨夜遅くに降った雨で河原の舗装路や草地はビッチョリ濡れており、平地でカービングターンしようものなら、想像以上に浅い角度でフロントタイヤは滑るのでした。

それでも、なんとか攻めたカービングターンをしたい!と、草地のわずかな斜面に当て込むカタチでカービングターンをしてみました。すると、草地は濡れているものの、思ったよりもタイヤはグリップし、54度までバイクを傾けることができましたね。

MTB マウンテンバイク YAMADORI 1st 26 多摩川河原サイクリングロード カービングターン

ジリジリとタイヤの横滑りを感じつつも、ギリギリのところでタイヤをグリップさせ、タイトにギュイーンと曲がるのが気持ちいいです。

 

水分をたっぷり含んだドロドロヌタヌタ状態の土バンクでも、「MTBだしブロックタイヤがあればグリップするので大丈夫。勢いつけて進入すればあまり関係無い!」と刺しバニーホップ。

MTB マウンテンバイク YAMADORI 1st 26 多摩川河原サイクリングロード バンクバニーホップ

シートにキスできるくらい深く刺したかったのですが、シートにはヘルメットのバイザーが当たるばかり。しかも、その瞬間は一瞬過ぎて、なかなか自撮りリモート機器で撮ることができませんでした。うーん、難しい。20回は飛んだけど、結局タイミングは合わなかったです。誰かに撮影をお願いできたら、数回のチャレンジで終わるのにな。

とまぁ、こんな感じで、朝5〜6時台の朝活を楽しんでいます。明日には多摩川の水量も落ち着きそうなので、釣りも再開しよう。

 

息子の手足口病は完治して、ついに今日から保育園に行くことができました。

手足口病が完治して絶好調の叶大

何だかんだ1週間近く休んでしまいましたね。今週はじめの段階では本人はすでに元気だったものの、手足口病は他の子供に感染するので、確実に完治した状態じゃないと保育園には連れていけないのです。

今日からまたたっぷり保育園で楽しんできてください!

 

お馴染みすぎのアメリカ人Tanner君から動画が送られてきました。

Evolving from Tanner Bouchard on Vimeo.

Tanner Bouchard bike edit July 2015. Hayes Components, Kenda Tires, Detour Bar, Spy Optics

レジーマットがある環境で乗っているなら、自分ならテイルウィップやバックフリップ練習をしまくるのですが…

EVS Sports AXIS SPORT ニーブレースの紹介Riders-Diary

良く一緒に乗る水野君が新しいニーブレース(膝のサポーター、装具)を購入し、「とても調子がイイ!」というので、紹介したいと思います。

EVS Sports AXIS SPORT ニーブレース です。

EVS Sports AXIS SPORT ニーブレース

左右セットで定価は50,000円と高価ですが、Amazonだとちょっと安く買えます。

このニーブレースはオートバイ用で開発された物ですが、自転車(アクションライディング)用にも使えます。

 

どんな人が使うのか?というと、「膝の靭帯を痛めて膝がグラグラする!前に曲がっちゃう!横に曲がっちゃう!」という人向けです。膝が変な方向に曲がるのを防ぎ、正しい動きをガッチリとサポートしてくれるニーブレースです。

 

【良いところ】

・マルチピボットのハードブレースの中では安い 定価50,000円/1ペア
・膝を曲げた時のヒンジの張り出しが小さい
・ヒンジの膝関節の動きの再現がよい。
・曲げ側は0~120°ぐらいまで曲がる。
・0から30°まで伸び側の制限が可能
・内装が柔らかい
・脛と太もものフィット感がよい
・皿ガードを外せる
・ねじれ剛性はスポーツができて、事故には対応していないぐらいの感覚?
全体のねじれ剛性はカーボンに比べて柔らかい。
アルミ部分は十分に強い、厚さは3.5mm

 

【まあまあなところ】

・最も重要なふくらはぎ上のストラップの取り付け位置がまあまあ
・樹脂の成形品なので見た目はそれなり
・補修部品の供給が?(POD-MXとかは直販サイトですべての補修パーツが購入できる)

 

【重要:購入時のサイズの選び方】

※Lサイズのヒンジの内側の幅:130㎜(代表値,内装含まず)
標準の内装の厚さが5mm程度で5mmの追加パッドが付属します。
よって、膝関節の外側の幅が120~105㎜程度の人がLサイズを使用可能だと思います。

購入する場合は体重を掛けた状態で膝関節の幅を正確に測ってください。
100円均一のプラスチック製で良いのでノギスを使うことを強く勧めます。
サイズの境目ならば大きいほうを選ぶと良いです。

 

水野君は膝のカップ(皿ガード)を外して使用しています。

EVS Sports AXIS SPORT ニーブレース

EVS Sports AXIS SPORT ニーブレース

装着した写真はこんな感じです。

EVS Sports AXIS SPORT ニーブレース

デザインはゴツゴツしていますが、無駄に出っ張っていないので、ジーンズの中にも履けそうですね。

横や後ろから見るとこんな感じ。

EVS Sports AXIS SPORT ニーブレース

ニーブレースを装着して、ここまで膝を曲げてもマルチピボット(膝の関節の動きに合わせて2箇所の軸で曲がる)採用で違和感が少ない動きを実現しています。

VS Sports AXIS SPORT ニーブレース

そのことから、膝の心配をすることなく、思い切りアクションライディングをすることができる、とのことです。

ステアーにアブバカをする水野君。最近、乗る時はほぼこのニーブレースを装着しています。

VS Sports AXIS SPORT ニーブレースを装着した水野君

そんなことで、もし膝に不安を抱えている方(もちろん病院に行くことが先ですが)、再び膝を痛めてしまうことを恐れている方、EVS Sports AXIS SPORT ニーブレースを使ってみると良いかも知れません。

もっとも、試しで使ってみるにはちょっと高価ではありますが、過去にいろいろなニーブレースを試し、使用感を論理的に検証している水野君のオススメですので、さほど間違いはないと思います。

 

1カットで撮影された、MTBスロープスタイル〜ダートジャンプの楽しさ、気持ちよさ、格好良さがすべて詰まった動画です。オススメ!

連休が終わってMTBライフは平常運転Riders-Diary

息子が手足口病(てあしくちびょう)にかかったものの、話題のふじてんリゾートにも行けたし、そこでたくさんのMTBライダー達とも交流できたしで、とても充実した3連休を過ごすことができました。(内2日間は自宅で育児でしたが)

という訳で、すでにいつも通りのMTBライフを過ごしています。

朝5時起きで多摩川河原をYAMADORI 1st 26で激走するところから始まり…

MTB マウンテンバイク YAMADORI 1st 26

朝活BIKE & FISHは、いまだに台風の影響で水位が増して流れの速い多摩川で、ベストとは程遠い状況で行っています。

MTB マウンテンバイク YAMADORI 1st 26 多摩川河原サイクリングロード エサ釣り

「どうせ、まだ釣れないんだろうな」なんて思いきや、仕掛けを投入したスポットにはオイカワの群れがいるみたいで、入れた途端にアタリが連続で来ました。が、魚が小さすぎてエサの食パンを食われるばかり。うーん、次からどう対処しよう。

 

結局、アタリはあれど魚は釣れず、帰り途中に河原の公園に寄ってYAMADORIで遊び、その鬱憤を晴らしました。

期間限定の土バンクはどんどん雑草に覆われていて、踏切地点が見えなくなりつつありますね。とりあえず、そこでお馴染みのバンク刺しバニーホップ。

MTB マウンテンバイク YAMADORI 1st 26 多摩川河原サイクリングロード バンクバニーホップ

シートにキスすることを目標にガッツリ刺そうとしますが、ヘルメットのバイザーが先に当たってしまうことが判明。次回は顔を横にズラして刺すか?

 

他にもジャックナイフターンやバニーホップ180などをしました。

 

Masao Naitoさん(@tubagra)が投稿した動画

 

ジャックナイフターンは超気軽に決まるものの、やはりバニーホップ180はフレームサイズの関係から(YAMADORI 1stはトップがとても長い)ちょっとメイク率が下がりますね。もっとも、製品版はトップが短くなっているので、他のMOZUシリーズに近い感覚で決まるかと思います。

 

昨夜は水野君が新しい膝サポーター(ニーブレス?、装具?)を購入し、これがかなり本格的で、それをしっかりレポートしようと、息子を寝かしつけた後に水野君宅の近くの公園に行きました。

水野君との待ち合わせ場所で、彼が来る前にささっと自分撮りフィーブルグラインド。

MTB マウンテンバイク SHAKA フィーブルグラインド

ほどなく水野君も来て、彼の新しい膝サポーターと、彼のライディングを撮影しささっと解散。アブバカ安定メイクさすがです。

水野君のアブバカ

水野君、夜の貴重な時間をありがとうございました!

明日にでも、その膝サポーターのレポートを公開したいと思います。

tofuRiders-Diary

おひさしぶりです、Kaiです。

この三連休は来日中のthe riseのwalterやKNS.Loのkazy・hiroyaと乗るために長野県へ行っていました。
今回は山形ローカルのシゲさんと車で7時間超かけての遠征でした。

台風で心配された天候もまさかの快晴で目的の三才パークでもしっかりと乗れました。
が、しっかり乗った故に全くライディングの動画や画像がありません…
そのあたりはフィルミングを行ってくれたkazyの動画で追々ご確認ください。

というわけで、ライディング抜きでダイジェスト的にカメラ内にあった画像を。
P1050251
1日目の三才パークでのkazyとwalter。
walterは本当にナイスガイで、日本文化へのリアクションも最高でした。
P1050252
こんなかんじでkazyやwalterがカメラを回していました。
僕はそんなに攻めたことはできませんでしたが、純粋に楽しいフィルミングでしたね。
P1050267
2日目はライディングをせずに観光。
P1050277
雰囲気のあるお寺やパワースポットを巡ります。
P1050272
木に登ったり、
P1050280
ライトセーバーを振るったり。
P1050282
そして信州そばを食べたり、温泉につかったりして長野を満喫していました。
P1050284
東京へと向かうwalterを上田駅で見送り、kazyイチオシの地元のファミレスへ。
子どもの頃から食べ続けているというメニューは量も味も最高でした。
長野でkazyと乗ったら是非連れて行ってもらってください。
そんなわけでこの日もkazy宅に泊って、翌日に10時間ほどかけて帰仙しました。

遠征で普段乗らないライダーと乗ると、とんでもないほどモチベーションあがります。
mtb楽しいですね、本当に。
来月もどこかに行こうと計画中です。

そして滞在中なにからなにまで面倒みてくれたkazyありがとう!
また乗りに行きたいと思います。

3連休3日目 – 手足口病に感染した息子の世話をしてましたRiders-Diary

前日のふじてんで5本コースを走った程度では身体の疲れはほとんど無く、いつも通り5時に起きて多摩川河原に行き朝練をしました。なお、川は依然として台風の影響から濁流となっており、釣りはできる状態ではありません。そのため、SHAKAによる朝練MTBストリートのみを行いました。

先日行ったバニーホップ180でステアーに飛び乗ることが自分の中でブームになっており、いつもはバニーホップ180やバニーホップロックウォークで飛び降りていたギャップを上ってみることに。数回のトライですぐにメイクすることができました!

MTB マウンテンバイク SHAKA 多摩川河原サイクリングロード バニーホップ180ギャップ上り

この日は朝から30度オーバーでとても暑く、道行く人達が背後の水飲み場を利用しまくりだったので、邪魔にならないように素早く撮影を済ましました。

足元はTevaのサンダルです。もう慣れっこで、ずいぶんライディングで履いていますが、いまだにサンダルを履いていたことで怪我をしたことはありません。

 

上の写真と同じ構図の動画はこちらです。

 

Masao Naitoさん(@tubagra)が投稿した動画

 

難しかった点と言えば、水飲み場の脇にある狭い舗装路に着地することでしょうか。実際、着地でちょっとはみ出ちゃっているので撮り直したかったのですが、人が多くて断念。次の課題ですね。

朝6時台だと言うのにとても暑く、家に帰る頃には滝のような汗が出ていました。

 

今日は奥さんが仕事で朝から夜までいないので、子供(幼児)がかかる感染症「手足口病(てあしくちびょう)」に昨日からかかっている息子の世話は自分が行いました。

基本的に家の中で安静にしていないといけませんが、病気とは裏腹に、熱も下がって元気いっぱいで「外に出せ出せ」とうるさいので(まだ喋れないけど、そのような意思表示を激しくする)、昨日40度近くあった熱はもうほとんど平熱となっていたこともあり、わずか15分限定で、近所の遊歩道にある小川に魚と亀を観に行きました。

真夏の炎天下で小川の亀を見てテンションあげる叶大

甲羅干しをしているたくさんの亀や、大きなコイを指さしてはテンションが上がって「ダーダー!」言っている息子。

すさまじい暑さのため、できる限り日陰を選んで行きましたが、それでもあっという間に息子と自分は汗だくです。息子を満足させ、すぐにエアコンの効いた涼しい家に戻りました。

とにかく、暑い日中は家の中で息子と遊んで過ごします。レゴブロックやクルマのオモチャが大人気で、あとはYouTubeでWRCや、新幹線の動画を観て盛り上がっていましたね。

夕方になって涼しくなった頃に、息子を連れて近所の河原にサイクリング。

夕陽とブリヂストンの実用車が大好きな叶大

原っぱでボール遊びをしたり、息子が大好きな新幹線を眺めたりして30分くらい過ごし、家に帰りました。

夜の段階で手足にたくさんできていた水疱性発疹もだいぶ収まっており、着実に回復に向かっているようです。

再び保育園に行くには、お医者さんから病気が治ったことを証明する書類が必要なので(それが無いと登園できない。他の子に感染してしまう危険性があるので)明日は奥さんが仕事を休んで世話をする予定です。一刻も早く完治し、保育園に行けるようになって欲しいですね。

このWebサイトで紹介している画像や動画を使用するのは構いませんが、営利目的で使用される場合はご連絡ください。
ライディングの際はそれぞれの判断でプロテクターを装備しましょう。
このWebサイトで紹介しているライディングを真似して怪我をされても当サイトは責任を取ることはできませんのでご了承ください。

Copyright © 2015 by Street MTB Team TUBAGRA