SILKYPIX Presents MTBストリートとは?

TUBAGRA

MTB(マウンテンバイク)チーム TUBAGRA(ツバグラ)にようこそ。
このホームページではMTBでストリートやダートジャンプ、スケートパークの乗り方を紹介しています。
MTBのトリック講習会、コンテスト、デモショーの企画も行います。お気軽にお問い合わせください。
バニーホップがしやすいストリート専用フレームMOZUの開発〜販売も行っています。

トレイル akaMOZU YAMATO君 バニーホップノーハンド Coverphoto Gallery

TUBAGRA Rider YAMATO's nohand in the trail

TUBAGRAライダー達が乗っているフレームはこちら002

Topics

スマイルバイクパークでカッティースクールを開催しましたRiders-Diary

12月16日(日)にスマイルバイクパークでMTBライダーbori君を講師にカッティースクールを開催しました。

スマイルバイクパークでカッティースクール

記念すべき第一回は6名の方が受講され、ほぼ全員がカッティーのやり方を知らない状態でスクールがスタート。

最初はカッティーの仕組み、スキッドとの違いなどを明確に伝え、平地で基礎的なカッティーの動きを各自習得していきます。

 

そしてスラロームコースに場所を移し、上部のタイトコーナー4個分で重点的にカッティーのライン取りや荷重の仕方などを反復練習。

スマイルバイクパークでカッティースクール bori君

1本目はbori君がスラロームコースでお手本の走りを披露し、全部のコーナーで歯切れ良いカッティーを決めながら走ります。

bori君のMTBのリアタイヤがかなり潰れていることが見て取れるでしょうか?外足でペダルを踏み込んでリアをスライドさせています。

 

続いて6名の受講者たちが次々とスラロームコースでカッティーしようと走っていきました。

スマイルバイクパークでカッティースクール

スマイルバイクパークでカッティースクール

スマイルバイクパークでカッティースクール

スマイルバイクパークでカッティースクール

スマイルバイクパークでカッティースクール

スマイルバイクパークでカッティースクール

スマイルバイクパークでカッティースクール

スマイルバイクパークでカッティースクール

1人1人bori君の的確なアドバイスがあったり、自分が撮影した動画をチェックすることで、さらにみなさまのコーナーでの動きが洗練されていきます。

40分ほど反復練習した結果、最終的に全員がカッティーの動きをマスターされていました。

 

10分の休憩の後、最後は超上級者コースで締め。

スマイルバイクパークでカッティースクール

ここでも1本目はbori君がお手本のライディングを披露。かなりの急斜面でもしっかりカッティーを繰り出して派手に土煙を巻き上げていました。

 

6名の受講者たちも果敢に超上級者コースの急斜面にあるコーナーを攻めます。

スマイルバイクパークでカッティースクール

スマイルバイクパークでカッティースクール

スマイルバイクパークでカッティースクール

スマイルバイクパークでカッティースクール

スマイルバイクパークでカッティースクール

スマイルバイクパークでカッティースクール

なかなか土煙を巻き上げることはできませんでしたが、フカフカの路面でみんな泥だらけになって楽しそう!

各自2本目のトライが終わったところでまとまった雨が降ってきたので、そのタイミングでスクールは終了。ちょうど2時間経っていましたね。

 

上にも書きましたが、最初は全員カッティーのやり方も明確に分からない状態だったにも関わらず、最終的にコーナーでタイヤを鳴らしながら(リアをスライドさせながら)タイトにすばやく曲がれるようになって一安心。

受講されたみなさまは、今回覚えた身体の動きを忘れないウチに練習しておいてください!

この度は第一回カッティースクールにご参加いただき本当にありがとうございました!時期を置いてから第二回目も開催したいとお見おます。

MAZDA CX-5にヒッチメンバーとサイクルキャリアを付けましたRiders-Diary

ようやく、愛車であるMAZDA CX-5にヒッチメンバーとサイクルキャリアを取り付けました。車内にキャンプの荷物満載にしたらMTBを積むのがかなり困難になっていて、ずーっとどうにかしたいと思っていて、この度、ようやく実行に移しました。

 

まず、サイクルキャリアを取り付けるには、車両後部にトレーラーなどを接続するための器具「ヒッチメンバー」を装着する必要があります。

CURT MAZFA CX-5 KE/KF型 ヒッチメンバー 2インチ角

既にMAZDA CX-5でヒッチメンバー+サイクルキャリアを導入された方より教えていただいた「CURT MAZFA CX-5 KE/KF型 ヒッチメンバー 2インチ角」を自分も購入。このヒッチメンバーならMTB2台程度なら余裕を持って積載できます。

 

CURT MAZFA CX-5 KE/KF型 ヒッチメンバー 2インチ角 取り付け けんぷっぷさん

取り付けに関して自分1人だとまるで知識が無いので、古くからの知人でクルマの知識があるSHAKA24ライダーのけんぷっぷさんに助けていただくことに。

 

ジャッキでクルマを持ち上げて、2人がかりでヒッチメンバーを取り付け位置に持っていこうとするも、どうしてもマフラーが邪魔して到達できません。ちなみにヒッチメンバーはとても重たいので、この段階で1人だけの作業は困難なことが判明しました。

CURT MAZFA CX-5 KE/KF型 ヒッチメンバー 2インチ角 取り付け

結局マフラーを一旦取り外し、ヒッチメンバーの取り付け位置に到達。車両整備の知識があるけんぷっぷさんがいなければ実現しないものでした。

 

CURT MAZFA CX-5 KE/KF型 ヒッチメンバー 2インチ角 取り付け

車両のフレームにガッチリとヒッチメンバーを固定。固定にはボルトとナットを使用しますが、これも非常に癖のある締め方で、器用な手先と英文マニュアルの熟読が必要条件なのでした。ホント、けんぷっぷさんがいなければ実現しなかったです。本当にありがとうございました!

 

CURT MAZFA CX-5 KE/KF型 ヒッチメンバー 2インチ角

そんな訳でようやくヒッチメンバーを取り付けることが。所要時間は1時間半。

 

ちなみに自分は当初、長年お世話になっているMAZDAディーラーで取り付けをお願いしようとしたところ、「社外品なので」という理由から断られて困っていたところ、けんぷっぷさんに快諾していただきこのような流れでの取り付けとなりました。

ヒッチメンバーを購入した店舗では日本各地に契約店があり、そこに持ち込めば相応の工賃で取り付けてくれますので、自身に取り付けの知識がなく、車両整備に詳しい知人がいない場合は、素直に契約店に持ち込むことをオススメします。走行中に脱落などあった場合、大事故に発展する危険性もありますので。

ちなみに、自分の場合は取り付けた後MAZDAディーラーに行く機会があったので、念のために接続部位のチェックをしてもらい、問題が無いことを確認しました。(そういったチェックはディーラーでもしてくれました)

 

早速、ヒッチメンバーと同じ店舗で購入したサイクルキャリア「YAKIMA ホールドアップ 2台積載 50mm/2インチヒッチ角用バイクラック サイクルキャリア」を取り付け。

YAKIMA ホールドアップ 2台積載 50mm/2インチヒッチ角用バイクラック サイクルキャリア MAZDA CX-5取り付け

こちらはヒッチメンバーと違い、1人でも容易に取り付けが完了しました。

 

YAKIMA ホールドアップ 2台積載 50mm/2インチヒッチ角用バイクラック サイクルキャリア MAZDA CX-5取り付け

レバー1つで簡単に折り畳んだり、展開することが可能です。また、下側にも傾くので、何とバイクを積んだままバックドアを開くことも… て思い切り開いたらブレーキレバーの先端がわずかに接触してクルマに傷を付けてしまいました(泣)MTBのハンドル幅は広いからこうなってしまうのかも。

あと、ヒッチメンバーとの接合部もシンプルなので、サイクルキャリア自体の取り外しも慣れれば5分かからず行えます。ウチはサイクルキャリアを付けていると門が閉まらず頻繁に脱着する必要があるので、これが簡単なのは非常に助かりました。

 

YAKIMA ホールドアップ 2台積載 50mm/2インチヒッチ角用バイクラック サイクルキャリア MAZDA CX-5取り付け

実際にバイクを2台取り付けてみました。ちょっと説明書を読めばすぐに固定方法も把握。とても簡単にしっかり固定できますね!

 

レンズの都合でMTBが大きく車幅をはみ出ているように見えますが、実際、27.5インチホイールMTBのFUKUROUだと車幅と同じかわずかに収まるので、タイヤが大きく横にはみ出ることはありませんでした。29インチフルサスのKONAだと結構はみ出るかな…(汗)

サイクルキャリアにはロック機能もあるので、駐車してクルマを離れても盗難される心配はありません。って、プロの窃盗団に目をつけられたらこの程度のロックは壊されてしまうので油断は禁物ですが。

 

YAKIMA ホールドアップ 2台積載 50mm/2インチヒッチ角用バイクラック サイクルキャリア MAZDA CX-5 バックモニター

バックモニターを見ても意外と視認性は犠牲になっておらず一安心。2台付けてもさほど変わりはないです。

あと、サイクルキャリアを展開すると先端が後ろにはみ出るので、運転する際はオーバーハング分を注意する必要があります。慎重に運転して絶対に事故を起こさないように気をつけます!

 

今回、ヒッチメンバーとサイクルキャリア購入にご助言いただいた方、取り付けを手伝ってくれたけんぷっぷさん、本当にありがとうございました!たくさん活用して気がついた点はどんどんWebサイトにも公開していきますね。

 

 

FUKUROUでロングマニュアルを決めるけんぷっぷさん

ヒッチメンバー取り付け作業後、FUKUROUに乗るけんぷっぷさん。バニーホップやロングマニュアルも簡単に決まって「欲しい!絶対に買う!」を連呼されていました。

 

けんぷっぷさん宅の子猫

けんぷっぷさん宅の子猫。2匹います。

 

けんぷっぷさん宅の子猫と叶大

一緒に行った息子は大興奮で、こちらがヒッチメンバーの取り付けでヒーヒー言っている最中、ずーっと子猫達と遊んでいましたね。

 

けんぷっぷさん宅の子猫と叶大

微妙に嫌がっている子猫を抱きかかえる息子。ウチでも一瞬子猫を飼いたいと思ったけど、外泊が多いウチでは無理かなー…

TUBAGRAライダーYAMATO君のアテンドでトレイルライドRiders-Diary

今日はTUBAGRAライダーYAMATO君の地元のトレイルを、彼のアテンドで走ってきました。

最初の方でbori君、山頂でYAMATO君の地元の友だちでXCエリートレーサーの江越君とも合流し、みんなでワイワイとアグレッシブなライド!

トレイル akaMOZU YAMATO君 ファイアークラッカー モトウィップ

早速見せてくれたYAMATO君。akaMOZUに乗り、下り斜面にある僅かな地形の変化をファイアークラッカー(対象物に前後輪を意図的にヒットさせ、その反発力を活用して軽い力でバニーホップするテクニック)・モトウィップでぶっ飛びます。

 

トレイル 江越君 ファイアークラッカー モトウィップ

江越君の10年以上前のアルミ GT ZASKAR 26に乗ってのバニーホップモトウィップ。彼は元来XCレーサーなのであまりこういったトリックはしませんでしたが、YAMATO君の影響?から最近は積極的に繰り出すようになっています。

 

トレイル bori君 ファイアークラッカー

bori君のバニーホップバームスライダー。今日のメンツで唯一のフルサス(KONA PROCESS 153 27.5)で登場ですが、ハードテイルに負けず劣らずのアグレッシブなバイクコントロールを見せてくれました。

 

トレイル サモ FUKUROU ファイアークラッカー

自分の27.5MTBであるFUKUROUでのファイアークラッカー。個人的に納得いかないエアーで、もっと高く飛んでフロントを下げたかったけれど、今回は自分は撮影役だし諦めてさっさと次のスポットへ。

 

トレイル bori君 バンクライド

トレイル bori君 ジャンプ

bori君のアグレッシブなライディング2連発。彼は速いけど、決してそれだけではない、周囲をワクワクさせるような勢いのあるライディングが特徴です。

 

トレイル akaMOZU YAMATO君 バニーホップノーハンド

YAMATO君のトレイル急斜面でバニーホップノーハンド。山の中でのストリートトリックが映えます。

 

akaMOZU テストフレーム

YAMATOが乗るのは26インチストリートバイクのakaMOZU。シングルギアなのに上りも激速。しかもリアタイヤはスリック。 常にマニュアルやバニーホップをしながらトレイルを飛び走る姿に驚愕です。

F30T〜R50Tの最新MTBがヒーヒー登る激坂をブッチギリ、下りはマニュアルやバニーホップを駆使しつつ29フルサスに負けないスピード。

本人のライディングスキルや脚力がズバ抜けている、と言ってしまえばそれまでだけど、そのライディングを目の当たりにすると、最新MTBの流行りのジオメトリやパーツのトレンドとか些細なことのように思えてしまうのでした。

 

トレイル 江越君 高速コーナー

トレイル 江越君 高速コーナー

今日のトレイルで激速だった江越君。XCのエリートレーサーで、走り慣れた地元のトレイルな訳で速くて当然、ではありますが、10年以上前の26インチGT ZASKARでこの走りは驚嘆に値するものでした。

 

 

 

12月16日(日)9時半より開催予定のスマイルバイクパーク・カッティースクール

スマイルバイクパーク カッティースクール Vol1

スマイルバイクパーク カッティースクール概要

日時:12月16日(日)9:30〜11:30
場所:スマイルバイクパーク

講師:西堀 貴士(bori) →Facebook
サポート:TUBAGRAサモ 動画でのフォームチェックや記念になるライディング写真の撮影を行います。

対象:一般的なMTBコースを危なげなく走れる方、さらなるレベルアップを望む方 定員10名

講習費:2,000 ※スマイルバイクパーク利用費は別になります

受講申し込み方法:TUBAGRAのお問い合わせフォームからお願いします。先着10となります。本文には「スマイルバイクパーク カッティースクール申し込み」と書いていただければ結構です。

ヘルメットは装着必須 転ぶ確率が高いのでグローブやプロテクター類の装着をオススメします。

間違いなくコーナリングテクニックは向上しますので、ぜひ受講されてみてください!

定員10名ですが、まだ空きがございますので、少しでもカッティーに興味のある方はぜひお申込みください!

幕張でTUBAGRAライダーYAMATO君と一緒に乗ってきましたRiders-Diary

今日は幕張にTUBAGRAライダーYAMATO君と一緒に乗りに行きました。

彼は幕張で一番大きな2連ジャンプで新しい複合トリックにSHAKA26で2時間トライし続けたのですが… 残念ながらそれをメイクすることはできず。とはいえ、それに繋がるタイヤグラブtoノーハンドはメイク。その動画が下になります。

動画の内容は「タイヤグラブtoノーハンドx2 → シートグラブバースピン」。

新しい複合トリック、次にメイクすることを願っています!
(※明らかに違う動画が表示されている場合はブラウザを更新してください)

 

 

一方、自分はと言うと、ギックリ腰まだ完治していなく下半身に十分力が入らない状態でしたが、幕張のいつも乗っているジャンプセクションではないところを27.5インチホイールMTBのFUKUROUで攻めてきました。

幕張ダートコース FUKUROU ファイアークラッカー

腰をかばいつつも色んな動作をしてみた結果、平地バニーホップのフロントアップとフェイキーからのハーフキャブ戻りの2つが腰に負担がかかることが判明。

なので、倒木など障害物に前後輪をヒットさせその反発を利用して軽い力でバニーホップするファイアークラッカーなどを駆使して飛び走ってみました。

 

その動画がこちらになります。

ギックリ腰が完治してないオッサンのヨロヨロなライディングになってしまいましたね。見苦しくてすみません…。

 

昨日は息子の誕生日でしたが、お昼過ぎに保育園から「息子さんが昼食後に吐いてグッタリしています」との連絡を受け、急遽迎えに行くことになりました。

多摩川河原で凧揚げをする叶大

保育園でピックアップした段階でかなり元気になっており、「家に帰ったら凧あげしたい!」を連発。家に帰って一息ついてもかなり元気そうだったので、「少しだけな!」と念を押して家から3分の多摩川河原に凧あげをしたところ、わずか5分で嘔吐しすぐに帰宅。

 

さすがにしばらくグッタリしていたものの、奥さんが帰ってきて一緒にバースデーケーキ作り。

誕生日 バースデーケーキ 5歳になった叶大

そして毎年恒例の記念撮影をし、家族みんなでケーキを食べて息子の誕生日を祝いました。ケーキ美味しかったなぁ…

何はともあれ健康に育ってくれていて感謝!

 

ちなみに息子の嘔吐は胃風邪から来ているようでしたが、毎年、この時期になると高い確率で息子の胃風邪を伝染されて苦しい目にあうので、今回も非常に心配です。十分うがいをしなくては。

スマイルバイクパークでカッティースクール開催Riders-Diary

次の日曜日、12月16日(日)9:30〜11:30にスマイルバイクパークで、TUBAGRAにも良く登場するMTBライダーのbori君を講師として、今人気のコーナリングテクニックのカッティー(カッティーズ)スクールを開催します。

bori君のカナダはウィスラー仕込のカッティー(カッティーズ)のテクニックを分かりやすく伝授!

スマイルバイクパーク カッティースクール Vol1

カッティー(カッティーズ)とは、ブレーキに頼らずライン取りと鋭い荷重移動、そして踏み込みで、リアを滑らせながらハイスピードで コーナーを飛び出すコーナリングテクニックの1つです。見た目も派手で、クルマでいうところのドリフトみたいなものでしょうか。

 

海外のMTBの動画で良く出てくるテクニックですね。

日本では、トレイルなどでは路面を削る恐れがあるためカッティーを繰り出すことはできませんが、スマイルバイクパークなどのMTB専用コースでは練習し放題。ぜひ、この機会にマスターして来年の富士見パノラマやふじてんのコースで活用してアグレッシブなライディングを目指しましょう!

 

スマイルバイクパーク カッティースクール概要

日時:12月16日(日)9:30〜11:30
場所:スマイルバイクパーク

講師:西堀 貴士(bori) →Facebook
サポート:TUBAGRAサモ 動画でのフォームチェックや記念になるライディング写真の撮影を行います。

対象:一般的なMTBコースを危なげなく走れる方、さらなるレベルアップを望む方 定員10名

講習費:2,000 ※スマイルバイクパーク利用費は別になります

受講申し込み方法:TUBAGRAのお問い合わせフォームからお願いします。先着10となります。本文には「スマイルバイクパーク カッティースクール申し込み」と書いていただければ結構です。

ヘルメットは装着必須 転ぶ確率が高いのでグローブやプロテクター類の装着をオススメします。

間違いなくコーナリングテクニックは向上しますので、ぜひ受講されてみてください!

 

 

 

ちなみに日曜日に多摩川河原の公園でSHAKA24に乗って回転系バニーホップの練習をしていたら、持病のギックリ腰をやってしまいました。準備運動をサボってクルクル回っていたのがいけなかったです。というか何年もギックリをやっていなかったので完全に油断していまいたね。寒さで身体がこわばっていたのも要因になっていそうです。

 

2日程まともに歩けない状態が続き、3日目にしてようやくMTBにまたがれるようになったので、上のカッティースクールの準備のためにスマイルバイクパークに行き、乗っていたライダー達の撮影を少し。

スマイルバイクパーク 4連ジャンプ

スマイルバイクパーク 4連ジャンプ

スマイルバイクパーク 4連ジャンプ

スマイルバイクパーク スラロームコース

寒い中、各自、ガンガン攻めていてスゴイ!

 

みんなのライディングを見ていたら、自分もムラっとして腰をかばいながらFUKUROUに乗って軽くライディング。

スマイルバイクパーク 超上級者コース

スマイルバイクパーク 超上級者コース

自分にとってブームの超上級者コースをできるだけに派手に走る!を目標に頑張りましたが、これがなかなか上手くいきません。そして腰に力も入らない。

 

スマイルバイクパーク 超上級者コース

スマイルバイクパーク 超上級者コース

そのせいでか一番キツめのコーナーで転倒しまくりました。幸い路面は柔らかい土でフカフカだったため目立った怪我はありませんでしたが、ギックリが悪化していないか心配です…(汗)

でも久しぶり(2日ぶり)に乗ったMTBは面白かったなぁ!!

 

 

ギックリやったその後、アドレナリンが出てて意外と動けてしまったので、夕方に多摩川の近場にBIKE&FISH。

多摩川 朝活BIKE&FISHで釣れたノゴイ

寒いし釣れなくても河原でリラックスできたら良いかな、くらいの軽い気持ちで釣りをしていたら、ワームでまさかのコイ60cmがヒットしてしまい大変なことに。

足場が水面より少し高く腰を曲げてのランディングが地獄の苦しみとなり、いつもの倍の時間をかけて何とか釣り上げたものの、明らかにギックリが悪化。

こんな寒い時期に大きな魚が釣れて嬉しいハズが、とても複雑な結果になったのでした。

2018バイクチェックコンテスト 結果発表Riders-Diary

今回のバイクチェックコンテストにエントリーしてくれたライダーたち、そして投票いただいたみなさま、本当にありがとうございました!バイクロア疲れなどでまとめるのが遅くなりましたが、ここに結果発表をさせていただきます。

 

ストリートMTB編

バイクチェックコンテスト2018 結果発表 ストリートMTB編

 

1位 エントリーNo.3 たろうさん NS bikes suburban

バイクチェックコンテスト たろうさん NS bikes suburban

ダントツでNS Bikes SURURBANで組まれたたろうさんのバイクが票を多く集めました。その要因としては、堅実なパーツと「トリックピスト(FGFS)用パーツもトリックするのに良ければ使う」という実戦的な視点でチョイスし、なおかつ見た目をCPとブラックで揃え統一感を出したことが影響しているのかな、と思いました。

全体的に見ると、使い込まれたノーブレーキ仕様のバイクに票が集まった気がします。みんなノーブレーキのガチなストリートMTBが好き、ということでしょうか。

それと、過去にTUBAGRAで紹介したことのあるバイクは「前に見た」という感じで票が集まらなかったのかな、と。

 

 

ストリートトライアル編

バイクチェックコンテスト2018 結果発表 ストリートトライアル編
1位 エントリーNo.2 まきさん Inspired fourplay

バイクチェックコンテスト まきさん inspired fourplay

エントリーはわずか2台でしたが、その中でまきさんのInspired fourplayが多く票を集めていました。考えられる要因としては、Inspiredのこのバイクがおそらく日本で一番普及しているストリートトライアルバイクである点と、元々あのダニー・マカスキルが乗っていたバイクであること、そしてまきさんの魔改造が多数施されていること、などが挙げられると思います。

あと、もう1台のエントリーされたMamboさんのSHAKA24改は過去に紹介していることもあって、それで票が集まらなかったのかも知れません。

個人的にはストリートトライアルバイクのエントリーが非常に少なかったことが残念でした、というか、TUBAGRA Webサイトをチェックしているストリートトライアラーが少ないのかな?うーん、そこそこいるとは思うんですけどね…

 

 

今回、ストリートMTBとストリートトライアルで票が一番多かったたろうさん、まきさんにはTUBAGRAオリジナルのハンドルバー MURAMASA BARをプレゼントします!

MURAMASA BAR ムラマサバー 3インチライズ ハンドルバー

今回エントリーいただいたバイクチェックの情報は、ストリートMTBを組もうとされる方にとって参考になる、とても有益な情報になると思います。

秋ヶ瀬の森バイクロア8【レースその他】Riders-Diary

秋ヶ瀬の森バイクロア8でまだ紹介していない画像を一挙公開します。

秋ヶ瀬の森バイクロア8 バニーホップ・ジャンプ講習会エリア 森田君 akaMOZU

バニーホップ・ジャンプ講習会エリアにて、携帯ジャンプランプで深いテーブルトップ(インバート)をメイクする、MTB&TRIALショーでMCを担当してくれたTUBAGRAライダー森田君。「深く入るまで帰さない!」というチームオーダーですぐに決めてくれました。

彼はカスタムペイントしたakaMOZUに乗っています。

 

秋ヶ瀬の森バイクロア8 バニーホップ・ジャンプ講習会エリア 太一君 TONE

倒木を使ったファイアークラッカーに頼らず、完全な平地バニーホップでここまで高く飛び越すTUBAGRAのストリートトライアラーの太一君。膝の怪我でショーを休んだハズなのにこのライディング。乗るバイクは彼のシグネチャーモデルである24インチストリートトライアルフレームのTONE

 

秋ヶ瀬の森バイクロア8 バニーホップ・ジャンプ講習会エリア 太一君 FUKUROU

太一君をもう1つ。カッティーで落ち葉をバサッと舞う写真を撮ろうとしたけれど、実際はそう上手くはいかなかった…

この写真ではTUBAGRAの27.5インチホイール里山アクションフレームのFUKUROUに乗っています。

 

TUBAGRAライダーYAMATO君による携帯ジャンプランプでの安定した180バースピン。

彼はTUBAGRAのストリートフレームSHAKA26に乗っています。

 

秋ヶ瀬の森バイクロア8 バニーホップ・ジャンプ講習会エリア SHARA君 SHAKA26

アクションライド系MTB全般で伸び盛りのSHARA君の高くて入ったテーブルトップ(インバート)。SHAKA26に乗ってくれています。

 

秋ヶ瀬の森バイクロア8 バニーホップ・ジャンプ講習会エリア SHARA君 SHAKA26 ターンダウン

同じくSHARA君のターンダウン。MTBではまだまだレアなトリックです。

 

秋ヶ瀬の森バイクロア8 バニーホップ・ジャンプ講習会エリア 江越君

YAMATO君の友達でXCのエリートレーサーである江越君の29erMTBによる携帯ジャンプランプでのエアー。

 

今回のバイクロアでは初めてキャンプエリアが設けられ、秋ヶ瀬公園でテント泊ができることになりました。

秋ヶ瀬の森バイクロア8 キャンプエリア テント泊

「この時期の秋ヶ瀬公園は寒いよ〜」と色んな方から言われていて、自分も痛感しているのでビビっていましたけれど、この1年で冬キャンプ慣れした自分たち家族にはさほど寒くなくて一安心。

 

秋ヶ瀬の森バイクロア8 キャンプエリア テント泊

初キャンプ泊で印象的だったのが、夜、温かいスープを飲みながら、愛車を眺めてまったりできたこと。これはこれで楽しかったなぁ。

 

 

バイクロアのメインイベントであるレースについて。

秋ヶ瀬の森バイクロア8 キッズロア 叶大

とても人気で事前エントリー枠が一瞬で埋まってしまうバイクロアのキッズレース(キッズロア)に息子はようやく初参加を果たしたのでした。レース結果は、息子はペダル付きでは一番速かったものの、ランバイクの3人が異様に速くて4位に。来年も参加できるように努力して、楽しみながら頑張りましょう!

 

そしてYAMATO君たちも参加したチームラリーの様子です。

秋ヶ瀬の森バイクロア8 レース YAMATO君

バイクロアから依頼があって自分が設置させてもらったストリートバンクを、レース中にも関わらず必要以上の高さで飛ぶYAMATO君。この辺はストリートライダーの性でしょうか。

 

秋ヶ瀬の森バイクロア8 レース 江越君

YAMATO君とチームを組んで参加したXCエリートレーサーの江越君もバイクを傾けて飛んでいます。

 

秋ヶ瀬の森バイクロア8 レース バンクジャンプ

秋ヶ瀬の森バイクロア8 レース バンクジャンプ

他のレース参加者はほとんど飛んでくれないのですが、飛んでくれる方がいると思わず声援を送ってしまいますね。

 

ここからはバイクロア名物オウルクラスのレースの様子です。

秋ヶ瀬の森バイクロア8 レース オウルクラス

先頭を爆走するのがけものフレンズのサーバルちゃんに仮装した選手。

 

秋ヶ瀬の森バイクロア8 レース オウルクラス

パーマンとドラゴンボールの悟空による定番アニメキャラ主人公バトル。

 

秋ヶ瀬の森バイクロア8 レース オウルクラス

どう見ても空気抵抗が大きくてツラそうな一反木綿(いったんもめん)。

 

秋ヶ瀬の森バイクロア8 レース オウルクラス

ボヘミアン・ラプソディーが大ヒットしているためか、Queenネタも多かったですね。こちらはフレディ・マーキュリーの仮装をした方。Queenの曲を熱唱しながら走っていました。

 

秋ヶ瀬の森バイクロア8 レース オウルクラス

日産のゴーンさん逮捕の影響で無駄にネットを賑わせていたMr.ビーンに扮したキッズ。このタイミングでのキャラ選択のセンスが絶妙すぎる!

 

秋ヶ瀬の森バイクロア8 レース オウルクラス

バイクは無くてハンドルだけ持ってランニングで参加していたマリオブラザーズのマリオ。コインのチョコをレース観戦の子供たちにプレゼントしていました。

 

何度かTUBAGRAで紹介したことのある、折りたたみ小径車PECOでずーっとオウルクラスにエントリーしていた方の仮装の遷移をご覧ください。

秋ヶ瀬の森バイクロア8 レース オウルクラス

最初はアメリカのギタリストで知る人ぞ知るバケットヘッド。

 

秋ヶ瀬の森バイクロア8 レース オウルクラス

次はスターウォーズのJAWA族。

 

秋ヶ瀬の森バイクロア8 レース オウルクラス

そして今年は農家のおばさんに扮し、3輪自転車に乗ってのエントリーとなりました。一見速く見えませんが、鬼コギで砂煙を巻き上げながらコーナーを激走していくさまは迫力満点!

 

とまぁ、こんな感じの秋ヶ瀬の森バイクロア8でした。

秋ヶ瀬の森バイクロア8

twitterやFBでたくさんの知り合いが秋ヶ瀬の森バイクロア8に行っていたことが次々に判明してて、自分は講習会につきっきりでその方たちと話すどころか会うこともできなかったことを激しく後悔。

だけれど、バニーホップ・ジャンプ講習会を受講された方たちが、みんなバニーホップをできるようになって喜ばれていたから良し!

また来年もよろしくお願いします!

秋ヶ瀬の森バイクロア8【バニーホップ・ジャンプ講習会】Riders-Diary

秋ヶ瀬の森バイクロア8では今年で3回目となるバニーホップ・ジャンプ講習会を開催しました。

第1回目の受講者はほぼMTBでしたが、第2回の去年は1/3はシクロクロスやグラベルロードとドロップハンドル率が向上。もともとバイクロアはシクロクロスがメインのイベントですし、それが自然であったり。

そして、3回目となる今年はどうなるか?とワクワクしていたところ、ハイ、今年のドロップハンドル率はおよそ1/2までになりました!

秋ヶ瀬の森バイクロア8 バニーホップ・ジャンプ講習会 ドロップハンドル編

秋ヶ瀬の森バイクロア8 バニーホップ・ジャンプ講習会 ドロップハンドル編

秋ヶ瀬の森バイクロア8 バニーホップ・ジャンプ講習会 ドロップハンドル編

秋ヶ瀬の森バイクロア8 バニーホップ・ジャンプ講習会 ドロップハンドル編

レクチャーする自分もドロップハンドルのバイクでバニーホップできるかトライすると、MTBでのそれとあまり大きな違いはなく10cmくらいは簡単に飛べました。それ以上となると大変そうですが…

 

という訳で、ドロップハンドルの受講者にはまずバニーホップの原理とメリットを伝え、ドロップハンドルならではの平地でのバニーホップのやり方を伝授。それがおおよそできるようになったら倒木を利用したファイアークラッカー(対象物に意図的に前後輪を当ててその反発を利用してバニーホップするテクニック)のやり方に移行します。

その結果、受講されたすべての方がファイアークラッカーまで進んで一安心。

中にはレースの前に受講され、「実際のレースで木の根っこを効果的に飛び越えることができて良かったです!」と笑顔で報告に来てくれた方がいて本当に嬉しかったですね!

 

もちろんMTBで受講される方もいつも通りいらっしゃいました。

秋ヶ瀬の森バイクロア8 バニーホップ・ジャンプ講習会

秋ヶ瀬の森バイクロア8 バニーホップ・ジャンプ講習会

秋ヶ瀬の森バイクロア8 バニーホップ・ジャンプ講習会

秋ヶ瀬の森バイクロア8 バニーホップ・ジャンプ講習会

さすがに基本的な高さが増しますね。

MTBで受講される方は基本的な平地バニーホップはだいたいできていて、受講目的として「さらに高いバニーホップを飛ぶにはどうしたら良いか?」「ジャンプで刺しを入れられるようになりたい」など次のレベルへのステップアップを望むケースが多かったです。

そしてファイアークラッカーにも興味があるものの「試したことがないので良く分からない」と言うので、確実にできるコツを伝授すると、みなさま全員できるように。それが楽しいのか、みんな倒木を利用したファイアークラッカーばかり行うのでした。

間違いなくトレイルライディングにも活きるので、ぜひ近所の公園にある対象物で日々練習して身体に染みつけてください!

 

秋ヶ瀬の森バイクロア8 バニーホップ・ジャンプ講習会

刺しのカタチを習得されたい方にも、実際の動きを見せてもらってアドバイスをさせていただきました。人によってどの部分を後押したら良いかが全然違うので、そこは入念にチェック。一度できるようになれば、後は身体がその動きを覚えてバンバンできるようになります。

 

秋ヶ瀬の森バイクロア8 バニーホップ・ジャンプ講習会

埼玉県ふじみ野市にあるバイクショップ「スポーツバイクファクトリーふじみ野スズキ」で毎週金曜夜に開催されているMTBストリート練習会「サタジュク(Facebook)」の塾長である佐多さんも参加してくれました。ありがとうございます!

 

実は今回、ドロップハンドルやMTBの方たち以外にも目立ったのがキッズたちの講習会への参加でした。

秋ヶ瀬の森バイクロア8 バニーホップ・ジャンプ講習会 キッズ編

バニーホップやファイアークラッカーを習得したいキッズは、持ってきたバイクが彼らたちには大きすぎる場合がほとんどなので、まず最初にウチの息子のヨツバサイクルの14インチに乗ってもらいます。このバイクは程よいジオメトリで小さい身体でも楽にフロントアップ〜バニーホップすることができ、キッズたちは一瞬でバニーホップの動きを習得。

 

バニーホップはバイクが大きすぎてキッズたちの体格ではできない場合が多いけど、ジャンプランプを使えば飛ぶことができます。

秋ヶ瀬の森バイクロア8 バニーホップ・ジャンプ講習会 キッズ編

秋ヶ瀬の森バイクロア8 バニーホップ・ジャンプ講習会 キッズ編

コツをつまむまでちょっと試行錯誤しますけれど、一旦慣れたら楽しくって延々飛び続けるキッズたちでした。

 

という具合で、2日間で33名の方にレクチャーさせていただき、自分は9時から終了の15時まで一切休まることがなかったので、結果大盛況といえる状況でした。(もっと多くの方をレクチャーするには講師を増やしてエリアの拡充をする必要あり)来ていただいたみなさま、本当にありがとうございました!

ファイアークラッカーなどは家の近所の公園にあるような障害物を使って練習ができるので、ぜひ覚えた動きを忘れないように練習してみてください!

スマイルバイクパークでカッティー練習Riders-Diary

秋ヶ瀬の森バイクロア8で紹介しきれていないネタがたくさんあるのですが、それはちょっと置いておいて、今日は久しぶりにスマイルバイクパークに行った話を書きたいと思います。

 

スマイルバイクパーク スラロームコース

実は自分がしっかりスマイルバイクパークのスラロームコースを走るのはおよそ3ヶ月ぶりくらい。レクチャーやら何やらで参考になるために走ることはあっても、ガチに攻めるのは本当にそれくらい久しぶりでした。(上の写真はbori君のお知り合いの方)

 

今回、スマイルバイクパークをガチに走った理由は、「ブレーキを使わずリアをスライドさせてコーナーを速く曲がる」テクニックであるカッティー(カッティーズ)を練習するため。とはいえ自分で30分くらい試行錯誤してもなかなかできませんでした。

スマイルバイクパーク スラロームコース bori君 カッティー

そこに古くからの知り合いであるMTBライダーbori君が登場。カナダはウィスラー仕込のカッティーを個人的に教えてもらい、反復練習しまくって何とかカタチになりました。平地では普通にできても下り斜面のコーナーで決めるの結構難しいですね。

 

スマイルバイクパーク スラロームコース

初めてスマイルバイクパークに来られた、というこの方は黙々とスラロームコースを走っていたのですが、ライン取りがスマートで速かったです。間近で何度も走りを見させてもらい参考になりました。

 

スマイルバイクパーク 4連ジャンプ カザマックスさん

カザマックスさんの4連ジャンプ。

 

スマイルバイクパーク 4連ジャンプ

お名前は失念しましたが、NS Bikesのスロープスタイルバイクで華麗に飛ばれていました。

 

自分が27.5インチホイールMTBのFUKUROUで4連ジャンプを走る動画をご覧ください。

4連ジャンプを飛ぶのも久しぶりでしたが、3つ目と4つ目のコブの形状や場所がちょっと変わっていて難易度が上がっていましたね。最後まで飛び切れると自動的にスタート地点に戻ってこられるのが良いです。

 

そして今回、スマイルバイクパークに新たに作られた「超上級者コース」を走ってみました。距離は短いですが、斜度があって路面はドライでフカフカ。

スマイルバイクパーク 超上級者コース トレイン

そんなコースをbori君をはじめとする腕に覚えのあるライダーたちにトレインで走ってもらうとこうなります。

 

スマイルバイクパーク 超上級者コース トレイン

スマイルバイクパーク 超上級者コース トレイン

スマイルバイクパーク 超上級者コース トレイン

スマイルバイクパーク 超上級者コース トレイン

「うわ、まるで海外のMTB動画みたいだ!」という程に土煙が舞う迫力のある光景が。

これはMTB専用コースだからできることです。ハイカーも利用するトレイルでは路面を荒らしてしまうので決してやらないように!

 

という訳で、久しぶりのスマイルバイクパークは新しいことにチャレンジできてとても楽しかったです。また頻繁に通ってカッティー練習しまくろう!

 

12月になりましたが相変わらず多摩川でBIKE&FISHを続けております。

多摩川 夕活BIKE&FISHで釣れたナマズ

だいぶ水温は下がっているものの、狙うスポット次第ではまだまだこんなナマズが釣れるんですね。今年はなかなか納竿できないな…

秋ヶ瀬の森バイクロア8【MTB&TRIALショー】Riders-Diary

今年も秋ヶ瀬の森バイクロアにMTB&TRIALショーとバニーホップ・ジャンプ講習会で参加してきました。我々TUBAGRAは2回目から参加しているので、かれこれ7回目となり「バイクロアの恒例の1つ」にもなっているようで、とてもありがたいです。

 

秋ヶ瀬の森バイクロアを良くご存知でない方に「バイクロアってどういったイベントなの?」を説明すると、「子供から大人までとても楽しめる自転車の運動会・文化祭」という表現がぴったりかと。

一応シクロクロスのレースを主体とするダートイベントなのに競技志向が強すぎず、MTB比率もかなり高め。どこを切り取ってもオシャレだけど肩の力が抜けてて居心地が良い、そんな空間のイベントです。年々来場者が増えていて、規模が大きくなっていますね。

 

そんなイベントに、「毎回楽しみにしています!」的に我々がショーをさせていただけることが本当にありがたくて…!

秋ヶ瀬の森バイクロア8 MTB&TRIALショー MC森田

1日目のお昼にショーはスタート。毎年ずーっとこの時間帯ですね。バイクロアの中央エリアで行わせていただきました。今やプロ級のトーク力を持つTUBAGRAライダーの森田君がMCを務めます。

 

秋ヶ瀬の森バイクロア8 MTB&TRIALショー MC森田 YAMATO君

出演するのは今回バイクロア3回目のYAMATO君。SHAKA26に乗ってストリートトリックを見せてくれます。

 

当初はTUBAGRAのストリートトライアラーである太一君が出演する予定でしたが、膝を怪我して困難に。

秋ヶ瀬の森バイクロア8 MTB&TRIALショー 高橋セイヤ君

そこでゲストライダーとして、太一君の推薦もあり、全日本トライアル選手権エリートクラス3位、Jシリーズスーパーエリートクラス年間ランキング2位の髙橋靖矢(セイヤ)君に出演していただくことになりました。ちなみに彼は3年前のショーにも出演してもらっているのでバイクロア2回目になります。当時、彼は高校生でしたが、今は社会人1年生!

 

そんな感じでまったりとショーはスタート。流石に7回目なのでMC森田君もYAMATO君たちも慣れたもので、最初は基礎的なトリックから徐々に難易度や派手さを増していきます。

秋ヶ瀬の森バイクロア8 MTB&TRIALショー YAMATO君

ミニジャンプランプで180バースピンをするYAMATO君。

 

秋ヶ瀬の森バイクロア8 MTB&TRIALショー YAMATO君

この手のショーで良くある寝ている人飛び越しですが、無駄に高く飛ぶのがYAMATO君のスタイル。

 

秋ヶ瀬の森バイクロア8 MTB&TRIALショー 高橋靖也 セイヤ君

フィニッシュで高橋靖矢君はバイクロア中央の枠によじ登ります。それを見守る大勢の観客のみなさま。やることはもちろん…

 

秋ヶ瀬の森バイクロア8 MTB&TRIALショー 高橋靖也 セイヤ君

MC森田君が観客を「セイヤコール」で盛り上げてからドロップ!全く危なげなく着地成功でした。

 

最後にこの隣のエリアで行っているバニーホップ・ジャンプ講習会の告知をして、大盛り上がりの中でMTB&TRIALショーは終了です。大勢の方たちに楽しんでいただけて良かった!3人とも本当にお疲れ様でした!!

 

続いて秋ヶ瀬の森バイクロア8でのバニーホップ・ジャンプ講習会について紹介しようと思います。

このWebサイトで紹介している画像や動画を使用するのは構いませんが、営利目的で使用される場合はご連絡ください。
ライディングの際はそれぞれの判断でプロテクターを装備しましょう。
このWebサイトで紹介しているライディングを真似して怪我をされても当サイトは責任を取ることはできませんのでご了承ください。

Copyright © 2018 by Street MTB Team TUBAGRA