SILKYPIX Presents MTBストリートとは?

TUBAGRA

MTB(マウンテンバイク)チーム TUBAGRA(ツバグラ)にようこそ。
このホームページではMTBでストリートやダートジャンプ、スケートパークの乗り方を紹介しています。
MTBのトリック講習会、コンテスト、デモショーの企画も行います。お気軽にお問い合わせください。
バニーホップがしやすいストリート専用フレームMOZUの開発〜販売も行っています。

HiTaka proto フレーム pMOZU Coverphoto Gallery

HiTaka proto

TUBAGRAライダー達が乗っているフレームはこちら002

Topics

パンプトラック専用MOZU「HiTaka proto」を一般販売Riders-Diary

仙台在住のTUBAGRAライダーで、現在福島県にある国際基準のパンプトラックコース「しんちパンプトラック」の管理人であるKai君がジオメトリを考案、それを岡安製作所の岡安さんがカタチにし、そしてKai君自身がライディングテストを繰り返し、ブラッシュアップしている全く新しいTUBAGRAオリジナルフレームをこの度一般販売することになりました。

HiTaka proto pMOZU パンプトラック専用MOZU

開発ネームpMOZU、そしてKai君が命名した正式名称は「HiTaka(ハイタカ)」となりました。

 

このフレームのコンセプトは以下の通りです。

 

パンプトラック・バイクパーク・ジャンプトレイル等の幅広いフィールドでMTBを楽しむ為に2020年代最新のジオメトリーを模索して開発された、フリースタイル用マウンテンバイクフレーム。

 

今回販売するのは2ndテスト(Mk2)をベースに一般販売用まとめたプロトタイプとなります。

 

このフレームのシェイクダウン映像をご覧ください。

 

「浅いパンピングでもバイクの加速に身体が追いつかないくらいスピードが出る」

 

この映像とこの1文だけで、HiTaka protoの尋常ではない性能がお分かりいただけるかと思います。

 

 

各部詳細となります。

HiTaka proto pMOZU パンプトラック専用MOZU

ヘッドチューブは上の画像のようにシェイプされたものとなり、ガゼットも従来の角パイプからより力を逃す形状に。

 

HiTaka proto pMOZU パンプトラック専用MOZU

シートチューブはシムをかませて27.2mmのシートポスト対応となります。従来よりも30gの軽量化を実現。

 

HiTaka proto pMOZU パンプトラック専用MOZU

チェーンステーのプレートはギリギリまで外側に取り付けられ、詰めた状態で26×2.3のサイドブロックが大きくないタイヤの装着を可能としています。

 

HiTaka proto pMOZU パンプトラック専用MOZU

リアハブは26インチ用フレームでは一般的な135mm/10mmに対応しています。ディスクブレーキはインターナショナルスタンダード方式を採用。

 

 

HiTakaとakaMOZU(ShinMOZUも同じジオメトリ)の横からの画像を縮尺合わせて並べてみました。

HiTaka proto pMOZU パンプトラック専用MOZU

形状やサイズ感がこんなに違います。

得意なフィールドもそれぞれ異なるので、それは近日中にしっかり紹介しますね。

 

 

【スペック】

素材:カイセイ製クロモリパイプ(MOZUシリーズ特注ダブルバテットチューブ使用)

重量:2.3kg

ヘッド:
・上側1-1/8″セミインテグーテッド ヘッド圧入直径44mm
・下側1.5″セミインテグーテッド ヘッド圧入直径44mm

BB:ユーロタイプ/シェル幅68mm

シートポスト:27.2mm

シートクランプ:32.6mm

ブレーキ:ディスクブレーキに対応

ヘッドアングル:69度(100mmストロークサスフォークインストール時)

シートアングル:74.5度

BBハイト:12.5mm下がり

フロントセンター:650.8mm(100mmストロークサスフォークインストール時)

リアセンター:26インチホイール仕様 最短370mm

リアハブ規格:MTB対応(135mm/10mm)

フレームカラー:ブラック、ホワイト、マットクリアー(特色+3,300円)

販売価格:¥110,000(税抜) ¥121,000(税込)

 

一般販売するとはいえ、即納可能な本数はマットクリアー1本のみ。

ご興味のある方はお問い合わせよりご連絡ください。近日中にオンラインストアにも掲載しますが、確実に確保したいのであればお問い合わせが一番かも知れません。

毎月恒例の家族キャンプでキャンピングヒルズ鴨川に行ってきましたRiders-Diary

今回の毎月恒例の家族キャンプは、千葉県鴨川にある高原のオートキャンプ場のキャンピングヒルズ鴨川に行ってきました

家族キャンプ キャンピングヒルズ鴨川 MAZDA CX-5 eMTB SPECIALIZED Turbo Levo SL Comp Carbon

キャンピングヒルズ鴨川元々棚田だった地形を利用したキャンプ場で、段差を活用した地形にキャンプサイトがレイアウトされています。

 

実際、キャンプ場の周辺も棚田になっていて、とても良い景色を望むことが。

家族キャンプ キャンピングヒルズ鴨川 eMTB SPECIALIZED Turbo Levo SL Comp Carbon

夕方になると涼しい風が吹き、良い景色も相まって長い時間佇みたくなります。

棚田という地形の特性上、アップダウンはかなり激しいのですが、今回、念のために持参したeMTBのSPECIALIZED Turbo Levoなら快適に散策することができました。

 

家族キャンプ キャンピングヒルズ鴨川 MAZDA CX-5 eMTB SPECIALIZED Turbo Levo SL Comp Carbon

ちなみにトイレまでも激坂だったりするのですが、SPECIALIZED Turbo Levoが(便所バイクとして)まさかの大活躍!

 

家族キャンプ キャンピングヒルズ鴨川 MAZDA CX-5 eMTB SPECIALIZED Turbo Levo SL Comp Carbon koMOZU

このキャンプ場は海岸から数キロメートル離れているためか塩臭さはなく、夜は気持ちの良い風が吹き、涼しくぐっすり眠ることができました。

もう少し早い時期に行けば大量のホタルも見られたみたいで、次に行く際は時期を考えたいと思います。

キャンピングヒルズ鴨川は鴨川という立地からアクアラインを使っても何だかんだ家から2時間くらいかかりますが、雰囲気最高だったのでリピート確定!次に行く際も楽しみだなぁ!

 

 

鴨川に行くなら立ち寄りたいのが鴨川シーワールド

鴨川シーワールド

今回初めて行きましたが、魚の展示がとてもキレイで考えられていて、過去に色々な水族館に行ってきましたが、自分的には一番好みでした。

 

鴨川シーワールド

ファインディング・ニモでお馴染みカクレクマノミもこの数、迫力ですよ!(集合体恐怖症の人にはキツいかも知れない…)

 

そして鴨川シーワールドと言えばシャチのショー!初めて観たシャチのショーは本当に凄かった。

鴨川シーワールド シャチのショー

まずシャチがデカいし、芸のレベルや完成度も高いしで驚きの連続。

そして尋常じゃなく水を被りました。スプラッシュマウンテンとかの水濡れなんて足元にも及ばず、バケツで大量の水をぶっかけ続ける如きの量。

鴨川シーワールド、今思い出しても相当面白かったです!キャンピングヒルズ鴨川に行くなら必ずセットで行きたいと思いましたね。

 

 

キャンプから帰宅してから軽く近所の河原でSHAKA24に乗って練習を少し。

石杭にリアタイヤを安定して当て、もっと軽やかに刺し入れて高く飛びたいのですが、なかなか上手くいきません。

これが上手くなったところでどんなメリットがあるのか分からないけれど、乗りかかった船なので突き詰めてみようと思います。

 

 

夕方、知人に毛針とエリアトラウトタックルを使ったオイカワ釣りを伝授。

多摩川河原 BIKE&FISH オイカワ釣り

すぐにコツをつかんで入れ食い状態になっているTata君を尻目に、自分は大きめの毛針縛りのお陰で1時間で3匹だけの惨状(泣)それでもキレイで大きめの個体が釣れて良かった!

梅雨明けギリギリのサタジュクアテンド・トレイルライドRiders-Diary

水曜は毎週定例の(恐怖の)サタジュクアテンドのトレイルライドでした。

時期が時期だけに濡れた岩盤や木の根、赤土が猛烈にスリッピーで、通常時は普通に走り抜けていたセクションが高難易度に。

サタジュク アテンド トレイル croMOZU275

愛車であるcroMOZU275に乗り、滑りやすい岩場を慎重に走るサタジュク塾長の佐多さん。

サタジュク アテンド トレイル

同じく慎重に走るサタジュク塾生のマキシマさん。

 

サタジュク アテンド トレイル  eMTB SPECIALIZED Turbo Levo SL Comp Carbon

そしてeMTB SPECIALIZED Turbo Levo SL Comp Carbonに乗る自分も。ちょっと木の根の通過角度を誤るとフロントやリアタイヤが滑るので、とてもスリリング。それがまた楽しいのですが。

 

サタジュク アテンド トレイル croMOZU275

木の根や岩など引っかかる障害物があると、下り斜面でお構わずファイアークラッカーで飛ぶ佐多さん。

 

サタジュク アテンド トレイル  eMTB SPECIALIZED Turbo Levo SL Comp Carbon

本来ならバニーホップしづらいSPECIALIZED Turbo Levoでも、地形を上手く活用すれば下り斜面でも十分宙に浮きます。

 

サタジュク アテンド トレイル

梅雨の長雨で侵食されまくった急斜面をバイクを下りて進むマキシマさん。乗っていくにはリスキー過ぎる箇所がちらほらありました。

 

サタジュク アテンド トレイル croMOZU275

写真からは伝わりませんが、かなりの急斜面をわずかな走破可能ラインをトレースして下り進む佐多さん。

 

生きた心地がしなかったけど走り抜けられた時の安堵感&達成感が癖になります。

 

猛烈スリッピーは大変だったけど、実は登りが猛烈にハードでした。急斜面がとにかく長いのです。

自分はeMTBでそれ程でしたが、他の二人は相当キツかったのでは?最後の方でバッテリー残量がヤバくて冷や冷やでしたが。

 

サタジュク アテンド トレイル 集合写真

今日も無事に降りて来られて良かった!

 

 

今日の朝活BIKE&FISH。まだだいぶ水位が高い。

3つ目のスポットをシャッドテールワームで探っていたら足元でチーバスかかって即バレ!悔しい〜

朝活BIKE&FISH シャッドテールワームで釣れたスモールマウスバス

その後も同じように探っているとスモールマウスバス30cm。なかなか激しいファイトを堪能して満足です!

久しぶりにストリートトライアラーMamboさんとライディングRiders-Diary

TUBAGRAのストリートフレームSHAKA24を特注でトライアル仕様で乗っていたMamboさん。

最近はグラインド系トリックも練習されていて、今回一緒に乗ったことでいくつか伝授させていただきました。下の動画はその一部の様子になります。是非ご覧ください。

それにしても、まさか180フェイキーDペググラインドがカタチになるとは!

 

現在のMamboさんの特注SHAKA24バイクを紹介します。

Mamboさん SHAKA24 見沼スケートパーク

どこが特注かと言うと、通常SHAKAはBMXハブが入るようになっていますが、このSHAKAはMTBハブでディスクブレーキが付くようになっています。SHAKAのジオメトリでトライアルをやりたかったMamboさんの要望をカタチにしたのでした。

現在はグラインドトリックがやりたくて、ノーブレーキ仕様になっています。

 

ちなみに以前のストリートトライアル仕様の写真と、当時の紹介記事はこちら

Mamboさんの特注SHAKA 24 トライアルバイク

見た目はもとより、イメージもだいぶ変わってきますね。

 

Mamboさん特注SHAKA24のハンドルまわり。

Mamboさん SHAKA24 見沼スケートパーク MURAMASA BAR

MURAMASA BAR 3インチライズ BLACK
29STEM BLACK
MOZUヘッドバッジ GOLD
ENMA FORK BLACK

殆どをTUBAGRAパーツで構成されていて嬉しい限りです!

 

Mamboさん SHAKA24 見沼スケートパーク ENMA FORK

フロントフォークはENMA FORK。もちろんグラインドペグにも対応しています。

 

リアはMTBハブなのにグラインドペグが装着されています。

Mamboさん SHAKA24 見沼スケートパーク KABUKI 10 SINGLE SPEED HUB

動画でもご覧いただけたように、グラインドしまくってもエンドやシャフトが曲がったりしません。(ディスク台座は削れまくりですが…)

 

カブキ 10 シングルスピードハブ 135/10mm 12T 32H TUBAGRAオリジナルリアハブ

ボルトで固定するTUBAGRAオリジナルのMTBハブ「KABUKI 10 SINGLE SPEED HUB」だからこそ為せる技です。

 

最近フィーブルグラインドができるようになったばかりのMamboさんに、僭越ながらグラインドトリックのレクチャーをさせていただきましたので、以下に紹介させていただきます。

 

まずはレールフィーブル。

Mamboさん SHAKA24 見沼スケートパーク レールフィーブルグラインド

角レールの上にフロントホイールを乗せ、リアペグをレールにかけて行うグラインドトリックです。

実は意外と簡単だったり。特にトライアルテクニックがしっかりあるMamboさんなら精度あるバニーホップも余裕で一瞬でできるようになりました。

 

続いてアイスピックグラインド。リアペグだけでグラインドするトリックです。

Mamboさん SHAKA24 見沼スケートパーク アイスピックグラインド

マニュアルも上手いMamboさんなので、これも一瞬でカタチになりました。

正直、バニーホップtoマニュアル〜アイスピックグラインドが苦手な私よりも既に上手いような…(汗)

 

そして今回、是非とも習得していただきたかったのがスミスグラインド!

Mamboさん SHAKA24 見沼スケートパーク スミスグラインド

自分としてはフロント下がりの刺しみたいなスタイルで滑っていくのがとてもカッコイイと思っていたり。

フィーブルグラインドと織り交ぜ、色んなシーンでご活用ください!

 

Mamboさんが独自に練習されていたエアターンテーブルトップ(インバート)。

Mamboさん SHAKA24 見沼スケートパーク エアターン テーブルトップ インバート

入りのカタチは良いので、あとはエアターンをコーピングギリギリで踏み切られるようになると、もっと高さが出て格好いいと思います。

 

そんなこんなでMamboさんが今回習得したテクニックは以下の通り。

・レールフィーブル
・アイスピックグラインド
・スミスグラインド
・バニー180フェイキーダブルペググラインド
・ペグイン

一度にこれだけできるようになったなんて羨まし過ぎです!今度はレクチャーじゃなく、私と一緒にパークでセッションしましょう!

 

 

今日の朝活BIKE&FISHは上流で大雨があったからか急激な増水と濁り。

この水位だと最近釣れている毛虫だらけスポットはeMTB的にNG(完全水没するから)

なのでひたすらランガンし5つ目のスポットに着いたら目の前3mでボイル!

朝活BIKE&FISH エリテンで釣れたシーバス

すかさずルアーをキャストしドリフトさせたら至近距離で食い上げてきたシーバス50cm。最高だー!!

 

シーバスが釣れたスポットの濁りの中に、他にまだうごめいている魚がいる?

朝活BIKE&FISH シャッドテールワームで釣れたナマズ

ということで、シャッドテールワームでリフトフォールを繰り返したらナマズ55cm!

1箇所でシーバスのナマズ釣れてとても充実した朝になりました。MTBで走り回って良かった!

アシックスのスケートボードシューズ GEL-VICKKA PROを買いましたRiders-Diary

野球やサッカーを体育の授業以外では殆どやらなかった自分の人生ですが、50歳を間近にして、まさかアシックスのシューズを買うことになるとは思いもよりませんでした。

アシックス asics スケートボードシューズ GEL-VICKKA PRO

アシックスのスケートボード用シューズ「GEL-VICKKA PRO」です。

そもそも、オッサンな自分の感覚からすると、アシックスがスケートボードシューズをリリースすること自体、驚愕だったりするのですが。

 

アシックス asics スケートボードシューズ GEL-VICKKA PRO

ソールパターンはこのような感じ。肝心のMTBのペダルとの相性が気になります。

 

早速、その相性を確かめるため、ゲリラ豪雨前に近所の多摩川河原でこのシューズを履いて回転系メインでMTBに乗ってきました。

アシックス asics スケートボードシューズ GEL-VICKKA PRO 多摩川河原 SHAKA24

うーむ、ピンがソールの溝にハマるまでに若干タイムラグがあり、毎回ペダル上でヌルッと動く感じがありますね。

ストリートやスケートパークではあまり気にならないかも知れませんが、少しでも路面が濡れたDHコースやトレイルでは、ソールは滑りまくるかも知れません。ちょっと怖いですけど、そんな条件下で試して確認しないといけませんね。

 

そして雨が降る直前、アシックスのスケートボード用シューズ「GEL-VICKKA PRO」が目立つように近所の河原でSHAKA24に乗ってライディングシーンの撮影をしてきました。

アシックス asics スケートボードシューズ GEL-VICKKA PRO 多摩川河原 SHAKA24 バニーホップ ファイアークラッカー

画像右下の白ポッチでバニーホップ合わせるの難しくて、試行錯誤している内に大雨が降ってきて撤収!腕がキッチリ伸び切った写真が撮りたかった〜(泣)

 

アシックス asics スケートボードシューズ GEL-VICKKA PRO 多摩川河原 SHAKA24 バニーホップ

ついでにリアタイヤを石杭に絡ませるバニーホップ。意外と転んだりしません。

 

 

先日、スマイルバイクパーク常連のIさんと息子さんのリク君から、とても巨大なオオクワガタのつがいをいただきました。

スマイルバイクパーク リク君 石井さん オオクワガタ
スマイルバイクパーク リク君 石井さん オオクワガタ

この手のジャンルは完全素人の自分から見ても、かなり大きいです!

何度も「こんなに立派な個体をいただいて良いのですか?」と聞き返したほど!

オオクワガタの飼育は未体験の領域ですが、これから息子と一緒に大事に飼わせていただきます!本当にありがとうございました!

 

 

ここ数日は突然激しい雷雨に遭う機会が増えましたね。先日も突然大雨が降ってきたけれど雷は大丈夫そうということで、近所を少しBIKE&FISHしてきました。

朝活BIKE&FISH eMTB SPECIALIZED Turbo Levo SL Comp Carbon 多摩川河原

eMTBのSPECIALIZED Turbo Levoの抜群な走破性を駆使して藪を進んで行ったら、どんどん水深が増していき、ついにはユニットを超える深さに。流石にヤバいとバイクを担いで前進。タイヤの浮力で少し軽くなって助かった!

うむ、完全にeMTBの運用の仕方を間違えている(汗)

 

朝活BIKE&FISH eMTB SPECIALIZED Turbo Levo SL Comp Carbon 多摩川河原 エリテンで釣れたコイ

その直後に巨大なコイがルアーで釣れました。流石にデカすぎてLevoのホイールの上には乗せられなかったですね。

ShinMOZUマットクリアーとeMTBのSPECIALIZED Turbo Levoで朝活BIKE&FISHRiders-Diary

TUBAGRAの国産26インチホイール対応ストリート・ダートジャンプ用MTBフレーム「ShinMOZU」特色マットクリアー即納できます。

shinMOZU

圧倒的なフロントアップ〜バニーホップのしやすさ。気軽にできる回転系トリック。エアートリックの決めやすさが特徴です。

 

shinMOZU

実はヘッドチューブが今回より新デザインとなりました。

 

shinMOZU

近々TUBAGRAのフレームラインナップを一部リニューアルする予定なので、この価格で買えるのはこれが最後になります。

ご興味のある方は是非ご検討ください。こちらからご購入できます。

在庫は写真のこのフレーム1本のみで、他はケーブルガイド付き(マットクリアー)が板橋区のプロショップ「Sportsbikeshop Biking(スポーツバイクショップ バイキング)」にあるのみとなっています。

 

 

サスフォークをオーバーホール中で乗れなくなったcroMOZU275のかわりに、もう1台の愛車であるeMTBのSPECIALIZED Turbo Levoで日課である朝活BIKE&FISHをしてきました。

雨ザーザーの中、朝3時半に多摩川河原に出撃!eMTBだけあり移動が楽なものの、打つスポット打つスポット全然出ない。

朝活ZBIKE&FISH eMTB SPECIALIZED Turbo Levo SL Comp Carbon 多摩川河原

そうなると、何が何でも釣るために一番ハードな藪こぎスポットを奥まで奥まで行くことに。そこは背丈程ある藪が生い茂り、この雨で増水していて辺りは水浸しです。

このすぐ横に水鳥が死んでプカーとなっていたので鳥の出汁付きとなりました。

 

朝活ZBIKE&FISH eMTB SPECIALIZED Turbo Levo SL Comp Carbon 多摩川河原 エリテンで釣れたシーバス

強い雨に打たれながら、考えられるポイントにルアーを打っていくと、まさかの足元からシーバスが飛び出てきてルアーを喰った!

絶対にバラさないように対応しランディングしたシーバスはゴン太の60cm。決して大きくはないけれどナイスファイターでした。

ここまで来るのにすっごく大変だったので、全てが報われたようで本当に嬉しかったです。

 

このLevoは今までできるだけキレイに乗っていて、今回釣った魚もホイールに乗せないつもりでしたが、この段階で「もういいや」と。

 

本当の地獄は帰りのルートでした。

朝活BIKE&FISH eMTB SPECIALIZED Turbo Levo SL Comp Carbon 多摩川河原

川岸から河原ダートまでを18kgのLevoを押し上げなくてはいけなく(eMTBとしては激軽な部類だが)、とにかく深い藪がそれを拒み、開けた場所まで到達する労力はこれまた半端ないものに。

 

朝活BIKE&FISH eMTB SPECIALIZED Turbo Levo SL Comp Carbon 多摩川河原

相当頑張って引き剥がしたけれど、まだこんなに絡みついています…(汗)

 

朝活BIKE&FISH eMTB SPECIALIZED Turbo Levo SL Comp Carbon 多摩川河原

最後のこいつらがなかなか取れなくて苦労しました。

 

流石にぐったりと疲れたので自宅までの帰り道はご褒美のTURBOモードで。

croMOZU275のサスフォークをオーバーホールに出すのでRiders-Diary

croMOZU275のサスフォーク X-Fusion STREATをオーバーホールに出すこととなり、しばらく乗れなくなるので、今日は近所の多摩川河原で思い切り遊んできました。

河原で遊ぶと言ったらBIKE&FISH!

 

自分のBIKE&FISHのポリシーはなるべく乗車率100%で行くこと。(交通ルールは厳守し他人に迷惑かけない範囲で)

河原ダートから川岸の釣り場までが結構な悪路で、それを徹底するとなかなかの難易度だったりして、対トレイル練習にはもってこいなのです!

多摩川河原 BIKE&FISH croMOZU275 ダートコース

土手の上り下りは基礎練習みたいなもの。(※土手の下りでは雑なブレーキ厳禁。法面を削らないように!)

ルアーロッドを片手に持っていても、しっかり前後のブレーキをかけられます。

 

そして日常的に行っている渡河のシーンを自撮りしてみたら意外とエグかった…

多摩川河原 BIKE&FISH croMOZU275 ダートコース 川渡り

こんなに浸かっていたのか…。これを2年半続けてりゃクロモリフレームも錆びますね(汗)

 

今日はオイカワ釣りをするので、開けたスポットに到着。

多摩川河原 BIKE&FISH croMOZU275 オイカワ釣り

こういった場所だと虫刺され・毛虫などを気にしない服装でも大丈夫だから身軽で良いです。

ナマズやシーバス狙いだと背丈程ある雑草の中を藪こぎする必要があって、真夏でも長袖長ズボン必須。暑くても肌を露出はできる限り避けます。

 

FULLCLIP SHIBORI シボリ

毎日のBIKE&FISHはFULLCLIP製 特殊素材のショルダー巾着「SHIBORI(しぼり)」が最高にマッチ

 

今回のBIKE&FISHの狙いは婚姻色が色濃く出て顔にイボイボのある立派なオスの「追星オイカワ」を毛針で。オイカワ釣りは2年目ですが、未だに釣れたことがないのです。

多摩川河原 BIKE&FISH オイカワ釣り

追星オイカワは従来の個体よりも一回り以上大きいので、今まで使っていた小さな毛針でなく、そこそこ大きな毛針を使ってみることに。するとアタリは1/10に激減したものの、喰ってくる個体は全部大きくなりました!

 

多摩川河原 BIKE&FISH croMOZU275 オイカワ釣り

そして追星の特徴である、顔にイボイボが出始めの大きな1匹が釣れました!ようやく!とても嬉しい!!

キレイで立派な個体が釣れ、満足したので撤収です。

 

スポットから自宅までの途中、河原にある盛土(野球場に横に置いてある補修用の土置き場)を使ってバニーホップで飛んでみました。一切路面はいじらずあるがままの状態なので、決して飛びやすくありませんが、何とかバニーホップのタイミングを合わせて高く飛ぶための試行錯誤を。

多摩川河原 croMOZU275 バニーホップ ストレート刺し

ソールがゴムペラ1枚のウォーターシューズを履いているので、着地の足裏への衝撃が半端ないです。

これが日常なので、自分はピンも含むオール樹脂のペダルを愛用していたり。

 

帰りは土手の道を上っていきます。

多摩川河原 croMOZU275 激坂上り

さすがに直登は土手の雑草が深くて難しいですね。eMTBでも上手く登れません。

 

croMOZU275はやっぱり楽しいな!

 

サスフォークのオーバーホール中、乗れない間はしばらくeMTBのSPECIALIZED Turbo Levoです。

eMTB SPECIALIZED Turbo Levo SL Comp Carbon

釣った魚をホイールに乗せるのは止めておこう。

スマイルバイクパーク・ダートジャンプジャムは8月29日(日)に開催Riders-Diary

緊急事態宣言で延期になっていたスマイルバイクパークダートジャンプジャムは8月29日(日)に開催することになりました。

スマイルバイクパーク SBP ダートジャンプジャム スラロームジャム

詳細は後日ガッツリ告知しますが、以下の内容で盛り上げて行きます。

【午前】
・レベルアップが予想されるキッズクラス
・トリック練習が最近熱いアダルトクラス
・格好良く・エグく走った者が勝つスラローム

【午後】
パンプトラック・スラロームでワイルドボアカップの本格計測会!

 

豪華賞品・賞金もあります!参加を考えているライダーの皆様、お楽しみに!!

 

 

ここのところ梅雨らしい天気でガッツリMTBに乗ることができませんが(スマイルバイクパークのレッスンはまたしてもコースクローズでキャンセル…)、土曜日の午後は少し雨が上がって路面が乾いたので、近所の多摩川河原の公園に息子と一緒に行ってバニーホップ特訓をしてきました。

先週よりコンスタントに決まるものの、リアの浮き具合が低くなり、足がペダルから離れるようになってしまいました。

ここからどう矯正して行ったものか…?悩みますね。

 

息子のバニーホップ特訓後、息子に撮ってもらったcroMOZU275に乗っての縁石バニーホップの写真。

多摩川河原 croMOZU275 バニーホップ ストレート刺し

実際のところ、これはウォーミングアップ時のもので高さもないです。本気で飛んだのはタイミングズレで全てボツになりました。

息子の撮影技術、まだ自撮り撮影機器の性能を超えておらず(泣)

 

 

連日の雨天ですが、相変わらず毎日朝活BIKE&FISHは続けています。

朝活BIKE&FISH 多摩川河原 croMOZU275

愛車であるcroMOZU275で雨ザーザーの河原を走りまくり、申し訳ない程に毎日ズブ濡れで乾くことがない有様…。

 

朝活BIKE&FISH エリテンで釣れたシーバス

それでも毎日シーバスや…

 

朝活BIKE&FISH エリテンで釣れたナマズ

ナマズが釣れちゃうから止められないんですよね。今のところ3週間くらい凸無しです。

Sportsbikeshop Bikingに納品してきましたRiders-Diary

先日、サタジュクでお馴染み佐多さんが東京都板橋区にオープンした「Sportsbikeshop Biking(スポーツバイクショップ バイキング)」に納品のためお邪魔してきました。

Sportsbikeshop Biking TUBAGRA取り扱い販売店紹介

普段、トレイルでお会いする佐多さんは、お店ではとても忙しそうにされていました。

お店が賑わっているのは良いことですね!

近頃は通りがかりのローディや近所のMTBライダーたち(ストリート勢も!)、はてはバイクトラブルで飛び込みのウーバーイーツの方など、環状七号線の通り沿いという立地条件から、多岐にわたるお客さんがいらっしゃるそうです。

 

Sportsbikeshop Biking TUBAGRA取り扱い販売店紹介

TUBAGRAブースも非常に充実していて、だいたいのパーツ、フレームを実際に手にとってご確認いただけます。

 

新MOZU shinMOZU

現在、Biking特注のShinMOZUフレームも展示中ですので、是非足をお運び直接ご覧ください!

 

MURAMASA BAR 2inch 2インチライズ 29STEM スペシャルセット

そして今、TUBAGRAで一番売れている!MURAMASA BAR 2インチライズと29STEMのお得なセットも取り扱っていただいております!100mmストロークサスフォークを入れたダートジャンプバイク、アルミハードテイルのトレイルバイクの乗り味をマイルドに、フロントアップを楽チンにしてくれるので、是非お試しください。

 

Sportsbikeshop Biking TUBAGRA取り扱い販売店紹介 FULLCLIP

アウトドア・フィッシングバッグやカジュアルバッグを製造しているブランド「FULLCLIP」のバッグやアパレルもかなりの量・種類が展示されています。

Sportsbikeshop Biking FULLCLIP

特にFULLCLIPのオリジナルプリントTシャツは1点モノが多く、FULLCLIP本家Webサイトにも載っていないデザインもあるとか。夏に向けてお気に入りの一着を見つけてみては?

 

Sportsbikeshop Biking パンク修理講習会

閉店後にはチューブ交換やフィッティングの講習会が開催。見ての通り大盛況だったりと、ソフトの面も非常に充実していますね。

 

今週末は雨の予報が出ていて、もしかするとフィールドにMTBで乗りに行くことは難しいかも知れません。そんな時は、是非Sportsbikeshop Bikingに足を運んでみてください。面白いことが待っているかも…。

 

 

Sportsbikeshop Biking(スポーツバイクショップ バイキング)

住所:〒174-0073 東京都板橋区東山36-3 ティーキューブ101
TEL:03-6905-8198
FAX:03-6905-8199
メールアドレス:biking@kkmatsushima.com

営業時間:11:00〜19:00
定休日:水曜日 イベント時
駐車場:提携するコインパーキングあり(クルマで来られる場合は事前にご連絡ください)

覚醒しつつある周囲のライダーたちRiders-Diary

近頃雨ばかりですが、ここに来てようやく梅雨らしい天気になったと言えますね。

朝活BIKE&FISH 多摩川河原 croMOZU275

日課である朝活BIKE&FISHもだいたい雨の中、もしくは雨が降っていなくても、雨上がりのウェット路面で行うシーンが殆どとなりました。なので、愛車であるcroMOZU275もだいたいズブ濡れ状態です。(そりゃあ錆びますよね…)

 

多摩川河原 croMOZU275 バニーホップ ストレート刺し

平日でも比較的混んでいるウチの近所の多摩川河原ですが、さすがに雨の日は人もあまりいないので、思い切り飛び走ることができます!

メットのバイザー裏にサドルの先端が突き刺さるのが、自分のストレート刺し成功のサイン。

 

多摩川河原 croMOZU275

けれど5分乗っただけでタイヤがこんな状態に…(泣)

 

 

先日、スマイルバイクパークに行ったら息子のことを慕ってくれているMちゃんもいて、息子と一緒にパンプトラックでトレイン。

スマイルバイクパーク SBP パンプトラックを走るモモちゃんと叶大 koMOZU

息子はいっちょ前にMちゃんにパンプトラックのコツを教えていました。

 

スマイルバイクパーク SBP パンプトラックを走る叶大 koMOZU

その流れで自分のフォームも洗練され、プッシュプルの動きが鋭くなって、過去最高の速さに。うん、とても良い傾向です。

 

スマイルバイクパーク SBP 4連ジャンプと飛ぶモモちゃん

そしてMちゃんはジャンプにもトライ。(これは息子でなく私がアドバイスしました)するとちゃんとリップを踏み切れ、宙に浮くようになりました。凄い進歩です!

 

スマイルバイクパーク SBP 4連ジャンプを飛ぶ叶大 koMOZU

一方、ウチの息子は相変わらずジャンプは1個目は飛びきれるものの、ノーズダイブの動きが全くできていなく、2個目の飛距離が全然伸びません。うーむ、どこで教えるべきか。

 

また、常連キッズライダーのR君がジャンプで覚醒。いきなりリップの踏み切りができるようになり、安定して飛べるようになっていました!

スマイルバイクパーク SBP 4連ジャンプを飛ぶリク君

しかも2個目のコブを結構な高さで飛んでいます。ここまで飛べると、早い段階でノーズダイブを覚えないといけませんね。

 

スマイルバイクパーク SBP 4連ジャンプでノーフットをする常連ライダー

さらに先週、ワンフット覚えたてで少々たどたどしかったスマイルバイクパーク常連ライダーの方が、いきなりノーフットをマスターし、しかも安定メイクできるようになっていて驚き!

 

スマイルバイクパーク SBP 4連ジャンプでX-UPをする常連ライダー

常連ライダーたちは最初は29や27.5インチホイールのMTBでしたが、徐々に26インチのダートジャンプバイクに乗って、いつしかみんなエアートリックにトライし始めています。凄く楽しい状況になってきました!

 

 

近頃の朝活BIKE&FISHではナマズが全然釣れません。一時期はナマズばかり釣れてちょっと飽きていたのに、今ではナマズが恋しくて仕方がないです。

朝活BIKE&FISH ジグヘッドワーム シャッドテールワームで釣れたシーバス

代わりに絶好調なのがシーバスのボイル打ち。水に浸かって気配を殺し、ボイルが出た瞬間にささっと仕留めるのが最高に快感で楽しい!

今季のシーバスはほとんどボイル打ちで釣ってるなぁ。

このWebサイトで紹介している画像や動画を使用するのは構いませんが、営利目的で使用される場合はご連絡ください。
ライディングの際はそれぞれの判断でプロテクターを装備しましょう。
このWebサイトで紹介しているライディングを真似して怪我をされても当サイトは責任を取ることはできませんのでご了承ください。

Copyright © 2021 by Street MTB Team TUBAGRA