SILKYPIX Presents MTBストリートとは?

TUBAGRA

MTB(マウンテンバイク)チーム TUBAGRA(ツバグラ)にようこそ。
このホームページではMTBでストリートやダートジャンプ、スケートパークの乗り方を紹介しています。
MTBのトリック講習会、コンテスト、デモショーの企画も行います。お気軽にお問い合わせください。
バニーホップがしやすいストリート専用フレームMOZUの開発〜販売も行っています。

AKIRA's Down Rail D-Peg Grind Coverphoto Gallery

AKIRA's Down Rail D-Peg Grind

TUBAGRA/driveライダー達が乗っているフレームはこちら24・26インチストリート/トライアルホイールはJBPまで!裏山ライドTokyo

Topics

ルアーで釣る多摩川のスモールマウスバスRiders-Diary

昨日の投稿で「明日の朝は釣りは一休みして…」と書きましたが、すみません!新しく買ったルアーを試したくて、今日も朝活BIKE & FISHしてしまいました…m(_ _)m

TUBAGRAじゃなくてTURIGRA(ツリグラ)に改名したら良いんじゃ?」なんて言われるくらい毎日釣りづいていて、本当に申し訳ないです。MTBネタもバッチリ入っているので、どうか読み続けてください。

 

購入したルアーはミニワーム、JACKALL(ジャッカル) ルアー フリックシェイクの、2.8インチ(約7cm)。カラーはできる限り本物のミミズに近そうなエビミソレッドフレークを選択しました。

JACKALL(ジャッカル) ルアー フリックシェイク 2.8 エビミソレッドフレーク

コイ用釣り針(8号)に付けるとこんな感じ。スゴイ!パッと見は本物のミミズじゃないですか!

JACKALL(ジャッカル) ルアー フリックシェイク 2.8 エビミソレッドフレーク

早速、魚がいそうなスポットに投入してみたところ… ミミズを使っている時とあまり変わらない頻度で小〜中サイズのスモールマウスバスが寄ってきて食いました。

が、ミミズだと一発でガッツリ食うので、食ったタイミングで合わせてもフッキングするのですが、このワーム=フリックシェイクでもそのタイミングで合わせると、バスの口からすぐに外れてフッキングしませんでした。

どうも、フリックシェイクの場合、合わせるタイミングはちょっと遅らせて完全に食わせてからフッキングした方が良いみたいです。

 

30分くらい経って何となく合わせのタイミングやアクションが分かってきた頃に、あっけなく10cmちょっとのスモールマウスバスが釣れました。

JACKALL(ジャッカル) ルアー フリックシェイク 2.8で釣れたスモールマウスバス

余計なアクションはせず、素直に魚がいそうな場所に沈み込ませて軽くしゃくり、再び沈み込ませる、を繰り返すのが最良パターンでしょうか。

 

続いて25cmのスモールマウスバスも釣れました。

JACKALL(ジャッカル) ルアー フリックシェイク 2.8で釣れたスモールマウスバス

実はこの魚を釣り上げるシーンを、今度作る映像作品用に動画で撮っていたのですが、撮れた映像をチェックすると、思い切りピンぼけだったことが判明。

「これじゃ使い物にならない!」

と、もう一度撮り直しで再び釣りを始め、その1〜2分後に釣れたのが、下の30cmのスモールマウスバスです。

JACKALL(ジャッカル) ルアー フリックシェイク 2.8で釣れたスモールマウスバス

ようするに、このワーム=フリックシェイクはメチャ釣れます。下手なミミズよりも安定して釣れるかも知れません。

唯一の弱点と言えば、フッキングして暴れるバスの衝撃で、毎回フリックシェイクがちぎれてどこかに吹っ飛んでいくことですね。1匹良サイズが釣れたら高い確率でフリックシェイクは消失し付け替えになります。

 

朝7時近くなり、日差しが強くなり暑くなってきたので帰ることにしました。

45分間釣りをして、そこそこのスモールマウスバスが3匹釣れたのですから大満足です!

明日、釣りをするとしたら、まったく違うスポットに行こう。この場所は十分釣ってしまったので(5日間で10匹)、新しいスポットを探したいと思います。

 

 

釣りの帰り道、家から徒歩3分にある近所の河原に、地形が緩いRになっている箇所を見つけました。早速YAMADORI 1st 26で突っ込んでみると、バニーホップを入れれば何とかふわっと飛べる感じです。

とりあえず、カメラを正面に置き、ウィップをして自撮りをしてみました。

MTB マウンテンバイク YAMADORI 1st 26 モトウィップ

ぶっちゃけ、撮影機材や釣具満載のバックパック beruf baggage Mountain BackPackを背負っているので、アクションは決してしやすくはないものの、そこそこバイクは傾いたのではないでしょうか?

明日はSHAKAで飛んでみよう。SHAKAならもっといろんなことができるハズです。

 

MTBではありませんが、温泉を目指して男女3人のライダーが240kmの距離を自転車で走る動画です。キレイな映像と巧みな編集に加え、彼らが背負っているバックパックがいい感じ。バイクパッキング大流行の昨今でこのスタイルは貴重です。(バックパック派の自分にとっても共感できる!)

ミミズで釣る多摩川のスモールマウスバス 2Riders-Diary

昨日に続いて5時半に起きて朝活BIKE & FISH。YAMADORI 1st 26に乗って自宅から4kmの距離にある多摩川河原の某スポットに向かいます。

途中、釣りのエサに使うミミズを拾っていくのですが、特に今朝はミミズが地表に出でて干からびて死にまくっていました。場所によっては足の踏み場に困るくらいに。何が原因なんでしょう?日中の強烈な日差しで土の中が暑くなり過ぎて、ミミズが我慢ができずに地表に出てきちゃうのでしょうか?そして干からびて死ぬ…と。

ちなみに、エサに使うのはまだ干からびていないフレッシュなミミズです。

河原沿いの小道を進んで行くも、そこも干からびたミミズだらけ。いくら死んでいるとはいえ、踏んづけて行くのはさすがに気が引けるので、視認できる限りバニーホップして飛び越えていきます。こんなところでストリートのテクニックが活きてくるとは…

MTB マウンテンバイク YAMADORI 1st 26 多摩川河原サイクリングロード ミミズだらけの川沿いの小道を行く

大量のミミズをピョンピョンと飛び越して微妙に疲れながら、程なくしていつものスポットに到着。

 

今日は少しスポットをズラし、昨日書いた「ミミズで釣るスモールマウスバスの覚え書き」が他のスポットでも通用するか試してみました。

それにしても、まだ6時くらいなのに暑い!特に朝陽を浴びると暑すぎるので、頭皮の日焼けを防ぐためにOGK KABUTO FM-8を被ったまま釣りをしました。髪の毛があるからと言って何も被らずにいると、頭皮がメチャ日焼けして真っ赤になるので気をつけましょう。

MTB マウンテンバイク YAMADORI 1st 26 多摩川河原サイクリングロード スポットに着いて釣り開始

開始5分くらいでテトラの隙間からヒット!スモールマウスバスらしい、鋭く潜ったり、水面から飛び跳ねたりのファイトが素晴らしいです。

25cmくらいのスモールマウスバスが釣れた

自分は相変わらずかえしを潰した釣り針を使っているため(釣り上げた後にカンタンに口から針を外せるため)、バレないように慎重に魚を引き寄せます。

昨日釣ったサイズと同じ25cmくらいの、黄色みの強いスモールマウスバスでした。

25cmくらいのスモールマウスバスが釣れた

うむ、問題無く釣れたので、昨日の覚え書きの内容は間違っていないみたいですね!

 

引き続き、少しスポットをズラしてトライすること15分くらい。ミミズをギリギリ目視できる深度から、35cmはあるスモールマウスバスを釣り上げました。

35cmくらいのスモールマウスバスが釣れた

自分が今までブラックバスも含むバス類で釣り上げた中で3番目くらいの大きさです。(一番大きかったのは30年以上昔に、多摩川でスピナーベイトで釣った40cmのブラックバス)

さすがにフッキングした後のファイトは重く激しく、釣り上げるまでに3分はかかってしまいましたね。

 

この35cmのバスを釣り上げた段階で今日はかなり満足してしまったので、残りのミミズで帰る時間まで色々と実験をしてみました。

ミミズを3〜4cm大に小さくカットしてチョン掛けで使ってみると、沈んでいく時に10cm以下の小バスが寄ってくるものの、目の前にするとミミズが短すぎてユラユラ感が出ず、アピール度が足りないのか食わず。
水底に着けると10cm未満のハゼ科のヌマチチブ?が寄ってくるので、それに食わせようとするもミミズが大きすぎるみたいで釣れず。うーん、難しい!

そして、20cmの大ミミズを丸々1本使ってみると、バスは一切近寄ってこなくなりました。25cm級が数匹見える中にノーシンカーで落としこんでも、まったく見向きもしません。釣り針からミミズを外し、そのまま落としこんでもスルー。まだ針を刺していない、元気な大ミミズを落としこんでも同じようにスルー。

うーん、これはどういうことでしょう?単純にこのサイズの大ミミズには危険な何か?を感じたりするのでしょうか?

 

何はともあれ、ミミズでスモールマウスバスを釣るには、中〜大ミミズを半分にカットして使うのが一番みたいです。

 

さて、ミミズを使った釣りでは、1時間未満の短時間でも安定して釣れることが分かりました。(4日間通って毎日釣れて合計7匹)なので、次はルアーで頑張ってみたいと思います。ミミズを使った釣りから得られた自分なりの見解が通用するか、とても楽しみ!!

 

あ、明日の朝は釣りは一休みして、MTBストリート練をメインに行いたいと思います。

ミミズで釣る多摩川のスモールマウスバスRiders-Diary

土日の(主に育児)疲れが貯まった月曜日はまったりゆるくスタート。

まずは朝活BIKE & FISH。5時半にYAMADORI 1st 26で家から4km先の多摩川河原のスポットへ、景色を見ながらリラックスして走って行きます。

MTB マウンテンバイク YAMADORI 1st 26

寄り道してMTBの撮影をしながら25分ほどでスポットに到着。

多摩川は土日祝日は大量のアングラー(釣り人)が限られたスポットに入れ替わり訪れルアーを投入しまくるため、魚は相当にスレてルアーで釣るのはかなり困難と思われます。(上手い人は関係無く釣るのでしょうが…)

なので、今日は時間もあまり無いし最初からミミズを使って釣りをスタート。

自分は先日釣ったこともあるし、それほど「釣るぞ!」という意志は強く持たずに、むしろ、今後のために周囲の他の魚の状況や、エサのミミズに対してのバスの反応をじっくり観察することがメインという心持ちでした。

そして20分くらい続けたところ、何と先日と同じ25cmくらいのスモールマウスバスがヒット。

25cmくらいのスモールマウスバスが釣れた

今回のは身体のトラ模様が前回のよりも濃くて、スモールマウスらしくて格好良かったです。

やっぱりスモールマウスバスはサイズの割にファイトが鋭く強力で釣り上げるまでがとても楽しいですね。かえしを潰した釣り針を使っていることから、ちょっと気を抜くとすぐに針を外されてしまうため、釣り上げるまでの緊張感はかなりのものでした。

 

まだ語るには早いかも知れませんが、覚え書きも兼ねて、ミミズを使った目視による多摩川のスモールマウスバスの釣り方(チョイスするミミズのサイズや針の付け方など)を記載したいと思います。これはもちろん他のスポットや、ブラックバスやブルーギルにも通用するかも知れません。

ブラックバス スモールマウスバスのミミズを使った釣り方

※ブルーギルの場合は口が小さいので、もっとミミズを小さくする必要があるかも…

誘い方としては、魚のいそうなスポットに静かにミミズを投入し、ノーシンカーでゆっくり魚のいる層まで沈め、反応が無ければまた20〜30cmほど浮かせて、また沈める、を繰り返します。たいてい、沈んでいく瞬間、水の流れに舞いユラァとなった時に魚は食ってきます。

魚がミミズの前で止まり食べるか悩む場合がありますが、一度そうなると、ミミズに細かなアクションを加えて誘おうとすると、魚が驚いて行ってしまいます。そういった時は10秒くらい何もしないでじっと耐えると食べてくれるかも知れません。そして、駄目だったら素直にもう一回ミミズを浮かせましょう。

魚がミミズを咥えたら、確実に針まで食い込んだことを確認し、一呼吸入れてロッドを立ててフッキングします。

後は魚が暴れて針を外されないように注意して、慎重に釣り上げてください。

 

朝活BIKE & FISHから帰宅後、急いでバイクをSHAKAに替えて再び近所の多摩川河原の公園へ。乗る時間が10分くらいしか無かったので、バニーホップバースピンを5回と、バニーホップロックウォークを10回しました。

MTB マウンテンバイクSHAKA 多摩川河原サイクリングロード バニーホップロックウォーク ギャップ超え

バニーホップロックウォークは平地だけだともの足りないので小さなギャップで行いました。進入路が狭いのでメイク率が途端に落ちますが、なんとか時間内に成功させて急いで帰宅。

月曜日のスタートとしては悪くない内容でしたね。

猛暑のインバート特訓Riders-Diary

今日も暑かったですね。奥さんが昨夜からクラブイベントに参加で早朝帰宅のため、息子の世話で今日の朝活BIKE & FISHは中止。

朝9時に奥さんに息子の世話をバトンタッチし、数時間だけ世田谷公園SLスケートパークに行ってきました。午前中の早い時間にも関わらずかなりの暑さの上に、乗って早々にリアタイヤのパンク、チェーン切れがあってテンションだだ下がりでしたね。

それでも、乗れる時間は限られているので、やることを決めて集中し何とか乗り切りました。

とりあえずはこのパークの小さいRでどれだけインバート(テーブルトップ)を入れることができるかトライ。自撮りで毎回どれだけ入ったか角度を確認します。

サモインバートテーブルトップ世田谷公園SLスケートパーク

去年のインバート写真(↓)と比較すると明らかに今日の方(↑)が入っているのですが、写真的な良さでは去年の方がなんか勝っていたという… 顔が見えているか否か、という要因もあるのでしょうか?

サモの過去2014年のインバート

今年中にまた何回かトライしてみよう。もっと入る気がするんですよね。

 

今日、パークでご一緒したタイワさんのバンクtoバンクのオーリー。

スケートボーダータイワさんのバンクバニーホップ

LINEのふるふるで連絡先を交換しあったハズが、どうもタイワさんが僕のアドレスを登録する前に画面閉じてしまったようで、この写真送れず終いでした。次に会った時にこの写真を渡そう。

 

11時半には家に戻って、再び奥さんと息子の世話をスイッチ。

夕方に息子を連れて代々木公園に行き、渋谷のクラブイベントに参加していた奥さんと合流し、中学の頃の同級生がオーガナイズしている 代々木公園フェス/ カリブ・ラテンアメリカストリートに遊びに行きました。夕方だとだいぶ涼しくて過ごしやすいですね。

家族で夕方から「代々木公園フェス/ カリブ・ラテンアメリカストリート」に行ってきました

そこでは20年以上ぶりに会う中学校時代の友人たちとたくさん会って話をすることができ、さらに息子と奥さんも披露することができて大満足。

気がつけば、家族の足元はみんなTEVAのサンダルでした。

家族全員Tevaサンダル

過去にTEVAにはMTBシューズでたくさんお世話になった、ということはさておき、夏はサンダルが過ごしやすくて良いです。ちょっとした水の中にもジャブジャブ入っていけるし!

順調だった朝活BIKE & FISHRiders-Diary

いつも通り朝5時台に起きてYAMADORI 1st 26に乗り、家から4km先にある多摩川河原のスポット(釣り場)に行きました。

途中、スポット近くの河原の土手からバニーホップドロップをするシーンを撮影。

MTB マウンテンバイク YAMADORI 1st 26 土手バニーホップドロップ

それにしても朝早いにも関わらず、湿度や気温は高く暑いです。スポットに到着する頃には汗が止めどなく流れ、着ていた服は一部びっしょりになっていました。

 

スポットに着くと、目の前で水面近くを泳ぐオイカワの群れがバス?に追われて逃げ惑っていました。チャンス!と思って急いでオイカワカラーのミノー(小魚型のルアー)を投入するも、まったく反応無し。何故だー!?

仕方ないので、小さなワームに切り替えてテトラの隙間をじっくり地味に攻めると… 前回釣った同じサイズの小さなスモールマウスバス(7〜8cm)が食った!が、明らかにチョイ噛みで、この段階で合わせても絶対に釣れないです。なので、完全に食い込むまで待ったのですが…吐き出したー!!!!(泣)

そこから30分以上、地味〜にミニワームで攻めまくりましたが、一度もバズが食ってくることはありませんでした。

帰る時間が近づいてきたので、このスポットに来る途中に拾ってあったミミズをコイ針に付けて足元に投入したところ、まさかの一投目で釣れました。25cmのスモールマウスバスが!

25cmくらいのスモールマウスバスが釣れた

ミノーやワームであれだけ苦労して釣れなかったのに、ミミズ一匹でこんなに簡単に釣れてしまうなんて…

まぁ、でもこのサイズのスモールマウスバスになるとファイトはさすがで、釣り上げるまでにたっぷり引きを堪能できたので良かったです。

 

今日は午前中に自宅スタジオで知り合いのミュージシャンのアーティスト写真の撮影をし、その後は1日中息子の世話をして過ごしました。

日中は暑すぎるので、夕方涼しくなってから息子を連れていつもどおり近所の河原にサイクリング。途中の河原のグラウンドで東海道新幹線を見てテンションを上げる息子です。

多摩川河原で新幹線を見る叶大

夏前半!Riders-Diary

暑いですね!

夏、してますか!?

 

夏らしい新技をやりたいと思い立ち

金玉クラッシュ覚悟でコソコソ練習始めたりしている、夏。

せっかくだから練習風景でもあっぷしよー!と思ったらカメラの設定ミスという痛恨の一撃!

新しいネタは次回に持ち越しとして、夏前半のできごとなどまとめてDON

 

伊東の海までお出かけしまして、海水浴など楽しんだりしていました。

船の上からセレブドボン。

dobon1

 

dobon2

 

海のあとは学生のころ住んでいた秦野にぶらり途中下車

思い出の味、広島風お好み焼きうどん玉をイタダキマス!

soulfood

 

おなかいっぱいになったらレッツ運動!

ということで大根公園へGO!

one1

ゆるめのRに見えてドカンと飛べるいけてるジャンランでドン!

one2

家から5分でこんな環境にあったのが懐かしく、今となってはうらやましい。

宇都宮にもこんな感じのパークできないだろうか・・・

 

さて、最近のムスッコーは

発熱やらかしたり、つかまり立ちからのバックドロップをメイクするなど、

やんちゃに育っております。

musuko

チャリできた!とか言い出しそうなポーズでパシャり。

毎日新しいことが出来るようになる勢いで、父もうかうかしていられません。

秋開催予定のフラワーJAMに向けていろいろ仕込むのだ!

 

そういえば、最近はこんなものが流行つつあるようですね。

20141106_591485

BOUNCE MINI BMX

自転車乗れそうになったら子供用にGet!

して、子供が卒業したらパパのおもちゃになるバイク!

これは非常に欲しい!

ということで、一歳のバースデーにはこれを・・・・・

お子が乗れるようになるまではパパが楽しむことも出来ちゃうぜ。

 

さーて、夏本番も楽しむぞー!

TUBAGRA MOZUフレームをリファインRiders-Diary

現在、TUBAGRAの中でもOPENER(trMOZU)と並んでロングセラーとなっているMOZU(brMOZU)フレームを、基本ジオメトリはそのままで、各部仕様をリファインして再開発しています。

※下は古い仕様のMOZUフレーム。新しいMOZUはヘッドチューブやエンドのデザインが大きく変わる予定です

TUBAGRA MOZU2

大まかに、どこが変わるかと言うと…

・昨今のサスフォークのトレンドに対応し、テーパードヘッドチューブを採用します
・BBシェル幅を73mmに広げて現状よりも太いタイヤをガン詰めで履けるようになります
・26インチホイール仕様(最短チェーンステー長:355mm)のみとなります
・MTBエンド仕様(ディスクブレーキ台座アリ)のみとなります

あと、現状ハッキリとは言えませんが、価格がかなりお求めやすくなります。

 

24インチホイール仕様は無くなりますが、そもそも一般的な24専用フレームよりもリアは詰まっているので、そのまま24ホイールを入れて使ってもまったく問題ありませんよ。TUBAGRAライダーのabeno君はあえて26仕様のSHAKAに24入れて乗っていますし。

BMXハブ入れてグラインドペグ使いたいライダーの方は、SHAKAをお選びください。SHAKAはBMXエンド仕様のみとなっています。

身長150cm前半の非力なウチの奥さんや小学生(高学年)でもヒョイヒョイとバニーホップできるフロントアップの軽さ、寝ぼけていても余裕でバニーホップ180ができる回転のしやすさはそのままです。

そして昨今、国内にパンプトラックやダートジャンプができる施設がたくさんできているので、そんな場所で遊ぶには最適なフレームかと思います。里山ライドやゲレンデDHにももちろん使えます。

さらにMOZUはストリートトライアルにも相性が良かったりします。(ストリートトライアラーの水野君が乗っているフレームはMOZUがベース)
秋ごろまでにテストフレームをお披露目してたっぷりテストし、来年上旬には販売したいと考えていますので、楽しみにしていてください。進捗はTUBAGRAのWebサイトで逐一公開していきます。

 

 

今日はいつも通り朝活BIKE & FISHしましたが、釣りもライディングもパッとしませんでした。両方とも十分な時間が無くて、それぞれ詰め切れなかった、というのが正直なところです。

1日おきに、BIKEとFISHにそれぞれ特化した方が良いのかも知れない…なんて思い始める今日この頃…

MTB マウンテンバイク SHAKA 多摩川河原サイクリングロード

この段差を使ってバニーホップ180を絡めて色々しようと思っていたのですが、今日は撮影できるほど煮詰めることができなかったなぁ…

近日中に何か格好いいことをやれるようになろう。

 

KNS.LoのHIROYA君のインタビュー動画が面白いです。彼の乗るフレームやMTBストリートを始めたキッカケの話しなど。

今年のPEDAL DAYの開催場所と日程の発表Riders-Diary

昨夜は会社を出た後に息子を保育園でピックアップし、いつも通り帰宅。家族で夕飯をとって息子をお風呂に入れ終わった後、家から5.5kmくらい先にある二子玉川公園へYAMADORI 1st 26に乗って行きまた。夜の公園はイチャイチャカップルだらけでしたねぇ…

MTB マウンテンバイク YAMADORI 1st 26 多摩川河原サイクリングロード 二子玉川公園

そこで、PEDAL DAYで毎年お世話になっている方と合流し、近所のファミレスに移動して今年のPEDAL DAYの打ち合わせ。
ハイ!そんな訳で、今年もPEDAL DAYが開催され、その中でバニーホップコンテストをやらせていただくことになりました!

今回も、ぶっ飛びが凄まじい「バンクバニーホップコンテスト」です!去年開催した時の写真はこちら

 

PDAL DAY 2015 バンクバニーホップコンテスト

開催日:8月23日(日)
開催場所:表参道の国連大学敷地内(例年の代々木公園から場所が変わっています!ご注意ください)
開催時間:日中〜夕方(詳細は後日発表します)

これに伴い当初8月23日に予定していたフラワートレイルのJAMは延期とさせていただきます。後日日程を発表します。

表参道にある国連大学

去年、バニーホップ講習会を開催した場所ですね。

国連大学の敷地内

バンクバニーホップコンテストはこの場所(↑)で開催されます。周囲を高い建物に囲まれているため、日陰が多く比較的涼しいのがポイントです。

 

何はともあれ、日程は先ほど決まったばかりなので、特設ページなどはまだありません。近日中に作成し、詳細情報も含めて発表したいと思います。遊びに来てくれた人たちが楽しめるような、面白い企画も考えていますのでご期待ください!!

 

PEDAL DAYの打ち合わせから6時間後に、二子玉川公園のすぐ近くにある釣りのスポットに再びYAMADORIで来ました。うーん、ほとんど同じ場所に数時間後に行くのなんか嫌だな…

それはともかく、昨日から朝活BIKE & FISHは、しばらく草食系のコイ科の魚でなく、フィッシュイーター(他の魚を捕食するスモールマウスバス、ナマズなど)を狙うことにしたので、着いてそうそうルアーで釣りをしました。

MTB マウンテンバイク YAMADORI 1st 26 多摩川河原サイクリングロード エサ釣り

ここ数ヶ月、フィッシュイーターが表層を泳ぐオイカワを追い回して食べているシーンを何度も目撃していたので、使うルアーはオイカワカラーの小さなミノーです。

それを、最初はトップウォーター(水面)で逃げ惑うような鋭いアクションを付けたり、弱ってヨタヨタなアクションを付けて誘ってみたものの、まったくアタリ無し。続いてミノーを潜らせて中層を狙うも同じくアタリ無し。

仕方ないので小さなワームにスイッチし、足元に沈んでいるテトラの隙間を狙ってノーシンカーで落としてはしゃくったり、小刻みに震わせて誘ったりすると、小さなバスが寄ってくるのを確認。が、何をやっても食べてくれません。というか、小さなワームに対して寄ってくるバスがさらに小さくて(10cm以下)、ワームに興味はあっても口に入らなくて食べられない、という状況でした。

そんな小バスの近くで、たまーに中サイズ(25cm前後)のバスが見えるのですが、彼らワームにはピクリとも反応しません。

もう、こうなると最後の手段です。スポットに来る途中に拾ってきたミミズを細かくカットし、コイ用の釣り針に付けて投入。これで爆釣だろう!って思ったら大間違い。ただのカットミミズにはバスはまったく見向きもしてくれません。結局、ワームと同じように落としてはしゃくったり、小刻みに震わせたりのアクションを行って、やっと食ってくれました!

釣れたのは8cm前後のスモールマウスバス。

10cm未満のスモールマウスバスが釣れた

目が真っ赤になるまで水中のミミズを凝視しながら細かいアクションを付け続け、ようやくGETしました。あれ?バズフィッシングってこんなに繊細さを要求されるものでしたっけ?

その後、同じ方法で同じサイズのスモールマウスバスを2匹釣り、合計3匹となって、かつて無いほどの釣果だった訳ですが…

うーん、釣れて嬉しいんハズなんだけど、何だこの消化不良感は。

やっぱり、ここまで来るとルアーで中サイズ以上のバズを釣りたいです。だけど、この場所の中バズのスレ具合(警戒具合)はハンパないので、釣れる気がしないのも事実。

何はともあれ、ここ数日は頑張ってみようと思います。

息子と奥さんが北九州から帰ってきましたRiders-Diary

今日の朝活BIKE & FISHでは、いつもの食パンでのエサ釣りは止め、久しぶりにルアーを使ってみました。どうも、足元のテトラの中にバス(ブラックバスorスモールマウスバス、もしくはブルーギル?)がいるみたいで、それをノーシンカーの小さなワームで狙ってみたのです。目視による、今までにない超繊細な釣りです。

およそ45分試行錯誤してみて魚は結構たくさんいることは分かったのですが、落としたワームをつつくものの、サイズが小さすぎてフッキングまではいきませんでした。くっそー!!たまに30cmサイズが横切るので、それが釣れれば一番嬉しいのだけど…

ということで、明日は小さなサイズでも釣れるよう、ミミズを使って狙ってみたいと思います。最近まったく釣れてないので、小さくても構わないから1匹釣りたいです。

 

その後、かなーり身体が熱くなったので、帰り間際に涼みたくてMTBに乗って川に入ってみました。そして、ズブ濡れ覚悟でバニーホップ!!

MTB マウンテンバイク YAMADORI 1st 26 多摩川河原サイクリングロード 川の中からバニーホップ

着地で足元はもとより顔まで水が跳ね返ってきて、案の定ズブ濡れです。まぁ、でも帰りの道(およそ4km)が少しでも涼しくなるからいいのかな?

何はともあれ、明日の釣りが楽しみです!絶対に釣るぞー☆

 

昨夜に奥さんと息子が、奥さんの実家がある北九州から飛行機で帰ってきました。平日の夜遅い便だったので、すでに閑散とした羽田空港にクルマで迎えに行ってピックアップ。息子はすでにグッスリです。

北九州から羽田空港に帰ってきた奥さんと息子

そして朝、数日ぶりに息子と交流します。久しぶりだからこそ、赤ちゃん言葉のバリエーションが増えていることに気が付きます。

数日ぶりに会う息子 朝食を食べています

何はともあれ、息子が身近にいることはとても嬉しいな。

 

モスクワで開催されたスロープスタイルのイベント。相変わらず海外のMTBイベントの規模の大きさには驚きます。それだけシーンが盛り上がっているんだろうな!

EVGENY KURNIKOV | MBG from Kurnikov Evgeny on Vimeo.

 

ニューヨークのブルックリンに作られた巨大なパンプトラックを有するバイクパーク、Brooklyn Bike Parkの造成からライディングするまでの動画です。こんなパークが日本の都市部にできてくれたらどれだけ嬉しいか!

夏バテの兆候と、岡安製作所の試作フレームRiders-Diary

ここ数日、食欲があまりなく水分ばかり摂っています。身体の芯から力も出ないし、これってまさか夏バテですかね?

こんな調子なので、今日は5時に目が覚めたものの、起き上がる気力が無くてベッドの上でウダウダしていました。家を出たのは6時過ぎ。こうなると遠出はできないので、家から3分で行ける近場の多摩川河原で朝活BIKE&FISH。

うーん、足元を60cmオーバーのマルタウグイが数匹泳いでいるのにまったく釣れません。やっぱり近所のスポットは難しいか…。今日のところは釣りはとっとと諦めてMTBで遊ぶことに。

しかし!バニーホップ系は力が入らなくて今日は全然駄目。仕方ないのでカービングターンをすることにしました。

今回はいつもと逆回りで、前回よりも斜度のある草地に当て込むようにトライ。

MTB マウンテンバイク YAMADORI 1st 26 多摩川河原サイクリングロード カービングターン

上の写真を見ると分かりますが、斜面の直前が意外と深い砂地になっており、バイクを傾けて進入するとタイヤが簡単に横滑りすることが判明。これが最初のウチは結構怖く、慣れるまでちょっと時間がかかりました。

慣れると、わざと砂地でタイヤを滑らせて斜面に乗り上げるクイックターン・カービングができて面白いのですが(バンクにリアを当て込むみたいに)、その面白さとは裏腹に、バイクはあまり傾かなかったですね。こんなキツい斜面を活用してバイクの傾きはたった54度です。情けない…

まぁ、これ以上傾けたとしても、出口の砂地でフロントが滑って転んじゃうんですけどね。1回攻めすぎて出口で思い切りフロントが抜け、なんとか転倒は回避。危なく身体の左サイドが擦り傷だらけになるところでした。

 

うーん、次回はどこで遊ぼう。60度以上傾けられる場所はないものだろうか?

 

いつもMOZUフレームシリーズを作ってくれている岡安製作所の岡安さんが、久しぶりにオリジナルのフレーム+フォークを試作。それをfacebookに公開しました。思いの外それが格好良かったので、岡安さんに許可をもらってこちらでも紹介させていただきます。

ディスクブレーキ仕様のロードフレームです。シングルギアで構成されていますね。

岡安製作所の岡安さんが作成したディスクブレーキ用ロードシクロフレーム

ヘッドチューブは、岡安さんが敬愛するTonic Fabricationの過去のフレームデザインをあえて踏襲。

岡安製作所の岡安さんが作成したディスクブレーキ用ロードシクロフレーム

「一度やってみたかった」とは本人の弁。見た目がスッキリしていてかなり格好いいです。

エンド形状は無骨でYAMADORIにも通じるところもあり、いかにも「岡安製作所」らしい作りとなっています。

岡安製作所の岡安さんが作成したディスクブレーキ用ロードシクロフレーム

ディスクブレーキ台座は内側にあります。そのお蔭で、無骨ながらも見た目はかなりスッキリしていますね。

岡安製作所の岡安さんが作成したディスクブレーキ用ロードシクロフレーム

そんな、岡安製作所のオリジナルのこのフレーム+フォーク。

「タイヤは700c×25cを想定していて28cも何とか入る」

「埼玉河川敷仕様フレーム」

ということだそうです。

「販売するかは分からない」と岡安さんは言っていましたが、もし興味のある方はこちらより連絡してみてください。

このWebサイトで紹介している画像や動画を使用するのは構いませんが、営利目的で使用される場合はご連絡ください。
ライディングの際はそれぞれの判断でプロテクターを装備しましょう。
このWebサイトで紹介しているライディングを真似して怪我をされても当サイトは責任を取ることはできませんのでご了承ください。

Copyright © 2015 by Street MTB Team TUBAGRA