SILKYPIX Presents MTBストリートとは?

TUBAGRA

MTB(マウンテンバイク)チーム TUBAGRA(ツバグラ)にようこそ。
このホームページではMTBでストリートやダートジャンプ、スケートパークの乗り方を紹介しています。
MTBのトリック講習会、コンテスト、デモショーの企画も行います。お気軽にお問い合わせください。
バニーホップがしやすいストリート専用フレームMOZUの開発〜販売も行っています。

drive rider AKIRA bunny hop Sanuk Coverphoto Gallery

drive rider AKIRA bunny hop

TUBAGRA/driveライダー達が乗っているフレームはこちら裏山ライドTokyoSILKYPIX

Topics

今が試練の時Riders-Diary

息子が羽田空港にある保育園「アンジュ」に通いだしてから3週間が経ちました。おかげ様で全然順風満帆ではなく、先週に鼻風邪をもらってきて、今週は胃腸の風邪をもらってきました。まさに集団生活の洗礼を受けまくりです。

体調不良の叶大

なので、息子は現在、嘔吐と下痢を併発しており、まともに食事ができない状態となっています。そして先日、奥さんが保育園に息子を連れて行く途中、空港のど真ん中で盛大にマーライオンをやらかし、夫婦で仕事のスケジュールを駆使しながら自宅療養となりました。

羽田空港にある保育園アンジュからの風景

と、ここまでは何とか対応できていましたが、息子の胃腸の風邪が自分と奥さんにも伝染り、現在、自分たちも下痢と嘔吐感に苦しめられています。おかげで何も食べ物を口にできず、胃腸の痛みに加え関節痛も来て、もがき苦しみながら会社で仕事をしていますね。ああ、早く仕事を終わらせて家に帰りたい…(泣)

明日、秋ヶ瀬の森バイクロア4だけど、自分は行けるのだろうか?メチャ早く起きないといけないのですが…

 

そんな状態では今日は朝練もできるハズもなく、下は昨日の朝練の様子になります。

Masao Naitoさん(@tubagra)が投稿した動画

特に進展もなく、バニーホップバースピンは安定しているものの、バニーホップロックウォークは相変わらずモッサリ回転。

真剣に、クイックにフロントを上げての回転を行う「フロントアップ180」の練習をした方が良い気がしてきました。だけど、いまいちフロントアップ180のカタチができないんですよね… やりようがない!

 

MAZDAが新型車、コンパクトSUVのCX-3を発表しました。デザインは思い切り今年発売されたDemioを踏襲していますね。

MAZDA CX-3

サイズは、全長:4300mm、全幅:1765mm、全高:1550mm(CX-5は全長:4540、全幅:1840、全高:1705) という感じで、見事に自分も今乗っているCX-5を一回り小さくした感じです。需要はあると思います。

MAZDA CX-3

搭載されるエンジンは、1.5Lクリーンディーゼルの「SKYACTIV-D 1.5」ディーゼルモデルで(普通のレギュラーガソリンモデルもある?)JC08モード燃費は27km/Lとのこと。さすがにCX-5と比較して車重が軽いし、エンジンの排気量も小さいので燃費が良いですね。しかも使用するのがダントツに安い軽油だから、メチャ経済的だと思いますよ。

 

CX-3が発表されたタイミングで、愛車であるCX-5のマイナーチェンジも発表されました。

MAZDA 新型 CX-5

機能など細かくグレードアップされているのですが、自分はデザインに着目します。フロントマスクがATENZA〜AXELA〜Demioの流れを踏襲したデザインとなりました。それとアルミホイールのデザインもDemio譲りの凝った造形に。

最初このフロントマスクのデザインを見た際に「羨ましい〜!自分もフロントだけ変えたい!」なんて思いましたが、落ち着いて見てみると、「これならKenstyleのフロントガーニッシュ付けた自分のCX-5(↓)の方が格好良くない?」となり「別にいいやー」と思い直しました。

サモのMAZDA CX-5 Kenstyle ケンスタイルカスタム

あ、でも新しいホイールは格好いいので入れ替えたいです。

 

とりあえず、身体中が痛くてツライので早く家に帰って寝たいです。この調子だと、明日の秋ヶ瀬の森バイクロアには何とか行きますが、3連休は息子と一緒に寝て過ごすことになりそう…。うーん、悲しいなぁ。

24インチプチファット(開発ネームPFM)は、製品名 “YAMADORI”へ。Riders-Diary

こんばんは、jinkenです。

先日の投稿で、24インチプチファットの新しい試作フレームが完成、という内容をUPしました。

そのフレームが組み上がり、現在乗り込みながら最終チェックをしています。

IMG_8426th_

初回の試作フレームからジオメトリを若干修正し、より素直で乗りやすく、曲がりやすくなっています。

IMG_8424th_

ちょっとコンパクトになった印象ですね。

ヘッドチューブを少し長くし、またフロントセンターは若干詰めました。

10mm程度の修正なのですが、これがまた、劇的に乗りやすくなりました…本当に自転車っていうのはこれだから面白い。

BBは変わらず5mmUPですが、ホイールが小さめで重心は低く、ショートリアセンターと相まって非常に乗りやすいです。

 

IMG_8425th_

特徴的なリアエンドの造形も強さとしなやかさのバランスに貢献しています。

IMG_8441th_

左側からだとこんな感じ。

IMG_8427th_

トライアルクランク&ガードで使用することを推奨しています。

(一般受注開始時には、このあたりも推奨パーツをセットでご紹介 & JBPで販売できるようにします)

IMG_8428th_

シングルスピードで前後とも小さい歯数で組むとバッチリ。

シンプル&クリーンなドライブトレイン。

 

IMG_8433th_

フレームのガセット(補強)は現在までのTUBAGRAのフレーム製作のノウハウを活かした形状で。

IMG_8432th_

シートは30.9mm対応なので市販されている多くのドロッパーシートポストが使用可能になりました。

IMG_8429th_

(HOPEのリアハブ(80ノッチ)はやっぱ最高。)

 

IMG_8438th_

前回の試作フレームから、エンドのデザインも若干変更しています。

ディスクブレーキ、リアも180mmで使えます。

IMG_8442th_

リアのつまり具合はこんな感じ。

クリアランス的には24×3.0インチのタイヤでも余裕がありますね。

 

IMG_8437th_

厚みを増し、その代わりに中央をCNC加工で彫り込んだ新しいチェーンステイヨークの造形。

IMG_8451th_

これだけクリアランスが確保できていれば安心ですね。

 

IMG_8445th_

 

今回追加したシートステイ上部の補強。

 

さて今まで、開発中のこのフレーム(バイク)は24インチの「プチファット」のMOZUということでプチファットモズ(PFM)と仮に呼んできました(開発ネーム)が、近々製品として一般受注が開始できるときには、製品名として新しい名称が与えられます。

その新しい名称(製品名)を、ここで発表します。

IMG_8436th_

製品名は表題の通り「YAMADORI」(ヤマドリ)となります。

「ヤマドリ」は、ちょっとだけずんぐりしたやや大きめの日本の野鳥で、その名の通り山地(低山)に生息しています。

Wikipedia「ヤマドリ」

兄貴分のMOZU(百舌鳥)よりも図体が大きく、太く、軽快に飛び回るというよりは森の中を歩き回るヤマドリ。

ある意味で「裏山スペシャル」なこのフレームのイメージにピッタリ重なり、選ばれました。

 

このYAMADORIフレームも開発は最終段階、そう遠くない未来に一般受注が開始されるはずですのでご期待下さい。

 

さて、この”YAMADORI”は、本日発売になる雑誌「サイクルスポーツ」誌にもどこかに掲載されていますよ!(ついでに私も)

ぜひ、本屋さんで探してみてください!

 

(雑誌が手元に届いたらあらためてご紹介します)

jinkenでした。

 

秋ヶ瀬の森バイクロア4 TUBAGRA マウンテンバイクショー&ジャンプワークショップRiders-Diary

今年も11月22日(土)23日(日)で開催される秋ヶ瀬の森バイクロア4に、TUBAGRAはMTBトライアルショーやジャンプ講習会で参加させていただきます!

秋ヶ瀬の森バイクロア4TUBAGRAショー&ジャンプワークショップ

TUBAGRAからの参加メンバーはjinkenさん、アシ君、MCに森田君で、ゲストライダーには国内敵なしのスーパートライアル中学生の安倍健太君です。

基本的に僕達は朝から現地にいますので、中央エリア付近の空いている場所でトライアル講習やバニーホップ講習、バースピン講習、ライディング写真の撮影講習などを行います。コーンを立てて今流行(?)の8の字コーナリング練習もどうぞ。

TUBAGRAメンバーは分かりやすい場所をフラフラしているので、見かけたら気軽に声をかけてください!

 

それと、大変長らくお待たせしました。ようやく8月に開催したPEDAL DAY 2014 BANK BATTLE & BUNNY HOP CONTESTの動画を公開しました。関係者のみなさま、遅くなって大変失礼いたしました!

実は、撮影したHDビデオカメラが故障し、動画データをPCに落とすことができず、カメラをメーカーに送って修理してもらったり、その後も直ったハズなのにキャプチャで不具合多発となり、なかなか編集作業まで持ち込めず、ここまで時間がかかってしまったのでした。

PEDAL DAY 2014 BANK BATTLE & BANK BUNNY HOP CONTEST from Samo on Vimeo.

それにしても、今回を機にしばらく長編(1分以上)の動画編集から引退したいと思います。子供ができると、プレビューやレンダリングに時間のかかりPCの前に長時間居座ることとなる動画編集は、かなーり行うことが難しくなっていますね。睡眠不足にもなりますし… もうちょっと息子が成長したら大丈夫になると思うんだけどな。

あなたのベストショットを教えてください – たくさんのご応募ありがとうございました!Riders-Diary

あなたの今現在の(ライディングしている)ベストショットはどれですか?」と聞かれたら、迷わず先日世田谷公園SLスケートパークで撮影してもらったインバート(テーブルトップ)写真と答えます。

世田谷公園スケートパークでのサモインバート(テーブルトップ)sanuk サヌーク

もともと、自分はライダーとしては大したことがなく(泣)、TUBAGRAライダー達や実力のあるライダー達の写真を撮ることの方がメインで、滅多に自分の写真を良いと思うことは無いのですが、上の写真だけは見た瞬間心臓を射抜かれ、恥ずかしながらべた惚れとなってしまいました。

もちろん、この写真がゴールではなく、もっと格好いいライディングをして、さらに良い写真を撮ってもらいたいですけど、「今現在は!」コレですね。

 

という訳で、TUBAGRAライダー、driveライダー、MTBストリートのトップライダーのみんな、日々自己鍛錬を頑張っているストリートライダーやダートジャンパーのみなさま、あなたの思う自身の「今現在の」ベストショットを教えてください。ここに掲載させていただきたいと思います。

Twitterでもfacebookでも何でも構わないので、画像かそのURLでも良いので送ってください!よろしくお願いします。

 

いつもTUBAGRAを見てくれているハム太さんのベストショットです。

いつもTUBAGRAを見てくれているハム太さんのベストショット

コメント「写真を撮る側が多いのであまりありませんが、現状のベストショットがこれです!」

 

TUBAGRAライダー森田のベストショット。彼にしては珍しいノーハンドです。

TUBAGRAライダー森田のベストショット ノーハンド

コメント「久日ぶりに開拓した新技だったやつなので」

 

driveライダーkengo君のベストショットです。ダウンレールでのアイスピックグラインド。

driveライダーkengo君のベストショット

 

TUBAGRAライダーjinkenさんのベストショットはこちら!去年の秋ヶ瀬の森バイクロアのショーで、トラクターの大きなタイヤにアブバカしている写真です。

TUBAGRAライダーjinkenさんのベストショット

jinkenさんのコメント「自転車に乗ってる自分よりも、トラクターに乗ってる岡安さんとステムくんのノリノリ具合に注目の一枚」

 

kazy君のベストショット。コメント「古いの百も承知でこれかな… 何年前やねんw」

kazy君のフットプラント

 

KNS.Lo Hiroya君のベストショット。

KNS.Lo Hiroya君のベストショット

コメント「約5年前のbrMOZUのころです これぐらいの時代しか写真がありませんw」

 

愛知のMTBライダーKazoo君のベストショットです。コメント「photo by dsk24」

愛知のMTBライダーKazoo君のベストショットです

 

TUBAGRAライダーAshi君のベストショット。

TUBAGRAライダーAshi君のベストショット

Ashi君のコメント「脱水症状になり10キロから後の記憶が全くありませんでした。自分の力の無さを痛感しています。次の松木くんにもう少し良い順位でたすきを渡せたら、と思うと悔しくて涙が出てきました」

 

横浜のMTBライダーbori君のベストショット。PEDAL DAY 2014 Bank Bunny Hop Contestでのバンクエアー。

bori君のPEDAL DAY 2014 Bank Bunny Hop Contestでのバンクエアー

bori君のコメント「個人的に撮ったり撮ってもらったりした中でベストショットはこれだったり。ただバンク飛び出しのバニーホップだけどこれが好きな写真ですな〜」

 

仙台のMTBストリートライダーkai君のベストショット。ウォールタップです。

仙台のMTBストリートライダーkai君のウォール

 

名古屋のストリートライダー、ジャイアン君のベストショット。KAN JAMの際に行った特大ドロップです。

名古屋のストリートライダー、ジャイアン君の特大ドロップ

 

フラワートレイル近くのクルマの専門学校の寮に住む亮太君のベストショット。ノーフットキャンキャン。

フラワートレイル近くのクルマの専門学校の寮に住む亮太君のノーフットキャンキャン

 

driveライダーAKIRA君のベストショットです。

driveライダーAKIRA君のベストショット

AKIRA君のコメント「実は最初の1発目で足首を負傷して、その後すぐにトライしてメイクした時の写真です」

 

うみかぜローカルの若手ライダーYamato君のベストショット。ボウル飛び出しバースピンです。

うみかぜローカルの若手ライダーヤマト君のボウル飛び出しバースピン

Yamato君のコメント「僕のベストショットは初めての撮影会で撮っていただいた、得意技のバースピンです!

 

大阪在住の若手TUBAGRAライダーあべの君のベストショットです。みなとのもりでのペダルグラインド。

あべの君のペダルグラインド

まぁ、彼の場合、これしかちゃんと撮影された写真が無い、というのもあるのですが…

 

若手トライアラーの安部健太君のベストショットです。

安部健太君のダニ降り

健太君のお父様のコメント「全日本直前に大怪我したダニ降り現場です。写真は後日のリベンジ時です。なんら難しいことはなかったらしいです。油断禁物(*^o^*)

バニーホップバースピンの注意点・自分なりのコツRiders-Diary

大阪在住TUBAGRAライダーのあべの君がバニーホップバースピン練習中に指を骨折してしまいました。

奥野さん(@okuno_abeno_ryota)が投稿した動画

ハンドルが270度まで回っていて惜しい状態にあり、だからこそ頑張って勢いをつけて回してしまうのですが、この方法だと回し手の小指や、小指側の手のひらの側面をステムやハンドルに強くヒットすることとなり、打撲や骨折などしやすくなります。

奥野さん(@okuno_abeno_ryota)が投稿した写真

 

まさに、こんなカタチで270度くらいでフロントタイヤが着地し止まったハンドルやステムに、勢い良く回した手でチョップしたら、そりゃあ最悪骨も折れますよね。自分も骨折まではしませんでしたが、痛めることが多々ありました。(今は殆ど無い)

撫で回しバニーホップバースピンの手の動き ステムチョップ

こういうケースを通称「ステム(バー)チョップ」と言うとか言わないとか。

「ステムチョップ」になるのは、撫で回しスタイルでハンドルを回している最中に回し手がハンドルから完全に離れてしまうのが原因のように思います。逆に言えば、回し手が常にハンドルと触れていれば、あまり「ステムチョップ」の状況にはなりづらいし、仮になっても衝撃は小さく大して怪我をしません。

なので、「あと少しでハンドルが回りきるのにー!」と言う時こそ、焦って勢いまかせにハンドルを回したい気持ちは少し抑え(撫で回しで勢いつけ過ぎるとバーから手が離れやすい)気持ちを落ち着かせ、丁寧にハンドルバーを回した方が良いと思います。

落ち着いてハンドルを回した方が、バーと回し手のスピードがシンクロするので、結果的にメイク率が上がると思います。そのことを検証した動画です。

Masao Naitoさん(@tubagra)が投稿した動画

自分は今でも毎朝地道にバニーホップバースピンの練習を繰り返しています。おかげ様でそこそこのメイク率を維持していますが、その際のコツというか、注意している点を紹介したいと思います。

まず、ハンドルの回し手のカタチです。以前、どうやっても270度止まりの際は下の写真の手の状態で回していました。

撫で回しバニーホップバースピンの手の動き 握りすぎ

このようにガッツリとハンドルを握っていては、どう頑張っても270度以上回すことができません。

そのため、ハンドルが180度回ったくらいから、下の様な手の状態:親指と人差指の間にバーを挟むようにし、押し込むように回します。

撫で回しバニーホップバースピンの手の動き

横から見るとこんな感じ。さらにコツが、ただ回すだけでなく、気持ち上に救い上げるように回します。そうすると、ハンドル=フロントの落下が遅くなり、着地までに回りきりやすくなります。

撫で回しバニーホップバースピンの手の動き

そんな感じで毎朝、出勤前に朝練でバニーホップバースピンを繰り返していますが、ここんところ全く危なげなく行うことができています。

何回も繰り返して思いますが、バニーホップバースピンって、正しいやり方さえ覚えれば(自分はまだフォームが完全ではないが)、安全で狭いスペースでも練習でき、そして活用の場が多く突き詰め度が高いので、すっごく日本人向けのトリックですね。

ただし、最初のステップで恐怖心から勢いまかせにやると怪我しやすくて危なく、それで敬遠されてしまっているのも事実。だからこそ、「無傷で安全にバニーホップバースピンをマスターする」という部分に自分はこだわって追求しているのかも知れません。みんなもバニーホップバースピンやれば良いのにな。メチャ面白いから!

 

そんな最近の朝練風景をどうぞ。バニーホップバースピン→バニーホップ180→バニーホップロックウォークとやっていまして、この中で一番楽にできるのバースピンです。身体の可動範囲少ないですし。

  Masao Naitoさん(@tubagra)が投稿した動画

 

意外と満身創痍だった日曜日Riders-Diary

昨日の世田谷公園SLスケートパークで転んだ際にできた怪我が意外とキツイ。肘の広範囲な裂傷・擦過傷はいつものことで良いとして、レッジの角に後ろから倒れこんだ際に刺さったお尻が結構痛く、歩行時も、座る際も、眠る際も、ペダリングする際も影響が出まくりでした。

そんな状況ですが、息子と奥さんを連れ、朝一でしながわ水族館に行ってきました。

しながわ水族館に初めて行った叶大と奥さん

息子はまだお魚を認識できないのでは?と思っていましたが、保育園にある水槽の金魚を見ることが好きなので、だったらそのグレードアップバージョンである水族館も楽しんでくれるのでは?と思って連れてきた訳ですが…

うーん、まぁ、魚を目で追ってはいますけど、それで笑ったりはしないので、まだちょっと早かったのかな?と思いつつも、自分や奥さんもバッチリ楽しめたので良かったです。イルカのショーの凄さにはビックリしました。

ちなみにしながわ水族館は道路が空いていれば20分くらいで着くくらい近所にあります。それで大人1人1,350円で(夫婦で2,700円)、4歳以下は無料。1時間半くらい駐車場にクルマを停めて駐車料金300円だったので、トータル3,000円でこれだけ楽しめたのはアリでしたね。息子の成長に合わせて頻繁に通おうと思います。

あと、しながわ水族館にクルマで行く場合は、9:30のオープンと同時に現地に到着するくらいじゃないと、駐車場にクルマを入れることができなくなります。自分達は少し遅い10時ちょい過ぎに到着したら、空きがごくわずかでした。駐車場に入れられてラッキーだったと思います。

 

水族館の後、一旦家に戻り昼食。午後は自分1人でフラワートレイルに行きました。フラワートレイルにはけんぷっぷさんと娘さんのカンナちゃんがいて、一緒にダートジャンプをしました。

フラワートレイル

自分は昨日の怪我の影響から、ペダリングさえ激痛が走る有り様だったので、ジャンプで技を入れる余裕が無かったですね。それでも課題を見つけて楽しめるのがダートジャンプの面白いところです。

帰り間際、けんぷっぷさんとレギュラーラインを飛んでからトレイル内を周回するパンプトラックに合流し、ノーペダリングでスタート台の上まで戻って来られるか?という遊びをしました。これが燃えて面白いのです。

レギュラーライン1個目を飛ぶけんぷっぷさん

レギュラーラインをゲシらずスムースに処理することは当たり前として、3連を飛び終えた後のバームをいかにスピードを殺さずクリアーし、残りのパンプトラックまで勢いをつなげるかが鍵だと思いました。

レギュラーラインの3連を飛んだ後、その勢いでバームを高速でクリアーするけんぷっぷさん。

バームを走るけんぷっぷさん

スピードが出れば出る程、低いバームの上に飛び出しちゃうんじゃないかとビビって減速しがちなので、ここは恐怖心との戦いです。ちなみに自分のバイクはブレーキが無いので、このバームの高速クリアは本当に怖い!

結果、自分もけんぷっぷさんも、あとちょっとでスタート台の上まで登り切れなかったです。

この遊び面白かったので、12月7日(日)開催予定のフラワートレイルダートジャンプJAMでやってみようかな?

 

けんぷっぷさんの娘さんであるカンナちゃんも最近良く来てくれています。今日なんて、何回パンプトラックを走ったの?というくらい乗りまくっていました。体力がスゴイ!!

バームを走るけんぷっぷさんの娘のカンナちゃん

将来は可愛くて上手い女性ダートジャンパーになって欲しいな〜。

 

昨日、自分の結婚指輪を直してくれたRui & Aguri Fine Jewelryが「自転車ヘッドバッジ作り教室」をスタートさせます。下の画像をクリックすれば、その説明ページに飛ぶことができます。

Rui & Aguri Fine Jewelry自転車ヘッドバッジ作り教室のご案内

TUBAGRAのフレームのヘッドバッジRui & Aguri Fine Jewelryが作ってくれているので、そのクオリティは保証できます。

Rui & Aguri Fine Jewelry製MOZUヘッドバッジ

また、普通にオリジナルデザインのヘッドバッジをRui & Aguriに依頼すると基本的に16,000かかりますが(それでも内容や品質を考えたら十分安い)、ヘッドバッジ教室だと3,000円安い13,000で作れちゃうのでお得です。

ぜひぜひ、自分だけの世界で1つだけのオリジナルヘッドバッジをご自身で作ってみてください!

パークで転んで歪んだ結婚指輪を修理してもらいましたRiders-Diary

昨日、世田谷公園SLスケートパークで転んだ際に、ジーンズのポケットに入れていた結婚指輪が歪んでしまいました。こうなると、当然指にはめることは不可能です。

スケートパークで転んでひしゃげた結婚指輪

怪我も結構しましたが、正直怪我の傷よりも結婚指輪がひしゃげてしまったことの方が痛く、ショックでしたね。

早速、この結婚指輪をデザインし、作ってくれたRui & Aguri Fine JewelryのRuiさんに連絡すると、指輪を持ってきてくれれば無償ですぐに修理をしてくれる、という返事をいただいたので、早速、その夜に指輪を持ってお邪魔することにしました。

 

歪んだ指輪を入念にチェックするRui & Aguri Fine JewerlyのRuiさん。

歪んだ指輪を入念にチェックするRui & Aguri FineJewerlyのRuiさん

歪んだことによる破損や、細かい傷をすべてチェックしています。

そして金属の円すい形(?)の棒を歪んだ指輪をはめ、木槌で細かく叩きながら歪みを直していきます。

歪んだ指輪を金属の棒にはめ歪みを矯正するRui & Aguri FineJewerlyのRuiさん

Ruiさんは凄く細かく丁寧に行っているので、改めて「自分でペンチで無理やり歪みを直そう」としなくて良かったと思いましたね。やはり、こういうのはその道のプロにお願いするのが一番です。

その後、リューターで指輪に付いた細かい傷を、これまた丁寧に削りとっていきます。

傷だらけの指輪をリューターで研磨するRui & Aguri FineJewerlyのRuiさん

自分の指輪は形状が少々複雑なので、この作業は結構大変そうに見えましたね。

傷だらけの指輪をリューターで研磨するRui & Aguri FineJewerlyのRuiさん

自分の結婚指輪と一緒に、ウチの奥さんの結婚指輪(ともにRui & Aguri Fine Jewerlyで作っていただきました)も持ってきてくれれば無償でクリーニングしますよ!ということだったので、奥さんの指輪も一緒にキレイにしてもらいました。

妻の指輪もリューターで研磨するRui & Aguri FineJewerlyのRuiさん

最後は細かい紙やすりで表面を整えます。

妻の指輪を目の細かいヤスリで研磨するRui & Aguri FineJewerlyのRuiさん

そんな訳で、自分の結婚指輪は酷く歪んだ状態からの修理と、奥さんの結婚指輪のクリーニングで、かかった時間は1時間45分でした。

修理の終わったサモと奥さんの指輪

Ruiさん、本当にありがとうございます!!

 

自宅に戻り直った結婚指輪の撮影をしました。

Rui & Aguri FineJewerlyのRuiさんによって修理された結婚指輪

あれだけ歪んでいた輪は見事にキレイな円に戻っています。

Rui & Aguri FineJewerlyのRuiさんによって修理された結婚指輪

歪みが取れただけでなく、細かい傷もすべて無くなり、新品の時と同じ金色に戻っていますね。

Rui & Aguri FineJewerlyのRuiさんによって修理された結婚指輪

結婚指輪は日頃身に付けているので、ある物が無いと凄く気になっていたのですが、壊れたその日の内に直してもらえたのは本当に嬉しくありがたいことでした。

Rui & Aguri FineJewerlyのRuiさんによって修理された結婚指輪

さらに、ウチの奥さんの指輪もキレイになりました。やはり毎日付けていると、細かい傷が付くのはもちろん、金属の表面もくすんでくるのです。この指輪を見た奥さんも「新品に戻ったみたい!」と大喜びでした。

Rui & Aguri FineJewerlyのRuiさんによってクリーニングされた奥さんの結婚指輪

Ruiさん、今回は本当にありがとうございました!!

 

ちなみに、Rui & Aguri Fine Jewerlyで指輪を作ると、自分たちのように修理は無償となっています。

世界のどこにも無いデザインの結婚指輪をRuiさん自身が要望を聞いてゼロから作ってくれ、さらに一般的なブランドの既成品と同じ金属や宝石を使っても価格はダントツに安いので、Rui & Aguri Fine Jewelryはかなりオススメです!

 

Ruiさんに結婚指輪を作っていただいた時の記事はこちら!
TUBAGRAのヘッドバッジもRui & Aguri Fine JewerlyのRuiさんに作っていただいております

今日の世田谷公園スケートパークでRiders-Diary

朝一で世田谷公園SLスケートパークで乗ってきました。自分はルーティンにバースピンを組み込んだり、Rやバンクでバニーホップロックウォーク(さすがにいきなり360は無理だった)を入れる練習をしつつ、いつもどおりグラインドなど様々なトリックを盛り込み楽しみました。

水野君もすぐに来て一緒にライド。スケートボーダー達と午前中をたっぷり乗りましたね。

そして、帰り間際に彼が購入したと言う無線レリーズ(カメラに接続し、遠隔でシャッターを切れる装置)を活用し、普段撮れないアングルから自分たちを撮影してみました。

まずは自分のインバート(テーブルトップ)です。

世田谷公園スケートパークでのサモインバート(テーブルトップ)sanuk サヌーク

過去の自分のインバート写真の中で、一番格好いいんじゃないか?と思える写真が撮れました。近日中にもし自分が死んだらこの写真を遺影に使って欲しいくらい。

そして、水野君のバニーホップウィップ。着地点のすぐ横にカメラを設置してのアングル。スゴイ。

世田谷公園スケートパークでの水野君のバニーホップウィップ

 

そうそう、水野君が来る前に、自分でクォーターコーピングでのダブルペグストール(ちょっとグラインド)の自分撮りをしていたのですが、なかなかセルフタイマーのタイミングが合わず、安定の30回チャレンジしてようやく撮れた1枚、となったのが下の写真です。

世田谷公園スケートパークでのサモダブルペグストールsanuk サヌーク

この撮影時、何度もやりすぎて完全に油断していて、15回目くらいのトライで思い切りRのボトムでハンドル切り過ぎて派手に転倒!結構なダメージを食らいました。

 

そして、ライディングし終えて、いつも乗っている時は結婚指輪を外してジーンズのコインポケット(右前にある小さなポケット)に入れておくのですが、取り出してみたらこんなになっていました…!

スケートパークで転んでひしゃげた結婚指輪

うわー!!凄くひしゃげている!!怪我したことよりも何倍もショックでした。

これは直るのでしょうか?続く

KNS Lo Hiroya君によるバニーホップ360のHow to MovieRiders-Diary

KNS.LoのHiroya君がすごくためになるバニーホップ360のHow to動画を作ってくれました。すっごくためになる動画ですので、みなさまもぜひチェックしてください!

360参考映像 from hiroya0515 on Vimeo.

この動画を観た後、まず自分がマスターしなくてはいけないことは、「バニーホップロックウォークを高速に行えるようにする」ですね。

 

それで今朝、早速朝練でやってみることに。それにしても寒かったので、自分の寒い季節のマストアイテムであるシングルライダースジャケットを着て河原の公園に行きました。髪の毛が横に流れているのは風じゃなくて寝グセです。

朝練にシングルライダースジャケット(革ジャン)を着て行きました

この革ジャン、そこそこタイトで、着ると腕の動きがかなり制限されます。そこで心配だったのが、「この革ジャンを着てバニーホップバースピンをすることができるのか?」ということ。やってみました。

Masao Naitoさん(@tubagra)が投稿した動画 on

普通にできました。

念のため、フロントジッパーを開けた場合と、閉じた場合の両方でやりましたが、同じようにできました。良かったー!これでこの冬は安心だ!

それで肝心のバニーホップロックウォークですが、素早くやろうとしても、フロントアップして伸び上がった瞬間からモッサリ動作になり、全然Hiroya君の動画のようにはなりません。何が原因なんだ?

 

ロシアのPRIDE STREETのライダーDenis Kulaginの動画です。ペグを使ったグラインドやオンレール系のトリックが上手い!いやー、MTBもペグ付いたライダーが増えてきてワクワクしますね!!

Denis Kulagin для PRIDE STREET from UNSOCIAL Group on Vimeo.

41歳だけどバニーホップロックウォークをバニーホップ360に進化させられるのか?Riders-Diary

ひとまずバニーホップバースピンはカタチになってきたので(あとは実戦投入とフォームの改善)、今日から朝練のメニューにバニーホップ360を入れることにしました。

とは言いつつも、いきなりバニーホップ360ができたら苦労しないので、現状できるバニーホップロックウォーク(下の画像のトリック:バニーホップして回り、先に着地させたリアホイールを軸に1回転回り切るトリック)を発展・進化させ、バニーホップ360にしていく流れで行こうと思います。それが世間で言われている(?)バニーホップ360の正常進化らしいので。

サモ朝練バニーホップロックウォーク

自分の場合、「バニーホップロックウォークができる」と上に書きましたが、現状は万全のメイク率ではありません。上の画像にしても、4〜5回トライしてようやく決まったものです。そんなことから、まずはバニーホップロックウォークを論理的に分析して理解し、確実なメイク率を身に付けてから360にステップアップしていこうと思います。

今日の朝練の様子をご覧ください。

Masao Naitoさん(@tubagra)が投稿した動画 on

 

ちなみに、スケートパークなどでバニーホップロックウォークをすると、知り合いのスケートボーダーから「おおー!360じゃないですか!!凄いですね!!」と言われることがあります。ボソッと「これは360じゃないんですよ…!(泣)」と白状しますが。

つまり、ストリートバイクのトリックをあまり知らない人からすれば、バニーホップロックウォークだろうと360だろうと進行方向に向かって横1回転していることには違いないので、それなりにインパクトはあるようです。他にも、公園などでお子様達を前にバニーホップロックウォークをすると、やたら喜ばれますし。

まぁ、でもやっぱりバニーホップ360ですよ!頑張ってメイクできるようにしたいと思います。

しっかし、40歳以上でもメイクできるようになるんですかね?何はともあれ、またバニーホップバースピン並に長い道のりになるかと思いますが、毎日地道にしつこく続けていきますので、どうか飽きないでチェックし続けてください!orz
(バースピンよりかは360の方が人気が高くて需要もある気がしますし…)

 

仙台のMTBストリートライダーKai君の最新の動画です。さらにレベルが上がっていますね。

SND*S Kai2014 from simosunday on Vimeo.

これでテイルウィップも織り交ぜることができたら… たくさん練習しているみたいなので、次の動画も非常に楽しみです!

 

多方面で話題になっていますが、フランスのフランソワ・ギッシーさんが水蒸気の力を利用して加速する「ロケットエンジン」を積んだ自転車で、時速333kmのスピードを記録しました。その動画がこちら。フェラーリと余裕でぶち抜くその加速も凄い。漫画みたいなスタートダッシュですね。

自分的に気になったのが、彼の自転車に付けているサスフォーク。コレ、形状から察するに、5年以上前の9mmクイックリリース用シャフト仕様、Vブレーキ台座付きのSR SUNTOUR EPICONではないでしょうか?違っていたらすみません。

フランスのフランソワ・ギッシーさんが水蒸気の力を利用して加速する「ロケットエンジン」を積んだ自転車

このWebサイトで紹介している画像や動画を使用するのは構いませんが、営利目的で使用される場合はご連絡ください。
ライディングの際はそれぞれの判断でプロテクターを装備しましょう。
このWebサイトで紹介しているライディングを真似して怪我をされても当サイトは責任を取ることはできませんのでご了承ください。

Copyright © 2014 by Street MTB Team TUBAGRA