SILKYPIX Presents MTBストリートとは?

TUBAGRA

MTB(マウンテンバイク)チーム TUBAGRA(ツバグラ)にようこそ。
このホームページではMTBでストリートやダートジャンプ、スケートパークの乗り方を紹介しています。
MTBのトリック講習会、コンテスト、デモショーの企画も行います。お気軽にお問い合わせください。
バニーホップがしやすいストリート専用フレームMOZUの開発〜販売も行っています。

TUBAGRAライダー達が乗っているフレームはこちら002

Topics

市原市総合公園 スケートコート オリプリランドでTUBAGRAライダーたちがRiders-Diary

日曜日、市原市総合公園 スケートコート オリプリランド(市原スケートパーク)にTUBAGRAライダーのAKIRA君、YAMATO君、太一君、藤本さんの4人と、フィッシングバッグや小物、アパレル、サイクリングアイテムを作るFULLCLIPのマネージャー平垣さんが合流し、一緒にセッションをしました。

市原市総合公園 スケートコート オリプリランド 市原スケートパーク

滅多に無いTUBAGRAライダーが揃って乗るのはとても楽しかったです。お互いの相乗効果で凄いライディングがバンバン観られるスペシャル感が半端ない!

 

とはいえ、市原スケートパークは乗らない人間はパーク内に一切入れないので、撮影者である自分は200mmの望遠レンズでパーク外からフェンス越しに撮影する以外なく、臨場感ある写真や動画が全く撮れなかったのが残念でした。

 

という訳で、そんな望遠レンズで撮ったTUBAGRAライダーたちの写真をご覧ください。

市原市総合公園 スケートコート オリプリランド 市原スケートパーク AKIRA SHAKA24

ヒップで高いエアーをするAKIRA君。乗るバイクは4ペグにしたSHAKA24

 

市原市総合公園 スケートコート オリプリランド 市原スケートパーク YAMATO SHAKA26

ヒップをリアを振りつつ飛ぶSHAKA2 26に乗るYAMATO君。

 

市原市総合公園 スケートコート オリプリランド 市原スケートパーク

ヒップを飛ぶFULLCLIPのマネージャー平垣さん。

 

市原市総合公園 スケートコート オリプリランド 市原スケートパーク 太一 TONE Ver.2

中央にあるバンクを凄まじく高い斜め刺しバニーホップで飛ぶTONE Ver.2に乗る太一君。

 

市原市総合公園 スケートコート オリプリランド 市原スケートパーク AKIRA SHAKA24

バンクにあるモヒカンレッジでスミスグラインドをするAKIRA君。

 

市原市総合公園 スケートコート オリプリランド 市原スケートパーク YAMATO SHAKA26

バンクにあるモヒカンレッジでペダルグラインドをするYAMATO君。アウトする際に180もしていましたね。

 

市原市総合公園 スケートコート オリプリランド 市原スケートパーク YAMATO SHAKA26

ハンドレールでクランクアームグラインドを決めるYAMATO君。このトリック、安定して決めるの結構難しいのですが、2回連続で決めてくれました。

 

市原市総合公園 スケートコート オリプリランド 市原スケートパーク AKIRA SHAKA24

安定したフットジャムを決めるAKIRA君。殆ど失敗せずに決めます。

 

市原市総合公園 スケートコート オリプリランド 市原スケートパーク 太一 TONE Ver.2

回転途中にテイルタップする太一君。彼はトライアラーですがパークもとても上手です。

 

市原市総合公園 スケートコート オリプリランド 市原スケートパーク 太一 TONE Ver.2

チームメイトのYAMATO君の目の間でノーズマニュアル〜タップ。フロントブレーキも効果的に使うのがストリートトライアルの面白いところですね。

 

市原市総合公園 スケートコート オリプリランド 市原スケートパーク AKIRA SHAKA24

AKIRA君のBOXジャンプでのトボガン。

 

市原市総合公園 スケートコート オリプリランド 市原スケートパーク AKIRA SHAKA24

このBOXジャンプを飛ぶには正面にあるクォーターパイプでこれくらいのエアターンができないとバックサイドに届きません。

 

市原市総合公園 スケートコート オリプリランド 市原スケートパーク 藤本 akaMOZU

そんなBOXジャンプでakaMOZUに乗る藤本さんのターンダウン。

 

TUBAGRAライダー藤本さんのakaMOZU

akaMOZU 藤本さん

本はBLACKでしたが、ミスティグリーンにリペイントされたフレームに、ポリッシュカラーのTB-RIM26が合わさり、とても上品な雰囲気に仕上がっています。

 

TUBAGRAライダーが一堂に会してライディングする企画、とても面白かったし刺激的だったので近々またやりたいですね。

 

 

現在テスト中のご近所アングラーのセーヤさんオリジナルのクロダイ専用シャッド(鮎カラー)。今のところ下のモデルで釣れてます。

セーヤさんオリジナルシャッド 鮎カラー

今日のガッツリ雨が降っている中での朝活BIKE&FISHでも使ってみたところ…

朝活BIKE&FISH セーヤさんオリジナルシャッドで釣れたクロダイ

それぞれ違うシチュエーションで51cmと50cmが!これもうバッチリ釣れるシャッドです。

croMOZU275生産再開とフォレストバイクでバニーホップ・ジャンプ基礎講習Riders-Diary

特定のパイプの調達が困難となっていて制作が止まっていたcroMOZU275ですが、フレームを制作してくれている岡安製作所の努力により、パイプの調達の目処がつきまして、晴れて制作を再開することになりました。

croMOZU275

croMOZU275 6th

そんな訳で、ご興味のある方はお気軽にオーダー・お問い合わせしてください。納期は2〜3ヶ月となりますので、お問い合わせをいただければメールにて購入の段取りを連絡いたします。

 

 

日曜日は小田原フォレストバイクでMTBインストラクター業を行ってきました。

午前中にバニーホップ基礎講習、午後はジャンプ基礎講習です。

小田原フォレストバイク バニーホップ基礎講習

バニーホップ基礎講習では、最初にバニーホップをするのに最適なバイクのセッティングからバニーホップの論理的な説明。そしてフロントアップから、平地でバニーホップができるノウハウを伝授。

 

小田原フォレストバイク バニーホップ基礎講習

平地バニーホップができるようになったら倒木などの障害物を使い、バニーホップの応用テクであるファイアークラッカーの伝授を。

 

小田原フォレストバイク バニーホップ基礎講習

色んなサイズ、形状の障害物でファイアークラッカーを行っていただきます。

 

小田原フォレストバイク バニーホップ基礎講習

そして最後はフォレストバイクのコース内にある凹凸を利用しファイアークラッカーで飛んでもらい、実際にトレイルなどで飛び走るための実践練習を行い終了。

 

お昼休みを挟んで午後はジャンプ基礎講習。

小田原フォレストバイク ジャンプ基礎講習

最初にジャンプでどうしてMTBが飛ぶかの論理的な説明を行い、実際にワンメイクジャンプで飛んでいただきます。その際、失敗して転倒しないような注意点・コツもしっかり伝授。

 

小田原フォレストバイク ジャンプ基礎講習

ワンメイクジャンプを安定して飛べるようになったら3連ジャンプのコブで安定して踏み切れるようにしてもらい、徐々に助走スピードを高めてフロントをバックサイドに届くようにしてもらいます。

 

小田原フォレストバイク ジャンプ基礎講習

フロントがバックサイドに安定して届くようになったら、次はノーズダイブのコツを伝授し、3連をクリアーしていただきます。

そんな流れで今回も殆どすべての方がバニーホップとジャンプをマスター!皆様、とても興奮していて楽しまれていました。

 

小田原フォレストバイクでのバニーホップやジャンプの基礎講習は月に1〜2回行われていまして、フォレストバイクのFacebookでご確認〜ご予約が可能です。是非チェックしてみてください。

日本ではまだ数少ないeMTB講習も行っています。

 

 

小田原フォレストバイクでのレッスンの合間にある昼休み休憩で、30分で撮影〜編集した動画をご覧ください。

 

 

ここ1週間くらい、多摩川はバチ抜けシーズンとなっていまして、毎日シーバスを釣っています。

多摩川 バチ抜けシーバス エリア10 エリテン

ただ今年は例年よりも難しく、いつもなら連発するハズがかろうじて1匹のみ釣れている状況。まぁ、釣れているだけ嬉しいことなのですが。

新フレーム開発プロジェクト開始Riders-Diary

TUBAGRAに加入して、6年?
もはや老害もとい古株の感もある僕ですが、
ついに開発に主体的に関わるプロジェクトがスタートしました。
そうです、ライダーなら一度は夢見るシグネチャーモデル。
岡安製作所 kai君 pMOZU パンプトラック用MOZU
サモさんがブログに書いたり、僕がSNSでちょこちょこと載せていたり…と、
アンテナを張り巡らせている方は既にご存じかもしれません。

というわけで今回は生粋のストリートライダーである僕がパンプトラックフレームと銘打ちつつも、
ジャンプトレイルやバイクパークまで視野にいれたマルチなフレームの開発をサモさんに進言するに至った背景を整理しておきましょう。

 

パンプトラックにいるとですね、それはもう古今東西、多種多様なアクションライド用のMTBに触れる機会があります。
乗り方やセッティングについてアドバイスを求められることもしばしばあるので、当然跨ったり実際に乗ったりする機会があるんですが、
僕に青い春が来ないのと同じように個人的に納得するバイクにも全く出会えず…
各社様々な思想のもとに工夫をこらしたフレーム達な訳で光る部分を確かに感じるものの、どうにも帯に短し襷に長し。
我がTUBGARAの誇る汎用フレームAkaMOZUすら、パンプトラックの高速走行にはなにかが足りない…。

そこでどこぞの小僧ばりにポクポクチーンした結果、
ビックジャンプ・ハイスピード向けの海外フレームや、ストリートやパークに特化したフレーム群では、
昨今日本で増加するパンプトラックやバイクパークにおいて、
真の意味で日本のライダーに寄り添えるものはまだないのでは…と思い至ったわけです。

つまり所謂バニーホップのしやすさだけではなく、
エアーやプッシュ、ロール、コーナリングといった普遍的なライディングスキルも習得しやすく、
且つ違和感なく発揮できるバイクが今こそ必要だということ。

こうした経緯で、パンプトラックにフォーカスしつつも汎用性を重視したマルチなTUBAGRAフレームの開発がスタートしました。
P1102285
現在1本目のプロトタイプでジオメトリーの数値の確認を実施していて、
今後数本のプロトタイプでの数値・シルエット・各部の造形の調整を経て、完璧な形で皆さんにご提供できればと考えています。
フレーム各部の詳細な説明等は完成時に改めてお披露予定。

ちなみにちょっとだけネタバレすると、BBは下がってますし、リアセンターも伸ばしています。
が、TUBAGRAの歴代フレーム群に匹敵するフロントアップの軽さは健在。
当然プッシュの加速もコーナリングの安定性も抜群です。

 

その時代毎のトレンドを取り込みながら連綿と紡いできたTUBAGRAフレームのバトンを次の10年に繋ぐような
—そんなフレームになるようにサモさんや岡安さんと協力しながら寝る間も惜しんで、いやちゃんと寝てるけど…開発に勤しんでいます。

正式販売開始の暁には、完成車からの載せ替え、AkaMOZUからのステップアップ、新規の増車等々、是非ご検討ください。

それでは!

カイト君のお父さんがサタジュクアテンド・トレイルに初デビューRiders-Diary

先日のサタジュクアテンドのトレイルライドで、近頃メキメキと実力を付けているkoMOZUライダーのカイト君(小1)のお父さんが、トレイル初デビューを果たしました。カイト君のお父さん、MTB歴はカイト君と同じくわずか半年あまりです。

サタジュク トレイル croMOZU275

今回ご一緒したメンツ。左から自分、カイト君のお父さん、ヨツバサイクルのミナト君のお父さん、サタジュク塾長の佐多さん、ご近所MTBライダーの森山さんの5人で、全員ガンガン飛んで行けます。

 

サタジュクトレイルと言えばアドベンチャー要素満載で決して初心者向けではありません。

サタジュク トレイル croMOZU275

早速飛べそうな地形を見つけてはセッション開始。安定してバニーホップで飛ぶcroMOZU275に乗る佐多さん。

 

サタジュク トレイル croMOZU275

トレイルでの初バニーホップ(ファイアークラッカー)となったカイト君のお父さん。ちなみにcroMOZU275のシェイクダウンでもありました。

 

サタジュク トレイル croMOZU275

自分もファイアークラッカーで飛んでみます。もっと刺したかったけど、どんどん先に行かなくてはいけないのでこれで我慢。

 

ドロップオフができる岩があったので、そこでもセッション。

サタジュク トレイル croMOZU275

今回フレームがカーボン製になった森山さんの華麗なドロップオフ。

 

V字になっている斜面でもセッション。

サタジュク トレイル croMOZU275

ミナト君のお父さんのバニーホップ。

 

サタジュク トレイル croMOZU275

佐多さんの横っ飛びで壁に張り付くバニーホップ。

 

サタジュク トレイル croMOZU275

自分の刺しきれなかった中途半端なバニーホップ。もっと刺したかったー(二回目)

 

サタジュク トレイル croMOZU275

場所は変わって森山さんの華麗なバニーホップ。

 

サタジュク トレイル croMOZU275

カイト君のお父さんのバニーホップウィップ。初トレイルでここまでできるなんて本当にスゴイ!

 

トレイル帰りにちょっとした石杭があったので、そこでもセッション。

サタジュク トレイル croMOZU275

ヨツバサイクルのミナト君のお父さんのファイアークラッカー。

 

サタジュク トレイル croMOZU275

今回一番高かったカイト君のお父さんのファイアークラッカー。自分よりも高くて嫉妬しちゃいます!

 

という訳で、カイト君のお父さん初のトレイルライドは全員無事に戻ってくることができました。

サタジュク トレイル croMOZU275

ここでcroMOZU275ライダー勢揃いの記念写真を。本当にお疲れ様でした!

 

 

先日の朝活BIKE&FISHはご近所アングラーセーヤさんオリジナルの、クロダイ専用ルアー(シャッド)の形状違い3タイプで実釣テストを行いました。

セーヤさんオリジナルシャッド

ルアーの動きで気づいた事はスマホのメモに記入しながらキャストを繰り返し

・タイプAでは1バイト1キャッチ
・タイプBでは4バイト2キャッチ
・タイプCでは2バイト1キャッチ

とまずまずの成果。

 

セーヤさんオリジナルシャッド

普通に釣りするよりとてもエキサイティングで最高に楽しい!MTBで新しいフレームのテストをし、ジオメトリを煮詰めて行くことと同等の楽しさがありますね。

 

セーヤさんオリジナルシャッド

セーヤさんオリジナルシャッド

貴重な経験をさせてくれているセーヤさん、本当にありがとうございます!良いルアーに仕上げましょう!

携帯ジャンプランプの試し飛び動画を作りましたRiders-Diary

今回TUBAGRAで販売するポータブルジャンプランプ(仮名)試作品の試し飛び動画を作りました。

近所の強風吹き荒れる河原で30分で撮った内容で雑ですけど、27.5インチホイールのcroMOZU275でもこんなことができると分かってもらえれば。

 

 

先日、近所の河原に20年前から使い続けている携帯ジャンプランプで練習しようとkoMOZUライダーのカイト君(小1)を誘いました。

多摩川河原 ヨツバサイクル カイト君 携帯ジャンプランプ X-UP練習

カイト君にはエアートリックの基本技の1つX-UPのやり方を伝授。koMOZUには長いハンドルバーが付いていて物理的にX-UPが難しい状況だったので、ヨツバ14を使って実践してもらうと、90度はハンドルを回せるようになりました。

 

多摩川河原 カイト君 携帯ジャンプランプ バニーホップ SHAKA24

X-UP練習後に私のSHAKA24に乗ってみたカイト君、ジャンプランプにトライ。普通に飛べていました(汗)

 

多摩川河原 カイト君 携帯ジャンプランプ バニーホップ SHAKA24

さらにバニーホップにもトライ。上の画像の木の枝を飛び越していてビックリ!そんな小さな体格なのにできちゃうんだ…!!

 

ウチの息子もSHAKA24に乗ってみました。同じ小1のカイト君と比較して身体がかなり小さくとてもバニーホップできそうもないですね。

多摩川河原 叶大 SHAKA24

あと、改めてSHAKA24の特異なジオメトリが分かります。まるでMTBらしくない。※だからこそアクション系の動きが大得意!

 

SHAKA24に乗って調子よくした息子、ついにカイト君のお父さんが乗るakaMOZUにも乗れるようになりました!

多摩川河原 叶大 akaMOZU

現在の息子、一度できるようになったバニーホップがどこかに行ってしまいましたが、今はこんな感じにMTBに乗ること自体が楽しそう。ここで無理にバニーホップ練習を強要するのではなく、ひとまずMTBに乗る楽しさを満喫してもらった方が良いかなーと思いました。

 

 

息子を学童に迎えに行く30分前、最近の日課になっているマルタウグイ調査をするも未だに姿は見えず。例年なら既に釣れているのですが。

多摩川 シーバス メタルバイブレーション

代わりにシーバスが釣れました。本来は嬉しいハズが、今回は本命がマルタウグイだったので、ちょっと残念な感じ。人間って贅沢ですね。

TUBAGRAで販売予定の携帯ジャンプランプの試作品を見てきましたRiders-Diary

先日、今度TUBAGRAで販売することになった携帯ジャンプランプの試作品をチェックしてきました。

携帯ジャンプランプ ポータブルジャンプランプ
携帯ジャンプランプ ポータブルジャンプランプ

仕上がりはかなりキレイで良いです!

 

携帯ジャンプランプ ポータブルジャンプランプ

裏面の補強もバッチリで、ジャンプの際のたわみ、歪みなどはなさそう。

数週間テストしてから販売に持ち込みたいと思います。

 

そして翌日、早速、大きな公園にジャンプランプを持ち込み試し飛びをしてきました。

試し飛びはヨツバサイクルのミナト君、TUBAGRAライダーのリュウ君、koMOZUライダーのカイト君などキッズ達にやってもらう予定が、まさかの大人たちに刺さったようで、初めての回転系に目覚める人が続出!

これだけ「上達」が分かりやすく目の前で展開される機会はそうないですね。

こんなに攻められたのも、この携帯ジャンプランプの効果でしょうか?

 

 

キッズ達はジャンプランプよりも「その場」の地形を活かして飛んでもらいました。

ヨツバサイクル ミナト君 バンクバニーホップ

わずかなバンクを利用したバニーホップ。ヨツバサイクルのミナト君(小3)。

 

koMOZU カイト君 バンクバニーホップ

上達スピードが半端ないkoMOZUライダーのカイト君(小1)。

 

koMOZU リュウ君 バンクバニーホップ

バニーホップの高さが半端ない最年少TUBAGRAライダーでkoMOZUライダーのリュウ君(小2)。

 

 

それと、先週は岡安製作所に行き、仙台在住で現在は福島のしんちパンプトラック管理人のTUBAGRAライダーkai君オリジナルフレームを受け取ってきました。

岡安製作所 kai君 pMOZU パンプトラック用MOZU

詳細な紹介はKai君本人からあると思うので割愛しますが、今までのTUBAGRAっぽくない要素てんこ盛りのフレームとなっています。どんなバイクに仕上がるか本当に楽しみ!

 

 

 

先日の朝活BIKE&FISHはスポットに着いて「こりゃ駄目だろ」と諦めるくらいの凄まじい強風。

朝活BIKE&FISH シャッドで釣れたクロダイ

それでも風が弱まる瞬間を狙って何とかキャストを繰り返していると、ガツンと凄まじいアタリ、ファイトからの今期最大53cm!!

ウィルバイシクル大崎店長アテンドトレイルライドRiders-Diary

昨日は神奈川県相模原市にあるMTBプロショップ WillBicycle(ウィルバイシクル)の大崎店長アテンドでトレイルライディングをしてきました。

WillBicycle ウィルバイシクル大崎さんアテンドトレイルライド

今回は参加メンバーがとても豪華。

WillBicycle ウィルバイシクル大崎さんアテンドトレイルライド 影山輪業 難波江さん

影山輪業横浜杉田店の難波江店長。

 

WillBicycle ウィルバイシクル大崎さんアテンドトレイルライド フォレストバイク 須藤さん

小田原フォレストバイクのMTBインストラクター須藤さん。

 

WillBicycle ウィルバイシクル大崎さんアテンドトレイルライド croMOZU275

そしてeMTBのSPECIALIZED Turbo LEVO SL Comp Carbonで参加した自分です。

 

今回のトレイルでは写真のようなライディングが多く、正直LEVOではなくアクションが大得意なcroMOZU275で来れば良かったと後悔。

WillBicycle ウィルバイシクル大崎さんアテンドトレイルライド

WillBicycle ウィルバイシクル大崎さんアテンドトレイルライド 影山輪業 難波江さん

WillBicycle ウィルバイシクル大崎さんアテンドトレイルライド フォレストバイク 須藤さん

WillBicycle ウィルバイシクル大崎さんアテンドトレイルライド

大崎店長の奥様もかなりハードなライディングをサラッとこなされていました。登りもガンガン来られて凄いです。

 

WillBicycle ウィルバイシクル大崎さんアテンドトレイルライド croMOZU275

croMOZU275ならもっとかっ飛べたのになぁ…などと思いながらLEVOで頑張る自分。

 

WillBicycle ウィルバイシクル大崎さんアテンドトレイルライド croMOZU275

こういったシチュエーション、本当にcroMOZU275が大得意なので、次からは絶対にcroMOZU275で来ようと思いました。

 

一通り乗った後、みんなで集合して記念撮影。

WillBicycle ウィルバイシクル大崎さんアテンドトレイルライド

濃いメンツで会話も昨今の自転車界隈の裏話全開で刺激的でした(汗)

 

今回、小田原フォレストバイクのMTBインストラクター須藤さんの乗るバイクはおろしたてのニューバイク。

WillBicycle ウィルバイシクル大崎さんアテンドトレイルライド フォレストバイク 須藤さん MONORAL チタンバイク

国内チタン製MTBフレームを製造・販売しているMONORAL BIKEです。とても軽くてビックリ!

 

 

今回の潮回りでのバチ抜けはバチが多い割に魚が少なくて苦労したなぁ…

多摩川 バチ抜けシーバス エリア10 エリテン

足元から食いあげてきてビックリしながら釣り上げたシーバス74cm!釣れて良かった…(T_T)

レイクロッジヤマナカキャンプ場に行ってきましたRiders-Diary

昨日・一昨日と山中湖にあるキャンプ場「レイクロッジヤマナカキャンプ場」に毎月恒例の家族キャンプで行っていました。

山中湖 レイクロッジヤマナカキャンプ場 croMOZU275

キャンプ場に着いてすぐ、croMOZU275で湖畔を軽やかにサイクリング… のハズがタイヤがズブズブめり込み殆どCXの砂浜走行練習に。かなり疲れました。

 

山中湖 レイクロッジヤマナカキャンプ場 croMOZU275

山中湖にあるレイクロッジヤマナカキャンプ場は、元々は筑波大学の施設(寮)で、それを改装して作られています。

 

山中湖 レイクロッジヤマナカキャンプ場

山中湖 レイクロッジヤマナカキャンプ場 croMOZU275

ラグビー場が広大なキャンプサイトになっていたりと面白い作り。

 

キャンプ場には至るところに松ぼっくりが大量に落ちているので、息子と一緒に拾い集めて焚き火をしてみました。

山中湖 レイクロッジヤマナカキャンプ場

すると一瞬で勢いよく燃え上がり、大量の松ぼっくりがすぐに炭に。網を置いて息子は大好きなハンバーガーを炙り、外側(バンズ)をパリパリにして美味しそうに食べていましたね。

 

山中湖 レイクロッジヤマナカキャンプ場 MAZDA CX-5

冬は極寒となる山中湖にどうして来たのかと言うと、冬キャンプのため購入した石油ストーブ「TOYOTOMI レインボー」の効果を確かめるため。

山中湖 レイクロッジヤマナカキャンプ場 TOYOTOMI 石油ストーブ 灯油ストーブ

結論から言うと、パワー不足でした!

テント内はどう頑張っても8℃止まりで(外は比較的暖かい方で-2℃くらい)吐く息は白いまま。ストーブに触れそうなくらい近寄らないと正直寒いです。

やはり薪ストーブの温かさには敵わなかったか…!

 

レイクロッジヤマナカキャンプ場の朝。

山中湖 レイクロッジヤマナカキャンプ場 MAZDA CX-5

分かっちゃいたけれど世界がキンキンに凍っていました。カチカチになった地面を歩くたびにパリパリ音がします。

 

山中湖 レイクロッジヤマナカキャンプ場 croMOZU275 koMOZUプロト

自分のcroMOZU275と息子のkoMOZUを見るとタイヤの表面に氷が付いていますね。

だけど何故か275のフロントタイヤだけ凍ってない。何故だ?と考えたら…BIKE&FISHで毎日の釣った魚の体液が付いているからか!

 

キャンプ場に来たらできる限りMTBで飛べる場所を探すのですが、今回は敷地内の奥にある林の中へ。

山中湖 レイクロッジヤマナカキャンプ場 croMOZU275 ファイアークラッカー バニーホップ 斜め刺し

ちょうど良い切り株があったので、そこをバニーホップ+斜め刺しでクリアーしました。

って、正直刺しが浅くて深く入るまで繰り返したかったのですが、早朝のためとにかく寒くて身体が動かないのと、他の方のテントとの距離が25mくらいとそれ程離れていなく、数トライして迷惑になる前に撤収。

そりゃあ目が冷めたら近くでMTBが何度も飛んでいたら驚かれちゃいますからね。あー、でもガッツリ深く入れたかったなぁ!

 

MTBで軽くキャンプ場内を散策してテントに戻ってきたら、霧が出て辺りが真っ白になってしまいました。

山中湖 レイクロッジヤマナカキャンプ場 MAZDA CX-5

まるでサイレントヒルみたいな光景でとても幻想的!

 

それと今回、キャンプ場のチェクインをした際、受付スタッフの方から「これからダイアモンド富士が見られますよ!」という情報を教えていたえだき、家族で見に行きました。

ダイアモンド富士とは、富士山頂上と太陽が重なって生じる時期限定の光学現象です。

山中湖 レイクロッジヤマナカキャンプ場 ダイヤモンド富士

足がズブズブ沈んで歩きづらい山中湖湖畔をヒーヒー言いながら1km以上歩いて行って撮れたのがこの写真。うーん、手前の雲がなければ…!

 

ダイヤモンド富士は少々残念な結果に終わったのですが、綺麗な富士山と山中湖を背景に、息子の元気なジャンプをする写真を撮りました。すると…

山中湖 レイクロッジヤマナカキャンプ場 富士山 叶大

水面から飛び出たズゴック、みたいになりました(汗)

 

ダイヤモンド富士を見るために湖畔を1km行き(往復2km)、キャンプ場への戻り道で息子が慣れないウインターブーツで靴づれになり歩行困難になったので、久しぶりに息子を肩車することに。

山中湖 レイクロッジヤマナカキャンプ場 富士山 叶大

数年ぶりの肩車は懐かしさと、重たくなった息子の成長を感じることができて良かった。

 

そんなこんなで山中湖にあるキャンプ場「レイクロッジヤマナカキャンプ場」とてもアリ!また遊びに行きたいと思います。

 

 

今朝のBIKE&FISHは「今週はよく釣れたので今日は別に釣れなくてもいいか」と言う無欲スタイルで攻めたら「え、そんなところから?」と食ってきた重たいファイトの50.5cmが。

朝活BIKE&FISH シャッドで釣れたクロダイ

2日連続「年なし」は嬉しいけど運を使い果たしそうで怖い。おごらず慎重に行こう。

スマイルバイクパーク最近のプライベートレッスンの傾向Riders-Diary

ありがたいことにスマイルバイクパークでのプライベートレッスンを定期的にいただいております。

近頃のレッスンの傾向として、MTBを体験してみたいという親子やお子さんたちへのダート走行の基礎的なものから、バニーホップやジャンプのコツ、パンプトラックやスラロームを更に速く走るためのテクなど詳細なものと、二分化しているように感じますね。

スマイルバイクパーク SBP プライベートレッスン

今回レッスンを受講された方も、バニーホップのコツとスラロームのコーナリングを教えて欲しいというご要望でした。

 

スマイルバイクパーク SBP プライベートレッスン

この方は29インチのフルサスバイクに乗られているので、ダイナミックな荷重移動からのフロントアップと、独特な踏切のタイミングが必要になり、そのやり方をレクチャー。

 

スマイルバイクパーク SBP プライベートレッスン

スマイルバイクパーク SBP プライベートレッスン

スラロームは安全マージンをしっかり持った、スムースなライン取りとブレーキングポイント、そして効率的な練習方法をレクチャーさせていただきました。

 

レッスン終わりに自分の少しスラロームコースで練習。

スマイルバイクパーク SBP croMOZU275 スラロームコース

どんどんバームが高く厚く育っていて高速で走っても飛び出る心配がありません。この作業を行っているのは常連ライダー(ここまで来ると殆どスタッフ?)の須藤さん。本当に感謝です!

 

先日、ヨツバサイクルのミナト君にノーフットのやり方を伝授したら即メイクされてしまったので、

オッサンの威厳を見せなくては!と、大人気なくも4連ジャンプを全部ノーフット入れて飛んでみました。まさかの1発メイクでテンションぶち上がり(汗)

 

 

極寒の早朝BIKE&FISHは知人と珍しくダブルヒット!

朝活BIKE&FISH シャッドで釣れたクロダイ

上のシーバスが知人が釣ったもので、下のクロダイが自分です。とても厳しい状況が続いていましたが、たまにはこんなご褒美があると本当に嬉しい!

金土日のことをまとめてRiders-Diary

金曜日

TUBAGRAライダーYAMATO君にウチの近所まで来てもらい、某自治体から依頼された動画撮影。その合間に少し河原で乗ってもらいました。

多摩川河原 YAMATO croMOZU275

croMOZU275での土手ドロップワンフットバームロール?

 

続いてSHAKA2 26に乗ってのGターン。

分かる人には分かる、フロントブレーキレス、サスペンションフォークで行うという超高難易度トリックです。(通常はフロントブレーキとリジッドフォークを使って行います)

 

そんなYAMATO君の近影を愛車であるSHAKA2 26と共に撮影。

YAMATO SHAKA26

こういったライダーとMTBが一緒に写っている写真を撮るのも見るのも大好きです。

 

 

土曜日

終日スマイルバイクパークで3件のプライベートレッスンを行いました。

スマイルバイクパーク SBP プライベートレッスン

バニーホップを習得したい9歳の男の子。

 

スマイルバイクパーク SBP プライベートレッスン

パンプトラックをより早く走りたい7歳の女の子。

 

スマイルバイクパーク SBP プライベートレッスン

もともとガッツリMTBで走られていて、今回eMTBを初めて体験してみたい女性。

 

1日3件のプライベートレッスンを行うと心身ともに疲れ果てますね。

 

 

日曜日

昨日に続いて2日連続スマイルバイクパークでプライベートレッスン。

スマイルバイクパーク SBP プライベートレッスン

MTBをガッツリ楽しみたい親子に基礎からパンプトラック、スラロームコースまで安全かつスムースに走れる内容をレクチャーしました。

 

レッスンの後に遊びに来ていたライダーの撮影を少し。

スマイルバイクパーク SBP ミナト君 ヨツバサイクル

ヨツバサイクルのサポートライダーミナト君のワンフット。

 

スマイルバイクパーク SBP ミナト君 ヨツバサイクル

同じくミナト君のナックナック。この後、ノーフットのコツを伝授したら、私が帰った後にキレイにメイクしたとのこと。

 

スマイルバイクパーク SBP 鈴木雄大君 MOZU24

スマイルバイクパーク常連のMOZU24ライダー鈴木雄大君のナックナック。

 

スマイルバイクパーク SBP コッシー君

そして同じくスマイルバイクパーク常連ライダーコッシー君のワンフットテーブルトップ(インバート)。

常連ライダー達もさらに上達しようと新しいエアートリックにトライしています。

 

一方、ウチの息子も久しぶりにスマイルバイクパークに来て飛び走った訳ですが…

スマイルバイクパーク SBP 叶大 koMOZU

久しぶり過ぎて見事にテクニックが劣化していました!もっと頻繁に連れてこないとな…(汗)

 

 

BIKE&FISHはお馴染みクロダイをシャッドで。

朝活BIKE&FISH シャッドで釣れたクロダイ

このシャッド、近所に住む知り合いのオリジナルだったりします。オリジナルルアーで釣ると嬉しさがハンパない!これは癖になりますねぇ。

このWebサイトで紹介している画像や動画を使用するのは構いませんが、営利目的で使用される場合はご連絡ください。
ライディングの際はそれぞれの判断でプロテクターを装備しましょう。
このWebサイトで紹介しているライディングを真似して怪我をされても当サイトは責任を取ることはできませんのでご了承ください。

Copyright © 2021 by Street MTB Team TUBAGRA