SILKYPIX Presents MTBストリートとは?

TUBAGRA

MTB(マウンテンバイク)チーム TUBAGRA(ツバグラ)にようこそ。
このホームページではMTBでストリートやダートジャンプ、スケートパークの乗り方を紹介しています。
MTBのトリック講習会、コンテスト、デモショーの企画も行います。お気軽にお問い合わせください。
バニーホップがしやすいストリート専用フレームMOZUの開発〜販売も行っています。

PEDAL DAY 2014 BANK BATTLE Coverphoto Gallery

PEDAL DAY 2014 BANK BATTLE

PEDAL DAY 2014バナーTUBAGRA / drive FramesSILKYPIX

Topics

PEDAL DAY 2014 BANK BATTLE & BUNNY HOP CONTESTの写真1Riders-Diary

何回かに分けてPEDAL DAY 2014 BANK BATTLE & BUNNY HOP CONTESTの写真をアップしていきます。

日が陰ってきて、多少なりとも過ごしやすい気温になってきました。代々木公園けやき並木通り、公園通りに面したこの場所で、PEDAL DAYが開催されます。渋谷と原宿を結ぶこの通りの平日1日の通行人は2万人ほど。左手にはNHKがありますね。

PEDAL DAY 2014

PEDAL DAYでは色んな種類の自転車を見ることができます。この三輪カーゴバイク、タイヤはTIOGAのFS100を履いていいて、足回りが格好いいと、全体の印象が締まりますね。

PEDAL DAY 2014で見た3輪カーゴバイク

色々と凄いトールバイク。ハンドルがクルマ用になっています。これで安定するんですね〜

PEDAL DAY 2014で見たトールバイク

まだBANK BATTLEが始まるよりもかなり前の時間ですが、バンクやレールを設置して、早めに来てくれたライダー達に遊んでもらいました。

この写真は26インチホイールMTBライダーのbori君の刺しエアー。

バンクで練習するbori君

彼はここのところ、頻繁にこのようなイベントに参加していて、メキメキと実力をつけています。

大学生BMXライダーのショウタ君。始めたばかり、ということですが、バニーホップ180の安定感はかなりのもの。

バンク180をするショウタ君

これからの成長に期待したいですね!

グラインド大好き大学生BMXライダーのTOMMY君。フロント下がりのスタイル出まくりなバニーホップ180。

バンク180をするTOMMY君

シートが壊れていて、激しいトリックを行うと、キャップじゃなくてシートが飛びます。

軽やかで鋭い動きを連発していた大学生BMXライダーのカナイ君。これまた高くてフロント下がりの180。

バンク180をするカナイ君

おそらく現時点で国内BMXストリートライダーの中ではトップクラスの実力を持つ海彦君のレールマニュアル。

レールでマニュアルをする海彦君

ここからバースピンとか普通に入れちゃいます。

今回はMC業に専念し、BANK BATTLEが始まったら一切乗れなくなるため、今のうちにたくさんバンクで乗っておくTUBAGRAライダー森田君。バンクバニーホップインバートを見せてくれました。

バンクでインバートをするTUBAGRA森田君

いつもは、この場所で乗っていたら警備員がやって来て怒られてしまうところですが、PEDAL DAYのこのエリアではどれだけ乗ってもOKです。また、場所柄道行く人達の数もハンパなく、クールだったりアグレッシブなライディングをすると多くの人が足を止めて注目してくれます。中にはスマホで撮影していく人もチラホラいました。

いつもはアンダーグラウンドなストリートライディングを、こうやって公の場で数多くの人に見てもらえるのは、とても良い機会だと思います。ライダー達もそんな状況を楽しんでいるようでした。

 

そんなこんなで、休み明けで仕事が詰まっているため、今のところはこの辺で。
続きは今夜か明日の昼までにアップします。

PEDAL DAY 2014 BANK BATTLE & BUNNY HOP CONTESTお疲れ様でした!Riders-Diary

本日開催したPEDAL DAY 2014 BANK BATTLE & BUNNY HOP CONTESTに参加してくれたみなさま、観戦してくれたみなさま、暑い中本当にありがとうございました!

今日1日でたくさんの格好いい写真が撮れたのですが、当日のドタバタと、このイベントの準備で連日ヘロヘロだったので(まぁ、それだけではないのですが)、今日のところは最後の最後に大盛り上がりだったBANK BUNNY HOP CONTESTの上位4名の写真をまずアップします。

他の写真は数日以内に全部アップしますので、少々お待ちください。

それでは行ってみましょう。

バー150cmをクリアーし4位となった26インチホイールMTBのAshi君(TUBAGRA、361Local、Wasteman Products)のバンクバニーホップ。バンクの高さは最高部で35cmです。

ashi君のバンクバニーホップ150cm

この時、すでにアシ君のサスフォークが壊れていて(60mmのショートストロークが100mmになっていた)メチャクチャなポジションの悪条件下でこのパフォーマンス。

あと、バーが垂れている中央が指定の高さ(150cm)に設定されていて、バーの左右の端は2〜3cmほど高いのですが(153cm)、アシ君はいつもリアタイヤがその高い方に流れているので、もっと中央に来るようにすれば楽に飛べると思います。

ちなみにバーに少しでも触れたらアウトの「PEDAL DAYルール」でこのバニーホップコンテストは行っています。

 

一番最初に160cmのバーを飛び越えて会場の度肝を抜いた3位の24インチホイールMTBのAKIRA君(DSB.Lo、drive、AUTHEN)のバンクバニーホップ。

AKIRA君のバンクバニーホップ160cm

今日、PEDAL DAYの会場である代々木公園に着いてバンクを設置した際、あえてバーを最高点である160cmに設定してみて、あまりの高さに「この高さを飛ぶ人はさすがにいないよね」と色んな人と話していたのですが、まさかその高さを飛ぶライダーが3人もいようとは思いもよりませんでした。

 

160cmのバーをクリアーし、163cmのバーを惜しくもかすって2位となったBMXのうみひこ君(ZEN Distribution, Flourish BMX Shop)です。

海彦君のバンクバニーホップ160cm

ご覧のとおり、ホイール径や自転車の種類は関係無く、ライダーのパフォーマンス次第で僅差のバトルが繰り広げられていました。

 

そして他の誰もがキレイに飛び越せなかった163cmのバーを唯一クリアーしたカナイ君です。

カナイ君のバンクバニーホップ160cm

キレイにクリアーした瞬間、本人はガッツポーズで、大勢の観衆からも歓喜の声と拍手が沸き起こりました。

この高さになると見た目はダイナミックですが、身体やバイクに来る着地の衝撃は半端無いし、すっごく繊細なテクニックが要求され、各ライダーとも本当にギリギリの戦いとなります。

それを征したカナイ君は本当にスゴかった!他のライダーもおめでとうございます!

BANK BUNNY HOP CONTESTの表彰式

優勝したカナイ君には賞金が、2位の海彦君、3位のAKIRA君、4位のアシ君にはberuf baggageのバッグが贈られました。

そんなことで、ひとまず速報的にBANK BUNNY HOP CONTESTの上位4名の写真を解説付きでアップしました。続きは明日… たぶん一度に、じゃなくて何回かに分けてアップします。おやすみなさい。

beruf baggageよりPEDAL DAY 2014 BANK BATTLEに協賛いただきましたRiders-Diary

公開がギリギリとなってしまって大変申し訳なかったのですが、いつもTUBAGRAをサポートしてくれているberuf baggageよりPEDAL DAY 2014 BANK BATTLEに賞品をご提供していただけるカタチで協賛していただきました。本当にありがとうございました!

beruf baggage RUSH SHOULDER SMALL(BEIGE)

beruf baggage RUSH SHOULDER SMALL(BEIGE)

 

beruf baggage STREAM BACKPACK(BEIGE)

beruf baggage STREAM BACKPACK(BEIGE)

 

beruf baggage RUSH SHOULDER MEDIUM(BEIGE)

beruf baggage RUSH SHOULDER MEDIUM(BEIGE)

いつも本当にありがとうございました!

 

というわけで、何とかBANK BATTLE & BANK BUNNY HOP CONTESTで使用するセクションも完成し、これから代々木公園に搬入します。

PEDAL DAY バンク完成

暑い夜にするよー☆

ぜひ、多くのストリートライダーは遊びに来てください!たくさん練習もできるし、色んなライダー達とセッションするのも良いですよ。代々木公園ケヤキ並木通り、公園通り沿いで待っています!!

真夏のパークライドtoBBQ&ドボンの会 後編Riders-Diary

前編の続きです。バーベキューでバッチリ肉を食べ、お腹いっぱいになったら最後はこのツアー(?)のメインイベント、ドボンです。ドボンというのは、分かりやすく言うと「川にドボンと飛び込む」ということですね。

ウチの奥さん・息子と談笑するjinkenさん。

jinkenさんの娘さんとウチの奥さんと息子

娘さんを傍らにくつろいでいる風ですが、ドボンを前にして、意外と川の水の冷たさにビビっているのでした。

とはいえ、最後にやらなければ話にならないので、覚悟を決めてドボンをするための岩によじ登るjinkenさん。結構大変そうです。(※裏から回れば簡単に岩の上まで行けます)

岩によじ登るjinkenさん

そして、教科書のようなドボンを披露してくれました!

jinkenさんによる教科書のようなドボン

続いてとーるちゃんもドボン。

と~るちゃんのドボン

当然、自分もドボン。

サモのドボン

OSAKAさんのダイナミックなドボン。

Osakaさんのドボン

最後はOSAKAさんとjinkenさんのダブルドボン。

jinkenさんとOsakaさんによるダブルドボン

飛び込んだ先は意外と深くて、最初はちょっと焦りますが、1回やったら慣れて快感になります。そして水の冷たさも1回頭まで浸かればテンション上がって大して気にならなくなりますね。ハッキリ言って、これは面白いですよ!

トラックのタイヤのチューブを利用した川下りも気持良かったですね。水面ギリギリを浮遊感たっぷりで進んで行くのが最高です。

トラックのチューブの浮き輪

最後はとーるちゃんが知り合いの農家さんから買ってきた、というスイカを食べて締め!とても美味しかったです。ありがとうございました!

と~るちゃんが持ってきてくれたスイカで締め

最後は参加者たちで揃って記念撮影。とても良い夏の想い出ができました。

参加者で記念撮影

一番最初のパークライドは水たまりが残って実現しなかったものの、数多くの人達が参加するには講習会の方が良かったかも知れません。(プラネットパークは諸々の事情で敷居が高過ぎるかも)

前半後半と読んでいただけると分かる通り、素晴らしいシークレットスポットで、用意してくれたバーベキューもかなり美味しく、普段できない体験を数多くでき、トータルでかなり充実していて、これで5,000円ならかなり満足できる内容だと思います。

来年は息子も歩き回れて沢遊びができるハズなので、また違った面白さがあるのかも知れません。もちろん来年もウチの家族は参加しますよ!

今回のイベントを企画してくれたjinkenさん、本当にありがとうございました!

真夏のパークライドtoBBQ&ドボンの会 前編Riders-Diary

今日は待ちに待った、「真夏のパークライドtoBBQ&ドボンの会」でしたが、最初のパークライドの場であるプラネットパークが前日降った雨で水たまりが多数ありクローズド状態で、泣く泣くクルマで少し行った先にある公園で、バニーホップ講習会となりました。

参加メンバーのOSAKAさんにマニュアルのポジションを伝授するjinkenさんとと~るちゃん。

真夏のパークライドtoBBQ&ドボンの会

さらにストロボを活用したライディング撮影講習会も行い、その素材としてjinkenさんに頑張ってもらいました。

真夏のパークライドtoBBQ&ドボンの会

いつもより多くリアタイヤが上がっています。

真夏のパークライドtoBBQ&ドボンの会

自分も指が突き指や爪がヤバくて練習中のバニーホップバースピンをすることを控えていたのですが、その場のノリで何度かトライ。そしたら何とできた?その瞬間をと~るちゃんがスマホで撮ってくれていました。カメラの前では初?

でも、スローモーションで見ると、ちょっとチョンボをしているような… うーん… まだ駄目か…!

 

そんなこんなで1時間ほどライディングをしてから、今回のメインディッシュであるBBQ&ドボンをするため、みんなで檜原村に移動しました。途中の道はたくさんの川を利用したバーベキュー施設があるのですが、どこも多くの人達で混み合っていましたね。

そして、檜原村に到着。クルマを停めた場所からjinkenさんのシークレットスポットに歩いて行くのですが、着いてびっくり。途中のバーベキュー施設があれだけ混んでいたのに、人っ子一人いない極上の沢が目の前に拡がっているじゃないですか。マイナスイオン出まくりどころじゃありません。

真夏のパークライドtoBBQ&ドボンの会

遥か彼方に釣りをする人が見えるのみで、他には誰一人いません。(今日は曇り雲で少し気温が低かったことも影響しているようですが)

真夏のパークライドtoBBQ&ドボンの会

ちなみにこの場所、地元の人間じゃないとまず分からないルートを通ってくるので、それ故にシークレットスポットとなっています。

真夏のパークライドtoBBQ&ドボンの会

砂利の程よい面積の河原にバーベキューのセッティングをします。

真夏のパークライドtoBBQ&ドボンの会

飲み物やスイカ、キュウリなどは滲み出てくる超冷たい水に漬けて冷やします。なんかすっごく贅沢な感じ。

真夏のパークライドtoBBQ&ドボンの会

肉はjinkenさんが前日購入してくれていた、豪華な秋川牛です。

秋川牛の肉

焼いて食べると柔らかくて脂が甘くてとろける美味しさでした。

秋川牛の肉

豚カルビもジューシーで歯ごたえ良くて激ウマ!

檜原村でBBQ

野菜も一緒に食べますが、全体的に肉の割合が高く、絶妙な満足度でした。

檜原村でBBQ

川岸に置いたリクライニングチェアでくつろぐ奥さんと息子。息子はミルクをゲロって着ていた服を汚してしまい、jinkenさんの娘さんの服を貸してもらいました。本当にすみません!

くつろぐ息子と奥さん

それにしてもピンクの服が似合わない息子なのでした。

色んなことが起こって疲れてしまったのと、過ごしやすい気候で、グッスリ眠ってしまった息子。

心地よくて眠る息子

後編に続きます。肉もたっぷり食べ終わったので、いよいよドボンを始めます。

次の月曜は夕方から代々木公園でストリートセッション&コンテストRiders-Diary

8月17日、次の月曜は代々木公園ケヤキ並木通りNHK前でPEDAL DAY 2014 BANK BATTLE & BUNNY HOP CONTESTが開催されます。

予定では15時くらいから会場がOPENし、バンクやレールなどが設置され、エリア内で好きにストリートライディングをすることができます。ストリートではアンダーグラウンドなライディングを、この場では大勢の門前で行うことができます。

以下は去年の画像です。渋谷と原宿の中間地点、通り道であるここを歩く大勢の人達が足を止めて見てくれます。

PEDAL DAY BUNNY HOP

MTBもBMXもFGFSもTRIALも、何でも参加OKです。自由にセッションしてください。

PEDAL DAY BUNNY HOP

今回はバンクとレールも設置されています。

夜18時からバンクを使ったワンメイクトリックコンテストを行います。エントリーは無料。練習時間もたっぷり用意してあるので、じっくりこのバンクに慣れることができます。

けんぷっぷさんにPEDAL DAY 2014 BANK BATTLE用のバンクを作っていただきました

寸法は、幅910mm、バンクの長さ1660mm、高さ350mmとなっていて、タイミングを取りやすく、かなり力を貯めて飛ぶことができます。

そして19時半からは同じくこのバンクを使ってバニーホップコンテストを行います。同じくエントリーは無料です。

PEDAL DAY BUNNY HOP

去年はバー105cmが優勝ライダーの高さでしたが、バンクを使ったらどれだけ高く飛べるのでしょうか?

PEDAL DAY BUNNY HOP

できたら事前エントリーをしていただきたいですが、当日まずは現地に来ていただき決めていただいても結構です。上位入賞者には賞金と賞品がもらえます。

エントリーはこちらからできますので、できたらぜひお願いします!

 

今日は朝一で水野君と新横浜スケートパークに行き、現地でbori君と合流し、みんなで乗りました。

bori君のバンクバニーホップ。スムースで高く飛べていましたね。

bori君のバンクバニーホップ

水野君のバンク斜め刺しバニーホップ。安定して決めますね。

水野君のバンクバニーホップ

自分は久しぶりにダウンレールでのハングオーバートゥースグラインド(オーバートゥースハンガー)練習をしました。いやー、最低のメイク率でしたね。たくさん転んだし。下の画像、ビビって腰引きすぎだし…

サモハングオーバートゥースグラインド

まー、でも今回でカタチを思い出したので、頻繁に繰り出して完全に自分のモノにしたいと思います。

夏休み1日目Riders-Diary

昨日は朝一で城南島スケートパークに行き、短時間ですがコソ練をしに行きました。

9月に山形県寒河江スケートパークで開催されるOYA-Z BMX JAM 2014に備え、そろそろ実践的なトリックの練習をしよう、ということで。それでパークに到着すると、パークが開く時間の8時半の段階で上手いキッズスケーター達でランプセクションは埋め尽くされており、仕方なしに不人気なレールで主に乗ることにしました。

得意技(?)であるハングオーバートゥースグラインドを何十回と確かめるように反復練習。

サモ ハングオーバートゥースグラインド

確実なメイク率と、できる限り長距離を流すことを意識して。

同じくアイスピックグラインドも繰り返しましたが、まだ人に見せられるレベルにはなっていないですね。なんかできそうなのに、どうしても苦手ですねこのトリック。

そして、お馴染みの180フェイキーダブルペググラインドも何度か。

サモ 180フェイキーダブルペググラインド

うーむ、レッジと違いレールだとメイク率がどうしても下がりますね。難しいなぁ。

そんな上の2つをまとめた動画をどうぞ。わずか12秒程度の動画なので、お気軽にチェックしてみてください。

 

夕方から叔母の家にお邪魔し、たこ焼きパーティをしました。受験生の従兄弟に抱きかかえられてゴキゲンの息子。ウチの息子は誰にでも笑顔を振りまくので、すぐに場が和んで助かります。

従兄弟と叶大

自撮りでイメージ通りの写真が撮れないとRiders-Diary

自分は基本的に1人で乗ることが多く、自分の写真を撮ろうとしたら殆どは自撮りとなり、カメラのセルフタイマーを駆使します。

今日の朝練は、ひとまず指が完治するまでバニーホップバースピン練習はおあずけとし、レールでのフィーブルストール(フロントタイヤをレールの上に乗せ、リアペグはレールにかける)の自撮りをすることにしました。

事前には何度か上手く行っていたものの、セルフタイマーで行うと(10秒でシャッターが切れる)焦ってバニーホップの精度が落ち、フロントがレールの上に乗らず、普通のダブルペグばかりになってしまいました。

朝練ペダルストール

そんなこんなで失敗を繰り返していたら外部ストロボの電池が無くなり、「ここで頑張ったところで大した写真は撮れないし…」となって、一発ギャグに路線変更。

ここですぐに決まったのが、ペダルストール敬礼です。

ペダルストール敬礼

ストロボ光らないし、すごく地味な写真になりました…。あ、これ難易度はそれ程高くないです。

次はノーハンド(チキンウイング風)やってみようかな。たぶんすごく地味だけど。

家に戻って撮れた写真をチェックしてて、一番面白かったのがこの失敗写真でした。このレールにかけるの何の造作もいらないので、完全に舐めてかかっていたらこうなりました。

ペダルストール敬礼失敗

まさかミスるとは思っていなかったので、受け身を取ることなく完全に上半身から行ってます。倒れた先は草地なので、幸い大した怪我はしませんでしたが、レールとバイクに挟まっている左足が地味に痛かったですね。

このあと、バンクに移動して180や270などを盛り込んだ新しいルーティンを考えるべく試行錯誤。ホントはここでの写真や動画をたくさん撮りたいところなのですが、お盆期間にも関わらず、通勤・通学(部活?)の人達がたくさん付近を通るので、一切カメラを取り出すことができません。ツライなー。

 

うーむ、朝練自撮りでイメージしていた写真が撮れないと、その後の通勤電車の中ですごく虚無感に苛まれます。あー、そもそもフィーブルストール決めたかったな。もっと確実にメイクできるよう精進します。

 

PEDAL DAY 2014BANK BATTLE & BUNNY HOP CONTESTにエントリーしていただけるライダー、協賛企業など、随時募集しております。よろしくお願いします!!

 

今日の親バカコーナー!
息子がちょこんとお座りができるようになりました。

お座りする叶大

まだ頭が重いのか、たまーにバランス崩して倒れてしまいますけど、この姿勢でテレビを観てケタケタ笑ったり、オモチャをハムハムしている姿を見ると非常に萌えますね!

fool & the gang.よりPEDAL DAY 2014 BANK BATTLEに協賛いただきましたRiders-Diary

仙台のfool & the gang.よりPEDAL DAY 2014BANK BATTLE & BUNNY HOP CONTESTに協賛していただきました。本当にありがとうございます!!

fool & the gang.

9月14日(日)山形県の寒河江スケートパークで開催されるOYA-Z BMX JAM 2014のフライヤーもたくさん送っていただきました。こちらにはTUBAGRAも協賛させていただいております。

OYA-Z BMX JAM 2014のフライヤー

今回は協賛していただけるところがとても少なく、本当に困っていたので、凄く助かりました。

何度でも書きますが、相変わらずPEDAL DAY 2014 BANK BATTLEの協賛スポンサーも募集しております。

しつこくて本当に恐縮ですが、PEDAL DAYは毎回雑誌や色々なメディアで大きく扱われるので、PR度は非常に高いと思います。企業様でもショップでも、ローカルチームの方でも、個人の方でもOKです。本当によろしくお願いします!こちらのページに詳細情報があります。

 

先日紹介しましたが、真夏のパークライドtoBBQ&ドボンの会の参加者はまだまだ募集中です。
パークで乗るのはちょっと…」という方は、BBQから参加でも構いません。

真夏のパークライドtoBBQ&ドボンの会

日程:2014年8月17日(日)
場所:戸吹スポーツ公園スケートパーク(プラネットパーク)→檜原村 JBPシークレットスポット
定員:10人
参加料金:5,000円/人(BBQ食材代・保険料込み)
BBQ道具・食材とソフトドリンクはたっぷりこちらで用意・輪行で来られる場合は最寄りの駅までクルマで送迎あり。ご家族(奥さんなど)が一緒の場合は追加 大人4,000円/人中学生以下2,000円/人6歳未満無料

ドライバー以外の方で、ビール等必要な方は途中のコンビニ等で購入することができます。現地にもちょっと歩くか自転車で行けばビールの自動販売機等はあります。

スケジュール:
08:00 輪行組はJR五日市線 秋川駅でjinkenさんがピックアップ(先着4名まで)
08:30 プラネットパーク集合(クルマの方は現地集合) ライディングスタート(パーク料金500円は別料金)
10:30 プラネットパークを出る
11:00 檜原村 JBP裏のシークレットスポットに移動
11:30 BBQ準備
12:00 BBQ&ドボンスタート
15:00 解散(希望者は近くの温泉へ(実費)、必要な人はJR武蔵五日市駅までクルマで送り届けます)

※プラネットパークはディスクブレーキの使用が禁止となっていますので、ご注意ください。

お申し込みはこちらからお願いいたします。(定員に達しましたら締切らせていただきます)

お問い合わせはこちらから

入力フォームには「真夏のパークライドtoBBQ&ドボンの会」とだけ書いていただければOKです。

保険の申し込みに必要なので、以下の情報も入力フォームにご記入ください。
・氏名
・住所
・電話番号
・生年月日

バイクと着替えだけ用意していれば、夏らしい最高の体験をすることができますので、ぜひご参加ください。よろしくお願いします!!

自分も奥さんと息子を連れて参加します。一緒にBBQしながらお話できると嬉しいです。

このWebサイトで紹介している画像や動画を使用するのは構いませんが、営利目的で使用される場合はご連絡ください。
ライディングの際はそれぞれの判断でプロテクターを装備しましょう。
このWebサイトで紹介しているライディングを真似して怪我をされても当サイトは責任を取ることはできませんのでご了承ください。

Copyright © 2014 by Street MTB Team TUBAGRA