SILKYPIX Presents MTBストリートとは?

TUBAGRA

MTB(マウンテンバイク)チーム TUBAGRA(ツバグラ)にようこそ。
このホームページではMTBでストリートやダートジャンプ、スケートパークの乗り方を紹介しています。
MTBのトリック講習会、コンテスト、デモショーの企画も行います。お気軽にお問い合わせください。
バニーホップがしやすいストリート専用フレームMOZUの開発〜販売も行っています。

新しいSHAKA24でのTUBAGRAライダーAKIRA君のバニーホップ Coverphoto Gallery

AKIRA's new SHAKA 24 Bunny Hop

TUBAGRA/driveライダー達が乗っているフレームはこちら24・26インチストリート/トライアルホイールはJBPまで!裏山ライドTokyo

Topics

マイブームRiders-Diary

昨夜、ウチの近所の半径数kmだけのエリアで大雨が降り、朝起きて朝活BIKE&FISHをしに多摩川河原に行くと路面はビショビショでした。川も依然として濁流で(上流で大雨が降ったっぽい)、一応釣りはしたもののスモールマウスバスを2バラし。ううー(泣)

 

釣りは早々に切り上げてMTBで飛んだり回ったりしようとするも、路面が濡れて滑るので回転系は封印です。

仕方ないので、先日初トライして楽しかった木に再び登ってきました。

croMOZU275 3rd TEST多摩川河原サイクリングコース ツリーライド

前回と同じことをしてもつまらないので、前よりも速く進入してツリーライド。おかげで前回よりも高い位置まで到達できました。

それで今回分かったことがあります。高く登れば登るほど、トゲトゲの松の葉が頭に刺さるということと、着地の衝撃が激しくなりフェイキーで崩れやすくなるということ。

 

逆にこういう要素があることで燃え、さらに高く登ってフェイキー切り返しまでキレイにメイクしたいと思う自分もいます。

もうしばらくこの木でツリーライドしますね。(※あまりやり過ぎると木に悪いのでほどほどに)

 

うん、例の盛土が消失しても、それに替わる面白いセクションが見つかるから面白いです。もちろん、それを攻めるためには自分のテクニックもそれに合わせて向上させなくてはいけないので簡単ではありませんが、それがあるから面白いってことで!

 

それにしても、今年の夏の終わり(秋?)は本当に雨続きで参りますね。全然路面が乾かないし。

 

ロシアンライダー Alexey Sinaykoさんの動画。バニーホップバースピンのキレが凄まじいです。2回転が当たり前だし。

悩ましい日々Riders-Diary

残念なお知らせがあります。名古屋の凄腕ライダー拳汰君がTUBAGRAを脱退しました。「一身上の都合で」ということですが、TUBAGRA入りする際は僕を説得する勢いで熱い想いをぶつけてくれ、将来を期待するカタチで承諾させてもらいましたが、まさかこんなに早くにこのような連絡が来るとは自分も思いもよらず、正直、未だに困惑しています。

もちろん、自分が直接名古屋に行き彼を撮影したりとか、しっかりフォローしきれなかったという原因もありますので、己を省みることも忘れません。

とはいえ、今は育児や仕事、父の病気など問題は山積みで、TUBAGRA関連のイベント開催どころか、土日を含め自分の自由になる時間は早朝の1〜2時間のみとなっているので、どこまでフォローできたかは知る由もないのですが。

 

これからTUBAGRAの製品(akaMOZUや3インチライズクロモリバーなど)をどんどんリリースする予定で、盛り上げていくところなんですけどね…

 

そんな残念な気持ちを振り払うべく、今日の朝活BIKEは1週間くらい前から目をつけていた多摩川河原の木を、croMOZU275 3rd TESTに乗ってツリーライドで攻めてみました。

croMOZU275 3rd TEST多摩川河原サイクリングコース ツリーライド

最初の方のトライでは木がほとんど直壁にしか見えず、まったくメイクできる気がしませんでした。それでも5回もアタックし続けるとフェイキーまで持ち込めるようになったではないですか!

そして10回目くらいのトライでメイク!その様子を収録した動画はこちらです。↓

慣れると恐怖心はほとんど消え、もっと木の高いところまで登って行きたくなります。ツリーライド面白い!!

よし、次に攻める際はもっと高いところまで上って行くぞ!お楽しみに☆

テーパードコラム対応NEW MOZUフレームRiders-Diary

先日完成したテーパーコラム対応MOZUフレーム。

テーパードコラム対応MOZUフレーム

テーパードコラムが当たり前となった最新のサスフォークをインストール可能なヘッドチューブを採用しています。

テーパードコラム対応MOZUフレーム

リアセンター(チェーンステー長)は今までのMOZUと同じく最短355mm。このおかげでフロントアップやバニーホップ、回転系トリックがやりやすいです。

テーパードコラム対応MOZUフレーム

この写真のフレーム(BLACK)は残り1本で即納可能ですので、ご興味のある方はお問い合わせください。価格は95,000円(税抜)で、関東近郊なら私が直接デリバリーします。(送料や梱包代 約3,000円が一切かかりません)

同じくテーパードコラム対応MOZUであるakaMOZUとは重量や、フレームのしなやかさが全然違う別物です。

詳細スペックはこのページをご覧ください。

SHAKAベースの特注フレームRiders-Diary

独自のストリートトライアルを追求するM-PAPAさんが、MTBストリートに最適なコアなジオメトリを採用するSHAKAフレームをベースに、特注フレームをオーダー。この度、バイクが組み上がったということで写真を紹介させていただきます。

M-PAPAさんオーダーのSHAKAトライアル

基本的にはSHAKAのジオメトリですが、リアまわりはMTBエンド(135mm/10mm)と、太いタイヤが入るように幅広のチェーンステーを採用しています。(SHAKAは通常BMXエンド(110mm/14mm)を採用)

M-PAPAさんがシェイクダウンで乗られた感想は、(パーツはすべてトライアル仕様なものの)フロントアップ系トリックがすべてクイックにスパッと決まるようになってとても楽しい!とのことです。

 

このような従来のTUBAGRAのオリジナルフレームをベースにした特注フレームは、通常のフレーム価格+40,000円で受け付けております。

追加で40,000円がかかる理由としては、通常のTUBAGRAのフレームは、1ロットでまとまった本数を作ります。それによって作業の効率化を図り現状の価格に収めていますが、今回のような特注フレームは新たに専用の設計図面を書くケースもあり、それ1本のために工具やジグ(フレーム作成時にパイプを固定する器具)を設定するため、手間のかかり具合が大きく違ってくるのです。

という訳で、「TUBAGRAのフレームをベースに、どうしてもこういった仕様のフレームが欲しい!」という方はお問い合わせください。実現できること、不可能なことなどありますので、まずはお話をうかがってから、ということになります。

 

 

連日の雨でまったくMTBに乗れていませんが、いや、普通に乗れはしてもタイヤが滑るのでバニーホップ180など回転系ができていません。

仕方ないので、数日前の雨が降る直前の朝活BIKEをしている写真をご覧ください。

croMOZU275 3rd TEST多摩川河原サイクリングコース バニーホップ180

croMOZU275 3rd TESTでのバニーホップ180。

 

最近、朝活BIKEでご一緒する機会の多い、SHAKAに乗るMさんの刺しバニーホップ。

松平さんによるSHAKAの刺しバニーホップ

Mさん、何とか刺しバニーホップで何とか両腕を伸ばせるようになってきました。

松平さんによるSHAKAの刺しバニーホップ

SHAKAに乗り始めてから凄い勢いで上達されていて、こちらとしてもとても嬉しいですね!

朝活BIKEはほぼマンツーマンの練習会となっていますので、ご興味のある方はぜひ遊びに来てください。だいたい日曜日の朝6時半くらいから多摩川丸子橋近くの河原の公園で乗っています。

 

自転車雑誌「サイクルスポーツ」の表紙が、秋アニメ「ろんぐらいだぁす!」仕様になっていました。

サイクルスポーツ 2016年11月号 ろんぐらいだあす!表紙

またロードバイクがブームになるのか… というか、もうすでに日本でロードバイクはブームになっているか!

 

 

MTBがブームになる兆しはないのか…?

と思っていたら、今季の「仮面ライダー エグゼイド」にはMTBに乗る仮面ライダーが登場します!

関係者の話ですと、MTBのスタントは有薗啓剛さんが担当されている、とのこと。

このライダーがどれだけ登場するか知る由もありませんが、これを観た子供たちが影響を受けるのは間違いないでしょう!

 

朝活BIKE&FISHは雨でも構わず行っています。

croMOZU275 3rd TEST多摩川河原サイクリングコースと彼岸花

ミミズでまさかのモズクガニが釣れました。

朝活BIKE&FISHで釣れたモズクガニ

 

さらにワームでスモールマウスバスも。

朝活BIKE&FISHで釣れたスモールマウスバス

最近釣れるのはこのサイズばかりでしたが…

 

今朝の大雨の中、濁流の多摩川からまさかの30cmオーバーを釣りあげました。

朝活BIKE&FISHで釣れたスモールマウスバス

絶対に釣れないと思って諦めムードで釣り始めた1投目。もう本気でビックリしました。何が正解か分からないですね。

せいせきみらいフェスティバルでMTBショーVol.3Riders-Diary

3回に分けて引っ張りましたが、今回で「せいせきみらいフェスティバル」で、僕たちTUBAGRAがMTBショーをさせていただいた話の最終回となります。

12a

今回のショーの出演メンバーは、上の写真の中央 ひのじゃが君、右のTUBAGRAライダーYAMATO君、ひのじゃが君の左隣のMC森田君です。

 

時間通りショーはスタート。見てください!この人だかり!!とても多くの人に観ていただけてとても光栄でした。

せいせきみらいフェスティバルでMTBショーをしてきました

お客様の目の前まで行きアピールするひのじゃが君です。

ちなみに路面は26インチホイールで頑張ってペダリングしてもどんどん失速する深い草地でした。

 

MC森田君が軽妙なトークでライダー紹介をしていきます。

せいせきみらいフェスティバルでMTBショーをしてきました

YAMATO君は彼女募集中ということを散々いじられていましたね。

 

そしてライダー達の乗るMTBの紹介に続きます。

せいせきみらいフェスティバルでMTBショーをしてきました

この会場には白バイを展示していたお巡りさん達もたくさんいたので、スケートパーク専用のノーブレーキ仕様のSHAKAを掲げる瞬間はちょっとドキドキしましたね。(捕まえられちゃうんじゃないかと…注 公道は走っていません)

 

YAMATO君に基本トリックからお子様に大好評だったランバイクでのアクションをしてもらった後、ついにひのじゃが君の登場です。

せいせきみらいフェスティバルでMTBショーをしてきました

最初はさんざん「お腹痛い…」などと乗ることを遠慮していたものの、いざ乗るとなると大ノリじゃないですか!

 

が、足が上がらなくてリアタイヤをまたげない…!(泣)

せいせきみらいフェスティバルでMTBショーをしてきました

 

そして何とか乗れたと思ったら、ダニエルやジャックナイフターンtoフェイキーなど華麗にメイク。

せいせきみらいフェスティバルでMTBショーをしてきました

ひのじゃが君、なんだか以前より上達していない?

 

ひと通りのテクニカルなライディングを終え、驚く観客を前に「どや〜」って感じでたたずむひのじゃが君。

せいせきみらいフェスティバルでMTBショーをしてきました

 

今回のショーの所要時間はわずか20分。MC森田君が時計を確認しながらショーを進行していきます。

せいせきみらいフェスティバルでMTBショーをしてきました

 

クライマックス間近では、YAMATO君が携帯ジャンプランプを使って高さ1m以上のバーを飛び越すハイエアーを何度もメイク。

せいせきみらいフェスティバルでMTBショーをしてきました

路面の草地が深すぎて、通常のバニーホップだと飛ぶ勢いをだいぶ削がれるため、ジャンプランプを使う件は大成功。

 

最終的にひのじゃが君を飛び越えるYAMATO君でした。

せいせきみらいフェスティバルでMTBショーをしてきました

というか、メチャ飛び越しに余裕あるじゃないですか!?

ひのじゃが君にここまで頑張ってしゃがんでもらわなくて大丈夫なので、今後は普通に座ってもらうのみにしよう。

 

「これでショーは終了!」かと思いきや、MC森田君がひのじゃが君にムチャぶり!

せいせきみらいフェスティバルでMTBショーをしてきました

なんと、本邦初公開!携帯ジャンプランプを飛ぶ、ひのじゃが君です。ショー後、ひのじゃが君が僕にポソリと「以外と普通に飛べる」

今後は携帯ジャンプランプで華麗に飛ぶひのじゃが君を見る機会が増えそうです!

 

お客様の中でも大勢の子供たちが大盛り上がりで、ライダー達に力をエネルギーをたくさんくれたと思います。

そして、フェスティバルのスタッフのみなさまも、僕たちを快くサポートしてくださり本当にありがとうございました!

せいせきみらいフェスティバル」はとても素晴らしいいイベントです。また来年も呼んでいただけると嬉しいなぁ。

 

せいせきみらいフェスティバルでMTBショーVol.1

せいせきみらいフェスティバルでMTBショーVol.2

せいせきみらいフェスティバルでMTBショーVol.2Riders-Diary

3連休の真ん中9月18日(日)に、東京都の多摩市一ノ宮公園で開催された「せいせきみらいフェスティバル」で、僕たちTUBAGRAがMTBショーをさせていただいた話の2回目です。

TUBAGRAライダーが全員揃ってちょっと一段落したくらいに、会場のスタッフの方から

今、大勢の子供たちに交通安全講習会をしているのですが、それが終わったら交通安全と絡めた自転車ショーをしてもらえないでしょうか?

というオーダーをいただきました。場所はMTBで走ってもすぐに失速する程の深い草地の上です。

TUBAGRAライダー全員、一瞬固まった後、「はい…!」と返事。

程なくして「交通安全講習会」が終わった子供たちがスタッフに誘導されて我々のところに流れてきました。

 

ちょっと強引ではありますが、「スタンディングなど自転車の基礎テクニックを身につければ、公道でも危険の回避に繋がりますよ!」という名目で、子供たちに楽しんでもらえるようなプチMTBショーを開催。

僕のcroMOZU275に乗ってダニエル(リアホイールホップ)やウイリーをするTUBAGRAライダーYAMATO君。

せいせきみらいフェスティバルでMTBショーをしてきました

ストリートのイメージが強いYAMATO君ですが、基礎トライアルテクニックもかなり安定して上手いです。

 
「ノーブレーキの自転車で公道を走ったら駄目ですよ!」と強く念を押してから、YAMATO君のSHAKAバイクで得意のバニーホップバースピンを披露。

せいせきみらいフェスティバルでMTBショーをしてきました

かなり走りづらい深い草地でバニーホップバースピンを安定してメイクするYAMATO君凄いです。

 

jinkenさんは24インチホイールストリートトライアルフレームOPENERに乗り、エンタメ要素の高いトライアルテクニックを駆使しテンポ良く子供たちにアピール。

せいせきみらいフェスティバルでMTBショーをしてきました

実は難しいジャックナイフキャンキャン。

 

今回はMC役で来た森田君も、僕のcroMOZU275に乗って高い刺しバニーホップ。

せいせきみらいフェスティバルでMTBショーをしてきました

完全平地からの飛び出しで、高さ80cm以上は確実に飛んでいますね。

27.5インチホイールのMTBでここまで簡単にバニーホップできてしまうことに、森田君をはじめ、jinkenさん、YAMATO君も驚いていました。

 

そんなことで、およそ5分間、子供たちにひたすら楽しんでもらうプチMTBショーを披露。いやはや、何とか無事に終わって一安心です。

子供たちには、この後メインステージでMTBショーがあることを伝えて解散としました。

 

続いて、メインステージでMTBショーをした話を書きたいと思います。

 

せいせきみらいフェスティバルでMTBショーVol.1

せいせきみらいフェスティバルでMTBショーVol.1Riders-Diary

3連休の真ん中9月18日(日)に、京王線の聖蹟桜ヶ丘駅から近くの多摩川河原にある多摩市一ノ宮公園で開催された「せいせきみらいフェスティバル」で、僕たちTUBAGRAがMTBショーをさせていただきました。

せいせきみらいフェスティバルでMTBショーをしてきました

参加したTUBAGRAライダーは、左からMCで森田君、ライダーでjinkenさん、YAMATO君です。

 

さて、今回参加させていただいた「せいせきみらいフェスティバル」とは、簡単に説明するとこんな感じのイベントです。

「2015年から始まり今年が2回目、多摩市に住む人々のや、子どもたちが主体に積極的に運営、参加してつくり上げるフェスティバル。最後にクラウドファンディングで資金を募った300発の花火の上がる」

という訳で、最初に話を聞いた僕たちは「東京郊外のこじんまりとしたイベントかな?」なんて思っていましたが… 実際に会場に着いたら度肝を抜かれました。

せいせきみらいフェスティバルでMTBショーをしてきました

会場は端から端まで歩くのが疲れるほど広く、フード系の出店もとても多い!!上の写真に写っているテントは半分ほど。(中央に2名変な人がいます…)

せいせきみらいフェスティバルでMTBショーをしてきました

朝まで雨が降っていて、時折小雨がパラつくあいにくの天気にも関わらず、子供たちをはじめとして老若男女の多くの人たちで賑わっていました。

 

稲城市のゆるキャラ「稲城なしのすけ」の巨大バルーンは中に入れるということで、順番待ちをしている子供たち。

せいせきみらいフェスティバルでMTBショーをしてきました

 

多摩市のTOYOTAディーラーも出店しており、TOYOTA86のレース車両は子供たちに大人気。

せいせきみらいフェスティバルでMTBショーをしてきました

さらに子供たちのクルマの整備体験会も行っていて大盛況でした。

 

イベント施設を走る電車?も常に順番待ちで大人気。以外とパワフルで速いです。

せいせきみらいフェスティバルでMTBショーをしてきました

他にも警察が白バイを、消防署が消防車を出展していて、共に子供たちは実際に乗って記念撮影をしていました。

クロネコヤマトや京王電鉄も出展していて、実際に制服を着てみての職業体験コーナーも充実。基本的にどのブースも子供たちで大賑わいですね。

 

さらにヤギやヒツジ、ポニー、ブタ、タヌキなどに触れ合える出張動物園もあり、遊びに来た子供たちや親御さんたちに楽しんでもらえるコンテンツが、これでもか!というほど充実していました。

せいせきみらいフェスティバルでMTBショーをしてきました

このイベントの特徴の1つであるクラウドファンディングで資金を募った花火も、第一回目は75発が、今回は何と300発に増えていました。

 

なんかもう、こんな立派なイベントに呼んでいただいて、とても光栄という気持ちになりましたね。

 

 

TUBAGRAのショーでは常連の東京都の秘境、檜原村のゆるキャラ「ひのじゃが君」もいよいよ登場。

12a

さて、Vol.2の方ではショーも含め実際にライディングしているシーンを紹介します。お楽しみに!

テーパーコラム対応MOZUフレームが完成しましたRiders-Diary

【告知】明日9月18日(日)に開催する「せいせきみらいフェスティバル」で、僕たちTUBAGRAがMTBショー&TUBAGRAのMTB試乗会&講習会を行います。

会場は多摩市 一ノ宮公園(多摩川河川敷・MAPリンク)で、TUBAGRAのMTB試乗会&講習会は15時くらいから、MTBショーは16時45分くらいからを予定しています。ぜひ、遊びに来てください!

参加ライダーはjinken、森田、YAMATO、サモの4人で、試乗できるバイクはcroMOZU275、YAMADORI、SHAKA、OPENERの4台です。

 

 

ついにテーパーコラム対応MOZUフレームが完成しました。

テーパードコラム対応MOZUフレーム
バニーホップや回転系トリックがやりやすいジオメトリはそのままで、最新のサスフォークをインストール可能です。

詳細スペックはこのページをご覧ください。

 

実はもうオーダー入りまくっていて、上の写真の「MOZU BLACK 26インチホイール対応」が、最後の1本となりました。ご興味のある方はお早めにお問い合わせください。もちろん即納可です。

 

今日は午前中、息子と一緒にMOZUフレームを作ってくれている岡安製作所に行きました。

岡安製作所でテーパードコラム対応MOZUフレームを持つ岡安さんと叶大

できたてホヤホヤのMOZUフレームを持って、息子と岡安さんで記念撮影。

工場からの帰り、渋滞が凄くて帰宅まで2時間近くかかってしまいました。息子は飽きて可哀想でしたね。

 

 

朝活BIKE&FISHなんですが、先週体調崩して以来まともにやっていませんでしたが、ようやく昨日実行。連日の雨で濁流気味の多摩川から釣った魚はミシシッピーアカミミガメと60cmの野ゴイ(撮影直前にバラし)と、猛烈に消化不良。

という訳で、今朝もやってきました。

朝活BIKE&FISHで釣れたスモールマウスバス

このサイズのスモールマウスバスが3匹釣れたのみでした…

デカいスモールマウスバスはどこにいるんだ?

最近MTBに乗れていないですRiders-Diary

先週、胃腸炎にかかりグロッキー。週明けに何とか治ったかな〜?と思ったら朝は土砂降りばかりで、まったく朝活BIKE&FISHができなかったここ1週間。運動不足で太ったかと思いきや、体調不良で体重減という不健康な痩せ方をしたのでした。

 

今朝は5時くらいまでドン引きするくらいの大雨が降っていたものの、6時を過ぎたら小降りになったため、ただ愛車の撮影をするために近所の多摩川河原へ行きました。

 

河原に着くと、舗装路は長引く雨によって水たまり+全面苔が生えたようなヌメリで覆われ、とにかく滑ります。普通に歩いていて何回か転びそうになったくらい。こんな時に回転系トリックでもしようした日には、フロント荷重の段階でタイヤが滑って大転倒間違い無し!

そんな訳で、ただ愛車を撮るだけの朝活でした。

最初はかれこれ3年半乗り続けているTUBAGRAのMTBストリートフレームSHAKA

TUBAGRA SHAKA 24 BIKE

ボロボロですけど、まだまだ1年くらいは乗れそうです。これだけ長く乗れるなんて、なんてコストパフォーマンスの高いフレームなんだ!!自分としては、未だにこのSHAKAよりもフロントアップの軽いMTBに乗ったことがありません。

 

そして、まだまだテスト中のアクションライディング専用27.5インチ(650B)ホイール専用MTBフレームであるcroMOZU275 3rd TEST。

TUBAGRA croMOZU275 3rd TEST BIKE

このバイクでバニーホップ180などの回転系トリックをするの、バイクやホイールが大きい分、とても快感なのです。

ああ、早く「例の盛土」に替わるぶっ飛べる地形を探さないとな…

 

明日こそは、何とか朝活BIKE&FISHしたいなー!

TUBAGRAライダー下間拳汰君のakaMOZUバイクRiders-Diary

名古屋在住のTUBAGRAライダー下間拳汰君のakaMOZU(テスト)バイクを紹介します。

TUBAGRAライダー下間拳汰君のakaMOZUバイク

自家塗装したライトブルーが特徴で、最近インストールしたSR SUNTOUR EPIXON(ストロークは90mmにショートストローク化済)がいい感じですね。

TUBAGRAライダー下間拳汰君のakaMOZUバイク

ライズ無しのフラットバーの方が大きな特徴かな?

 

そんな拳汰君の最近のライディングを動画でご覧ください。

 

$ NINJABOY $さん(@k0978k)が投稿した動画

 

$ NINJABOY $さん(@k0978k)が投稿した動画

 

 

拳汰君が乗るのは、TUBAGRA初となるメイド・イン・タイワンのMOZU「akaMOZU」です。

TUBAGRA 台湾生産MOZU akaMOZU

こちらは同じくakaMOZUのテストフレームに乗るTUBAGRAライダー森田君のakaMOZUバイク。フレームカラーはマットグレーです。

森田君のakaMOZU TEST

テーパードコラムに対応し、フレームカラーはブラックと、自家塗装がしやすいパーカーライジング処理済のマットグレー(上の状態)の2色から選択可。そして、最大の特徴と思われるのが、MOZU史上もっとも価格がリーズナブルな¥64,800(税抜)!

 

ただし、最大の問題点は、台湾の工場のレスポンスが悪くてなかなか日本に届かない、ということ(泣) いや、でもそろそろ話が聞こえてくるかも…

このWebサイトで紹介している画像や動画を使用するのは構いませんが、営利目的で使用される場合はご連絡ください。
ライディングの際はそれぞれの判断でプロテクターを装備しましょう。
このWebサイトで紹介しているライディングを真似して怪我をされても当サイトは責任を取ることはできませんのでご了承ください。

Copyright © 2016 by Street MTB Team TUBAGRA