SILKYPIX Presents MTBストリートとは?

TUBAGRA

MTB(マウンテンバイク)チーム TUBAGRA(ツバグラ)にようこそ。
このホームページではMTBでストリートやダートジャンプ、スケートパークの乗り方を紹介しています。
MTBのトリック講習会、コンテスト、デモショーの企画も行います。お気軽にお問い合わせください。
バニーホップがしやすいストリート専用フレームMOZUの開発〜販売も行っています。

幕張JAM3 ダートジャンプジャム Coverphoto Gallery

MAKUHARI JAM3

TUBAGRAライダー達が乗っているフレームはこちら002

Topics

【最新版】スケートパークデビューのススメRiders-Diary

過去にとったMTBストリートスライダーアンケートで、驚く程スケートパークで乗るMTBライダーが少ないことが分かりました。それから何年も経っていますが、オリンピック効果もあって全国的にスケートパークは増えているのに、以前にも増してスケートパークで乗るMTBライダーが少ないように感じます。

 

MTBライダーがスケートパークで乗ることのメリット

塩浜スケートパーク YAMATO SHAKA26 Rtoバンクトランスファーバースピン

そもそも、本来は山を走るMTB(マウンテンバイク)なのにどうしてスケートパークを走る必要があるか?という根本的な部分を考えてみたいと思います。

 

1)わざわざ山まで行かなくても比較的すぐにアクセスできる

スケートパークが近所にある方限定になりますが… 遠方の山まで行かなくても、近所にあるパークなら短時間でアクセスでき、気軽にライディングを楽しむことができる。

 

2)バイクコントロールが格段に上達する

パーク内はジャンプやバンクなどで構成されているため乗りこなすにはアクション系テクニックを多分に要求され、乗り慣れればトレイルや常設コースで活用できるライディングスキルが格段に上達する。

 

3)世界的に見ても一般的な「MTBでスケートパークを走る」スタイルを楽しめる

実はダートジャンプと並ぶほどMTBでのスケートパークライディングは特別なことではなく、メーカーによってはパーク専用のMTBがラインナップされているほど。(TUBAGRAにもあります!)

 

4)1ブレーキ、ノーブレーキバイクでも楽しめる

専用の施設・空間になるため、1ブレーキ、さらにトリックに特化したノーブレーキバイクでも違法性なく存分にライディングを楽しむことができる。

 

以上のように、MTBを幅広く楽しむに当たり、スケートパークは非常に価値あるフィールドだったりします。

 

とはいえ、「将来的には乗ってみたい」と思っているにも関わらず、躊躇されている方が大多数な現状なのは間違いありません。

そのことを踏まえ、今回はMTBライダーがスケートパークでデビューするためのマナーやコツなどを紹介しようと思います。※以前掲載した最新内容の加筆修正版となります

プラネットパーク

まず、普通の方は、スケートパークってどんな場所か分からず、最初は屈強で強面のスケーターやイケイケなスーパーキッズばかりでとても怖く、とにかく分からないことずくめで敷居が高い空間と思いがちです。これは自分もそうでした。

一番最適なスケートパークデビューの方法は、スケートパークで乗り慣れている知り合いのライダーと一緒に行くことです。そうすれば、その方からマナーや乗り方などを直に教えてもらえますから。

ただ、そうはいかない方がたくさんいらっしゃることから、今も昔もスケートパークで乗れていないMTBライダーが多いということなのでしょう。

ということで、ゼロの状態からのスケートパークデビューの仕方、慣れて行く方法を紹介したいと思います。

 

1)情報収集

最初は当然ですが、行きたいと思ったスケートパークの情報収集をします。たいていどのスケートパークにもホームページが存在していますので、「お住まいの地域 + スケートパーク」で検索して見つけましょう。

見つけたら営業時間や禁止事項などはしっかり確認。中にはスケートボードのみ滑走可能で自転車NGのパークもあるので、まずはそこをチェックしてください。

東京都八王子市にあるプラネットパークのように樹脂ペダルや樹脂エンドキャップ、樹脂ペグの装着が必須で、さらにはディスクブレーキ禁止のところもあったり。

あまり広くないスケートパークはスケートボーダーで混んでいたり、セクションがタイトに設置され難易度が高い可能性があるので、最初は大きめのパークを選択すると間違いないと思います。

 

2)パークに入って最初にすること(受付編)

最初は身分証明証などを提示し個人情報を登録し、メンバーズカードを作成してもらう場合が多いです。そこで注意点が1つ。利用項目には「□スケートボード、□BMX、□インラインスケート」など3択の内該当する欄にチェックするところがあります。ここで「MTBは無いのですか?」という質問をすると、「上に確認します…」など時間がかかるケースに発展する場合があるので、迷わず「BMX」にチェックしましょう。受付の方からしますと「BMX=MTB=自転車」という認識だったりするので、それで問題ありません。

 

3)パークに入って最初にすること(入場編)

たいていスケートボーダーが多いですし、普段見たことないセクションが多数あり、独特の雰囲気に飲まれ、とても緊張するかと思います。(自分もそうでした)なので、そこは落ち着いて、既に利用している人達に「こんにちわ!」とハッキリ挨拶をするようにしましょう。これはかなり重要です。

 

4)乗り始める際に注意すること

他の人の邪魔にならない場所を確保し、荷物やバイクを置いて入念に準備運動をしましょう。慣れない場所だと思わぬ怪我をすることがあります。プロテクターも余計に付けた方が良いと思います。

そしてパーク内を見渡し、どういうセクションがあるか、既に利用している人はどんなラインを走るか良く観察しておきましょう。上手い人だと想像も付かない場所から飛んでくる場合もありますので十分に気を付けて!

自分が走れそうな走行ラインを見つけたら、他の利用者の邪魔にならない場所からセクションにトライして行きましょう。
最初はセクションに慣れるため、ただ付近を走り抜けるだけでも良いと思います。その際に技を仕掛けて失敗した場合の逃げ方のイメージをするのもアリです。

あとは、スケートボーダーやBMXライダーなどが難しそうなトリックをメイクした際は、拍手したり歓声を上げたりしてその努力を称えましょう。そうされて悪い気分になる人はいませんし、このようなコミュニケーションを行うことにより、少しでも早くその場に馴染むことができます。

 

4)パークでの順番待ち

たいてい他の方達と似たようなラインを走ることになるので、すぐにでも乗りたい気持ちを抑え順番を守りましょう。また、変に譲り過ぎると順番の回転が遅くなって逆に全体の迷惑になるので、その辺の見極めはしっかりして「行く時は行きましょう」。

そして、自分は上手くないからと、引っ込み思案になることもありません。最初はみんな上手くないことは、パークで乗っている人達は100も承知です。上手くなくても熱心に乗る姿勢をみんなは認めてくれます。

あと、順番が回ってきてから1回の走る時間は、長時間過ぎると周りからひんしゅくを買うので、他に走っている方達と同じくらい、をイメージすると間違いありません。

また、あまりにも順番待ちが長くなかなか乗れないようでしたら、そのラインは譲り、別のライン・セクションを攻めるようにした方が良い場合もあります。

 

5)何度も通いましょう

数回通った程度では絶対に上手く乗れるようにはなりません。同じパークに何度も通い、地道に練習を繰り返して1つ1つのセクションを乗りこなせるようにしましょう。そうすれば確実に慣れ、やれるトリックも増え、パーク内を気持ちよく走れるようになります。

それに同じパークを利用するスケートボーダーやBMXライダー達とも顔なじみになり、通えば通う程、そのパークで乗りやすくなります。

 

世田谷公園SLスケートパークのクォーターパイプでエアターンインバート練習 SHAKA24

初心者が安心してスケートパークで練習するための裏技

・平日や、土日でも午前中に乗るようにする
たいてい平日は人が少ないですし、午前中は土日であっても人が少ないです。上手く行けば貸切状態も味わうことができます。

ですので、そんな人が少ない日時を狙って行けば、自分が練習したいセクションやトリックを、周囲をあまり気にすることなくじっくり練習することができます。

また、パーク内に人が少ないと、数少ない一緒に乗っている他の人もタップリ乗れて気持ちに余裕ができるので、セクションの攻め方やトリックのコツを教えてもらえるかも知れません。

 

・他の人があまりいないセクションを積極的に攻める
そういったセクションはあまり面白くない場合が多いですが、攻める人が多すぎてなかなかトライできないよりかはマシです。そんなセクションでも、しつこく攻めていれば、必ず上達しますし、他のセクションを攻める上でも何かに役に立ちます。

舞浜スケートパーク SHAKA24でダブルペググラインド

とまぁ、こんな感じでスケートパークのデビューの仕方を紹介させていただきましたが、如何でしたでしょうか?
(ヘルメットを装着する、ゴミを捨てない、ツバを吐かない、などは超当たり前)

でも、何だかんだ言って、既にパークで乗っている人と一緒に行き、教えてもらうのが一番なんですよね。自分としても、それを一番オススメします。

周囲にそんな人がいない関東在住の方がいましたら、TUBAGRAのお問い合わせよりご連絡いただければ、有料になりますがプライベートレッスンも合わせて行うことも可能ですので、お気軽にご連絡ください!

 

 

最後に「そもそも近所にスケートパークがない」という場合、お住まいの市区町村等の自治体に署名などを集めて作ってもらう、という方法もあります。下記のWebサイトが参考になりますので、是非とも本気で近所にスケートパークが欲しい方はご覧ください。

・スケートパークを造ってもらうには?

・公共スケートパーク建設に向けて署名活動を行うことの意味について

フォレストバイクで「ジャンプスクール基礎編」Riders-Diary

昨日は小田原にあるフォレストバイクで「ジャンプスクール基礎編」を午前と午後で2枠行ってきました。

フォレストバイク ジャンプスクール基礎編 croMOZU275 ストレート刺しエアー

スクール開始前の僅かな時間に使用するジャンプランプを数回飛び感触の確認。問題なく刺しエアーが決まります。

 

フォレストバイク ジャンプスクール基礎編 croMOZU275 X-UP

試しにここでも基本的なジャンプトリックであるX-UPにトライ。うーん、croMOZU275だとハンドルが180度よりさらに回りませんね。だと210度くらい回るのですが。

 

そんなこんなで「ジャンプスクール基礎編」の午前の部がスタート。今回の受講者は3名と、さすがに平日(水曜)開催だと満員にはなりませんが、これくらいの人数の方が1人1人じっくり対応できるのでお得だったり?

フォレストバイク ジャンプスクール基礎編

今までの中で一番年齢が高かったと思われる受講者の方。安定して飛べるようになりました!

 

フォレストバイク ジャンプスクール基礎編

序盤はフロントが上がり気味のジャンプになっていましたが、後半は安定した着地ができるようになった方。

 

フォレストバイク ジャンプスクール基礎編

この方は最初はフルサスバイクで踏み切りのタイミングがなかなか合わず苦戦されていましたが…

フォレストバイク ジャンプスクール基礎編

フォレストバイクのスタッフのジャンプバイクに乗り換えたらすぐにリアが浮くようになりました。

ハードテイルで既にジャンプができる方がフルサスバイクに乗ると気持ちよく飛べますが、フルサスバイクで基礎から練習しようとするとハードテイルよりも何倍も時間がかかることも。

ですので、可能なら最初はハードテイルバイク、さらにバニーホップのカタチだけでも習得しておくと、安全かつ効率的にジャンプを習得することができます。

 

 

続いて午後の部スタート!今回は1人だけの受講者となりほぼプライベートレッスンの内容です。

この方はXCレースをやられていて、今回はレースやファンライドで使えるジャンプテクニックの習得に来られた、とのこと。

フォレストバイク ジャンプスクール基礎編

まず最初は基礎ジャンプのカタチを覚えていただきます。流石にXCの基礎があるのですぐにできるようになりましたが、それをコンスタントかつミス無く飛べるようになるのは別で、身体に覚えてこませるだけでなく、頭で論理的にジャンプの仕組みを理解していただくまで、とにかく反復してもらいました。

 

フォレストバイク ジャンプスクール基礎編

基礎ジャンプが安定してきたらその応用で、踏み切りで軌道を変えるハイエアーも。腕を突き出す「刺し」の姿勢も少し組み込んでもらいました。初めてでここまでできれば大したものです。

 

フォレストバイク ジャンプスクール基礎編

最後は3連ジャンプの中級者レーンでノーズダイブをマスター。何とか2個目まで飛べるようになり、その上達ぶりにビックリでした。

 

とにかくみなさま、しっかり上達され、楽しそうで良かったです!

次のフォレストバイクの「ジャンプスクール基礎編」は11月23日(土)、午前と午後に行われます。詳細な内容のご確認とご予約はこちらのページ(Facebook)から行えます。

小田原フォレストバイクでバニーホップ講習会

次は是非バニーホップ講習会も受講されてください!正直、バニーホップを覚えたからの方がジャンプも安全かつ効率的に習得できます。

 

そんな感じでここ数日の怒涛のMTB講師業は一旦一区切り。こちらも学ぶことの多く有意義な日々でしたね。

今週前半はMTBスクール三昧Riders-Diary

今週の前半はMTBスクール三昧、そしてデザイン仕事。後半は奥さんの実家に家族で帰省など盛りだくさんなので、週初めに朝練パークを30分してきました。

メインは自分が大好きなトリック、バニーホップ180 to フェイキーダブルペググラインド。後ろ向きにグラインドしていくのがとても気持ちが良いです。あと、久しぶりにトライしたバニーホップバースピン劣化してたなぁ…(泣)

 

46歳オッサンでもパークで色んなことができるTUBAGRA SHAKAは良いですよ!

大師河原公園スケートパーク SHAKA24

SHAKA ストリートMTBフレーム

今なら24インチ、26インチともにカラーはマットクリアーが即納可能です。ホイールもハブもTUBAGRAでラインナップしているのでよろしければご一緒にどうぞ。

 

 

今週のMTBスクール第一弾。おなじみスマイルバイクパークでMTBライダーのお子様のプライベートレッスンを行いました。

スマイルバイクパーク プライベートレッスン キッズ ヨツバサイクル 親子トレイン

本格的なダート走行を安全に行えるテクニック+少しアクション寄りのプラスアルファを伝授。来年は富士見パノラマやふじてんなどで親子トレインを実現させてください!

 

MTBスクール第二弾もスマイルバイクパークで。今回はキッズ2人。しかも…日本語でなく英語でのレッスンとなりました!

スマイルバイクパーク プライベートレッスン キッズ ヨツバサイクル

普段は「もうちょっと膝を曲げて!」などと日本語で伝えるところを、頭の中で英語に変換しなければいけなかったので、どんどんアドバイスが細かくなる後半は頭がオーバーヒート寸前に!

何はともあれ2人とも上達し、楽しんでもらえて良かったです。

 

 

ココ最近、自分が愛用するリールに不具合が起きていました。大きな魚がかかり一定以上の力が釣り糸にかかると自動的に糸が出て切れることを防止する「ドラグ機能」が壊れていたのです。結果的に大きな魚を逃しまくりで、リールの買い替えを検討していたところ…

知人からいただいたリール SHIMANO ELF 2500S

するとTwitterで釣り仲間が「使っていないリールを差し上げますよ」と申し出てくれて、その言葉に甘えさせていただきました。本当にありがとうございます!

新しいリールはSHIMANO ELF 2500Sという、今は廃盤となった廉価版リールなのですが、それでも自分には十分!

 

朝活BIKE&FISHで釣れたシーバス メタルバイブ

その効果はすぐに現れ、激しくファイトするシーバス(スズキ)65cmも難なくGETすることができました。

「THE DAY OF うみかぜ」に参加してきましたRiders-Diary

昨日は影山輪業 横須賀 上町店が主催の「THE DAY OF うみかぜ」に息子と参加してきました。みんなで横須賀うみかぜ公園のダートコースを飛び走ろうぜ!というイベントです。

着いてすぐは大勢のMTBやBMXライダーたちですごく賑わっていて、ジャンプのスタートヒルはふじてんのリフト待ちみたいな長蛇の列ができるほど!久しぶりに大勢でダートコースを飛んで走って楽しかったです!

ただし、自分も夢中で飛んでいて写真撮影のタイミングを逃し、撮ろうと思った時は殆どの人たちは既に帰ったり昼食で不在で残念な状態に…。

THE DAY OF うみかぜ 横須賀うみかぜ公園

なので、撮影用に無理やり集まってもらったTUBAGRAライダーYAMATO君、影山輪業 横須賀 上町店の安田店長、bori君の3人。本当にすみません…(泣)

 

THE DAY OF うみかぜ 横須賀うみかぜ公園 ダートコース ヨツバサイクルで走る叶大

一応、息子の走りもどうぞ。大勢のキッズたち、大人たちに絡んでもらえて楽しそうでした。数週間前に覚えたジャンプをしようと四苦八苦していましたね。

 

THE DAY OF うみかぜ 横須賀うみかぜ公園 ダートコース bori君

bori君のジャンプ。ジャンプレーンはかなりタイトかつ、少しでもゲシると次のコブのバックサイドまで届かないシビアな作りで、27.5インチフルサスMTBのbori君はかなり苦戦していました。

こういう時に「やっぱりMTBのジャンプは26(24も)だな!」と痛感。

 

THE DAY OF うみかぜ 横須賀うみかぜ公園 ダートコース 影山輪業 安田店長

akaMOZUに乗る影山輪業 横須賀 上町店の安田店長のジャンプ。ちょっと崩れている瞬間しか撮れなくてすみません!(泣)

 

THE DAY OF うみかぜ 横須賀うみかぜ公園 ダートコース 橋本家

将来有望視されている2人のMTB&BMXのスーパーキッズライダーのお父様である橋本さんのジャンプ。やっぱりそこそこ飛ぶライダーはみんな26ですね。

 

THE DAY OF うみかぜ 横須賀うみかぜ公園 ダートコース 橋本家

難しいジャンプレーンを華麗に飛ぶ橋本家のスーパーキッズの息子さん。身のこなしが軽くて本当に凄い!

 

THE DAY OF うみかぜ 横須賀うみかぜ公園 ダートコース SHAKA24

ちびっ子に負けじとジャンプレーンを攻めるSHAKA24に乗るアラフィフのオッサン(自分)。この日は頑張っても4つ目のコブまでしか飛びきれませんでした。下手くそだー(泣)

このジャンプレーン、上にも書いた通りシビアな作りなものの、上手く行くとものすごい加速と浮遊感が得られて最高に気持ち良いです。もうちょっと通って練習すれば飛びきれそうなので頑張りたいな!

 

THE DAY OF うみかぜ 横須賀うみかぜ公園 ダートコース SHAKA26 YAMATO

TUBAGRAライダーYAMATO君の高いエアー。今回集まったメンツの中でも数少ないジャンプレーンをすべて飛びきれるライダーの1人でした。高くてとてもカッコイイ!!

 

パークの方でもYAMATO君が魅せてくれました。

バニーホップ180 to バックワーズマニュアル to フルキャブ to ハーフキャブバースピン(長い!)です。

 

そんな感じの今回の「THE DAY OF うみかぜ」。とても楽しかったので、次に開催の際もまた参加しようと思いました。ご一緒したみなさま、お疲れ様でした!!

 

 

横須賀から帰宅し、夕方は息子と2人でナマズ釣りへ。

着いてすぐ息子がライフジャケット装着途中にウナギを釣りました。

多摩川河原 ウナギを釣った叶大

すぐ続いて3匹釣れてヤバい。まさに入れ食い状態。

ただし、素直にウナギ釣れて喜んでいたのは最初の1匹目だけ…

そもそも本当はナマズ釣りたいのにウナギ連発で、資源保護のこともあり即リリースするのですが、ウナギって釣れると糸に巻き付いてきて、魚体にダメージ与えないようにフック外すのが本当に大変なのです。

アタリの段階でウナギと分かるので「またか…」と顔が濁るほどでしたね。

明日は「THE DAY OF うみかぜ」に参加する予定ですRiders-Diary

明日は影山輪業 横須賀 上町店が主催の「THE DAY OF うみかぜ」に息子と参加する予定です。

THE DAY OF うみかぜ

===============================

〜THE DAY OF うみかぜ〜

うみかぜ公園ってどんなところ?
うみかぜ公園でBMXやMTB乗っている人いるけど、どうやって乗るの?
パークやダートコースってどう入ったら良いの?

BMXやMTBを始めてうみかぜ公園をみたらこんなこと思うかも。
僕らもそうでした!

そういうところってネットで調べててもわかりません。
なら実際に遊んでいる人たちに聞いてみませんか?

ライドイベントというよりそんな交流ができれば、友達ができると良いな〜というお時間。楽しく安全なRide Lifeのために♪

※公園という場所はみんなが楽しいエリアです。
駐車場でバイクスタンドやキャンプテーブルを出して場所を占有したりということがないよう配慮をお願いします^^

===============================

開催時間は10:00〜15:00とのことで、自分は午前中メインで現地にいます。

 

持っていくバイクは、現在croMOZU275はBBが死んでいるので、SHAKA24にする予定。

SLACK FOOTWEAR INTLOOP 横須賀うみかぜ公園 SHAKA24

SLACK FOOTWEAR INTLOOP 横須賀うみかぜ公園 SHAKA24 ダブルペググラインド

パークでグラインドもしまくろう。

 

 

KOASTAL SPRING JAM 2019 SHAKA26 YAMATO君の

TUBAGRAライダーYAMATO君も当然来ますので、一緒にライディングしましょう!最新のSHAKA26の試乗もできます。

スマイルバイクパークで連日MTBインストラクターRiders-Diary

3連休から昨日までスマイルバイクパークで連日MTBのインストラクターを行っていました。

MTB初心者の方たちにMTBライディングの基本講習が主だったりしますが、中にはすでに経験者の方がさらなるレベルアップを求めて受講されるケースもあったり。

今回はそんなケースを紹介してみようと思います。

 

まず最初は過去にフォレストバイクで自分が講師を務めるバニーホップ・ジャンプ講習を受講したことがあるAさん。

スマイルバイクパーク プライベートレッスン

MTBの走破性を活かせば意外なアプローチから新鮮なライディングを行えることを伝授。

 

スマイルバイクパーク プライベートレッスン

オーソドックスではありますが、トレイルライディングで大活躍の激坂上りのコツも伝授させていただきました。

 

スマイルバイクパーク プライベートレッスン

スマイルバイクパークに来たら絶対に外せないスラロームコースのスムースなライディング方法も。

 

スマイルバイクパーク プライベートレッスン

そして最後は4連ジャンプでのジャンプ練習。最初こそ全く踏み切りができませんでしたが、毎回動画で撮影し、スローモーションにして修正箇所を確認。それを元に反復練習することで徐々にカタチになって行くのでした。

Aさんはあと1〜2回スマイルバイクパークに通われて反復練習を行うことで、レベルアップしたライディングを行えるようになると思います。是非トライしてみてください!

 

 

続いて小学校中学年の男の子のレクチャーです。彼は過去に自分の基礎ライディング講習を受講しており、今回はさらにレベルアップしたジャンプなどのアクションライディングの受講を希望。

スマイルバイクパーク プライベートレッスン キッズ ヨツバサイクル

ジャンプをするにはまずバニーホップができていると習得が断然早いので、ウチの息子のヨツバサイクル14を彼に貸してバニーホップの感覚をマスター!お陰様でわずか数分でバニーホップができるようになりました。

※念の為、大きい子がヨツバ14でバニーホップしまくると当然耐久性が足りなく壊れるリスクがあります。今回はあくまでバニーホップの感覚を掴んでもらうだけで、限られた回数しか飛んでもらっていません。

 

スマイルバイクパーク プライベートレッスン キッズ ヨツバサイクル

その後、彼が乗るヨツバサイクル22インチに乗っていよいよジャンプにトライ。バニーホップを習得したおかげで初心者には難しい踏み切りも異様な早さでできるように。最終的に4連ジャンプの2つのコブで全く危なげなくジャンプできるまでになりました。スゴイ!!

 

スマイルバイクパーク プライベートレッスン キッズ ヨツバサイクル

スラロームコースも今回2回目とは思えない程のスピードとスムースさで下り走れるようになって、大成功なプライベートレッスンでした!

 

とまぁ、このような感じで1時間ほどの短時間でもハッキリ成果が出るプライベートレッスンをスマイルバイクパークでも行っております。

受講されたい方はお気軽にスマイルバイクパークまでご連絡ください!

 

 

スクールの合間に来訪していた知り合いのライダーたちとわずかな時間ジャンプセッション。

スマイルバイクパーク 4連ジャンプ

スマイルバイクパーク 4連ジャンプ

スマイルバイクパーク 4連ジャンプ

自分は本当にドタバタで10本も飛べず、身体が温まる前に終了でしたが、みんなの写真を撮ったりして楽しめました。

また一緒に飛びましょう!

 

 

まだ弱冠台風の影響残る多摩川ですが、何故かある魚が爆釣なのでした。

夕活BIKE&FISHで釣れたウナギ 爆釣

河原をMTBで走っていて見つけたドバミミズ1本を細かくカットし針に付けて釣れたのは何とウナギ!しかも連日、所要時間15〜20分、同じ場所から3〜4匹も簡単に釣れてしまうのでした。

釣れたウナギはすべて良サイズでファイトもかなり激しく。その時はなかなか満足できました。(※資源保護のためにすべて水際でリリース)

 

一方、家から1分スポットではシーバス(スズキ)の調子が良くなってきています。

朝活BIKE&FISHで釣れたシーバス シンキングミノー

そろそろ落ち鮎シーズンなので、ヨタヨタと弱った魚を演出するためミノーをゆっくり引くと、ググン!と70cm弱の良サイズが。これから冬になるまで楽しもうと思います。

息子とスマイルバイクパークへRiders-Diary

先日は息子を連れてスマイルバイクパークに遊びに行きました。

スマイルバイクパーク croMOZU275 スラロームコース X-UP

自分はひとまずいろんな場所でcroMOZU275でエアートリックを入れる特訓。

今回はスラロームコースのフィニッシュ手前にあるコブでX-UPを入れてみました。バニーホップを入れないとしっかり飛ばないコブなので、ハンドルを深く入れるのも大変… 結局、微妙にハンドル回転角180度に達していなかったー(泣)

まだ修行が足りないですね。

 

実は今回のスマイルバイクパーク行きの一番の目的は、レンタルサイクルとしてあるヨツバサイクルの20インチに乗ってもらうことでした。

 

富士見パノラマ MTBファンミーティング MTB FUN MEETING FREERIDE GAMES 芝スラローム ヨツバサイクル 叶大

今、息子が乗っているヨツバサイクルは14インチで、そろそろ小さいと感じていたのでした。

 

スマイルバイクパーク ヨツバサイクル 20インチ ヨツバ20 叶大

ハイ、それで乗ってみたのが6インチアップのヨツバサイクル20インチ!

 

正直、ちょっと大きいかな?と思っていましたが…

スマイルバイクパーク ヨツバサイクル 20インチ ヨツバ20 叶大 パンプトラック

いきなりパンプトラックをかなり速くスムースに走っている!本人もホイール径がアップして快適なのか、歓喜の奇声を上げながら楽しそうにグルグル周回していました。

大人が27.5インチホイールMTBに乗っているようなサイズ感でしょうか。いや、29かな?

 

スマイルバイクパーク ヨツバサイクル 20インチ ヨツバ20 叶大 スラロームコース

続いてスラロームコース。バイクコントロールが重要なので、ちょっと緊張して見ていたところ…

 

スマイルバイクパーク ヨツバサイクル 20インチ ヨツバ20 叶大 スラロームコース

こちらもとてもスムース!そしてまた速い!!20インチで初見とは思えない、かなりの走りを見せてくれたじゃないですか!

 

スマイルバイクパーク ヨツバサイクル 20インチ ヨツバ20 叶大 スラロームコース

慣れれば慣れるほどスムースさは増し、一番難易度の高いバームもこの傾き、かつ上の方を余裕を持って走ってる!しかも目線はちゃんとバーム出口ですし。

 

という訳で、今回のスマイルバイクパークでの息子のヨツバサイクル試乗は思わぬ結果、「もうすぐ6歳の息子の体格でも20インチで全然OK!」を得られることができて大満足でした。

 

 

11月最初の朝活BIKE&FISHは台風19号の影響が色濃く残る多摩川下流域で。

多摩川河原 ダートコース croMOZU275

普通にやってもまず釣れないので、かなりトリッキーな攻め方が必要となります。

ふと足元を見ると、淀みの漂流物をコイがパクパクしてたので無意識にワームを落とすと間髪入れずに吸い込んだ?

朝活BIKE&FISHで釣れたコイ

コイはこちらに気付き反転したことで自動フッキングし強制ファイト突入です。

そして、濁流に乗られて凄まじい引きになるも苦労の末何とかランディング!

11月のファーストフィッシュはコイ55cmでした〜

自宅からのMTBライド環境までの距離Riders-Diary

1分:多摩川河原(自走)

多摩川河原 croMOZU275 斜め刺しバニーホップ

使用バイク:croMOZU275SHAKA24
自宅から徒歩でも3分。基本的にフラットな草地で構成されていて、一部舗装されている。地形の凹凸もわずかにあり、そこをバニーホップ(ファイアークラッカー)を駆使して飛び走ります。ノーブレーキのSHAKA24は押し歩いてアプローチ。

 

20〜30分:都内スケートパーク各種(クルマ)

城南島海浜公園スケートパーク SHAKA24 エアターンインバート

使用バイク:SHAKA24
大師河原公園スケートパーク、城南島海浜公園スケートパーク、世田谷公園SLスケートパーク、新横浜スケートパークなどが該当。息子を保育園に連れて行った流れで午前中に短時間乗るケースが多い。普段はできないグラインドトリック、クォーターパイプでのエアターンを楽しんでいます。

 

45分:スマイルバイクパーク(クルマ)

スマイルバイクパーク スラロームコース croMOZU275

使用バイク:croMOZU275
東京都は稲城市にあるMTBパークであるスマイルバイクパーク。スクールやプライベートレッスンの依頼をいただいていることもあり頻繁に訪れています。都心から一番近い距離にある本格的なスラロームコース、初心者でも連ジャンの基礎を覚えやすい4連ジャンプ、2種類のパンプトラック、癖になるミニクロカンコースがあったりとコンパクトながらとても充実した内容。

 

60分:小規模トレイル(クルマ)

トレイル FUKUROU バニーホップ

使用バイク:croMOZU275
周回できるアップダウンの激しいルートが特徴。距離は短くてもそこそこハードなトレイルライディングを味わうことができ、わずかな凹凸をバニーホップ(ファイアークラッカー)を駆使して飛び走ります。

 

70分:フォレストバイク(クルマ)

小田原フォレストバイク FUKUROU 浦島トレイル

使用バイク:croMOZU275
ありがたいことに評判が高いジャンプ講習会、バニーホップ講習会の講師を毎月担当させていただいている小田原にあるフォレストバイク。フロー感をたっぷり味わえる浦島トレイルが大人気。

 

90分:ガッツリトレイル(クルマ)

トレイル FUKUROU バニーホップ ファイアークラッカー

使用バイク:croMOZU275
自分は良く行くのは埼玉の里山方面。中でもサタジュクアテンドのトレイルに行く機会がとても多い。飛び走るのに普段河原で練習しているファイアークラッカーが大活躍しています。

 

100分:ふじてん(クルマ)

ふじてん croMOZU275 馬車道 テーブルトップ インバート

使用バイク:croMOZU275
言わずと知れた有名常設コース。年々コースがグレードアップしていて楽しく飛び走ることができます。自分はそんなふじてんで如何にエアートリックを入れられるかを模索中。

 

120分:富士見パノラマ(クルマ)

サタジュクアテンド富士見パノラマダウンヒル croMOZU275

使用バイク:croMOZU275
有名過ぎる常設DHコース。年々コースがグレードアップしていて毎回行くと新鮮で楽しい。去年から家族で真夏の富士見パノラマの風物詩であるMTBファンミーティング FREERIDE GAMES(フリーライドゲームス)にも参加し、今年はスキルアップエリアで家族トレインも達成!家族全員でMTBライディングを楽しめる数少ない施設です。

 

とまぁ、こんな感じで自分は非常にMTBライディングする環境に恵まれているのかも知れません。

croMOZU275の出番が多いのは間違いありませんが、家から30分以内で行けるスケートパークは週1〜2で通っているので、結構SHAKA24の出動回数も多いです。

 

SHAKA24 多摩川河原

愛用のSHAKA24は現在3ペグ仕様。

 

朝活BIKE&FISH 多摩川河原 croMOZU275

毎朝のBIKE&FISH、近所の買い物も含め一番高い稼働率を誇るcroMOZU275。どんなコースもバニーホップで飛び走ることができるヒーハー!なジオメトリを採用しています。

 

 

今日の朝活BIKE&FISHは、依然として近所の多摩川は増水の影響があるため、家から40分かかる鶴見川にラージマウスバス(ブラックバス)を釣りに行くことに。

朝活BIKE&FISH 鶴見川 ブルーギル

45分粘ったところ、小さなワームでブルーギルが釣れたのみでした。ラージはどこに…?(涙

幕張JAM3 開催します!Riders-Diary

12月1日(日)に幕張JAM3を開催します!今回でなんと3回目!

幕張JAM3 ダートジャンプジャム

参加費は無料。当日エントリーのみ。指定の時間までに現地にいるようにしてください。ヘルメット装着必須です。

観戦も自由ですので、興味のある方はぜひ足をお運びください。ギャラリーが多い方がライダーたちのテンション上がって盛り上がります!場所を知りたい方はお問い合わせよりご連絡ください。

 

JAM中に開催されるコンテストは幕張JAM2と同じく以下の通り。

・3連でのトリックコンテスト
・2連でのウィップオフコンテスト
・2連でのテーブルトップ(インバート)コンテスト
・2連でのベストトリックコンテスト

それぞれの上位入賞者には賞金・賞品を贈呈いたします。

 

===============

9:00〜 主催者 幕張ローカル集合 コース確認、簡易整備

9:30〜 JAM参加者集合 全参加ライダー写真撮影

9:50〜 開会式、イベント説明、開催の挨拶

10:00〜 JAMスタート、ウォーミングアップ・フリー走行

10:30〜 3連(行き方向)でトリックコンテスト

10:50〜 休憩 または2連ウォーミングアップ

11:00〜 2連でウィップオフコンテスト

11:15〜 2連でテーブルトップ(インバート)コンテスト

11:30〜 2連でベストトリックコンテスト

11:50〜 コースの補修などetc

12:15〜 コンテスト結果発表&閉会式

12:30 解散 自由時間

===============

協賛いただいたのは以下の企業・ブランドとなります。

スマイルバイクパーク SMILEBIKEPARK 2018 AUTUMN SESSION協賛品 FULLCLIP フルクリップ 180 ワンエイティー

第一回、二回のJAMでも協賛いただいた日本のバッグブランド「FULLCLIP(フルクリップ)」。

 

スマイルバイクパーク プチ・ダートジャンプジャム プライズ 賞品 KOASTAL

第一回、二回のJAMでも協賛いただいた湘南を拠点とするBMX・MTBのチーム「KOASTAL(コースタル)」。

 

代表の方がMTBライダーで、大のMTBファンである株式会社スリースター商会からは賞金をご提供いただいております。

 

そんなことで、12月1日(日)開催の幕張JAM3、みなさま是非楽しみにしていてください!

 

 

9月、10月と朝活BIKE&FISHでもっとも魚を釣り上げているルアー、日本を代表するブランドであるMegabassのトップウォータールアーであるPOPX。

Megabass POPX

今回新しいカラーを補充しました。

 

それにしても、多摩川は台風19号とその後の大雨の影響から、未だに増水していて川は濁流です。

台風や大雨の影響で依然として濁流の多摩川

いい加減、普通の釣りをしたい…(涙

スマイルバイクパークのハロウィンイベントと都内中学校でMTBショーRiders-Diary

昨日は東京は稲城にあるスマイルバイクパークでハロウィンイベントが行われていたので、TUBAGRAライダーYAMATO君と午前中のみ参加してきました。

スマイルバイクパーク ハロウィンイベント

SHAKA26に乗るYAMATO君(右)はアラレちゃんの仮装で、左のMOZU24に乗るガイコツ男は… 誰かは伏せておきます(笑

 

そして、スマイルバイクパークで良くご一緒する親子もこのような出で立ちに。

スマイルバイクパーク ハロウィンイベント

お父様がスケキヨ(犬神家の一族)で、息子さんはマリオです。

 

スマイルバイクパーク ハロウィンイベント スラロームコース

スケキヨとマリオの親子トレインは見ての通りどこかシュール!(笑)

マリオの帽子はヘルメットにテープで貼り付けているので決してノーヘルで乗っている訳ではありませんよ。

 

スマイルバイクパーク ハロウィンイベント スラロームコース

ウェット路面でスリックタイヤはあっという間にツルツルなのに、スラロームコースを凄いスピードで走るMOZU24に乗るガイコツ男。存在自体がもう面白い!

 

スマイルバイクパーク ハロウィンイベント スラロームコース

スラロームコース フィニッシュにあるテーブルでハイエアーを決めるガイコツ男。後ろにはマリオとスケキヨという情報量の多い写真となりました。

 

スマイルバイクパーク ハロウィンイベント スラロームコース

YAMATO君扮するアラレちゃんもキレイな斜め刺しのハイエアー!

アラレちゃんのトレードマークの帽子もヘルメットにテープで貼り付けてあります。

 

スマイルバイクパーク ハロウィンイベント 4連ジャンプ

ガイコツ男による4連ジャンプでのX-UP。

 

スマイルバイクパーク ハロウィンイベント 4連ジャンプ

そしてノーハンドも。

 

スマイルバイクパーク ハロウィンイベント 4連ジャンプ

ノーハンドで空中分解→着地でクラッシュしても周囲にいたライダーたちの笑いを誘うガイコツ男。どんなに暑くても決してマスクを取らず、見ていたお子さんたちの夢を壊さないそのこだわりが素敵でした。

 

自分もみんながハロウィンの仮装して乗っている姿が羨ましくなったので、スマイルバイクパークの受付にあったパーティーグッズを身に付けライディング。

スマイルバイクパーク ハロウィンイベント 4連ジャンプ croMOZU275

家に帰ってから自分の容姿をデジカメからデータ移行したPCで初めて見まして…

こんなみっともない姿でフィールド内を駆け巡り、初心者の方たちには準備体操とかパンプのお手本とかさせていただいたと分かり、恥ずかしくて死にそうになりました。

来年はちゃんと仮装しようと思います!

 

 

スマイルバイクパークの後はYAMATO君と一緒に都内の中学校の校庭で行われているハロウィンイベントでMTBショー!!

ここは自分の母校で校庭に入るのは卒業以来30年ぶり。非常に感慨深いMTBショーだったりします。

中学校 校庭 MTBショー WakuWakuあそびファクトリー

今回は他のTUBAGRAライダーの都合もあって、ライダーはYAMATO君、MCは自分の2人体勢。YAMATO君は先ほどのアラレちゃんコスからルイージにコスチェンジです。

ちなみに自分がMCする際は左手にマイク、右手に一眼デジと進行表というスタイルで大忙しに。

 

中学校 校庭 MTBショー WakuWakuあそびファクトリー

MCをしながら撮ったショーの写真。これはランバイクでバニーホップバースピンをするYAMATO君。ショーを観てくれているお客さん達は驚き、笑い、大喜びです!

 

中学校 校庭 MTBショー WakuWakuあそびファクトリー

そして迫力のバー超えバンクバニーホップ。最終的にバー高140cmまで行きましたね。眼の前でぶっ飛ぶMTBにみなさん大興奮でした。

 

中学校 校庭 MTBショー WakuWakuあそびファクトリー

最後はバンクを利用して、しゃがんだお客さん達を余裕たっぷりに飛び越してフニッシュ!!お客さん達の拍手、大声援で終えることができて本当に良かったです。

 

それと、ショーの後は簡単ですが、自転車安全教室と自転車体験をやって撤収しました。

ショーをサポートしてくれた会場スタッフの皆様、観戦してくれたお客様たち、本当にありがとうございました!

補足しておきますと、ショーが終わった後はYAMATO君、子供たちに囲まれてモテモテでしたね☆

 

 

そんなTUBAGRAライダーYAMATO君が作った動画をご覧ください。短いので気軽に観られます。

よろしければ「いいね」をクリック、もしくはチャンネル登録をお願いします!

 

 

先日の大雨で、ちょっとした台風の後みたいに増水した近所の多摩川。

多摩川 河原 大雨 増水

凄い濁流となり、釣りどころではない状態ですが…

 

増水した直後のみに出現するスポットで、今回もナマズを釣ることができました。

朝活BIKE&FISH ナマズ Megabass POPX

トップウォータールアーで連発して大興奮。こんな状況下でも魚を釣ることができて本当に嬉しいです!

このWebサイトで紹介している画像や動画を使用するのは構いませんが、営利目的で使用される場合はご連絡ください。
ライディングの際はそれぞれの判断でプロテクターを装備しましょう。
このWebサイトで紹介しているライディングを真似して怪我をされても当サイトは責任を取ることはできませんのでご了承ください。

Copyright © 2019 by Street MTB Team TUBAGRA