SILKYPIX Presents MTBストリートとは?

TUBAGRA

MTB(マウンテンバイク)チーム TUBAGRA(ツバグラ)にようこそ。
このホームページではMTBでストリートやダートジャンプ、スケートパークの乗り方を紹介しています。
MTBのトリック講習会、コンテスト、デモショーの企画も行います。お気軽にお問い合わせください。
バニーホップがしやすいストリート専用フレームMOZUの開発〜販売も行っています。

samo 保育園でMTBトライアル一輪車ショーをしてきました

千葉県南房総にある白鳩保育園で去年に続いてショーをしてきました。(去年の白鳩保育園でのショーの様子はこちら)今回は「MTB&トライアル&一輪車」を使ったショーになります。

ショーをしてくれたライダーは、driveのAKIRA君、今年の第4回全日本トライアル選手権 ミニメクラス(13-14歳)1位の豊澤剛(トヨサワツヨシ)君、そして一輪車トライアルの達人であるツヨシ君のお父様の3人になります。

そして、MCは自分が担当させていただきました。

 

前日の大雨でショーをする砂地のグラウンドは水分を含んだ砂がタイヤにまとわりついて重たくなる悪条件にも関わらず、AKIRA君はバニーホップ系のトリックの数々を、ツヨシ君は高度で安定したトライアルテクニックを、ツヨシ君のお父様はビックリな一輪車トライアルなど、3人が最高のパフォーマンスを見せてくれ、保育園の子供たち、学童の少年少女たち、そしてその親御さんたちも初めから最後まで大盛り上がりでした。

特に自分も含め、大勢がビックリしていたのが、ツヨシ君のお父様(46歳)の一輪車トライアルです。一輪車で平均台を連続で飛び越えたり飛び乗ったりと、想像を超えた動きを見せてくれたのです。いやー、本当に凄かった!!

 

が、今回も去年に続いて撮影する人間がいなく、貴重なショーの写真が一枚もありません。

次回ショーをさせていただく場合は、是が非でもMCを誰かにお願いして、自分は撮影担当になろう。せっかくの素晴らしいショーも写真など状況を説明するものが無いと本当に勿体ないです。

 

という訳で、ショーが終わった後のバイクの試乗、ライダーたちと保育園のみなさまたちとの交流タイムの写真をどうぞ。

ショーの興奮冷めやらずで、こちらが持参したストリートMTB2台、20インチトライアルバイク、トライアル用一輪車、息子のランバイクは順番待ちができるほど大人気になっていました。

白鳩保育園でのMTBトライアル一輪車ショー

AKIRA君が親身になって子供たちに大きなサイズの自転車に上手く乗れるようサポートしています。結果、AKIRA君は子供たちに大人気になって常時囲まれていましたね。

一人でも乗れるようになった子供たち。ただペダリングするだけじゃなく、誰もが必死にフロントアップをしようとしていたことに、その興奮度の高さを感じました。

白鳩保育園でのMTBトライアル一輪車ショー

そして、特定の三輪車(リア軸の強度が高いタイプ)で小さな子供たちでもバニーホップができることが判明!

白鳩保育園でのMTBトライアル一輪車ショー 三輪車でバニーホップする少年

フロントアップ→リアで踏み切るちゃんとしたバニーホップのカタチで飛んでいる少年です。(↑)

考えてみれば、三輪車ってリアセンター0mmでフロントアップが超軽く、まだ筋力が少ない小さな子どもでもバニーホップのカタチを覚えるには最適なんですね。

結果的にその場で4〜5人の少年たちが三輪車で走ってバニーホップをできるまでになっていたのが驚きでした。

前回のショーの後、白鳩保育園では子供たちの自転車熱が高まり、購入した方が多かったと聞きましたが、今回このようなカタチですぐに反響を見ることができて、本当にビックリしました。

 

そんなことで、今回のショーに呼んでいただいた保育園のスタッフのみなさま、ショーを大歓声で楽しんでくれた子供たち、保護者のみなさま(去年のショーが子供たちに人気で再び僕たちをリクエストしてくれた、と聞いてとても光栄でした)本当にありがとうございました!

そして、ショーをしてくれたAKIRA君、ツヨシ君、ツヨシ君のお父様、3人のライディングは文句なく素晴らしかったです。お疲れ様でしたー!!

kai のんびりSaturday

どうもKaiです。

最近は日中の暑さもあってゆったりのんびりと乗っています。

今日はいつも乗っている公園でゆったりローカルのみんなと練習。
…のはずがやはりみんなで乗ると次第にライディングも熱を帯びてきます。
誰かがアツいトリックを決めれば歓声をあげ、自分も更に攻めるというアレです。

しかし今日はなぜか暑さのせいかみんなネジが飛んでいたようで、鬼漕ぎがデフォ。
baaaar
他が手を離しはじめたり、捻ったりしはじめると、僕は回さざるを得ない展開に。
ここでは転ばずメイク出来て良かったです。

さて次にウォールへ。
またもみんな鬼漕ぎで突入し、高さと距離を競います。
ヒートアップしてきたその時、鬼漕ぎでウォールへバニーホップでインした瞬間リアがバースト。
空気の抜けたタイヤ=ほぼホイールのみで地上から2mくらいを走りながら、着地でホイールが大破することに気づきます…
が、スピード的にも他の動作は出来ず、身体はいつもどおりのランディングに向けて動き始め…

組んでまだ一ヶ月のホイールは潰れました、はい。

まぁ怪我など一切なかったのは不幸中の幸いです。
皆さんもノリで頭のネジをふっ飛ばさないようにお気を付け下さい。

ではまた!

samo 想像以上に体調悪化

実は昨日くらいから何となく兆候があったのですが、今朝目が覚めたら身体の関節と喉が痛くて咳が止まらず、鼻と口からドロっとした黄色い液体(たん?)が止めどなく出てきて、とにかく身体が重たい感じがしました。

あー、こりゃあどう見ても風邪だわー

なんて思いましたが、いつも通り釣り竿をセットしたberuf baggage Mountain BackPackを背負い、MTB、YAMADORI 1st 26に乗って朝活フィッシングのスポットである多摩川河原に走りだしたのですが、途中で本格的に具合が悪くなり、家から400mくらいのところで写真撮って引き返してきました。

MTB マウンテンバイク YAMADORI 1st 26 多摩川河原サイクリングロード

そして出社時間ギリギリまで寝ようと思ったものの、寝起きの息子に絡まれて寝るに寝れず。とにかく息子には風邪を伝染さないようにしないと〜、なんて気を遣い世話をつつ出社。

とりあえず、仕事はやること急いでやって会社を午後休にして早く病院に行きたいと思います。

 
明日は千葉にある保育園でMTB&トライアルショーがあるのでした。それまでに絶対に完治させる!!

samo 6月1日(月)から自転車の取り締まりが厳しくなりますね

今日の朝活フィッシングで、ようやくエサとしての食パンの使い方が分かってきました。面白い!超ヒットする!(まだ釣れないけど…)

釣りと育児に時間を取られすぎてストリート朝練はたった10分しかできず、準備運動のバニーホップ180しているシーンしか撮れませんでした。

MTB マウンテンバイクSHAKA 多摩川河原サイクリングロード バニーホップ180 ギャップ超え

昨日と同じく分身の術(シーケンスの合成画像)ですみません。

まだまだ小さなギャップ超えバニーホップロックウォークはメイク率が低いので、たくさん練習します!

 

6月1日(月)から自転車の取り締まりが厳しくなりますね。いろんなメディアのニュースで繰り返し取り上げられるようになっているので、すでに目にしている方も多いかと思います。

警察が「厳しく取り締まります!」とする14項目は以下の通り。具体的にそれぞれどうやって取り締まるのか不明ではありますが(免許証など所持してない場合とか)、自分なりに気をつけるポイントを書いてみたいと思います。

 

1.信号無視

明らかにクルマが来ていない時も赤信号は止まって待つようにします。息子が産まれてから「ちょっとした事でも息子や他の子供たちの模範にならなければ!」と厳守していますし。

 

2.通行禁止違反

商店街(時間による?)や地下通路などの自転車の走行が禁じられている場合は降りて押すか、迂回して行くようにします。

 

3.歩行者専用道での徐行違反等

歩道を走るなら徐行しましょう、ということですが、具体的に時速何kmとは明記されていません。まー、ブレーキかけたらすぐに止まれる速度という認識で良いのでしょうか?
自分の生活圏内で、この項目が一番考えてしまいました。朝活で多摩川河原に行く際に、狭い車道で大きなトラックやバスがバンバン通る箇所があり、車道を走るとホント生きた心地がしません。そこはクルマで運転していても車道を自転車が走っていると危ないと感じるし…。とりあえず、ここは、今までよりも速度を落として(徐行して)歩道を走ろうと思います。

たまに狭い車道をヨロヨロ走っているご老人がいたりしますが(その後ろに抜けないクルマの大渋滞)、こういった方は進んで歩道を走って欲しいですね。明らかに徐行なのだから。

 

4.通行区分違反

車道を走る際はクルマと同じで左側通行!ということで、これはバッチリ守ります。というか、頼むから逆走の自転車は取り締まっていなくなって欲しいです。クルマを運転する上で超怖いから。

 

5.路側帯の歩行者妨害

歩道の無い道路を歩いている歩行者を妨害してはいけなく、人が多い場合は徐行しなさい、という内容ですね。歩行者と接触して怪我をさせてしまったら危ないので、十分気をつけます。

 

6.遮断機が下りた踏み切りへの進入

これは「遮断機が下りている途中に入るな!」なのか、「完全に遮断機が下りている状態で入るな!」のどちらでしょうか?って、両方とも駄目でしょう、そりゃあ。

 

7.交差点での優先道路通行車妨害等

まず自分が走っている車線は優先なのかそうでないのか、という事を認識することから始まりますね。これはクルマ運転する人には分かるけど、運転しない人はあまり分からないだろうな〜。今までも自転車のくせに十分注意していたので、これからも守って行きます。

 

8.交差点での右折車妨害等

これもクルマ運転する人なら良く分かると思いますが、右折しようとしているクルマに気を遣って「早く右折しちゃいなよ!」って自転車なのに譲っていましたけど、やっぱりクルマ運転しない人には分かりづらいんだろうな〜。というか、これを取り締まるの超難易度高いように思うんですけど…

 

9.環状交差点での安全進行義務違反等

まず「環状交差点」って何だ?と調べてみると、いわゆるランナバウトってことですね。たいてい進行方向が決まっているので、自転車もそれを厳守ってことか。確かにランナバウト走っていて自転車が逆走してきたら超怖い。死にたくないので守ります。

 

10.一時停止違反

住宅街の道路にもたくさんある一時停止ライン。多くの自転車の人は守っていないですが、自分はクルマ運転していて、過去に何度も止まらず飛び出してきた自転車に冷やっとしているので律儀に守っています。これからも。

 

11.歩道での歩行者妨害

歩道を歩いている人を邪魔しないで徐行していく、ということ。これも当然ながら守っていたので、これからも同じように行きます。

 

12.ブレーキのない自転車運転

僕のSHAKAバイクはブレーキが付いていませんが、河原の公園まで押して行っているので(徒歩3分)歩行者扱いになります。ノーブレや1ブレーキのストリートライダーは公道走行したら完全ブラックで(今までもそう)、6月からはさらに取り締まりが厳しくなると思うので気をつけましょう。というか、乗る場所まで押して歩いて行くか、クルマに積んで行くしかないですね。

 

13.酒酔い運転

どの程度のアルコール度数で違反扱いになるかは分かりませんが、今後は自転車も「飲むなら乗るな」を徹底した方が良いと思います。居酒屋の前に大量の自転車、という風景は、過去のものになるんだろうなぁ…

 

14.安全運転義務違反

有名どころでは「携帯電話を操作しながらの運転」「2人乗り」「無灯火」「並走」「傘を差しながらの運転」が違反内容になりますが、話を聞くところによると、取り締まる警察の裁量で決まるということで、公道でのバニーホップやウイリー、マニュアルも下手をしたら違反扱いにされるかも知れません。(確かに安全運転では無いですし…)何はともあれ、お巡りさんを見たら「大人しく普通に走りましょう」ということですね。

 

こんな感じでザッと書いていくと、自分の場合、今まで守っていた項目が多くて「ふーん」って感じでした。むしろクルマを運転する側からすると「早く取り締まってくれ!」という項目もあったり。

何にしても、6月1日以降は否応なく、どういったケースでどんな風に取り締まられたのか、という情報がニュースやSNSを駆け巡ると思いますので、それらを注意深く見守っていきます。

自分も十分に気をつけて行きたいと思います。

abeno BBグラインド

こんにちは。あべのです。

以前の投稿でスイッチスタンス「逆足」で乗るのを練習するといっていましたが、それを使う技を習得 しました。 bbグラインド(dusterグラインド?)です。 なぜスイッチスタンスでやるのか。それは僕のスタンスが左足前で自転車がライトドライブなので、正スタンスでやると、スプロケットが当たってしまうからです。

左足前レフトドライブ、右足前ライトドライブだと、スイッチスタンスでやらなくても大丈夫です。 今はペダルアイスピックを練習しています。 これもスプロケットの関係でスイッチスタンスで練習していますが…これがなかなか難しいです…フロントが乗って普通のペダルグラインドになってしまいます。

 

古い動画ですが。Jeff Lenosky さんと Aaron Chase さんです。

カッコイイです。ブレーキを使ったトリックが多くて最高です。

 

それでは!

samo 頚椎(けいつい)ヘルニアに絶賛悩まされ中

いずれTUBAGRAでもテーパーテッドのストリートMTB用リジッドフォークを作る日が来るんだろうな。今のストリートMTBフレームはBMXと同じインテグラルタイプが主だけど、5年以内にどれもテーパーテッドになるような気がする…

テーパーテッドリジッドフォーク

上の写真のリジッドフォークはカーボン製で、あくまでイメージです。作るならクロモリですね。

 

昨日の朝、目が覚めたら首に違和感があり、時おり発症する頚椎(けいつい)ヘルニアに今回もなってしまったことが分かりました。頚椎ヘルニアは10年以上前にバックフリップにチャレンジして失敗し、落下してきたバイクがヘルメット越しに頭にヒットしてから付き合いのある、いわゆる持病ってヤツです。

いつもは準備運動無しでMTBストリートで激しい動きをすると発症するのですが(逆に言えば、ちゃんと準備運動していれば殆ど発症しない)、ただの寝起きで発症しているのは本当に珍しいですね。

頚椎ヘルニアになると、首から肩にかけて張るような感覚があり、首が痛くて曲がらない、肩も痛くて上がらない状態になります。そうなると、MTBに乗るちょっとした前傾姿勢が苦痛になり、さらにバニーホップなどのフロントアップ系の動きをすると首辺りに激痛が走るようになります。

そして発症したその日は首〜肩周辺が痛くこわばり、変に姿勢が良くなってロボットみたいな動きしかできなくなるんですね。

 

そんな頚椎ヘルニアですが、付き合いも長いため、回復の度合いも良く分かっていて、だいたい2日目で痛み半減、3日目で完治となります。その例に漏れず、一晩明けて今朝は痛みが若干残っているものの、MTBストリート練習ができるまでには回復していました。

とはいえ、鋭い回転系トリックは痛みを伴いツライです。まさに下のバニーホップロックウォークなんて激痛の嵐なのですが、覚えたてでとにかく練習したくて我慢できずに繰り返しトライしてしまいました。

MTB マウンテンバイクSHAKA 多摩川河原サイクリングロード バニーホップロックウォーク ギャップ超え

痛いせいで躊躇するシーンもあり、メイク率はあまり高くありませんでしたが、欲求や快感の方が上回り、楽しくできたので良かったです。

リア着格好悪いですけど、まずはこれが安定してできるまで繰り返し練習します!バニーホップ360はもうしばらく先だよな〜

 

昨日は息子の保育園でお祭があって、息子も甚平姿になって楽しんだようです。(夜には着替えて普通の服装になっていた)息子が担いだと思われる、斬新なデザインのロボ風お神輿と一緒にパシャリ。

保育園でロボット型のお神輿と一緒に映る叶大

お祭を楽しんでいる息子の姿を見たかった…!

samo バイクパッキングが流行ってきていますが

近ごろ、自転車関係のTwitterやfacebookなどのSNSでやたら目にするようになった「バイクパッキング – BikePacking」ですが、実は自分も良く知らなかったので、ここ数日「バイクパッキング」で検索しまくって調べてみました。

つまるところ、昔からあるランドナーなどのツーリングバイクにあったような重たい金属製キャリアやパニアは使わず、バイク自体は一般的なMTBやCX車、ロードバイクなどで、フレームやハンドル、シートポストなどに装着できる機能的な軽量バッグを用いてロングライドやツーリングをし、行った先でキャンプやバーベキューをする、というスタイルの様です。

さらに分かりやすく言うと、機能的でファッション性も高まったランドナーの進化版という感じ?(全然違っていたらすみません)

そんなバイクパッキングですが、海外ではすでにメチャ流行っているし、バイクパッキングに対応したバッグが色々なメーカーから我先にとリリースされ、スゴイ勢いで日本にも入ってきています。例:Blackburnのバッグ

これから夏〜秋にかけ、アウトドアやバーベキューの盛り上がりと相まって、バイクパッキングは日本でもかなり浸透するかも知れません。自転車はすでに持っているものを使え、用途に応じてバッグを付け足すだけだから、それほど大きな出費にもなりませんし。

具体的にバイクパッキングの自転車がどんな感じになるか詳しく知りたい方は、実際に「バイクパッキング」「BikePacking」などのワードで画像検索してみてください。

ちなみに、TUBAGRAライダーjinkenさんもバイクパッキングシーンに深く関係してきています。彼が運営している裏山ライドTokyoでバイクパッキング関連のツアーが企画されるかも?

それにしても(仕掛け人がいるとは言え)次から次へと新しい流行りが来るから自転車シーンって面白いなー。

 

ちなみに自分がこのバイクパッキングの波に乗るか?と問われれば、「うーん、興味はあるけど今のところは分からない」です。

今の育児メインの自分のライフスタイルだと、土日もMTBでロングツーリングなど行けないし、キャンプやバーベキューに行くなら家族連れでクルマで行きます。

MTBに乗るのは、せいぜい毎日欠かさず行っている朝活フィッシングで往復8kmを走るくらい。

荷物はルアーロッド2本に釣り道具、カメラ、三脚、ストロボ2灯とそこそこありますが、長らく愛用しているberuf baggage Mountain Back Packが機能的ですべてキレイに収まるので、現時点で新たにバッグを追加する必要性が無いんですね。

MTB マウンテンバイク YAMADORI 1st 26 多摩川河原サイクリングロード

このバックパックを背負ったままバニーホップやジャックナイフをしてもサイドポケットに装着したルアーロッドは脱落せず、収納してある撮影機材は不用意に暴れないので、何の不満も無いのでした。

むしろ、バイクパッキングみたいにバイク側にバッグを括りつけると、確実にバイクは重たくなり、バニーホップなどのアクションはやりづらくなりますよね…

MTB マウンテンバイク YAMADORI 1st 26 多摩川河原サイクリングロード バニーホップ

MTB マウンテンバイク YAMADORI 1st 26 多摩川河原サイクリングロード ジャックナイフ

まぁ、でもこれから暑くなった時に、長時間バックパックを背負っていると、密着している部分がビッチョリ汗だくになるので、こういった時にフレームなどにバッグを括りつけられるバイクパッキングのスタイルは便利かも知れません。

何にしても、こういった流行りはどのように人々に浸透し、今まで自転車に乗っていなかった人を巻き込み(こういうところが流行り物の良いところだと思います)、どのように定着し、収束していくのか、見ていくのが非常に楽しみです。

 

息子の保育園では今日、お神輿などをかつぐお祭りがあるようで、甚平を着ての登園となりました。

甚平を着た叶大

息子がお神輿をかつぐところとか(年齢的にまだ無理だと思う…)超見たいのですが、仕事で行けなくてとても残念です。

今度近所で開催される夏祭りに、息子にこの甚平を着せて遊びに行こう!!

samo 世間と隔離されているようで

今朝は寝相が酷い息子に顔を蹴られて4時45分くらいに目が覚めました。

いつもは飛び起きてMTBにまたがり「イヤッホー!」と朝活フィッシングをしに多摩川河原に走りだすところですが、どこか身体が疲れていて、30分くらいベッドでウダウダしてまったりGO。多摩川河原のダートを、エサ釣りに使うミミズを拾いながら走っていきます。

MTB マウンテンバイク YAMADORI 1st 26 多摩川河原サイクリングロード バニーホップ

多摩川河原には、MTBで走ると気持ちが良いコースがところどころあります。

毎日走っているため、河原で犬の散歩をしている人たち、風景写真撮影を楽しまれている方たちと、さすがに顔なじみとなってきて、すれ違う度に挨拶を交わすようになってきました。

改めて考えると、毎日こういった体験ができるのは、とても贅沢で幸福なことなのかなー、なんて思いますが、どうなんでしょう?

 

そんなことを思いつつ、家から4km離れたスポットに到着。支度を済ませてしばし釣りに没頭します。

スピナーを遠投しリーリングスピードを変えて〜を繰り返しながら川面を眺めてボーっとしていると、気がついたらエサのミミズをキレイさっぱり取られていました。アタリの瞬間を完全に見逃していた…(泣)

明らかに身体が疲れているので、この段階でSHAKAに乗っての朝練ストリートトリックは今日は断念することを決定。まー、1日くらいはサボってもいいよね?

 

あと、最後の方でいつもとは違った攻め方を探っていたら、家に帰る時間と分かって、焦って鬼コギ帰宅。完全に足が売り切れるくらい終始コギまくりました。

今日も釣れませんでしたが、次回につながることがいくつかあったので、良しとしましょう。

 

 

それにしても、世間ではこの土日にいろんな面白そうな自転車のイベントがありましたね。家でSNSで見てました。

育児や家事、親戚の納骨式への出席、突発的な仕事などやるべきことがいっぱいで、過去みたいに、そのようなイベントに気軽に参加できないため、主だったバイクシーンから1人取り残されているような寂しさを感じてしまいます。

子供がもう少し大きくなったら、また状況が変わってくるのでしょうか?っても、2人目も考えているし、こんな状況があと何年も続くのかな?

samo とにかく疲れた日曜でした

天気予報では雨!って言っていたのにメチャ晴れて気持ちの良い日曜日でしたね。

自分は今日は予定がてんこ盛りだったので、まずは朝一で城南島海浜公園スケートパークへ行き、短時間ではありますが、1時間みっちりレール系、低めのカーブBOX系のトリック練習を行いました。

レールのバニーホップ180toフェイキーダブルペグのメイク率がだいぶ上がってきたのと、ハングオーバートゥースグラインドでだいぶ長距離流せるようになってきたのが嬉しかったです。他にも色々とトライして、短い時間ながらも充実していて楽しかったなぁ!

MTB マウンテンバイク SHAKA 城南島海浜公園スケートパーク

まだ6月前ではありますが、服装は完全に夏ですね。自分はとにかくショートパンツが大好きで、最近はいつもこの姿でMTBに乗っています。あ、通勤もこれと同じだ。

ただ、ショートパンツだと足が露わになっているため、もちろんペダルのピンでザックリとスネを削ったり、ペグがふくらはぎをかすったりすると簡単に皮膚が裂けてしまうのですが、それも含めてラフな感じが好きなのです。

パーク内が混んで自分撮りできる余裕が無く、乗っている写真や動画は無しです。すみません。

 

1時間乗ったら急いでスケートパークをあとにし帰宅。奥さんとバトンタッチし息子の世話をして、撮影仕事の写真データをRAW現像をしてお客さんにデータ納品。

昼寝している息子と奥さんを起こして家族でドライブ&買い出ししに行きます。

 

18時半に家に帰ってもまだ外は明るかったので、奥さんが夕飯を作っている最中に息子を連れて近所の多摩川河原へ。

ここ最近、息子は斜面を上り降り過ぎるのが大好きで、斜面を見ると一目散に駆け上がるor駆け下りて行きます。まだ歩行は若干たどたどしいくせに。おかげでいつ滑落してもおかしくなく、ひと時も目が離せません。

今回は河原の土手にある階段の横にある長くて急な斜面をひたすら何往復も上り降りして、自分は万が一息子が滑落した際に受け止められるよう中腰の状態でひたすら後ろから付いていくので、やたら疲れてしまいました。

多摩川河原の斜面を上る叶大

そして水遊びも大好き。水しぶきを浴びると嫌がる赤ちゃんもいると思うのですが、息子はとにかく喜びます。

多摩川河原の水飲み場で水遊びをする叶大

おかげで帰る頃にはズブ濡れになっているので、身体を冷やさないように抱きしめるようにかかえて帰りました。

 

いやー、昨日の親戚の納骨式と言い、メチャ疲れた1日だった…

明日も朝活フィッシング&ストリートトリック練で5時起きなので、早めに寝るとしよう。

samo 世間はイロイロなイベントがやっていますが

世間はイロイロなイベントがやっていて(バイクロアとか…)猛烈に羨ましいのですが、自分は親戚の納骨式に参列して、それでほぼ終わった土曜日でした。こればかりはどうしようもないですね。

今日は平地で練習し続けていたバニーホップロックウォークを初めてセクションで、というか小さいギャップでやってみました。

MTB マウンテンバイクSHAKA 多摩川河原サイクリングロード バニーホップロックウォーク ギャップ超え

上の写真はバニーホップ180ではありませんよ!

その証拠に動画の方も撮りましたので、以下のinstagramの動画もご覧ください。

 

Masao Naitoさん(@tubagra)が投稿した動画

 

微妙に飛びきれてないじゃん!!(泣)近日中にしっかり飛びきれるように頑張ります!!そして、いずれはバニーホップ360に進化させます!

それにしても、新しいことができるようになると、またさらに自転車が面白くなるからたまりませんね〜。

 

朝活フィッシングも懲りずに毎日欠かさずやっています。

しかし!!最近、本当に釣れないのですよ。

MTB マウンテンバイク YAMADORI 1st 26 多摩川河原サイクリングロード ルアー バスフィッシング

ルアーにエサ釣り(ミミズと練り餌)の2段構えでやっているにも関わらず、「釣れて当たり前」のエサ釣りにさえアタリがまったくないのです。過去に実績のある釣り場所、釣り方なので、どうして釣れないのかさっぱり分かりません。潮の問題?

何にしても、釣れないとただ早朝にMTBで多摩川河原を激走するエクササイズしているだけですからね。悔しいので、諦めず毎日通いまくります。通いながら打開策を探って行こう。

 

釣りから帰ってきたらスーツに着替えて親戚の納骨式が行われる多摩霊園に向かいます。

今回は奥さんは仕事を休めないため、ウチからは息子、自分、祖父の3人での出席です。奥さん不在で長時間の式を乗りきれるか大変不安でしたが(主に息子の世話をしたのは自分)、式の最中も比較的大人しくて親戚中から大絶賛だった息子。

多磨霊園で親戚の納骨式に叶大と出席

今回の親戚の集まりでは、自分の再従姉妹(はとこ)に当たる3姉妹も参加で、以前会ったのは高校生くらいが最後で、およそ25年ぶりの再会になり、どんな風貌になっているか非常に楽しみでした。長女は僕と同じ歳で、当時は結構美人だったのは覚えていたのですが…

ハイ、会ってみたらビックリ僕と同じ歳とは思えず若かったです。3姉妹全員とも10〜15歳くらい若い感じ?もちろん全員結婚してて子供もいます。長女に至っては高校生の娘さんも来ていたのですが、一緒に並んでいたら4姉妹と勘違いしそうなくらい見た目が若い!

どうも、ウチの家系は見た目が若くなりがちみたいですね。別の親戚にいる、日本を代表するコスプレイヤーも相当見た目は若いし。

ウチの息子はそんな美人3姉妹に超チヤホヤされて終始ハイテンションモード。ずーっと愛想よく動き回っていて、最終的には動き過ぎて疲れてハイハイすらできなくなるくらいスタミナ切れていました。帰りのクルマでは乗った瞬間から爆睡です。

とまぁ、そんな感じで、自転車乗れなかったけど、それはそれは楽しいひと時を過ごせましたね。いや、納骨式なので楽しんじゃいけないのかも知れませんが、亡くなった叔母様は大往生だったので、みんな笑顔で見送る的な式でしたし。

 

多磨霊園に来たら必ず愛車を撮るスポットがあるので、今回も漏れずに撮ってみました。

MAZDA CX-5 多磨霊園 Kenstyle

最近MAZDAからリリースされたDEMIOやCX-3のデザインはメチャ格好いいですが、そのデザインコンセプトの源流はこのCX-5から来ているので、さすがに初代ということもあってデザインは多少陳腐化しつつあるものの、まだまだ格好良いと思えます。

サイドビューも悪くないですね〜(自画自賛)

MAZDA CX-5 多磨霊園 Kenstyle

一度撮ってみたかった、息子をボンネットに座らせた写真。

MAZDA CX-5 多磨霊園 Kenstyle ボンネットに乗る叶大

もうちょっと息子に自我が出てきた時、このCX-5を好きになってくれたら嬉しいな〜

このWebサイトで紹介している画像や動画を使用するのは構いませんが、営利目的で使用される場合はご連絡ください。
ライディングの際はそれぞれの判断でプロテクターを装備しましょう。
このWebサイトで紹介しているライディングを真似して怪我をされても当サイトは責任を取ることはできませんのでご了承ください。

Copyright © 2017 by Street MTB Team TUBAGRA