SILKYPIX Presents MTBストリートとは?

TUBAGRA

MTB(マウンテンバイク)チーム TUBAGRA(ツバグラ)にようこそ。
このホームページではMTBでストリートやダートジャンプ、スケートパークの乗り方を紹介しています。
MTBのトリック講習会、コンテスト、デモショーの企画も行います。お気軽にお問い合わせください。
バニーホップがしやすいストリート専用フレームMOZUの開発〜販売も行っています。

samo 今年もTUBAGRAをありがとうございました

昨夜は急遽、岡安さんと水野君、自分の3人で集まり、TUBAGRA〜岡安製作所のプチ忘年会をしてきました。

岡安さんと水野君と忘年会

岡安製作所の近くにある焼き鳥屋さんに入るも、肝心の焼き鳥が既に売り切れていて、野菜メインのやたらヘルシーな忘年会でしたね。

忘年会ではTUBAGRAの次のプロダクト、フレームやパーツの話がメイン。2016年はとにかくシーンを熱くする製品をどんどんリリースしていきたいと思います。

 

 

今年最後の朝活BIKEはSHAKAでストリートトリックがメインで、ひたすらバニーホップバースピンとバニーホップロックウォークを繰り返しました。

そんな自分のSHAKAバイク、乗り始めてもうすぐ3年目に突入します。ほとんどのパーツは長年使い続けているので本当にボロボロ。

MTB マウンテンバイクSHAKA 多摩川河原サイクリングロード

そろそろ新フレームに乗り換えて、パーツも一新したいな〜。もちろん次のストリート・パーク用のフレームはSHAKAを選択します。しっかり進化させたヤツを。

最後は草バンクを使ったバニーホップロックウォークの練習をして〆。うーん、どうしてもバンクを使うと上手くいきません。というか、草バンクだとフロント荷重し過ぎるとフロントタイヤが滑って失敗しやすいのです。くっそー、鉄壁のメイク率にしたいな。

 

年末〜正月休みも関係無しに奥さんが仕事なので、自分が延々息子の育児をしています。

滑り台で遊ぶ叶大

ここのところイヤイヤ期も含めヤンチャに拍車がかかっており、ちょっと目を離すと一眼デジタルカメラを3階の階段上から2階に落としたり(壊れなかったのが奇跡)、机の上のノートPCをぶん投げたり(こちらも壊れなかったのが奇跡)、本棚の本を全部ブチまけたりと、憎たらしいと思う感情と、可愛いいと思う感情が交互に襲ってきます。

ちなみに、今も育児の合間にこの文章を書いていて忙しいので、去年みたいな2015年のベストショット」みたいな投稿ができずにすみません。

 

いや、もう本当に今年は育児に時間を取られてコンテストやJAMなどのイベント系の活動がほとんどできませんでした。来年もその傾向が続く可能性が高いですが、何とかギリギリまで頑張ってみたいと思います。

あと、TUBAGRAの新プロダクトをたくさんリリースする予定なので、こちらは楽しみにしていてください。

 

そんな訳で、2015年はあとわずかですが、今年TUBAGRAをサポートしていただいたみなさま、本当にありがとうございました。2016年もどうかよろしくお願いします。

morita ゆくとしくるとし

こんにちは。
森田です。

一歳になる息子の妨害を受けつつタイピングするゲームをしながらかいてます。
最近ボタンを押すのが好きみたいで、どうやらキーボードを見ると大興奮する様子。
そんな息子ももう一歳。
立てるようになったと思ったらもう歩き出してます。
子供の成長を見ていると父もこのままじゃイカンと思わされます。

IMG_7298-1
公園でお散歩の図

さてさて、最近のことといえば、ダイナコのキャニオンがひとまず完成を迎えました。
最大のセットで5m程の谷があります。
リップに立ってバックサイドみるとちょっとドキドキする距離です。
立ち幅跳びで届かないかなー?といった感じ。
すでにキャニオンラインは霜のダメージが大きくクローズしていますが、
そのドキドキ感は味わえますので、お近くまでお越しの際はぜひお立ち寄りくださいませ。

そんなダイナコでは来年GWに向けてもう一本ジャンプラインを建設中です。
こちらはさらに大きなものを作ろうとしています。
digもかなり楽しめるサイズかと思いますので、
腕に自身のある方、digから味わってみませんか?

さて、キャニオンがクローズしている冬季には
体を鍛えるべくレースに出ようという動きがでてきました。
2月の定期戦参加にむけてちょこっと練習していたりします。

DSC_6418
なんとかして飛んだの図

久しぶりにショートトラック走ったら体力不足を痛感。
酸欠で死ぬかと思いながら練習してました。
これ、2月まともに走れるようになるのだろうか・・・
バックサイドに入りたいと思うと結構な距離飛ばなくちゃいけないので、いい練習になります。
次は1/10の練習に参加予定。諸先輩方、よろしくお願いいたします!

来年は、育児の合間にレース含めてもろもろ活動を増やしていきたく思います。
皆様どうぞよろしくお願い致します!

それでは、よいお年を!

samo 荒れた路面を利用したバニーホップ

昨日仕事納めで今朝はゆっくりしたいところですが、いつも通り朝活BIKEでテストバイクのcroMOZU275で多摩川河原をバニーホップを織り交ぜて飛び走っていました。

忘年会などで食べ過ぎた翌日は、特にハードに乗って摂取し過ぎたカロリーをチャラにします。

 

下の写真は、前回のエントリーで紹介した、「土の道にコンクリを流し込んだは良いけど長い年月で風化し凸凹になったコース」の荒れた路面のわずか5cm程の出っ張りをキッカケに、鬼コギ進入でバニーホップして飛んだものです。

多摩川河原ダートコース ギャップバニーホップ

サドルの高さはシッティングで最適なペダリングができる位置のまま。つまり「刺し」などの高さを稼ぐような余計なモーション無しの小手先バニーホップで、余裕で高さ60cmくらい飛べちゃうんですね。

まぁ、出っ張りが小さいし、通過する速度があるので、バニーホップのタイミングがとてもシビアなのが難ですけど、バッチリ合った時のぶっ飛び具合は爽快そのもの。

ぜひ、身近にある凹凸でバニーホップして試してみてください!(※バニーホップのタイミングを激しく間違えてリアを跳ね上げられると前転の恐れがあるので気をつけてください)

 

そうそう、この写真を良く見ると、おめでたい?物が映っています。

多摩川河原ダートコース ギャップバニーホップの背後に写った月と富士山

ちょっと嬉しい感じ☆

 

ああ、終日育児だし、全然休みって感じがしない…

 

ネイリストの奥さんは正月休みはほぼ無くほとんど仕事です。今日が年内唯一の休みだったので家族3人で河原を散歩しました。

多摩川河原を手をつないで歩く珠魅と叶大

kai 2015→2016

どうも、Kaiです。
気づけば年末となってしまいました。

2015_OYAZJAM_-(10---421)
さて、僕がTUBAGRAに加入させていただいてから約1年となりました。
月並みな表現ですが、あっという間の1年間でした。

今年の上半期のハイライトは間違いなく、LMC3で優勝できたことです。
vlcsnap-2015-12-08-09h11m00s043
fatG.の93noさんと共に、それまでのスタイルからの脱却を目指してstay boldを合言葉に漕いで攻めることが出来ました。
また、山形のシゲさんと共に長野や千葉に行き、KNS.LoやDSBの面々と一緒に乗る事が出来ました。
それまで動画で観るだけだったthe riseのwalterとも一緒に乗る事が出来て、とても刺激になったことも良い思い出です。
残念ながら、今年の後半はホイール関係のトラブルが多く、あまり乗れませんでしたが…

下半期はbmxに乗る機会が増えました。
前述のmtbのマシントラブルに加え、BOM(Best of Movie Contest)への千鳥足(センドリアシ)としての参加も決定し、二足の草鞋を履くことに。
DSC02872
あくまでもメインはmtb、サブはbmxという認識で乗っていましたが、自分のずっとやっていること/ジャンルの外に一度出ること、そして外からそれを眺めてみることはとても有意義なことでした。それまで積極的に理解しようとしてこなかったbmxフレームの先進的なジオメトリ・造りや、カルチャーとしてのbmxストリートシーンとmtbストリートシーンの差異に目を向けるきっかけとなったように感じます。また、ホイールの大きさが違っても身体の使い方に大きな違いがないことを知る事ができたことも大きな成果でした(mtbで出来ないことはbmxでも出来ない、逆もまた然り)。
これらは来年に予定されているであろう(?)Shakaのアップデートに活かすことが出来るのではと密かに思っています。

長らく休業状態だったmtbもようやく復活の目処がついたので、年明け早々には再始動できそうです。
今年ようやくメイクすることのできたテールウィップやトラックドライバーなどもより洗練させて使いこなしたいですね。

TUBAGRA関係のイベントには全くと言っていいほど参加できず、TUBAGRAライダーとしてどうなんだ!とお叱りをうけそうな一年でもあったので来年は積極的に参加したいなと思っております…

なにはともあれ、今年お世話になったたくさんの方々、本当にありがとうございました!
来年も日本のmtbストリートシーンを盛り上げていけるように頑張る所存ですので、何卒よろしくお願い申し上げます!
では良いお年を!!

samo 多摩川河原で26インチホイールと27.5インチ(650B)ホイールの違いを考える

26インチホイールを履いたYAMADORIから、27.5インチ(650B)ホイールを履いたテストバイクcroMOZU275に乗り換えて、かれこれ2週間近く経ちました。

ホームコースの多摩川河原ダート(未舗装路)をほぼ毎日走り回って、おおよそですが26インチホイールとの路面から得られる情報の違い、27.5インチ(650B)ホイールならではのメリットが見えてきたように思いますので、今回はそのことについて書いてみます。

テストバイク croMOZU 275

テストバイクcroMOZU275に履いているホイールまわりのスペックは以下の通り。

フロント/タイヤ:MAXXIS ARDENT 27.5☓2.25
フロントリム・リアリム:FORMOSA Carbon Rims 275= AM(30mm幅)
フロントハブ:NOVATEC D541SB BLACK 15mmQR
リアハブ:NOVATEC D542SB BLACK 142x12mm→135×10mmスルーアクセル

 

ここで紹介するダートコースは、多摩川河原の丸子橋から第三京浜までのエリアに良くある4つのタイプ。

 

1)土の道にコンクリを流し込んだは良いけど長い年月で風化し凸凹になったコース

多摩川河原ダートコース コンクリ路面

おそらく何十年前、河川管理の担当者が「土の道にコンクリートを流しこんで舗装し滑らかにしたら利用者が喜んでくれるだろう!」と良かれと思いこのような措置を取ったのでしょう。そこから月日は流れて滑らかだったコンクリ舗装は雑草で侵食されたり大雨の増水で流されたりし、ボロボロに劣化&風化。結果、コンクリの鋭い凸凹がむき出しとなり、YAMADORI 26に乗って走ると路面の衝撃がキツ過ぎて、「できることなら多摩川河原で走りたくないコースNo.1」となっていました。

釣りのスポットに行く際にどうしてもこのコースを走らなければいけない時は、路面を凝視して少しでも大きな凸凹を回避しなくてはならず、下手すれば荒れた草地を走った方がまだマシなくらいで、とにかくストレスが貯まりましたね。シッティングで行った日にはお尻が突き上げられて痛くなるくらい。

そんなコースをcroMOZU275で走ったところ、なんと!シッティングで走っても我慢できるレベルで走れるようになったじゃないですか!(注:我慢できるレベルで、決して快適ではない)突き上げのカドが丸くなった感じです。これが27.5インチホイールのメリットか!って一番に思いましたね。

 

 

2)雑草がボコボコ生えた草地

多摩川河原ダートコース 草地

背の低い芝生が続いた広場ならYAMADORI 26でも快適に走ることができますが、端の方に行くと雑草の株がボコボコあってタイヤがメチャ引っかかります。最悪、フロントタイヤが詰まって前転しそうになるケースも。

そこをcroMOZU275で走ってみたところ… わずかに走破力が上がって何とか前進できるようになりましたが、引っかかることには変わりなく、(1)のように目に見えて「快適になった!」とまでは言えないかな?この辺は29インチホイールとか、今話題の27.5+(Mid Fat)だと変わってくるのかも知れません。

 

 

3)程よく踏み固まってしっとり滑らかな土のコース

多摩川河原ダートコース しまった土の道

ここはYAMADORI 26でも一切文句なく快適なので、croMOZU275でも同じように快適でした。多摩川河原のコースが全部こんな状態だったら良いのに…。

ちなみに雨が降るとコースの所々に水たまりができ、ヌタヌタになって走れたものではなくなります。

みんなもこのコース目当てで走りに来ると良いですよ!ただし、犬の散歩の人も多いので、譲り合いの精神でお願いします。

 

 

4)ひたすら続くジープロード

多摩川河原ダートコース ジープロード

YAMADORI 26だと荒れてないラインを選んで走らないと、シッティングの際はお尻を激しく突き上げられたりしますが、croMOZU275だとほとんどラインを選ぶ必要が良くなりました。ジープロードにある凸凹程度だと、どっかりシートに腰掛けて無心でペダリングしてもストレス無くスムースに進んで行きます。これはスゴイ快適!

 

以上、多摩川河原にあるダートコースの4タイプをcroMOZU275で走って、26インチホイールの時と比較してみたのですが、結局のところほとんどメリットばかりでした。

平坦な河原にあるコースという性質上、里山ほど小回りが必要とされるシチュエーションが無いので、普通に走る限りはホイール径が大きい方がメリットがあるに決まっているんですね。というか「普通に走るだけ」なら、きっと29インチホイールや27.5+(MidFat)、ファットタイヤの方が快適です。

けれど、「楽チンにバニーホップして飛んだり回ったりする」などアクション性も織り交ぜるとなると、当然ホイール径が小さい方(24〜26インチ)にメリットがある訳で。

つまり、走破性とアクション性の2つの良いところ取りを考えれば、27.5インチ(650B)ホイールは、多摩川河原のダートコースを走り飛び回ることを前提とすれば、自分には最適な選択肢だと思いました。

とはいえ、他の河川のダートコースや里山を走ってみると、また感想が変わってくるのかも知れませんね。

samo 2016年にTUBAGRAでリリースしたい物

昨日テストバイク croMOZU275に乗って草バンクでバニーホップ180をして絶好調だったので、今日の朝活BIKEでも調子に乗ってやってみました!

が、寝起きで空腹、喉カラカラの状態でやったものだから、全くお腹に力が入らなくて最悪のメイク率…(泣)

MTB マウンテンバイク croMOZU275 多摩川サイクリングロードでバンクバニーホップ180

回転足りない着地を連発し、文字通り27.5インチ(650B)カーボンホイール FORMOSA Carbon Rim 27.5の耐久テストがメインだったような ((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

意地で数回メイクして、意気消沈状態で家に帰りました。

 

今日は奥さんのクラブ(ダンスとかDJの方ね)仲間の美人な若い女性が泊まりに来ていて、さらに奥さんのママ友とこれまた超美人の娘さんが遊びに来ていて、とてもワクワクした1日でした。ウチは自分のライダー仲間から奥さんの友達まで、1年を通じていろんな人が泊まりに来るので楽しいです。

だけど、お昼から夜までブライダル撮影仕事があって、そんな美人さん達に少ししか会えなかった事が心底残念でした。

 

本来この時期には、TUBAGRAオリジナル ENMA FORK(エンマフォーク)をとっくにリリースできているハズでしたが、台湾からの便が遅れに遅れ、いつ販売できるのか全く分からない状態になっています。

TUBAGRAプロデュース「エンマフォーク」

最初は「11月中旬には」という話だったのに、それが「12月中旬」になって、現在に至るという。せめて日本に向かっていることを祈ります。って、忘れた頃に到着するんだろうな…

 

あと、TUBAGRAオリジナルでバークランプ径:22.2mmの3インチライズバーもリリースしたい。実は企画は進行中なのですが、いかんせん台湾からの反応が遅くて不安になります。忘れられていたらどうしよう?

 

反応が遅いで思い出した!台湾製MOZUも11月にサンプルフレームが出来上がって12月半ばには手元に届くハズだったのに音沙汰がありません。今はどんな状況なんだろう?

 

他にも2016年の上旬には現在テストしているcroMOZU275も販売まで持って行きたいな。制作は岡安製作所だし、岡安さん仕事が早いから、上で紹介した中では一番遅れたスタートだったのに一番早く実現しそう。

テストフレーム croMOZU 27.5

現時点で乗った限りの変更点は、ヘッドアングルを1度くらい?寝かすことと、エンドを142mm/12mmのスルーアクスルにすることでしょうか?あと、シートチューブの突き出しも20〜30mmくらい伸ばしたいですね。

 

SHAKAフレームのアップデート。TUBAGRAライダーkai君の意見を取り入れ、さらにジオメトリを煮詰めたいと思っています。

TUBAGRA SHAKA Frame

そして、フレーム各部に最新の処理を施したいな…。台湾MOZUの動向次第な訳ですが。

samo カーボンホイール禁断の回転系トリックに挑戦してみた

朝活BIKEでテストバイクのcroMOZU275に乗り、本格的に多摩川河原のダートコースを走り回ってみました。その結果、26インチホイールと27.5インチホイールの違いがだいたい分かったので、近日中にまとめて紹介したいと思います。

それはそうと、土手でテイルタップをしてみました。カメラ目線で。

MTB マウンテンバイク croMOZU275 多摩川サイクリングロードでカメラ目線テイルタップ

簡単なトリックはカメラ目線でやると、ちょっとマシに見えるような、そうでないような…(汗)

 

午前中に息子を連れて二子玉川公園に行ってきました。広い芝生広場でたっぷり走り回って遊んでご満悦。

笑顔で走り回る叶大

ただ、楽しかった分、家に帰ると分かると、地面に寝転がって手足をジタバタして泣いて帰ることを全力拒否する、というテンプレ行為もしてくれるので、いろいろ大変なのですが…

 

今日はついに、croMOZU275に乗り換えてから、ずーっと控えてきたことにチャレンジしてみました。

そう、カーボンホイールの禁断的?行為である、回転系ストリートトリック代表格のバニーホップ180をしてみたのです。やはりTUBAGRAのフレームを名乗るからには、バニーホップ180は避けて通れないだろう!ということで。

FORMOSA Carbon Rim 27.5

最初は全然タイミングが合わず、回転角が足りない着地を繰り返し、リアホイールに横方向の力をかけまくってしまいました。どこからどう見ても、27.5インチ(650B)カーボンホイール FORMOSA Carbon Rim 27.5の耐久テストです。失敗着地を繰り返す度に、ホイールが大丈夫かチェックする有り様でした。

それでも、20回くらい失敗を繰り返した後で、ようやく踏み切るタイミングが分かってきました。

そうなると、バニーホップ180が面白い程カンタンに、しかも連続メイクできるようになったじゃないですか!

 

フラット路面だけじゃなくバンクでもやってみると、24インチのSHAKA並に「気持ち」だけで回れてビックリしましたね。

MTB マウンテンバイク croMOZU275 多摩川サイクリングロードでバンクバニーホップ180

24インチホイールのSHAKAだと草のバンクを駆け上がる際に若干路面の凸凹が気になるのですが、27.5インチ(650B)ホイールのcroMOZU275だとメチャスムースにバンクを飛び出せるので、快感度も高いです。

平地でのバニーホップ180と、バンクでのバニーホップ180をビデオで撮ったので、下の動画からご確認ください!

 

TUBAGRAさん(@tubagra)が投稿した動画

 

ご覧のとおり、フラットだと若干多めの予備動作が必要ですが、MOZUシリーズならではの回転系トリックのしやすさでした。

カーボンホイールということはさておき、27.5インチ(650B)ホイールでもこんなに普通に回れるなんて思いもよりませんでしたね。

現在テストで乗っているcroMOZU275、ジオメトリの熟成次第でとんでもなく面白いフレームになるのではないでしょうか?いやはや楽しみです。

 

箱根ターンパイクをレースカーが駆け上る衝撃のイベント「MHヒルクライ­ム」の第2弾PV。映像がキレイで迫力があります。

この映像に登場するマシンたちの詳細な紹介記事は、12月29­日(火)発売のモーターヘッドVol.18に掲載とのことです。

samo クリスマスですね…

今朝、目が覚めて外を見てみると、直前まで雨が降っていたくらい道路がビチョビチョになっているじゃないですか。

「雨が降るなんて聞いてなかったぞ…」という気持ちでSHAKAを押して多摩川河原に行ってみると、あちこちに大きな水たまりができており、とてもじゃないですが、タイヤが滑りまくってまともに乗れる状況ではありませんでした。

それでも、そのまま帰るのは惜しいので、濡れた草地の上でひたすらバニーホップバースピン練習。

MTB マウンテンバイクSHAKA 多摩川河原サイクリングロード バニーホップバースピン

着地でちょっとでもタイヤに角度が付いていると滑って失敗となり、丁寧にバーを回しきらないとメイクできないので、良い練習になりました。

まー、不完全燃焼なのは言うまでもありませんが…

 

今年9月に山形県寒河江スケートパークで開催し、自分もエントリーしたOYA-Z BMX JAM 2015の動画が公開されました。僕も登場しています!クラッシュシーンで!(笑 03:05くらい)クラッシュシーンとはいえ、ものすごい大勢のライダーの中から動画に採用していただけただけでも光栄ですよ。

OYA-Z BMX JAM 2015 FINAL from fool & the gang. on Vimeo.

この動画を観ていると、楽しかったOYA-Z BMX JAMの数々の記憶が蘇ってきます。ストリートバイクなら何でも参加OKの、格好いいライディングをしたら別け隔てなく賞賛しあう雰囲気は本当に良かったなぁ…

自分もいつか、こんなイベントを開催したいですね。

 

Facebookでは、「1年前の今日はこんなでした」という過去の記事が表示されるサービスがあります。

そこで表示されていた写真を見て思い出したのが、まさに去年のクリスマスイブ、息子がRSウイルスにかかって病院に担ぎ込んだら肺炎と診断され、大きな病院に緊急入院されたこと。それは怒涛の出来事で、自分も奥さんも大パニックに陥っていました。

肺炎で入院した叶大

検査用のコードが身体中に張り巡らされ、酸素吸入器を当てられた息子の姿は本当に痛々しかったです。

それから早朝に夫婦で病院へ行って息子の看病をしその後出社、会社が終わったら病院にすぐ行って看病し、消灯時間に帰ってくるという日々を退院する12月31日まで過ごしました。

 

あれから1年、息子は滅多に風邪をひかない身体になり、寒さで鼻水ダラダラでも満面の笑みで走り回る程になりました。

武蔵小杉グランツリー屋上で走り回る叶大

元気な息子がいてくれることが、僕と奥さんにとっては心から嬉しいクリスマスプレゼントですよ。

samo 今後のInstagramの活用

日本に暮らしているとあまりイメージが沸かないのですが、海外ユーザーや、海外企業のInstagramの広報系の活用っぷりは凄いと感じます。

ここ数日、テストバイクであるcroMOZU275の画像をTUBAGRAのInstagramアカウントに投稿したところ、多くの海外の方からフォローされ(ってもまだまだ超少ないですが)、「いいね」をいただきました。

 

TUBAGRAのInstagram

 

将来的にはTUBAGRAというバイクブランドを国内だけでなく海外へも拡げていこうと真剣に考えていることもあり、今までは子供の写真なども自転車と同じようにTUBAGRAのInstagramアカウントに投稿していましたが、今後は積極的にTUBAGARのプロダクツやライダーの写真に限り投稿していきます。

TUBAGRAのプロダクツに至っては、テストパーツから販売用まで、どんどん新しい物が増えていく予定ですので!

よろしければ、みなさまフォローをしていただけると幸いです。

 

そんなことからTUBAGRAとは別に、個人でInstagramアカウントを取得するかもー

 

 

昨夜、お風呂の後に息子を寝かしつけていたところ、いつものように寝落ち。

そして、洗濯などを終わらせて寝室に入ってきた奥さんが目撃したのが下の風景。

寝相の悪い息子に乗っかられたサモ

僕の顔の上に、息子がスゴイ姿勢え寝転がっていますね。本当に酷い寝相です。(僕、爆睡してて全然気が付きませんでした)

奥さん、大爆笑していろんな角度から写真を撮った後、息子を正しい位置に戻してくれました。

息子と一緒に眠るサモ

うん、なんて愛らしい写真でしょう!

それにしても、どうしてこの状態から息子はあんな姿勢になったのだろうか?

 

あ、メリークリスマス。

このWebサイトで紹介している画像や動画を使用するのは構いませんが、営利目的で使用される場合はご連絡ください。
ライディングの際はそれぞれの判断でプロテクターを装備しましょう。
このWebサイトで紹介しているライディングを真似して怪我をされても当サイトは責任を取ることはできませんのでご了承ください。

Copyright © 2017 by Street MTB Team TUBAGRA