SILKYPIX Presents MTBストリートとは?

TUBAGRA

MTB(マウンテンバイク)チーム TUBAGRA(ツバグラ)にようこそ。
このホームページではMTBでストリートやダートジャンプ、スケートパークの乗り方を紹介しています。
MTBのトリック講習会、コンテスト、デモショーの企画も行います。お気軽にお問い合わせください。
バニーホップがしやすいストリート専用フレームMOZUの開発〜販売も行っています。

samo ENMA FORK Type N 発売します

ご好評をいただき残りわずかとなったTUBAGRAのオリジナルリジッドフォーク「ENMA FORK(エンマフォーク)」ですが、この度、新しいモデルを発売します。

ENMA FORK Type N エンマフォークタイプN

「ENMA FORK Type N」と言いまして、基本ジオメトリや作りは従来の「エンマフォーク」と同じ。価格は「エンマフォーク」と比較して300円ほどお安くなっています。

 

それでは、従来のエンマフォークとどう違うの?といいますと、下の画像をご覧ください。

 

ENMA FORK Type N エンマフォークタイプNと普通のエンマフォークとの違い

通常のインテグラルヘッド(カンパヒドゥンセット)対応のフレームだと下玉押し一体型の従来の「エンマフォーク」が最適ですが、そうでないテーパーヘッドやオーバーサイズのヘッド対応のフレームでは下玉押しを入れるタイプの「エンマフォーク Type N」が最適!となります。

多くのお客様からこのような要望が以前からあったので、その声に答えたカタチですね。

ちなみに、インテグラルヘッド対応のフレームにも下玉押しを入れれば「エンマフォーク Type N」もバッチリ使えますので、今後、色んなフレームに入れる予定がある方は、「エンマフォーク Type N」を購入しておけば間違いないと思います。

 

 

使用パイプはすべて「エンマフォーク」と同じTANGE製4130クロモリで焼入れ硬化処理済み。

肩下430mmでリジッドフォークとしては少し長めとなり、サスフォーク対応フレームでもあまりハンドルが下がり過ぎないポジションを得られます。

ENMA FORK Type N エンマフォークタイプN

ねじ込み式のトップキャップを採用。

 

オフセットは28mmと昨今MTBストリートにおいても定着したノーズ系トリックをするには最適な数値に。

ENMA FORK Type N エンマフォークタイプN

エンドは径の大きな樹脂ペグも余裕で装着できるクリアランスを確保しています。

 

ENMA FORK Type N エンマフォークタイプN

TUBAGRAのステッカーが2枚同封されます。

 

ENNMA FORK Type N
素材:4130 クロモリ
カラー:BLACK
肩下:430mm
オフセット:28mm
コラム長:170mm
適合フロントハブ:MTB / BMXフロントハブ, 100mm幅/9mm、3/8” 、10mmアクセル
重量:1,320g(ヘッドキャップ含)
販売価格:¥19,500(税抜)

 

近日中にオンラインストアで発売開始します!

また、各ショップへの卸販売も行っておりますので、お気軽にお問い合わせよりご連絡ください。

 

よろしくお願いいたします。

samo 土曜日と日曜日のできごと

【土曜日のできごと】

多摩川河原ダートコースでたたずむサモ croMOZU275

「朝から雨が降る」という天気予報でしたけど、意外と天気はもったので、まずは近所の河原で朝活BIKE。croMOZU275でバニーホップ180縛りの練習をして朝から体力を使い果たしてグッタリ。

やっぱりちょっとサボると27.5インチホイールでのバニーホップ180はすぐに劣化しちゃいますね。頻繁に練習し続けていないと駄目だなぁ。

 

家に帰ると同時に奥さんが仕事に出発。後は息子の終日育児DAY。まだ雨は降っていないので、河原で息子のランバイク練習をすることに。

多摩川河原の土手をランバイク COMMENCAL RAMONES 12 で走り下りる叶大

今回、息子が目をつけたのが土手を斜めに走る下りスロープ。結構な斜度があるのですが、そこを躊躇なく下り降りる息子なのでした。なかなかのスピードになるのに歓喜の声を発しながら合計20回くらい繰り返していましたね。

※その20回、斜面を上るのをサポートしたので、地味に自分の体力が奪われヘトヘトに…(汗)

そうこうしている内にまとまった雨が降ってきたので撤収。何だかんだバッチリ外で楽しむことができた自分と息子でした。

 

その様子をまとめた動画がこちらです。(※明らかに違う内容の動画が表示されている場合はブラウザの再読込を行ってください。正しい動画が表示されます)

実は最初の方で大転倒をかまして唇切って血まみれ号泣したのですが、抱きしめてなだめ、涙と血を拭ったら、息子は再びバイクにまたがり土手を上がって同じように走り下りたじゃないですか!その時、生まれてからもっとも息子を「カッコイイ!」と思ってしまいました。

うん、こいつは絶対にエクストリーム方面の人間だな。

 

 

【日曜日のできごと】

大師河原スケートパーク SHAKA24

朝イチで神奈川県川崎市にある大師河原スケートパークに一人で行ってきました。今回、持って行ったのはSHAKA 24です。

実は前回のライディングでチェーンをまた切ってしまい、朝早くにチェーンを繋いだばかりでした。


大師河原スケートパーク に到着したと同時にチェーンが切れたSHAKA24

パークに到着してまさかの2ペダリング目で再びチェーンが切れた!!うあー、やっぱり4年半使い続けているチェーンは耐久性がマズイ…

 

チェーンカッターはクルマの工具箱の中で、さすがに今取りに行ってチェーンを繋ぐのは時間的にツライ… ということで、チェーンレスのSHAKA24で一通り遊ぶことにしました。時間にしてだいたい1時間半ほど。

大師河原スケートパーク スミスグラインド SHAKA24

既視感たっぷりの下りレッジでのスミスグラインド。

 

大師河原スケートパーク フィーブルグラインド SHAKA24

そしてフィーブルグラインドも。

 

そんなチェーンレス・ライディングの様子をまとめた動画をご覧ください。

それにしてもチェーンが張ってあることで、無意識の内にペダルを踏み込んでバランス取ったり体勢のフォローで活躍していましたが、チェーンが無いことにより、より丁寧な乗り方を要求されることが分かりました。

チェーンレス・ライディングってとても練習になることが分かったので、しばらくチェーンは直さずこのままでやってみようかな。

samo 12月16日(土)AMにMTBストリート&ストリートトライアルP-JAM2を開催します

MTBストリート&ストリートトライアルPジャム2

年内最後の面白イベントとして、12月16日(土)に埼玉の某スケートパーク(今年の7月に同じくJAMを開催したところ)で「MTBストリート&ストリートトライアルP-JAM2」を午前中限定で開催したいと思います。

※「P-JAM」の「P」は「Petit=プチ(フランス語で小さいの意味)」の略で、つまり「小さいジャム・セッション」ということです。

考えているセッション内容は以下の通りです。

 

・大中のBOXセクション(グラインド可能)やレールを使った1ルーティンジャム

・BOXジャンプを使ったワンメイクセッション

・クォーターパイプを使ったワンメイクセッション

・バニーホップコンテスト(パラレルで超えるのも可)

 

開催1週間前くらいにまた告知などを行います。

 

前回の様子はこちら。

MTB STREET & STREET TRIAL Petit JAM 2017.7.23 from Samo on Vimeo.

MTBストリートとストリートトライアルも新しい世代のライダーがたくさん出てきていますし、腕に覚えのあるライダーはぜひご参加ください。もちろん腕に覚えが無くてもOKです。見学も大歓迎です。

samo 秋ヶ瀬の森バイクロア7に出演します

秋ヶ瀬の森バイクロア7

今年もやってまいりました、秋ヶ瀬の森バイクロア!!今年は7回目の開催となり、年々規模や来場者が増加している大人気の野外自転車イベントになります。

12月2日・3日(土-日)の開催となりますが、TUBAGRAのショーは2日(土)に!また、両日でTUBAGRAで何らかの講習会も開催する予定ですので、ぜひ遊びに来てください。

詳細な情報は追ってこの場で紹介していきます。

 

 

昨晩は会社から帰った後、新横浜スケートパークに行き、マンツーマンのバニーホップ講習会をしてきました。

新横浜スケートパーク 和田さんのバニーホップ croMOZU 26

26インチのcroMOZUに乗るワダさんのバニーホップを見させていただき、動画などでフォームをチェックしながら諸々アドバイスをさせていただきました。大変筋が良いので、数ヶ月後には50cm近く飛べているのではないでしょうか?

 

 

珍しくcroMOZUが揃ったので、並べて撮影してみました。

新横浜スケートパーク croMOZU275 croMOZU26

左が自分のcroMOZU275(27.5インチホイール)で、右がワダさんのcroMOZU(26インチホイール)です。

当然の如くシルエットはほぼ同じ!あー、真横からも撮れば良かったなぁ!!

 

今日の朝活BIKEは台風で河原に出現した逆R地形をcroMOZU275バニーホップで飛んでみました。

多摩川河原 逆R地形 縦コーン超え バニーホップ

うーん!やっぱり地形が水を含んで柔らかく、バニーホップの踏切が食われてしまってなかなか高く飛べない(泣)何度トライしても微妙に高さが足りなかったです。悔しい!!

samo 上手いライダーにMTBを貸して飛んでもらうと

先日のスマイルバイクパークで会社の同僚tksgさんと自分で、バニーホップが高いMOZU24に乗る鈴木雄大君に、自分たちのバイクに乗ってもらい、バニーホップしてもらいました。

鈴木雄大君がtksgさんのSurlyでバニーホップ スマイルバイクパーク

まずはtksgさんのSurly 1×1 26インチホイールでバニーホップ。このフレームは癖のないジオメトリの標準的なMTBですが、明らかに85〜90cmは飛んでいます。

 

鈴木雄大君がサモのcroMOZU275でバニーホップ スマイルバイクパーク

そして次は自分が乗るcroMOZU275 4thでバニーホップ。どう見ても100cm近く飛んでいますね!

というか、27.5インチホイールMTBの平地バニーホップでここまで高く飛べるの世界初なんじゃないでしょうか?croMOZU275のジオメトリがチートな事もありますが、何より鈴木雄大君の身体能力がスゴイ!!

 

こんな感じで上手いライダーに愛車に乗ってもらい、超絶ライディングをしてもらうと「うわ、俺のMTBでこんなことができるんだ!高いポテンシャルがあるんだな!」って、妙に誇らしく思え、愛車がより好きになります。もし、上手いライダーが身近にいて、こんな感じで乗ってもらえる機会があったらぜひ試してみてください!

その際、「このポジションをもっとこうした方が〜」などバイクのセッティングについてのアドバイスがもらえるかも知れませんし。

 

あ、逆に自分のできなさ加減で落ち込むこともあるので、その辺は覚悟しておきましょう。

 

今朝は先日のスマイルバイクパークで右足を怪我してから3日ぶりにMTBに乗ってバニーホップしてみました。

croMOZU275 4th 多摩川河原サイクリングコース 雨の中 縁石で斜め刺しバニーホップ 怪我から復帰

昨夜遅くまで降っていた雨の影響で、近所の河原はオールウェット。仕方なしに高架下の縁石をキッカケにバニーホップしてみると、刺しを入れた瞬間に右足を曲げたことでまだ結構痛みがあることが分かりました。

完治まではあと少しかなー。

ちなみに自分の場合、まだ怪我が治っていなくてフルパワーじゃないとはいえ、縁石を使ってようやく鈴木雄大君の平地バニーホップと同じ高さ、という…(泣)

 

日曜日の夜にいつもお世話になっているMTBプロショップ 小川輪業に行って息子の次の自転車を見てきました。小川さん、いつもありがとうございます!

小川輪業にて叶大のバイクをチェック

ハイ、ランバイクの次のバイク(ペダル付き)はもう決めました。12月の息子の4歳の誕生日にプレゼントする予定です。

samo 人に写真を撮ってもらう嬉しさ

先日のスマイルバイクパークでは大勢のライダー達の写真を撮らせてもらいましたが、一方で、会社の同僚であるtksgさんや鈴木雄大君に自分の写真を撮ってもらいました。

自撮りを除くと、ほぼ自分の写真を撮ってもらう機会が無いので、撮ってもらった写真を見ると構図やタイミングなどどれも新鮮で、素直にとても嬉しいです。

大盛り上がりのスマイルバイクパーク スラロームコース サモ キャンキャン

スラロームコースの途中のコブでキャンキャンをしているのは、鈴木雄大君に撮ってもらった写真です。右足が負傷で動かないため、自由に動かせる左足だけで繰り出すことができるのがキャンキャンでした。

 

大盛り上がりのスマイルバイクパーク スラロームコース サモ

こちらは会社の同僚 tksgさんに撮ってもらったスラロームコースを走る自分を流れで撮ってもらった写真。

大盛り上がりのスマイルバイクパーク スラロームコース サモ

大盛り上がりのスマイルバイクパーク スラロームコース サモ

大盛り上がりのスマイルバイクパーク スラロームコース サモ

これらの写真には躍動感があるのと、その場の雰囲気が伝わってくるようで、とても気に入っています。

大盛り上がりのスマイルバイクパーク スラロームコース サモ

今後も自分は多くのライダー達を撮ることでしょう。その際は、撮らせてもらった人たちに必ず喜んでもらえるように撮影技術の向上を頑張りたいと思います!

samo 久しぶりにTUBAGRAライダーAKIRA君のライディング

先日スマイルバイクパークで負傷した右足を引きずりながら、舞浜のスケートパークでTUBAGRAライダーAKIRA君の撮影をしてきました。

AKIRA君、現在、仕事がかなり忙しくてなかなかMTBに乗れていませんが、乗ればやっぱり上手い!

TUBAGRAライダーAKIRA君 ダブルペググラインド 舞浜運動公園スケートパーク

SHAKA 24に乗るAKIRA君は日本で(世界的に見ても)随一のMTBでのグラインドの使い手です。

今回は初めて行くパークで、さらに乗る時間が1時間未満という限られた条件にも関わらず、高度なグラインドのテクニックを披露してくれました。

 

そんな彼のライディングを簡単ですがまとめてみましたので、どうかご覧ください。(※明らかに違う内容の動画が表示されている場合はブラウザの再読込を行ってください。正しい動画が表示されます)

間隔の短いキンクレール(段のあるハンドレール)で少々苦戦していましたけど、そこは何とかメイクで〆れて良かったです。

 

彼が乗るTUBAGRAのストリートフレームSHAKA 24のバイクチェックをご覧ください。

TUBAGRAライダーAKIRA君のSHAKA24バイク

フレーム:SHAKA 24インチホイール対応 BLACK

ハンドル:Blkmrkt molly hatchet bar 3インチライズ
ステム:Cult Salvation V2
フォーク:BLKMRKT Tech9
ハブ:Primo
リム:Alienation
クランク:Fly
タイヤ:Odyssey Chase Hawk P-Lyte 2.2
サドル:Shadow

TUBAGRAライダーAKIRA君のRover MINI ミニとSHAKA24バイク

彼の愛車は渋くカスタムされたROVER MINIです。とてもカッコイイ!

 

また、AKIRA君が履いているシューズは、日本発スニーカーブランド SLACKIDENT LOW

日本発スニーカーブランド SLACK(スラック) IDENT-LOW

定価4,800円でコスパ最高のシンプルなスニーカーですが、このモデルは現在どこも欠品中となっています。自分のサイズを見つけたら即買いをオススメします。

samo スマイルバイクパークにワンメイクジャンプが誕生

東京都稲城市のMTBパークであるスマイルバイクパークに近所に住む同僚のtksgさんと一緒に遊びに行ってきました。

大盛り上がりのスマイルバイクパーク

自分が知っている限り、過去もっとも多い数のライダー達が遊びに来ていて、みんなでスラロームコースを走ったり、ワンメイクジャンプを飛んだり、パンプで自発的な講習会が行われていたりと、大盛り上がりでしたね。

 

大盛り上がりのスマイルバイクパーク

特に新しくできたワンメイクジャンプは大人気で、数多くのライダー達が飛んでいました。

大盛り上がりのスマイルバイクパーク ワンメイクジャンプ ジャンプセクション

改めて、MTBライダーって人たちはジャンプが好きなんだな!と思ってしまいましたね。

大盛り上がりのスマイルバイクパーク ワンメイクジャンプ ジャンプセクション 鈴木雄大君のハイエアー

MOZU24に乗る鈴木雄大君がハイエアーを見せてくれました。

大盛り上がりのスマイルバイクパーク ワンメイクジャンプ ジャンプセクション 鈴木雄大君のハイエアー

鈴木雄大君の斜め刺しハイエアーはエグくてカッコイイなぁ!!

 

僕はと言えば、現地に着いてすぐワンメイクジャンプでナックナックの練習をしていたら、空中で強風に流され着地で転倒。ハンドルバーが右太ももに刺さり歩行困難に… それでも帰るギリギリまで飛びました。

 

スラロームコースもちょうど良い路面状況で思い切り走れました。

大盛り上がりのスマイルバイクパーク スラロームコース

大盛り上がりのスマイルバイクパーク スラロームコース

大盛り上がりのスマイルバイクパーク スラロームコース サモ キャンキャン

右足を負傷した自分も左足なら元気に動くので、スラロームコース内にあるコブでナックナックを決めました。

 

いやー面白かったなぁ!!こんな大勢で遊べると嬉しいですね〜☆

 

多くの常設コースが冬季休業になった今、コーナリングテクニック、ジャンプテクニックを磨くにはスマイルバイクパークはピッタリです。ぜひ足をお運びください!

samo croMOZU275に再びドロッパーポストをー!!

多摩川河原に、たまーに鬼コギ侵入でバニーホップして飛ぶ斜面がありまして、今朝croMOZU275でそこを攻めてみました。

やはり台風の影響でアプローチや斜面の凸凹度が増して非常に飛びづらくなっていて、鬼コギしてもなかなか気持ち良く進んでくれず大苦戦。

多摩川河原 ダートコース croMOZU275 4th 斜面 バンクバニーホップ 縦コーン超え

縦コーン(新型の75cm)を飛び越えてみましたが、もっと高く飛べるハズなのに何か悔しかったですね。だって、この程度の高さなら、他のTUBAGRAライダー達なら平地バニーホップで出せますし。

何にしても、この凸凹にも慣れればもっと高さは出せるハズなので、周囲に人がいなければちょこちょこ攻めてみようと思います!

 

あと、今月末から山に走りに行きまくる予定なので、自分のcroMOZU275にドロッパーポストを入れようと考えています。

多摩川河原 ダートコース croMOZU275 4th

ストロークは150mm以上、シートポスト径は30.9mm、サドルの角度を多少上向きにできる、ワイヤーをフレームのパイプ内に通すステルス対応って感じで探したところ、いつもお世話になっているYurisさんが扱っているBIKEYOKEのドロッパーポストが有力だと分かりました。

BIKEYOKEのドロッパーポスト

BIKEYOKE REVIVE(リバイブ)
ストローク:160mm シート径:30.9mm 重量:525g 価格:48,000円(税込)

 

 

それと、夜間撮影用の撮影機器を購入しました。先日のTUBAGRAライダーYAMATO君の夜間撮影で「ちゃんとした機器が必要だ!」と切に感じたためです。

R-STYLE スタビライザーハンドル UTEBIT LEDビデオライト Nikon D600

「R-STYLE スタビライザーハンドル」と、「UTEBIT LEDビデオライト」の2種類で、これに一眼デジタルカメラをマウント。

R-STYLE スタビライザーハンドル UTEBIT LEDビデオライト Nikon D600

このグリップのおかげで、ローアングルの追い撮りが楽チンになるので、ストリート色の強い迫力の映像をバンバン撮っていきたいと思います!

samo 期間限定の盛土バニーホップとテイルウィップ練習復活

昨日も紹介した、多摩川河原の公園にある台風で流れてきた土砂を一箇所に集めてできた盛土。今朝もまだありました!

多摩川河原 ダートコース croMOZU275 4th 台風の泥砂の盛土

すぐ横にショベルカーが置いてあり、もうすぐにでも撤去されてそうなので、ここぞとばかりに遊ばせてもらいました。

多摩川河原 ダートコース croMOZU275 4th ヒップ バニーホップ 台風の泥砂の盛土

昨日パンクしたリアタイヤは昨夜直し、気持ちも新たに1.25倍の侵入スピードで突っ込んだところ、その分、斜面にかかった瞬間にタイヤが埋まって大減速。く〜、思ったよりも飛べない(泣)

そうこうしている内に現場の作業員と思わしき方たちが遠目にパラパラ見えたので、今日のところは10本ほど飛んだだけで撤収しました。

わずか2日間、トータル25アタック程度でしたが遊べて楽しかったです。盛り土さんありがとう。

 

 

Instagramで見つけた、中国の24インチホイールMTBに乗る少年がメチャ上手いです。

ここまでヒョイヒョイと平地でのバニーホップテイルウィップを決めちゃうなんて…!

思わず、自分も再びテイルウィップ練習を復活させようなんて決心させてくれちゃいましたよ。あ、自分の場合はバニーホップじゃなくてRを使って、ですが。

 

ちなみに、6年前はカタチは汚いものの26インチのMOZUで回ってきたバイクをまたげていました。

サモ テイルウィップ練習 失敗

一見、痛そうな着地ですけど、この時のフラワートレイルのワンメイクジャンプは着地面の土をフカフカに耕していたので、転倒時のダメージはゼロ!こんな環境でまた練習したいですね。

とりあえず、12月になったらRでのテイルウィップの練習を再開させようと思います。44歳の内にメイクできるように頑張ろう。

 

あと、釣りもしていますけど、相変わらず多摩川は台風の影響が残っていて、未だに水位が高く濁流が収まっていません。

多摩川河原 ダートコース croMOZU275 4th 台風後の増水の川

日に日に水温も低くなっているので、このまま魚が釣れずにオフシーズンになっちゃうのかな…

 

 

次の土曜日、雨じゃなければ午前中限定でスマイルバイクパークに乗りに行こうと思います。ご一緒できる方がいましたらぜひ!

このWebサイトで紹介している画像や動画を使用するのは構いませんが、営利目的で使用される場合はご連絡ください。
ライディングの際はそれぞれの判断でプロテクターを装備しましょう。
このWebサイトで紹介しているライディングを真似して怪我をされても当サイトは責任を取ることはできませんのでご了承ください。

Copyright © 2017 by Street MTB Team TUBAGRA