SILKYPIX Presents MTBストリートとは?

TUBAGRA

MTB(マウンテンバイク)チーム TUBAGRA(ツバグラ)にようこそ。
このホームページではMTBでストリートやダートジャンプ、スケートパークの乗り方を紹介しています。
MTBのトリック講習会、コンテスト、デモショーの企画も行います。お気軽にお問い合わせください。
バニーホップがしやすいストリート専用フレームMOZUの開発〜販売も行っています。

YAMATO's YAMADORI26 & SHAKA26 Coverphoto Gallery

YAMATO's YAMADORI26 & SHAKA26

TUBAGRA/driveライダー達が乗っているフレームはこちら24・26インチストリート/トライアルホイールはJBPまで!

Topics

ハードに使い続けてきた一眼デジついに終了Riders-Diary

僕が日々TUBAGRAのWebサイトで公開する画像の殆どは、愛機であるNikonのフルサイズ一眼レフデジタルカメラである「D610」で撮られています。(※一部iPhoneで撮った画像もあります)

Nikon D610 単焦点レンズ Ai AF Nikkor 50mm F1.4D

Nikonの一眼デジを使い慣れた僕にはマニュアルを見なくても殆どの機能を使いこなせたし、フルサイズCMOSで撮影〜処理された画像はとても美しく(特に林などの奥行き感や抜けの良さが)、色調補正もし易いので、趣味に撮影仕事に日々の最高の相棒となっていました。

 

だったのですが、2年前の朝活BIKE&FISHの最中、多摩川に落として完全水没。1mの水底におよそ20秒間ブクブク沈んでいて、センサー内やレンズ内にもおよそヤクルト1本分の浸水がありました。

川に飛び込んで引き上げたらすぐにバッテリーを外し、何もしないで1週間、風通しの良い日陰で自然乾燥させたところ、1週間後に電源入れたら無事に起動。もちろん付いていたレンズも問題無く動きました。

 

そこから3ヶ月、水没以前と何ら変わりなく毎日Nikon D610を使い続けていたのでした。「Nikon D610最強すぎる!」この段階で僕のNikon信仰は絶対なものに!

 

あの日までは…

 

寝起きの腹巻き叶大

息子の育児の最中、トイレに行きたくなった僕は3Fに息子を残し(当時の息子はチャイルドゲートを開けることはできなかった)、2Fにあるトイレへ行きました。用を足して出ようとした直後、扉の外から何か重たい物が転げ落ちたようなすさまじい衝撃音が。

急いでトイレから出て見渡すと、水没しても無事に動いていた、僕の仕事用のデスクの上に置いてあったハズの「あの」Nikon D610が転がっているじゃないですか!

まさか、お前… パパが勝手にトイレに行っちゃったから、構ってもらいたくてカメラを3階階段上から2階下まで投げ捨てたのか?(ブルブルブル)

 

気持ちを落ち着かせてカメラを起動してみたところ、無事に液晶は付いたしダイヤル類ボタン類も生きている、レンズも動く。「なーんだ、全く壊れてないじゃん!Nikonやっぱり凄いな!」なんて思ってファインダーを覗いたところ、ボヤけて被写体をまともに見ることができません。

ああああ!!ついに壊れたー!!

 

とはいえ購入してギリギリ1年未満でメーカー保証が効くため早速Nikonに発送。よし!これで問題無く直る!!

なんて思っていた矢先、Nikonのサービスセンターより電話。「お客様のカメラは水没した跡があるため保証外となり、一切修理はできません」とのこと。

「有償でも構わないので何とかシャッターだけでも取り替えてください!」と泣きついても駄目で、ファインダーが壊れた状態で我が家に戻ってきました。

 

まー、でもファインダーが無くても背面液晶を使えばちゃんと写真が撮れるので、まるでコンデジみたいな扱い方で使い続けることに。(※さすがにこれだと仕事には使えないので、仕事用に新古品のNikon D610を新たに購入した訳ですが)

 

水没Nikon D610と散田(サンタ)式自撮りリモート機器 JTK3-L

そんな経緯から、水没したり3階から投げ捨てられたりと、散々な目にあったNikon D610はさらに風雨にさらされたり、時には自撮り中に僕が誤ってMTBで撥ねたり轢いたりしても壊れることがなく、元気に良い写真を取り続けてくれていました。

(たぶん僕がNikonの悪いユーザーの鏡だと思います…)

 

そして昨日、GW最後の日に行った自由が丘のパフェ屋さんでオシャレなパフェの写真(?)を撮ろうとカメラを取り出し、背面液晶で見ながら撮ろうとしたら…

完全に壊れたと思われるNikon D610

液晶が真っ暗だったり、薄暗く映ったり、横線が激しく入った状態で映ったりと、どうやっても普通に表示されません。バッテリー抜き差ししたり、叩いたり(←逆効果)しても全然駄目。

こうなるとこのカメラは殆ど使い物になりませんね。

これを機にハンパなく酷使し続けたこのNikon D610を引退させることにしました。

 

最後に撮ってくれた(自撮り)44歳になったばかりの僕のライディング写真。

croMOZU275 3rd TEST多摩川河原サイクリングコース 斜面で斜め刺しバニーホップ

良い写真の数々を本当にありがとうございました!

※他の方には推奨しない僕の一眼デジの使用例ですので、絶対に参考にしないように(汗)

 

 

さて、問題は次にどのカメラを購入するか、です!

GW DAY7 誕生日でしたRiders-Diary

GW最終日の5月7日は僕の誕生日でした。44歳です。もうこの歳になると歳を重ねることに何の嬉しさもありませんが。

それでも、世間的には自転車で飛んだり回ったりすることが普通ではない年齢なのも承知していまして、MTBという機材の力でその限界値をどこまで伸ばせるのかも楽しみの1つだったりして。

 

そんな訳で、44歳の誕生日である今日の朝活BIKE&FISHは、身近で一番バニーホップでぶっ飛べる「凍結バンク」に行ってきました。

この場所は朝露とぬかるんだ路面から、数回飛んだらタイヤが泥まみれのヌタヌタになってしまうので、快適に飛べるのは最初の5回くらい。その間に「納得の刺しの入ったバニーホップができるか」が鍵になります。

croMOZU275 3rd TEST多摩川河原サイクリングコース 斜面で斜め刺しバニーホップ

リアホイールを思い切り蹴り上げて、フロント下がりの空中姿勢が来ました!このカタチが僕は大好きなんですよ!!!!滞空時間もたっぷりで気持ちが良かったなぁ。

今までこの場所で行った斜め刺しバニーホップの中でも今回が一番入っていました。44歳でもちゃんと上達することが証明できた感じです。

 

5回くらい飛んで泥まみれになったcroMOZU275と、撮影機材から釣り道具までフル装備した国産バイクバッグブランドberuf baggageMountain Backpack

croMOZU275とberuf baggage MountainBackpack brf-BLK02

この機材・装備のおかげで僕は毎日楽しむことができています。本当に感謝!

 

その後、いくつか平地でバニーホップ180などの練習をし、場所を移動して釣りにスイッチ。

朝活BIKE&FISHで釣れたスモールマウスバス

狙い通りのスポットから20cm前後のスモールマウスバスを3匹。

朝活BIKE&FISHで釣れたブルーギル

そしてまさかのブルーギルを釣ることができ、短時間の割にたくさん楽しめて大満足!

 

朝9時前に家に戻り、奥さんの希望で、家族3人で自由が丘のTHE TOKYO FRUITSというパフェで有名なスイーツ屋さんに行ってきました。

自由が丘THE TOKYO FRUITSでパフェを食べてきました

マンゴーパフェを喜々として食べる44歳のオッサン。とても美味しいパフェでしたが、2千円もしますから値段相応と言ったところでしょうか。

 

夕方、お昼寝から起きた息子と一緒に自転車(ランバイク)練習と釣りをしました。

夕方BIKE&FISHで釣れた60cmのスズキ

やったー!!家から徒歩3分で行ける多摩川のスポットで今年初のスズキをGET!!息子は釣れた魚に驚いて大興奮!!

ちなみにスズキの60cmオーバーは、自分にとっても初めてで嬉しかったです。

 

家に戻ったら、奥さんが美味しい夕飯と、バースデーケーキのストロベリータルトを作ってくれていました。

奥さんが作ってくれたバースデーケーキのストロベリータルト

そんなこんなで朝から夜まで満足しっぱなしの誕生日の1日でした。幸せです…!!本当にありがとう☆

GW DAY5 – 6Riders-Diary

この2日間は奥さんの妹夫婦が北九州から泊まりに来ていたのと終日育児DAYと相まって、あまりMTBに乗ったり釣りはしていません。

 

とはいえ、早朝に朝活BIKE&FISHはキッチリ行いまして、携帯ジャンプランプで片足を後ろに蹴り出すジャンプトリック「ナックナック」を行ってみた動画をご覧ください。

着地までに足がペダルに戻っているか非常に微妙なところですが、一応カタチになりました(汗)

まぁ、でもナックナックは大きなエアーでガッツリやるトリックだと思います。

 

それと、ご近所MTBストリートライダーの松平さん、アキト君と一緒に携帯ジャンプランプで朝練も行いました。

朝活BIKEで携帯ジャンプランプでワンフットするアキト君

この日、初めてワンフットをしたというakaMOZUに乗るアキト君。既にガッツリ足を離してペダルに空中キャッチで着地しています。

 

朝活BIKEで携帯ジャンプランプでワンフットする松平さん

一方、先日ワンフットを習得したSHAKA24に乗る松平さんは後ろに蹴り出す練習を始めました。太ももを後ろに伸ばすのがとても難しいです。

 

早朝に釣りもしました。近頃は日の出が5時くらいとかなり早くて助かります。

朝活BIKE&FISHで釣れたボラ

でも、釣れたのはボラのみ。とはいえ、ボラってファイトが激しいので、釣り上げるまでが結構大変です。おかげで筋トレ変わりにもなり、得した感じがして嫌いじゃないんですよね。

 

息子を持つパパの登竜門の1つと勝手に思っている「ザリガニ釣り」も本日初メイク。

釣れたザリガニに興奮する叶大

ウナギやスモールマウスバス釣りは散々一緒にしておいて、今さら「ザリガニ釣り?」って感じですが、家から100mくらいの水路にたくさんいるし、今日は終日育児だし、ということでやってみたのです。

釣り上げる途中でザリガニは餌を離しちゃうため(網は持っていっていない)、なかなか釣れなくて意外と難しかったですけど、最終的にちゃんと釣り上げることができて一安心。息子の喜ぶ顔が最高でした!

 

こどもの日、夕飯に奥さんがつくってくれた鯉のぼりの揚げ春巻き。

こどもの日用に奥さんが作った鯉のぼり春巻き

これが激美味でした!息子もニコニコしながら完食です。

GW DAY4 – 3 TUBAGRAライダーYAMATO君のYAMADORI26バイクRiders-Diary

過去に僕が乗っていたYAMADORI 2nd TESTは、現在TUBAGRAライダーYAMATO君の手元にあり、つい最近組み上がったと聞いて、影山輪業スタッフの安田さんのakaMOZUの撮影と同じタイミングでこちらも撮影してきました。

TUBAGRAライダーYAMATO君のYAMADORI26バイク

パッと見はまるでFGFSバイク(トリックピスト)みたいな風貌です。YAMATO君は「YAMADORIストリート」と呼んでいましたね。

TUBAGRAライダーYAMATO君のYAMADORI26バイク

フォークはTUBAGRAオリジナルのエンマフォークを使用。

ノーブレーキ仕様に飽きたら前後ディスクブレーキを装着して、一回り太いブロックタイヤを履いて山仕様にすると、今度はオールドスタイルのMTBっぽくなって面白いと思います。(ジオメトリは最新)

 

YAMATO君が乗るTUBAGRAのバイクを並べてみました。左がYAMADORIストリートで、右がSHAKAバイクです。

YAMATO's YAMADORI26 & SHAKA26

共に26インチホイールを使用。サドルの高さがだいぶ違いますが、どちらもガン詰めリアホイールと、高めのBBが特徴ですね。

 

バイクばかりの写真を撮ってもつまらないので、早速YAMADORIストリートでライディングしてもらいました。

TUBAGRAライダーYAMATO君のYAMADORI26バイクによるバンク斜め刺しバニーホップ

バンクを使った高いバニーホップ。YAMADORIみたいなトップチューブが高いフレームのバイクは斜め刺しが難しいのですが、入るとエグさが増してとてもカッコイイのです。

 

TUBAGRAライダーYAMATO君のYAMADORI26バイクによるボウル飛び出しバースピン

さらにボウル飛び出しのバースピンも。この辺の写真だけを見ると、まるでFGFS(トリックピスト)に乗っているみたい!

GW DAY4 – 2 影山輪業スタッフ安田さんのakaMOZUバイクRiders-Diary

先日、横須賀で75年以上続いているバイクショップ影山輪業のスタッフである安田さんのakaMOZUバイクが組み上がったということで、夜遅くの横須賀うみかぜ公園に撮影しに行ってきました。

影山輪業スタッフ安田さんのakaMOZUバイク

安田さんは多数のスポーツバイクも取り扱うショップのメインスタッフということもあり、パーツチョイスやカラーリングも抜かりがなく、パープルアルマイトのパーツがバイク全体の雰囲気をエロい感じ(失礼!)にしています。

フロントサスフォークはYAMATO君と同じ26インチホイール対応のX-FUSION VELVET RL2(こちらはテーパード)。エアサスで軽くて動きが良くて回転系にも耐える横剛性があり、そして何より5万円台から買えるリーズナブルさが最高のフォークです。

影山輪業スタッフ安田さんのakaMOZUバイク

そして、ちょっと上の2枚の写真では良く見えなかったので別角度から。塗装しやすいパーカーライジング処理をされたGRAYのakaMOZUのトップチューブには、実は凄いカスタムペイントが施されているのです。

影山輪業スタッフ安田さんのakaMOZUバイク

水滴を内包したような鮮やかなグリーンの帯がフレームのトップチューブ上面に施され、ホワイトの縁取りが地色のGRAYとマッチ。

影山輪業スタッフ安田さんのakaMOZUバイク

このペイントを担当したのは、横須賀の中古車販売から板金塗装、カスタムペイントまで行っているクルマのショップ「FIX ROOM」。

 

普通、フレームの塗装と言うと全体の塗装を考えてしまいますが、このような部分的なカスタムペイントでも十分「アリ!」と今回自分も初めて知りました。このakaMOZUバイク、間近で見ると相当カッコイイですよ!

このペイントについて、結構マニアックな裏話がたくさんありますので、詳しくは影山輪業に行かれてスタッフの安田さんに聞いてみてください。とても気さくで優しい方ですので、このakaMOZUの試乗も含めて快く対応してくれますよ!

 

 

シェイクダウンしてすぐの安田さんに「バニーホップを撮らせてください!」という無茶振りも…(すみません!)

影山輪業スタッフ安田さんのakaMOZUバイクによる刺しバニーホップ

漆黒の闇のバンクから高いバニーホップを決めてくれました。本当にありがとうございます!!

次回は回転系を撮らせてくださいね!!!

 

このバイクの撮影に同行してくれた影山輪業で育ったTUBAGRAライダーYAMATO君のSHAKA26バイク(右)と並べてみました。
影山輪業スタッフ安田さんのakaMOZUバイクとTUBAGRAライダーYAMATO君のSHAKAバイク

安田さんのakaMOZUに付いているX-FUSION VELVET RL2は100mmストロークで、YAMATO君のX-FUSION VELVET RL2は80mmとなり、ハンドルライズは両者とも同じ3インチなので、安田さんのakaMOZUのハンドルが20mm高くなっていますね。

個人的にこのakaMOZUはリアガン詰めにして、2インチライズのハンドルバーを入れたらさらに似合うのでは、なんて思ってしまいました。

GW DAY4 -1Riders-Diary

息子と奥さんと一緒に1年ぶりのフラワートレイルへ。自分がボスを務めているハズのこの場所ですが、育児の都合で行く機会が激減。今回はセクションがだいぶ老朽化していることを懸念し、それらの確認ライディングが主でした。

1年ぶりのフラワートレイル

メインで維持管理してくれている中西さんと、TUBAGRAライダーの藤本さんと現地集合して各ラインやランプの状態を確認していきます。

草刈りをしてくれた中西さん、本当にありがとうございました。
それでレギュラーラインを何本も飛んだ結果、2個目と3個目のリップの基礎が痛んでおり、タイヤが通過すると凹んでプッシュの力が吸収されて気持ち良くジャンプできないことが判明。次回はそれらの補修作業をすることに決定しました。

 

TUBAGRAライダー藤本さんのターンダウン

そんな状態のリップでも、何とかTUBAGRAライダーの藤本さんにターンダウンをしてもらいました。

 

TUBAGRAライダー藤本さんのX-UP

こちらはガッツリ入ったX-UP。

 

僕もcroMOZU275で斜め刺しを入れたハイエアーを少し。

サモのハイエアー

やっぱりリップが凹んで吸収されちゃうので、あと少し気持ち良く飛ぶことができないのでした。

早く補修を済ませて、かつてのぶっ飛びエアーのレギュラーラインを復活させたいです。

 

そうそう、今回のフラワートレイルでは息子がジャンプトレイル&ダート初デビューでした。

フラワートレイルのパンプトラックでランバイクCOMMENCAL RAMONES 12に乗る叶大

フラワートレイルの土地を周回し、コブが15〜20個あるパンプトラックを自力で1周することができるようになったのです。

コブによっては初心者の大人でも登れない大きさがあるにも関わらず。

これは素直に嬉しい!!(←親バカ)

 

頑張ってフラワートレイルを維持し、息子はここでガンガンダートに慣れ親しんでもらいたいと思いました。

GW DAY3Riders-Diary

早朝は多摩川河原でご近所MTBストリートライダー松平さんと一緒の朝活BIKE。

croMOZU275 3rd TEST 多摩川河原サイクリングコース 携帯ジャンプランプでのナックナック練習

僕の最近のブームは携帯ジャンプランプでのナックナック練習。上の写真くらい足を話しても、ギリギリ着地までに足を戻せます。とはいえ、メチャ忙しくて余裕がないので、これはぜひ大きなエアーでやってみたいですね。

 

松平さんワンフット練習

松平さんのワンフットエアー。ジャンプトリックの基礎中の基礎ではありますが、コンパクトにキレイに決まると結構サマになります。

 

午前中は息子の自転車(ランバイク)練習で再び多摩川河原へ。

多摩川河原でランバイクCOMMENCAL RAMONES 12に乗る叶大

最近は走るのがかなり速くなり、こちらも生身の足だと付いていくのがかなり大変になってきました。

かと言って、僕も自転車に乗って行ってしまうと息子の暴走(?)を食い止めることができないので、ドタバタ走りながら付いて行くしかないんだよな…。なのでメチャ良い運動になっています。うん、疲れる!(笑)

多摩川河原でランバイクCOMMENCAL RAMONES 12に乗る叶大

あと、息子は最近ガーっと加速してステップに足を置いて進むスタイルがお気に入り。バランスが取れているので、ホントそろそろペダル付きだよな、って思います。

 

お昼には奥さんの妹夫婦が我が家に泊まりに来ました。まずは多磨霊園までクルマで行って昨年他界した親父のお墓参りです。

墓参り MAZDA CX-5

多磨霊園に来たらノルマの愛車撮影。今回は一眼デジじゃなくてiPhone7のカメラですけど、何とか見られる範囲かなー…。

 

奥さんの妹夫婦からお土産でいただいた北九州名物のお菓子「ネジジョコ」。

奥さんの妹夫婦からいただいた北九州名物「ネジチョコ」

これの凄いところが、実際にボルトとナットが締められること。食べる前に何度も確かめるように締めてしまいましたよ。あ、チョコとしても美味しかったです。

 

ここ数日、釣りの写真をアップしていませんが、釣りをしていない訳ではないのです。

夕方BIKE&FISHで釣れた50cmのウナギ

実は毎日釣れているのですよ。どういう訳かウナギばかりが… 本当はナマズやスズキを狙っているのに。

ウナギは貴重ですので、魚体を痛めないようにすべて水際リリースしています。釣れるのは嬉しいのだけど、素直に喜べないという複雑な気持ち。

ちなみに自分のGWは…Riders-Diary

世間はゴールデンウィーク(GW)で、明日3日から7日まで5連休の方が多いんじゃないかと思います。みんな里山トレイルやゲレンデにダウンヒルに行ったり、スケートパークやストリートで思う存分楽しむんだろうな。

自宅の鯉のぼり

自分も漏れず(会社の)連休はそのようなカタチとなるのですが、奥さんはサービス業のため殆ど仕事ということで、僕のGWはほぼ息子の育児となるのでした。当然、保育園もお休みですし。

唯一遠出して乗れるのは4日の午前中、1年ぶりにフラワートレイルに整備&ダートジャンプに行くのみ。

 

家庭の状況を考えたら仕方がないですが、ライダーとしてこれでいいのか?と、たまに切なくなりますね。

息子がまだ寝ている早朝と、奥さんが仕事から帰ってきた後の夜遅くなら自由になるので、今はその時間帯を有効活用してMTBに乗りまくるしかありません。

ついつい愚痴っちゃいましたけど、息子がもうちょい大きくなったら一緒に色んなフィールドに行きまくるから、それまでの我慢だ!!

 

今日の朝活BIKEなんですが、昨日トライした河原のちょっとした段差・プチ崖でのバニーホップドロップのリベンジをしました。

croMOZU275 3rd TEST多摩川河原サイクリングコース 段差ドロップ斜め刺しバニーホップ

ハイ、リベンジ失敗!!!!

今日も刺しが甘くてリアタイヤがガッツリ引き上がりませんでした!下り斜面にドロップだからって、何ビビっているんだ僕はー!!(泣)

家に帰って撮れた写真を見返して「どうしてもうちょっとリアを引き上げられなかったのか?余裕あるじゃん!」と自分に問うものの後の祭りです。そして悪い癖の舌が思い切り出てるし…

しばらく別の地形で斜め刺しバニーホップを鍛え直してから再チャレンジしたいと思います。

 

仕方ないので自分のcroMOZU275を撮影してみました。

MOZUヘッドバッジとX-FUSION STREAT RL2を装着したcroMOZU275 3rd TEST

バイクの性能は完璧なんですよ。27.5インチ(650B)ホイールMTBとしては信じられないほどバニーホップしやすいし、2ヶ月前に導入したフロントサスフォークX-FUSION VELVET RL2のおかげで、平地からでもバニーホップが高くなったし。

MOZUヘッドバッジとX-FUSION STREAT RL2を装着したcroMOZU275 3rd TEST

自分のライダーとしての性能(技術やセンス、才能)が低すぎてバイクの性能を引き出しきれていないという、このもどかしさ。

 

落ち込むなぁ…

多摩川河原の太鼓橋からぶら下がる叶大

そんな時は息子のこんな写真を見て元気をもらうのでした。

GW DAY2Riders-Diary

5月4日の午前中、10時着目標で久しぶりに(1年ぶり!)フラワートレイルに行きます。中西さんも一緒です。よろしくお願いします!!

 

GW2日目、というか、自分にとっては普通の日曜日。朝活BIKE&FISHを変わらず行います。

croMOZU275 3rd TEST多摩川河原サイクリングコース 段差ドロップ斜め刺しバニーホップ

以前トライした河原のちょっとした段差、というかプチ崖でのバニーホップでドロップを改めてやってみました。斜め刺しバニーホップでガッツリ高く飛び、そこから下り斜面に落ちていく浮遊感がたまらないのですが、ノーズダイブ着地の準備をしながらだと、どうしても刺しが深く入らず不完全燃焼。

何をビビっているんだ僕は!

数日以内にまたリベンジしに行くかなぁ… この場所、家からちょっと遠いんですよね。っても4kmくらい。

 

その後、ご近所MTBストリートライダーの松平さんと近所の多摩川河原の公園で合流して練習会。

松平さんのバニーホップバースピン練習をチェックさせていただいたり、松平さんのSHAKA24と僕のcroMOZU275でバニーホップ180のトレインしてみたり、途中で僕も家に戻ってSHAKA24に乗り換えて来て携帯ジャンプランプでワンフットやその発展系であるナックナックを実演したりと、地味ではありましたが楽しめました。

SHAKA24 多摩川河原サイクリングコース 携帯ジャンプランプでの斜め刺しバニーホップ練習

自分のSHAKA24での携帯ジャンプランプを使ったバニーホップ。軽く進入してもSHAKAだと結構高く飛べて楽しい〜!!!!

 

松平さんのSHAKA24 多摩川河原サイクリングコース 携帯ジャンプランプでの刺しバニーホップ練習

松平さんの通常刺しバニーホップ。ここまで完成度上がったから、次は斜め刺しバニーホップに移行かな?

 

松平さんのSHAKA24 多摩川河原サイクリングコース 携帯ジャンプランプでのワンフット練習

今までと趣向を変え、松平さんには携帯ジャンプランプでワンフットエアーの練習をしてもらいました。簡単なジャンプトリックということもあり一瞬でマスター。

 

SHAKA24 多摩川河原サイクリングコース 携帯ジャンプランプでのナックナック練習

一方、僕はワンフットエアーの発展系であるナックナック(空中で片足を後ろに蹴り出すトリック)にトライ。意外とできそうで深く入れようとしたところ、元々切れそうだったチェーンが変なカタチでスプロケットに絡まり、クランクが回らなくなって終了〜(泣)

はぁ〜、いい加減チェーン買い換えようかな。もう4年使っているし。

 

ここ最近の松平さんとの朝練で、フォームチェック用に撮影した動画を繋げてみました。

こんな感じで毎週土日のどちらかで朝練しているので、興味のある方は遊びに来てください!

 

 

本日も基本的に育児DAYなので、息子と一緒に隣駅のスーパーマーケットまで昼食を買いに行きます。

街路に植えられているオオムラサキツヅジもいよいよ満開となり、ゴールデンウィークらしさが増してきましたね。

GWオオムラサキツヅジの前に立つ叶大

オオムラサキツヅジは花の蜜が美味しいので、ついつい息子と吸っちゃうのです。

多摩川を満喫したGW DAY1Riders-Diary

冬季、路面が凍結することで飛ぶことができる多摩川河原の地形「凍結バンク」を、今日の朝活BIKE&FISHで、今の暖かくなった季節にバニーホップで飛んでみました。

すると、路面はビチョビチョのヌタヌタで、走破性の高いcroMOZU275をもってしても、まるで湿地帯を漕ぎ進むような感じです。さらに、バニーホップで踏み切る斜面は雑草ボーボーで凸凹だし失速するしで、冬季の軽快にかっ飛んでいく感覚は皆無。

croMOZU275 3rd TEST多摩川河原サイクリングコース 斜面で斜め刺しバニーホップ

それでも頑張って鬼コギからのバニーホップで飛びましたけど、すみません。この程度しか飛べませんでした…(泣)

 

そして、泥ハネが凄まじくて、身体やバイクが泥ハネまみれになるのはもちろん、少しでも口を開けたら口内がジャリジャリになるし、目の中にも躊躇なく入ってきてストレスMAX。

croMOZU275 3rd TEST多摩川河原サイクリングコース 斜面で斜め刺しバニーホップ 泥まみれに

たった3回飛んでこの泥まみれっぷりです。

いやー、やっぱり「凍結バンク」は寒い時期に飛ぶに限りますね!年末まで飛ぶの控えよう…

 

こんなバイクと全身泥まみれになって思いついたのが、この状態で「シクロワイアード撮り」をしてみよう、ということでした。

croMOZU275 3rd TEST多摩川河原サイクリングコース シクロワイアード撮り

「シクロワイアード撮り」をご存知ない方に説明すると、総合自転車情報サイト「シクロワイアード」で良く見ることができる(それほどでもない?)、バイクを横にしてライダーは上のようにリアタイヤ側にしゃがんだ状態で撮るバイク+ライダー写真のことを言います。

泥まみれっぷりはそれほど分からないか…。

 

家に帰ると朝食の時間で、寝起きの息子が「お弁当食べたい!」と言ってきました。息子は前日、保育園の初めての遠足があり、その際に食べた奥さんが作ってくれたお弁当をエラく気に入った様子です。

そんなことで、急遽お弁当を作って近所の多摩川河原に「朝ごはんピクニック」しに行くことに決定しました。

多摩川河原で朝ごはんピクニック

自宅から徒歩3分の河原に出発。木陰でレジャーシートを広げ、お弁当を食べてくつろいだらすぐに帰宅しました。わずかな時間でしたが、心地よい気温で最高に癒やされましたね。

こんな事が思いつきで簡単にできちゃうこの環境がとてもありがたく思います。

 

夕方は息子と2人で日没前の30分、河原に行ってナマズ狙いの釣りをしてきました。

息子と夕方BIKE&FISHして釣れたスモールマウスバス

釣り始めてすぐに激しい当たりがあり、思い切り合わせたらまさかのスモールマウスバス!またナマズじゃなかったかー(泣)それでも息子は大興奮で、とても楽しめたようで良かったです。

そうそう、続いて「またもや」の50cm級のウナギも釣れましたが、こちらは針を外すのが大変で、写真を撮らずに水際ですぐにリリース。これにも息子は大興奮でした。

ホントにナマズはいつになったら釣れるのでしょうか?

 

とまぁ、こんな感じで、早朝から夕方まで多摩川を満喫したGWの1日目でした。多摩川河原は朝ごはんピクニックもできるし、MTBで飛び回れるし、釣りもできて最高です!

このWebサイトで紹介している画像や動画を使用するのは構いませんが、営利目的で使用される場合はご連絡ください。
ライディングの際はそれぞれの判断でプロテクターを装備しましょう。
このWebサイトで紹介しているライディングを真似して怪我をされても当サイトは責任を取ることはできませんのでご了承ください。

Copyright © 2017 by Street MTB Team TUBAGRA