SILKYPIX Presents MTBストリートとは?

TUBAGRA

MTB(マウンテンバイク)チーム TUBAGRA(ツバグラ)にようこそ。
このホームページではMTBでストリートやダートジャンプ、スケートパークの乗り方を紹介しています。
MTBのトリック講習会、コンテスト、デモショーの企画も行います。お気軽にお問い合わせください。
バニーホップがしやすいストリート専用フレームMOZUの開発〜販売も行っています。

TUBAGRAライダーYAMATO君の柵飛び越しバニーホップ Coverphoto Gallery

YAMATO's bunnyhop over 50cm curb to diving big slope

TUBAGRA/driveライダー達が乗っているフレームはこちら24・26インチストリート/トライアルホイールはJBPまで!裏山ライドTokyo

Topics

MTBっぽい雰囲気の写真を撮る努力をしてみたRiders-Diary

最近はcroMOZU275に乗っての斜め刺しバニーホップばかりの写真を撮っていて、自分的にもちょっと飽きが来はじめていたので(斜め刺しバニーホップ自体は全然飽きない!深く入ったら超気持ち良いし!)、たまには「(自分がイメージしている)MTBっぽい雰囲気」の写真を撮ってみることにしました。

 

場所は多摩川河原の中でも樹木が生い茂る林っぽい雰囲気の斜面。ここを斜面の上からバニーホップして下っていく瞬間を自撮りで狙ったのですが、まぁ、刺しを入れないバニーホップだと高さが普通で、撮れた写真を見ても地味でなかなか納得できるものではありません。

爽やかな朝の多摩川河原ダートコースでcroMOZU275 バニーホップ

結局、カメラの位置を細かく変えながら20回近く飛び、ようやく「まー、今回はこれで仕方ないか…」という妥協満載の写真が撮れました。朝陽の位置、映る背景など細かくこだわったのですが、うーん、思ったよりも伝わらないな!(泣)

でも、日々のこういった撮影の試行錯誤も、他のライダーを撮る時に絶対に役立つハズなので、日々続けていきたいと思います。

 

 

とはいえ、そんな撮影+ライディングばかりしていたらフラストレーションが貯まるので、高さ40cmの斜めに飛ぶ盛土で斜め刺しバニーホップをして気分転換。やっぱり気持ちが良いな!

croMOZU275 3rd TEST多摩川河原サイクリングコース 草バンク 刺しバニーホップ

本当はバニーホップ180したかったけど、朝露でビショビショ路面で回転系はタイヤが滑って困難でした。

さすがに1.5mくらいの高さから着地すると、底で踏ん張るX-FUSION STREAT RL2もボトム近くまでストロークしちゃいますね。

爽やかな朝の多摩川河原ダートコースでFire CrackerRiders-Diary

まだまだ寒いですけど、だいぶ春っぽくなってきた多摩川河原ダートコース。差し込んできた朝陽が暖かい、風のない穏やかな朝でした。

爽やかな朝の多摩川河原ダートコース

そんな河原をcroMOZU275に乗って軽快に飛び走っていきます。どこもかしこも朝露がビッチリで回転系には厳しい路面ではありましたが。

 

コース脇にちょうど良い倒木があったので、ちょっくら設置してフロント・リアタイヤを当てて軽い力で飛ぶバニーホップ「Fire Cracker」をしてみました。

爽やかな朝の多摩川河原ダートコースでcroMOZU275斜め刺しバニーホップFire Cracker

今まではフラットな開けた地形に「練習」って感じで倒木を設置して飛ぶと普通に斜め刺しバニーホップができましたが、今回のような凹凸路面で周囲から樹木が迫る実践的な場所だと、最初はなかなか上手く飛べず苦労しました。こんなにも「状況」に左右されるなんて…!

今後、実際のトレイルなどを走りながらFire Crackerを自然に、かつ確実に行うには、このような状況に慣れないといけません。

よし!こんな地形で普段からFire Crackerで飛ぶ練習をしよう!

 

 

それはそうと、最近は朝活BIKEに行くのに、大容量のバックパックではなくコンパクトなボディパックを背負っていく機会が多いです。背負っているのはサポートしていただいているberuf baggageSTROLL BODYPACK

爽やかな朝の多摩川河原ダートコース beruf baggage brf-CF5 STROLL BODYPACK

ちなみに、上のFire Crackerで飛んでいる写真もすべてSTROLL BODYPACKを背負って行っています。身体に密着してズレないので、背負ったままバニーホップ180も普通にできちゃう優れもの。

 

コンパクトなボディにも関わらず、一眼デジにミニ三脚、自撮り用センサーなど余裕で収納できます。

爽やかな朝の多摩川河原ダートコース beruf baggage brf-CF5 STROLL BODYPACK 一眼デジも収納できる

※裏地が黄色いのは初期ロットに限られていて、新しいモデルはすべて黒になっています。

 

beruf baggage STROLL BODYPACK

beruf baggage ベルーフバゲージ ボディパック brf-CF15-HD STROLL BODYPACK HD

beruf baggage ベルーフバゲージ ボディパック brf-CF15-HD STROLL BODYPACK HD

現在、素材違いで4つのラインナップがあり、ブランドのECサイトはもとよりAmazonZOZOTOWNでもご購入いただけます。

凍結バンクは次の冬までおあずけですRiders-Diary

天気予報で朝の気温が1度前後と寒くなると言っていたので、今日の朝活BIKEは河原の路面が凍結していないと路面がヌタヌタになって飛べない斜面である「凍結バンク」にcroMOZU275で久しぶりに行ってみました。

ハイ。着いてみたら思いの外暖かい朝陽で凍っていた路面が溶けまくり、想像以上の濡れ濡れヌタヌタ状態に。

croMOZU275 3rd TEST多摩川河原サイクリングコース 斜め刺しバニーホップ

思い切りペダリングしても湿って柔らかくなった路面がタイヤにまとわりつき、気持ちいい加速になりません。なので、かれこれ5回飛んで諦めて撤収しました。

 

本来なら思い切り飛べるスピードにならなかったものの、先日インストールしたX-FUSION STREAT RL2のお陰で鋭いバニーホップを入れて補完し、何とかそこそこの高さを出した感じです。

X-FUSION STREAT RL2

このフォーク、高速域でもフロントアップがしやすくて確実なバニーホップができて本当に助かります。

 

それにしても、まだ寒いとはいえ、今日みたいに凍結バンクは溶けて飛べなくなるなど、徐々に季節は春に移り変わっていますね。また新しい地形の攻め方を考えなくては。障害物にタイヤを当てて軽くFire Crackerや、斜め刺しバニーホップを駆使して早朝の河原を遊び尽くしたいと思います。

そろそろ釣りもできるようになりますし!ああ、早くBIKE&FISHしたい!!

 

 

機種変したiPhone7 Plusですが、僕の手には大きくて落とす危険があるのと、ゴールドの筐体がサイズアップした分、間延びして見えてなーんか格好悪いため(コンパクトなiPhone5sのゴールドは格好良く見えた)、ケースを装着することにしました。

本当は自分、ケースはしない主義だったのです。ケースしない方がスマホのデザインの美しさを堪能できますし、何より「落としたら壊れちゃう!」という緊張感が生まれて逆に落とさなかったり。

そうだったんですけどねー。上記の理由で主義を曲げて早々にケースを購入しました。

iPhone7 Plus ゴールドにiPhone 7 Plus ケース ネオ・ハイブリッド

色々と調べて「Spigen ネオ・ハイブリッド」を選択。うーむ、普通だ…(泣)

iPhone7 Plus ゴールドにiPhone 7 Plus ケース ネオ・ハイブリッド

何はともあれ、しばらくコレで行きたいと思います。

機種変したiPhone7 Plusの撮影性能を試すRiders-Diary

機種変するタイミングを逃して長年ダラダラと使用し続けていたiPhone5sが充電の不具合から起動できなくなり、先日、ようやく最新のiPhone7 Plusに機種変しました。色は5sと同じくゴールドです。

機種変したiPhone7 Plus ゴールド

手にとって改めて思うのが、「デカイ!」ということ。今までのiPhone5sが4インチ画面だったのに対し、今回のiPhone7 Plusは5.5インチですから、そりゃあそう思うのは当然ですね。

機種変したiPhone7 Plus ゴールド

左から今回機種変した自分のiPhone7 Plus(5.5インチ)、奥さんのiPhone6s(4.7インチ)、今まで使っていた自分のiPhone5s(4インチ)。

 

大きくなったことで画面が広くて見やすくなったのは良いのですが、電車内で操作していると後ろの人にも画面が丸見えなんじゃないか?なんて気になったり、何よりも片手での操作がかなり厳しくなってきたりと、色々弊害はあります。ここは慣れていくしかないですね。

機種変したiPhone7 Plus ゴールドとアンパンマン

朝、朝食の時間にリビングでiPhoneの撮影をしていたら、息子が「僕のアンパンマンを撮れ」と無理やり挿入してきたので、仕方なしに。

 

iPhone7 Plusで気になるのが撮影性能。果たしてMTBを撮るとどんな感じになるのでしょうか?早速、曇天の朝活BIKEで撮ってきました。

機種変したiPhone7 Plus ゴールドで撮影したcroMOZU275

まず最初は「ノーマルモード(28mm相当の広角気味の画角)」でcroMOZU275を横から撮ってみました。

うん、まぁ、可もなく不可もなく普通にキレイに撮れています。

 

そして次に、iPhone7 Plusから導入された、一眼レフカメラで撮った写真のように背景のボケを活かせる「ポートレートモード(56mmというちょい望遠気味の画角)」で撮ってみました。

機種変したiPhone7 Plus ゴールドで撮影したcroMOZU275

画角が変わってノーマルモードと同じ位置だとバイク全体が入らないので、2歩ほど後退して撮影。

うん、ノーマルモードで撮った写真と比較すると、明らかに背景がボケていますね。

ちなみにこのボケですが、iPhoneが擬似的に演出しているもので、レンズによるボケではありません。それでも一眼レフカメラを持ってき忘れたけど、人やバイクをキレイor格好良く撮りたい時に、ちょっとした代用にはなるのではないでしょうか?

 

そうそう、動画撮影もしてみましたよ!僕は初体験の(恥ずかしながら!)スローモーションモードでの動画撮影です。

スローモーションモードで撮ると画面サイズが720pxと小さく(せめて1,280pxだったら…泣)PVとかには全然使えないレベルですが、トリックのフォームチェックにはとても良いと思いました。

 

今日のところはこんな感じで。

月曜日の雑記諸々Riders-Diary

次の日曜日、3月12日は朝から埼玉県の某スケートパークで「ストリートトライアルジャムVol.0」を開催します!

ストリートトライアルジャムVol.0

まだまだ参加者や観戦されたい方を募集しておりますので、興味のある方はぜひともお問い合わせよりご連絡ください。詳しい場所をメールで連絡いたします。

コンテストではなくジャムなので、ストリートトライアルを愛する者同士、堅苦しいことは抜きで参加者全員でリラックスして楽しめたら、と。

駐車スペースや当日のセクションはこちらのページよりご確認ください!

 

このようなイベントによって、日本各地でバラバラに乗られていることの多いストリートトライアルライダー達が繋がりを持って、日本のストリートトライアルシーンが盛り上がってくれることを期待しています。

 

毎週の土日の朝早くにここ何ヶ月も一緒に練習しているご近所MTBストリートライダーのMさん(アラフォー)。

朝活BIKEでご一緒するご近所MTBストリートライダーMさんのテーブルトップ(インバート)練習

色んなストリートトリックを習得しつつあり、ついにテーブルトップ(インバート)練習にも着手。

入りはまだまだなものの、このトリックで最初の難関となる腕の動きとバイクを立たせた踏み切りを覚えました。

ここからは回を重ねるほどにバイクは傾いて行きますので、メチャ面白いゾーンに突入していきます。いやぁ、今後が楽しみだなぁ!

 

そんなMさんのライディングのパートナーがTUBAGRAのストリートフレームであるSHAKAの24インチホイールバージョン。

朝活BIKEでご一緒するご近所MTBストリートライダーMさんのSHAKA24バイク

今ではかなり入手困難なFGFS(トリックピスト)用の4インチライズバーを入れ、かなり高めのハンドルポジションになっています。

朝活BIKEでご一緒するご近所MTBストリートライダーMさんのSHAKA24バイク

Mさんはキャリパーブレーキを使用していますが、ストリートでマニュアル練習や移動の制動力としては必要十分。このワイヤーの長さでバースピン2回転は余裕です。

※この写真と同じSHAKA 24 マットクリアーは即納可ですので、ご興味のある方はご連絡ください。

 

 

この土日は育児と相続の手続きで殆ど潰れてしまいました。

多摩川河原でランバイクCOMMENCAL RAMONES 12に乗る叶大

ここ最近は自分で「ランバイクに乗りたい!」と言い出して、乗れば高速で河原のダートや草の上を走り回るので、追いかける方も大変です。

多摩川河原でランバイクCOMMENCAL RAMONES 12に乗る叶大

だけど走っている時は本当に楽しそう。親としては、こんな息子の姿を見るととてもうれしくなりますね。

27.5専用サスフォーク X-FUSION STREAT RL2 を使用しますRiders-Diary

リーズナブルでMTBストリートに最適な動きと剛性感のあるエアサスフォーク X-FUSION VELVET RL2をTUBAGRAライダーのYAMATO君が既に使用して実績がありますが、そんなVELVET RL2の27.5インチホイール専用モデルであるX-FUSION STREAT RL2を僕がcroMOZU275で使わせていただくことになりました。

X-FUSION STREAT RL2

STREAT(ストリート)は32㎜インナー、エアスプリング、ロックアウト機能を有し、十分なスペックながら低価格(¥59,800!)を実現した、テーパードコラムで15mmアクスルの275専用オールマウンテンフォークです。

X-FUSION STREAT RL2

出荷時は140㎜ストロークで、120mm、100mmに分解して変更することが可能。

1,814gと軽量なのでXCにも対応しますが、26インチ用のVELVETの兄弟モデルということで剛性も高く、当然の如く回転系バリバリのストリート的なアクションライディングにも余裕で対応しているのが大きな特徴でしょうか。

X-FUSION STREAT RL2

 

左側の青い方はロックアウトダイヤル。右側はエア注入バルブ。

X-FUSION STREAT RL2

 

15mmアクスルのシャフトは(Xを型どった)大きなレバーにより簡単にフロントホイールの着脱が可能です。

X-FUSION STREAT RL2

 

ボトムの赤いツマミはリバウンド調整。基本「速く」方面に回しておけば、この手の乗り方ならOK。

X-FUSION STREAT RL2

ちなみに僕のSTREATの赤いダイヤルはストリートライディングに特化したショートバージョンになっています(ノーマル版はもっと長い)。短いことでダイヤルが障害物に当たりづらくなっていて、心置きなくバイクを振り回すことができます。

このダイヤルのショートバージョンはオプションで販売するかも?ということなので、今後ハードなストリートライディングに使いたいライダーにはオススメ。

 

VELVETと同じようにアウターレッグのブリッジ付け根は肉厚になっており、ハードな回転系トリックを繰り返しても、ちょっとやそっとではクラックが入りそうもありません。

X-FUSION STREAT RL2

 

フォークを眺めていても仕方ないので、早速 X-FUSION STREAT RL2 をTUBAGRAの27.5インチ専用アクションフレームcroMOZU275に装着しました。

X-FUSION STREAT RL2を装着したcroMOZU275 3rd TEST

デフォルトの状態では140mmストロークですが、今回「X-FUSION サスフォークトラベル変更」を導入しているのでcroMOZU275推奨の120mmストロークにしています。

※コラムカットとスターファングルナット打ち込みでは小川輪業にお世話になりました。ありがとうございます!

X-FUSION STREAT RL2を装着したcroMOZU275 3rd TEST

見た目的に違和感無く溶け込みましたね。

 

そして、今日の朝活BIKEで実際に乗ってみた様子はこちら(↓)!

croMOZU275にSTREATを装着して乗った感想ですが、バニーホップの初期の動きがとてもスムースでビックリしました!それでいて奥で踏ん張るでの決してただ柔らかいということではなく、とにかくバニーホップの動作が素直でしやすくて着地の安心感はバッチリ、という感じです。

この点に関しては、ストリートに特化した調整である「X-FUSION サスフォーク ウレタントークン挿入」が施されていることも大きいですね。

お陰でcroMOZU275に今まで乗った中で、過去最高にバニーホップ180がやりやすかったです。自分的には26インチのMOZUのバニーホップ180のやり易さにだいぶ近づいたように思いました。

自分が苦手な平地からのバニーホップ斜め刺しも何気なしにできちゃうレベル。ホント、「このバイク本当に27.5インチ?」と錯覚しそうなくらいに乗り味を変えてくれました。

あと、スムースに良く動くにも関わらずカッチリしているので、回転系の着地でもフォークがヨレることもなくて安心です。

 

X-FUSION STREAT RL2

そんな訳で、想像以上にバッチリだったX-FUSION STREAT RL2

今後、さらにハードなライディングで使い込んで特性やメリットを探っていきたいと思います。

 

 

X-FUSION STREAT RL2

カラー:BLACK、WHITE
重量:1,814g
トラベル量:140mm(デフォルト)、120mm、100mm
アクスル:15mm
対応ホイール:27.5インチ
コラム:テーパード
スプリング:エアー
ダンパー調整:リバウンド、ロックアウト
販売価格:59,800(税込)

 

購入を希望される方はこちらのページでお求めになれます。

27.5MTBでハードに飛び回るライディングをされたい方には本当にオススメのフォークかと。また、croMOZU275に乗るとしたら現時点でもっとも推奨するサスフォークでもあります。

フロント・リアタイヤを意図的にヒットさせるバニーホップは「Fire Cracker」Riders-Diary

倒木など障害物にフロント・リアタイヤを意図的にヒットさせ、その反発を利用して軽い力で飛ぶバニーホップの正式名称は「Fire Cracker(ファイアー・クラッカー)」ということが分かりました。

「Fire Cracker」を分かりやすく見せている動画はこちらです。

 

 

元DriveライダーのMASSANが教えてくれたもので、アメリカのBMXライダー Steven Hamilton が過去の動画で柵を飛び越す際(1:08)に、フロントとリアを10cm程の段差に当ててバニーホップしています。

その時の様子を雑誌のインタビューで語っており、そのテクニックを「Fire Cracker」と表現していることが決め手となりました。

Steven Hamilton BMX

 

そんな訳で、今後はTUBAGRAでこの当てて飛ぶバニーホップを掲載する際は、「Fire Cracker」と表記しようと思います。

今回、このトリック名を調べるに当たり、多くの方たちの協力が得られたこと、本当に感謝しています。ありがとうございました!

 

 

そんな「Fire Cracker」を早速、今朝の朝活BIKEで活用してきました。

croMOZU275 3rd TEST多摩川河原サイクリングコース 斜め刺しバニーホップ土手ドロップ

昨日、刺しが不十分で納得いっていない多摩川河原の土手上からのバニーホップドロップを再チャレンジ。昨日よりもフロント下がり具合がだいぶエグくなりましたね。

iPhone5sが壊れてしまった(泣)Riders-Diary

昨年末から斜め刺しバニーホップ、当てるバニーホップの2つを覚えたことで、今まで普通に飛び走っていた河原が、さらに遊べるフィールドに変わりました。いやー、楽しい!!

croMOZU275 3rd TEST多摩川河原サイクリングコース 斜め刺しバニーホップ土手ドロップ

近所の河原で、土手の上部にちょっとした段差があるのですが、今朝のcroMOZU275に乗っての朝活BIKEでは、そこにフロント・リアタイヤを当てるバニーホップを行い高く飛び、急斜面にノーズダイブする練習をしてみました。

最初はビビって思い切り踏み切れず、全然高く飛ぶバニーホップができなかったのですが、さすがに10回くらい飛べば慣れてきて、徐々に斜め刺しのカタチに近づいてきたのですが…

保育園に行く息子を起こす時間になってしまったのでここでタイムアップ!ああ〜、十分に刺せなかったー(泣)

 

悔しいので、明日もちょっとトライしてみようと思います。ガッツリ斜め刺し決めてドロップするぞ!

 

 

機種変するタイミングを逃して長年惰性で使い続けていたiPhone5s(GOLD)ですが、今朝、突然充電できなくなってそのままバッテリーが無くなり、一切起動不可能な状態に。

色々調べて対策したけどウンともスンともせず。

仕方ないので数日以内に新しいのに機種変します。iPhone7 Plusに。何色にしようかな。

Apple iPhone 7 Plus

話題となったジェットブラックは指紋や汗がメチャ目立つらしいので、再びゴールドですかね?

ちなみにiPhone5sのバックアップは1年以上取ってないので、もうこうなったらすべてリセットの真っさらの状態で使ってみようかと思う。

当てるバニーホップ練習で… & 息子と奥さんが帰ってきた!Riders-Diary

フロントタイヤとリアタイヤを障害物にヒットさせその反発の力を利用して飛ぶ「ヒッティングバニーホップ Hitting Bunnyhop」を効率的に練習できるようにと一昨日、直径85mmの配管の接合部を買ってきて当てて飛んでみると若干径が小さいように感じました。

 

昨日のこの配管接合部を使った日記はこちら

 

なので昨夜、近所のホームセンターに寄って直径120mmの配管の接合部を買い、今日の朝活BIKEで早速当てて飛んでみましたので、下の動画をご覧ください。

タイヤを当てる配管接合部の径が大きくなって反発力が強くなったのは良いのですが、その分、フロントタイヤやリアタイヤが当たった瞬間に動いてしまい、無残なクラッシュに繋がってしまいました。トップチューブとハンドルバーに股を挟まれたのが一番痛かったです。

うーむ、もう少し動かなくする工夫が必要ですね。

 

さすがにその後、再び配管接合部にトライする勇気は無く、仕方なしに河原にある飛べない逆R地形で斜め刺しバニーホップ練習。

croMOZU275 3rd TEST多摩川河原サイクリングコース 斜め刺しバニーホップ練習

この飛べない地形で限界まで高さを出して飛んでみました。これでもか!と繰り返して足はガクガクに。

先の転んだダメージを残して出社するのは辛かったなぁ…(涙)

 

 

そうそう、昨夜、帰省していた北九州から帰ってきた息子と奥さんを羽田空港に迎えに行きました。会うのは実に4日ぶりです。

羽田空港に帰ってきた奥さんと叶大

到着ゲートで待っていて、出てきた瞬間に2人を撮影しようとカメラを構えていたら、いの一番に息子が駆け寄ってきて僕の足にしがみついてきたので、良い写真を撮ることができませんでした。あー、でも幸せ!!

やっぱり息子や奥さんがそばにいてくれた方がイイな!!

【akaMOZU取扱店舗紹介】MatthewCycle(マシューサイクル)Riders-Diary

TUBAGRAのストリート・ダートジャンプ専用MTBフレーム akaMOZUを取り扱っていただいているショップの紹介をいたします。

 

MatthewCycle(マシューサイクル)

akaMOZUを扱っている東京都中野区江古田 マシューサイクル
※一眼デジを持っていくの忘れてしまったので、Googleストリートビューのキャプチャですみません…どこかのタイミングでちゃんと撮った写真に差し替えます

 

東京都中野区江古田にあり、西武新宿線「沼袋駅」徒歩6分の場所にあるプロショップ「マシューサイクル」。

 

マシューサイクルの特徴は、ずばり「誰でも便利に利用できるスポーツバイクのプロショップ」ということでしょうか。

・ロードバイク・クロスバイク・マウンテンバイク・BMX・ストライダー修理販売
・他店購入の商品の持ち込みでの完成車の組み立てやパーツの取り付け
・ロードバイク マウンテンバイクのオーバーホール
・FOX ROCKSHOX等のサスペンションフォークのオーバーホール
・通販で購入された商品も対応(どこの何でもOKです)

 

また、店主のマシューさんはMTBやBMXのテクニックも相当あります。試乗車として持参したcroMOZU275とSHAKA24に初めて乗ったにも関わらず華麗に飛び回られていました。

ですので、akaMOZUを組まれる場合も、実戦で活きるパーツチョイスやセッティングをしていただけることは間違いないです。

 

akaMOZU 台湾製MOZU 26インチホイール対応 テーパードコラム

マシューサイクルではakaMOZUのGRAYを置いていただいておりまして、お店に遊びに行けば実際に手に取ってお確かめいただけます。

 

MatthewCycle(マシューサイクル)
〒165-0022
東京都中野区江古田4-2-1 ビーバーズ5 1階
TEL:03-5942-8749
営業時間:平日10:00〜20:00 土日・祝日12:00〜20:00 定休日 木曜日
※イベント&講習会の日にお休みをいただく場合あり
付近にコインパーキングあり

 

 

ご覧の通り、akaMOZUは各ショップでもお取り扱いいただけます。ご興味のある方はお問い合わせよりご連絡ください。

このWebサイトで紹介している画像や動画を使用するのは構いませんが、営利目的で使用される場合はご連絡ください。
ライディングの際はそれぞれの判断でプロテクターを装備しましょう。
このWebサイトで紹介しているライディングを真似して怪我をされても当サイトは責任を取ることはできませんのでご了承ください。

Copyright © 2017 by Street MTB Team TUBAGRA